雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

脈絡のない欲望が占拠する

人間は動物だから
ある中枢が壊れると
顔をあらわすのはそんな欲望

おかしなこだわりが顔を出し

クレームだったり分解だったり

心のおもむくままに、さぁ!いくそ

でもさ何故そうしたいのかな?

うん。

それは多分、実存が掴めないから?

僕は中身が知りたい

中身が…

どこにでも彼女が現れる

どこに行ってもどこに居ても

僕は彼女に、さわれるだろうか?

彼女の心にふれるには
随分、遅れを取ってしまったよ

昔から速く走りたかったのにね


ある日
中身はおもわぬ時に転がり落ちたよ

そして
僕は触れたんだ

愛の実存に!


ありがとう!やっと見つけた!

こんなところに隠していたんだね

だから
僕はもう一度走り出せる!

僕の未来へ!!一番乗りさ!


ー小さな友もありがとうー

『追伸 ファッキン楽しんで』
mochiz

mochizの感想・評価

3.0
邦題がすごい。
まんまとつられてもうた。

肉親のときに同じようなことで自分にショックを受けたので、少し気持ちがわかる。
しかし彼は、どうであれ非常に動揺はしているので…向き合えて良かったね、というところ。
キャストが良いので引き込まれました。

子供が非常に魅力的なのだけど、それに頼らなかったのもよかった。
彼の話のほうが気になるが。
Watson

Watsonの感想・評価

3.4
正直よく分かりませんでした。大体のヒューマン映画は何らかのメッセージや意図を持つが、伝わらなかったあまりにも難しい。何回か見ないとよく分からない映画です。全てを破壊し、辿り着いた答えは恐らく彼女への愛でしょうか。自分はそこまで愛してなかったのに、妻はこんなにも愛してくれていたことに気づいたのかな。妻が死んでからその事に気づく切ない物語だったのか、難しい、、
最近、ジェイク・ギレンホールが好きになり、彼の主演という事もあって以前から気になっていたこの映画を見た。
み始めたら、ナオミ・ワッツも出ており、やはり彼女の綺麗さや、ちょっとダメなルーズな女性像がとても良かった。

とあるレビューでも同じようなことを言っていたけど、この映画の邦題については、観点や狙いは悪くないんだけど、翻訳があまり正確ではなくミスリードしているように思う。

「雨の日は会うこともかなわないけど、せめて晴れた日くらいは私のことを思い出してね」というメッセージは、サンバイザーにかけて少し可笑しさを交えないと、伝えられないくらい切実な妻からの切ないメッセージだったんだと思う。

感情に蓋をした主人公がそこに辿り着くまでの、ストーリーは中々に危なさを孕んでいて、そこに被さる音楽も良かった。説明的でない細かな演出がある映画なのでまた数年後に見返して観たいと思う。
mai

maiの感想・評価

3.0
無くなってから分かるものがある
大切にしなくちゃな

壊れていく感じが凄い

複雑な気持ちになった
Tom

Tomの感想・評価

2.5
ジェイクジレンホールの演技は素晴らしい。
内容・メッセージは理解したつもりだけど、正直パッとしない。派手にやらかしといて、結末が物足りない。
Fワードの件は素晴らしい 笑
ギレンホールが世界最強にしか見えない(いい映画です
本当の悲しみは後からやってくるもんなんだなぁ
愛があるね。サンバイザーにメモ張ってみたい。

愛はあった。愛を怠った。

なんかよかった。
壊れて、再構築していく様子が。
>|