永い言い訳の作品情報・感想・評価

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

4.0

あらすじ

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会っ…

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・。 ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描ききった。 観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリー。

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

演技がとても自然でBGMがないせいかすごくリアルでストレートに伝わってくるモノがあった😢

心に響く作品だった🎥

『永い言い訳』なるほどなタイトル。
結構好みな作品
ストーリーに起伏がない分、登場人物全員が持つ哀しさが上手く描かれた
大人連中が軒並み軽いダメ人間やったけど、全員嫌いになれないキャラクターでよかた
サチオ君の言葉から滲み出る文才と子役2人のナチュラルな演技力が◎
ひりひりざらざらした感じがふと和らぐときから始まる永い言い訳。
大切な人を大切にできなかった人の言い訳。
名作
A

Aの感想・評価

-

"子育ては免罪符"

"先生はわたしを抱いてるんじゃない。先生は、誰のことも抱いたことはないですよ" 物語の中の愛人は払拭しきれなかった心の呪縛を新たに投影する相手に過ぎなかった。
secoking

secokingの感想・評価

3.9
人という字は、人と人が支え合ってできています、的な映画。竹原ピストルがバッチリ出ているのがうれしい。
seiji

seijiの感想・評価

3.5
ちょっと綺麗すぎるかな。
男はいくつになっても子どもっぽい。
海みたいな映画
マザコンだからめっちゃ泣いた

幸夫くんが子供たちに話すとき、語尾に「ね」ってついちゃうのが良かった
奈保美

奈保美の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

切ないなー。
本木雅弘のクズっぷりは結構いいかも。
人生は他人、かぁ。なるほどなぁ。
自分、アメリカンで元気な映画しか楽しめなくなってるんじゃない?問題発生かも。

「下書き」の表現はすごくイイなぁと思いました。
MMM

MMMの感想・評価

3.0
とても大人な映画だった。
妻の立場からしたらはぁ?
ってなるけど
男の人が観れば深い意味で
考えさせられるような…
>|