永い言い訳の作品情報・感想・評価

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.9

あらすじ

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会っ…

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・。 ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描ききった。 観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリー。

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

echo

echoの感想・評価

4.4
映画館で観たかったなー。。。想像してたストーリーより人間の喜怒哀楽の詰まった見応えのあるヒューマンドラマだった。

あのメールの下書きは、ちょっと衝撃的すぎるよね。。。

いけ好かないインテリ男の物哀しさを演じさせたらモッくんの右に出るものはいない。
Shiro

Shiroの感想・評価

4.3
好きなトーンの映画でした

全体的に静かで、ピアノの曲などがとても良いです

キャスティングがバッチリ

それぞれの配役が凄くカチッとハマってました

原作兼監督だからなのかもですね

竹原ピストルの演技を初めて観ましたが、物凄く上手いわけでも下手なわけでもないけどなんか心に残していく演技が印象的でした

子役2人も上手い

てかみんな上手い

全体を通して本木雅弘の子育て奮闘中が一番好き


ちゃぷちゃぷローリー残るわー
Ayuri

Ayuriの感想・評価

4.3
苦しい、、
私はやっぱり子供目線で観ていた
親は自分より子のために生きる
子はそれを知らない
わたしもそうだったからよくわかる
大切な人がいなくなってから
気づいてももう遅い
その気持ちはどこにもぶつけることが
できなくて悲しみも自分の情けなさも
全部全部逃げたいんだ
さちおくんはバカだ
作家・監督、西川美和の偉大さ。
子供を産まず育てず歳を重ねることは現代社会ではよくあることだけれど、この人間の根本的な違和感をどこかで抱えた中年の人生は、パートナーの死をきっかけに、途端に彩られることとなる。未知の美しい景色を目の当たりにする主人公は、これまでの人生や思想を振り返り、言葉にならない(けれどとてつもなく永い)言い訳をする。「子育ては免罪符」、この言葉は重くのしかかるけれど、それでもなお子供は愛おしいし、何か大切なことを忘れてきた彼にとって唯一の道標になった。きれいな文学作品。
すべての俳優・子役が素晴らしかった。
apo

apoの感想・評価

3.3


突然いなくなる、最愛の人。
でも、その後の人間の交流に
より、新たな感情やおもい。

のめり込んで、みました❗
@ amazon
きいち

きいちの感想・評価

4.0
ちょい長いな。内容ちょいちょい鬼つらい。ケータイっていつでも地雷。
けーや

けーやの感想・評価

3.7
不倫ダメゼッタイ
お嫁さんと自分の子供ほしいいい
泣いたあああああ
湖から携帯が回収されたときは
つかなかったのに
あのタイミングで
あの文章が表示されたのは
とてもきつかったな

死んじゃったら
聞きたいことも聞けないし
言いたいことも言えない
まぁ、生きててもきっと
聞きたいことは聞けないし
言いたいことも言えないんだと思うけど
ほりー

ほりーの感想・評価

3.7
主人公だけ何を軸にしてるかわからんかった。変化してるっていうよりかは行ったり来たりしてて掴みづらかった。でもモックンがイケメンだからいっか

このレビューはネタバレを含みます

タイトルの意味を考えさせられた映画。
妻が死んだ時、不倫をしていた主人公。
妻の友人の子どもたちを面倒みていく=自分の不倫に対する償い?無意識に罪悪感、自己嫌悪感を消そうとしていた?
マネージャーの、子どもの面倒を見ていると自分がクソ野朗だったことが帳消しにされる気がする、という言葉。
自分がダメな人間なのは名前のせいだという言い訳。子どもがいないのは妻は俺の子どもを欲しがらなかったという言い訳。死を忘れるのも子どもたちのためだという言い訳。今までもこれからも言い訳をしていくであろう主人公。
子どもたちが離れていくことに無意識に孤独を感じている主人公が印象的。
妻を愛していなかったようにみえるが、髪をずっと切らずに伸びていくのも彼にとって妻が大事な存在であったことに気付かされる。
妻の最期の言葉である、後片付けよろしくね、がラストシーンで回収されるところは、予想はできたけど感動。
人生は他者だ。という言葉。他者がいなければ成り立たない自分の人生。失くしてから気づく。
自分を愛してくれる人を大事にしなければ、僕みたいになる。
竹原ピストルも、一見優しい父親にみえるが、子どもたちをきちんと見ていない。
登場人物それぞれが人間味溢れていてよい。
>|