永い言い訳の作品情報・感想・評価・動画配信

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

riona

rionaの感想・評価

5.0
涙が永遠に止まらない作品。
随分と前に見て、簡単に言葉にできず今更レビューするけど結局文章にできない。

ずっと感情を揺さぶられた。
また歳を重ねて観たい。
映画館でみたかったなぁ
とりれ

とりれの感想・評価

3.8
心揺さぶられる、そんな作品


作家先生の男は妻と2人暮らし
不倫相手と密会中に妻はバスでの事故で亡くなる

ちゃんと悲しめない
むしろ悲しくない

そんな男はそのバス事故で同じく妻を亡くした男と出会い、その子供の面倒を見ることに

そんな中である感情が芽生えていく


少しずつ自分と向き合う男の心の葛藤がぐさりぐさりと刺さる
ちょっとシュールなシーンもあったりでクスっと笑えたりもする

なんでもないようなシーンなのにすごく響いた
これが西川美和マジックなのかなぁ
0

0の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

どうしようもない主人公が、亡くなった妻と向き合う話。
知られざる彼女からの愛を知る、なんてご都合展開は無く、妻から一切愛されていなかったのが良かった。そこから何を見いだし、どう生きるか。
己の罪から目を背ける人間に「そうじゃないでしょ」って冷酷に突っぱねる感じが西川美和監督らしいなって思った。
主要キャストの演技も良かったし、子役の演技も良かった。
原作未読で映画も初見。結構キツかった。また時間を置いて見たいね。
cursnufkin

cursnufkinの感想・評価

4.5
本木雅弘が演じた役は愚かで情けない最低な人間だった。
同じものが僕自身の中に確かにあってそれをまざまざと見せられた気持ちになった。
人と本当に向き合うことの難しさを教えられた。
どう生きていけばいい、そう問わずにはいられなかった。
「人間の心だからさ、強いんだけど弱いんだよ。ポキって折れることもあるんだよ。大人になっても親になっても。」

一つの小説をそのまま映画にした感じ。小説だったら書かれるかもしれない細かい心情を演技とか映像とかで補ってる感じ。それでいて、全部は言わないし見ている側がどう受け止めるかの余白があって、また絶妙に音楽とか入ってくる。

なんか坂道必死で登る映像だけでうわって思った。

突然の妻との別れ。こっから永い言い訳が始まる。他の女と寝ていた事を、泣けなかったことを、真っ直ぐに生きてちゃんと悲しんでいる男を対比させて悲しむことも、死んだ方がマシだって何回も思っても、子どもと触れ合い心を埋めることも、子どもと過ごす日々が尊いと感じることも、自分のことクソだってわかっていても、言い訳に聞こえるかもしれないけど。

それでも、向き合っていく。立ち上がっていく。そうしてみんな生きてる。

生きてりゃ色々思うことあるよな。
とても考えさせられた良い映画でした
もっくんが途中母親に見えた
彦次郎

彦次郎の感想・評価

3.9
自宅で浮気中に交通事故で妻夏子を亡くした小説家衣笠幸夫と同じく事故死した妻の親友遺族との交流を通して内面に向き合うヒューマンドラマの逸品。
遺族の子どもの面倒を見ていくうちに成長して妻との愛情が再確認できる…というような凡百な話ではありません。妻の携帯からは彼にとって衝撃的な言葉が綴られており(幸夫の場合自業自得ではある)、マネージャーも彼の悲しみの繕いを見抜いています(でも番組は作らせる)。
劇的なことではなく淡々と進行しながらも心情を丁寧に描いているところが良いと思いました。特に終盤の遺族の息子である真平と列車で差し向かいに話すシーンは虚飾のない言葉で印象に残りました。
たぶんこの作品を観ている方と感想と認識はズレますが妻の親友の夫である大宮陽一の人との距離感というか態度が妙に怖いです。ホラーではなく人間関係的なもので直情型ゆえの言動といえばよいのか名状し難い不穏さです。この緊張感も勿論監督の計算でしょうが演じた竹原ピストル氏の演技力もあってのことでしょう。
tamarun

tamarunの感想・評価

4.1
予告を見るとコメディ要素ありかな?と思えたが、その要素は全然なかった。西川美和らしく熱量が溢れていて、しっかりと感情揺さぶってくれる。
もっくんはずっとカッコよくて味があるし、竹原ピストルの真っ直ぐで正直な親父感も最高。子役の2人はこの作品らしい雰囲気を作ってくれているし、少ししか出ないが深津絵里の透明感は圧巻。
真夜中

真夜中の感想・評価

4.0
「あのひとが居るから、くじけるわけにはいかんのだ、と思える『あのひと』が、誰にとっても必要だ。生きて行くために、想うことの出来る存在が。つくづく思うよ。他者のないところに人生なんて存在しないんだって。人生は、他者だ。ぼくにとって、死んだ君が今の今になって『あのひと』になりつつあるような気もするよ。」
>|

あなたにおすすめの記事