永い言い訳の作品情報・感想・評価

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

4.0

あらすじ

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会っ…

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・。 ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描ききった。 観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリー。

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

Soto

Sotoの感想・評価

3.5
スキー旅行に向かう妻がバスで事故死している瞬間、衣笠幸夫は他の女と寝ていた。妻を失ってからも感情を表すことないままに、同じくバス事故で妻を失くした、二児の父・陽一と出会う。その、感情を全面に押し出す陽一と、冷めた家族観の長男と無邪気な妹との生活を買って出る。そして衣笠は免罪符を得るように良い人を演じ続けようとするが。

あまりに緻密で、感情面で深く共感したり、心を揺さぶられたりすることがなかった。家族を持ったことが無いためか、身近な人を亡くすことがなかったためか
もっくんってこんな人間臭い役似合うんだなあ。ラストまで一貫性があった。
妻からのメッセージが実はありましたみたいなお涙パターンないのが◎
シーズ

シーズの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

電車の中でのシーンが特に印象的でこの映画において、最も心打たれるシーンでした。

映画において、当たり前だと思いますが、この映画は、特に1つ1つの出演者の所作、背景描写、音に感情を動かされます。特に後半は入り込んでしまいました。

大切に想ってくれる人、普段から傍に居てくれる人を当たり前に思ってしまう。
自分自身もそうです。多くの方々の共感を呼ぶテーマだと思いました。

また時間をおいて最初から見直したいと思います。
Mari

Mariの感想・評価

4.0
ゆっくり、主人公が妻と自分の人生と向き合っていく様子がリアルに描かれた作品だった。
主人公の気持ちにのめり込んで自分のことのように悩んだり、観た後にも自分の思い出のように思い出したり、もう一度観たくなる。
本も読んでみたい。
Hirotoshi

Hirotoshiの感想・評価

4.1
素晴らしい作品でした。
愛人との不倫の最中、旅行中な妻が交通事故死した事が伝えられる。遺族への謝罪の場で知り合った妻の親友の夫と知り合い、ひょんな事からその子供を育てるお手伝いをすることになった。
子供との生活が生きる糧になった主人公が、人としての感情を取り戻していく姿はとても印象的でした。
Leon

Leonの感想・評価

4.2
和食のような味付け

ゆれる以来の西川作品
今回も思いましたが決して奇抜な展開でもないし、画に癖があるわけでもないんだけど、作品全体からじわっと染み出して来る独特な味がある監督ですね。

今作もよかった。
yudai

yudaiの感想・評価

4.0
さちよくんと子ども2人の絡みが愛おしすぎた。

みんな自分に素直。

人間の心だから強いけど弱い
大人になっても親になっても

自分を大事に思ってくれる人を簡単に手放してはいけない。見くびったり貶めたりしてはいけない。
愛していいはずの人がだれもいない人生になる。
簡単に離れるわけないと思っていても、離れるのは一瞬だ。だからちゃんと大事に握っていて。
mary

maryの感想・評価

3.7
すっっごい自然体な演技が見てて心地よかった!
tanirio

tanirioの感想・評価

4.4
どの人にも全く感情移入できなかったですが、だからこそこの人たちの感情の流れを客観視することができ、とてもおもしろい作品だと思いました。

不器用な親子みたいなテーマってジリジリおもしろさを感じさせてくるなと「幼な子〜」でも思いました。

日常の生活のちょっとしたもつれで人がどう変化していくのかというところをみるのが好みなのかもしれません。
そこに大人がいて子供がいて、大人は子供より長く生きているはずなのに、いつでも救ってくれるのは無垢である子供なんだなと。


色々お気に入り場面はあるのですが、チャプチャプローリーと、池松壮亮がもっくんをひきずって水飲ませるとこ(笑)と、最後の方に「セックスしてたんだよ!」っていうところがいいです。なんか、好きです!(笑)


みてない人は是非見てほしいです〜
>|