永い言い訳の作品情報・感想・評価・動画配信

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

よじろ

よじろの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

備忘録

評価難しい…
とりあえず幸夫がずっとクズ男
ストーリー自体は良いんだけど、幸夫がクズ男すぎて共感したり感動したりしにくかった

岸本が言ってた「男の子育ては免罪符」って、そういう気持ちになる人もいるんだろうなぁって思ったし、幸夫もあの家庭で免罪符を得ることで妻への罪悪感を無くそうとしてる、そういう構図は良かった

トラック事故の後に幸夫が急いで子供たちのところに行くシーンは感動

竹原ピストルも良かったけどあの子供たちが凄い演技力
mjpip

mjpipの感想・評価

3.8
他人だけど同じ境遇の人が交差する。観ていて苦しくもあり、嬉しくもあり、哀しくもあり。
セリフ以外で心情を伝える演技はよかった。
事故で残された者たちの悲しみと再生を描いた物語。小説も読んだが、映画も期待を裏切らない完成度。
なかみ

なかみの感想・評価

2.2
妻が死んだ。
これっぽっちも泣けなかった。
そこから愛しはじめた。
Tomoi

Tomoiの感想・評価

3.9
誰が悪いとかじゃないけど、思うようにいかないことにみんなもがいてて、でも生きていかないといけなくて、それはこどもも大人も関係ないよなー
クズなもっくんが終始よかった

「子育てって、免罪符じゃないですか。男にとって」
AyaeNomura

AyaeNomuraの感想・評価

3.2
「愛する」ということは簡単なようで難しくて、難しいようで簡単で。
難しくしちゃうのが人間で、ストンと落ちてしまえば、微笑みながら一緒にいられるようになるのだな。
退屈だった...
原作はベストセラー小説だったよね?
うーん

くずなテレビマンたちが
一番面白かった
   
2020.9.19
衣笠幸夫(鉄人の愛称を持つ今は亡き野球選手と同名)
TVのバラエティ番組からオフォーが絶えないほどの人気作家 津村啓がひた隠しにしている彼の本名

妻のプチ旅行中に愛人と自宅で浮気しているまさにその瞬間、妻が事故死したという連絡を受け取る

ダメ人間ぶりをコレでもかと見せられ挙句の果てに最後の砦だと思い込んでいた妻のスマホの書きかけのメッセージ
『もう愛していない。ひとかけらも。』

マウントを取っていたはずがいつの間にか打ちのめされて悪態をついで自分を追い込む、そんな男の再生の物語

とにかく子役含めて役者陣の演技が素晴らしい👍🏻
あまりにも生々しすぎて実体験なの⁉︎と思ってしまう😅

髪を切ったモックンがイケメン過ぎて神
(ダジャレじゃないからね😂)
Ojigi

Ojigiの感想・評価

3.4
《妻の死に泣けない男》

家族や愛について。
邦画だねぇ〜🙂
淡々とリアルな空気感で話が進んで、じわじわ考えさせる作品。

主人公がすごいクズ。特に前半は滑稽なぐらいクズさを見せる。
そんなわけでダメな主人公の成長物語でありました💇🏻‍♂️
実際はどんな感じか分からないけれど、テレビクルーの軽薄さは誇張されててフィクション的に見えた。あえてコメディーっぽくしたのかな?

本木雅弘さんは情けない感じを出すのが上手。
竹原ピストルさんも純朴だけど危うい感じがいい味出してました。
長男しっかり者👦🏻
女の子かわい🧒🏻
その他どの役者さんも実力者で、役にハマっていて良かったです。

それにしてもこういう映画は観た後感想を書くのが難しい。
純文学みたいに自分で作品から何かを汲みとらなきゃと思うけど、結果単純なことしか言えないのです🤧

「子育てって、免罪符じゃないですか。男にとって」
池松くん存在感あるな〜

💇‍♀️<宗教勧誘の電話の声が木村多江さんだったのね
大切なひとを裏切ったあげく謝ることもできなくなった意気消沈ゴリラが再生と復活を果たす話

よくある話なのに凡庸な映画と違うのは本木雅弘と竹原ピストルが上手いのと、中年男性ふたりのコントラストがいいんだと思う

脇の女性陣もみーんな上手だった
>|