永い言い訳の作品情報・感想・評価

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.9

あらすじ

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会っ…

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・。 ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描ききった。 観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリー。

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

ちぇる

ちぇるの感想・評価

3.7
人間のやなとこを痛いほど感じる
ずっと苦しかった
でもその分温かさがしみる
竹原ピストル演技うまいのね
CHIHIRO

CHIHIROの感想・評価

3.4
結局小説のネタにしてしまったのがちょっと気になるけど良い話だった
トミタ

トミタの感想・評価

3.5
初西川監督作品。心の機微がしっかり映像化されてるのすごい。子役の演技も自然だし、全体的に違和感がほとんど無い。

もっくん演じる主人公は、回りくどくて遠回りしなきゃ分かんないというか、自分でも自分の本意が分かんなくなるぐらい拗らせちゃってるのが、僅かながら自分と重なって少しだけ息詰まった。
僕は今まで近い人の葬式でも好きな芸能人の訃報にも泣けたことがない。これを拗らせてしまったらしくある種の矜恃のようにも感じていた。
これは死に対してだけではないが、受け流してしまっているのかもしれない。弱いが故に。強いふりをするが故に。言い訳ばかりの人生を送ってきたのかもしれない。
という僕の言い訳。
shimazo

shimazoの感想・評価

3.0
凄く楽しみにしていて、ずっと先延ばしにしていた作品。

在る者と無い者でこれだけ死への受け止め方か違うのは良くわかる

ただ分かり易すぎる、、職業やステータスなど凄く明確な対比で、そういう反応しちゃうよね、、そういう思考になっちゃうよね、、

観る側の余白があまりなかったかな〜
でも、丁寧な作品で観て良かった。

「ゆれる」を観てしまっているから西川監督のハードル相当高くなってるだけかなw
西川監督が取り上げるテーマはいつも興味をそそるので次回期待!!
マ帆

マ帆の感想・評価

4.2
‘‘妻が死んだ。
これっぽっちも泣けなかった。
そこから愛し始めた。’’
たまに邦画観ると落ち着くというか
すごく癒される🌿
今回は独特な作風も相まって。
本当に監督女性?って程男性目線がリアルで
これ観た男性は共感すると思うし
女性はイライラする筈
「子育てってー 免罪符じゃないですか。男の」
で私のイライラは5点満点に達しました💯
だけど
イライラさせられた分
幸夫のクズな部分見せ続けられた分
後半涙が止まらない(;_;)
列車のシーン 往路も復路も号泣
‘‘人生は他者だ’’
良い意味で劇中一番幸夫らしくなかった場面
幸夫。ジェットストリーム書きやすいよね。
.
これが洋画だったら?って考えてみたら
邦画にしかできないようなシーンが
たくさんあった気がして
やっぱり邦画は良いなあと💭
久しぶりの邦画。
「demolition」とテーマは同じ。こっちの方が、より普遍的で凝りすぎた演出はなく自然なのかなー
demolitionの方が好きやけど笑
emi

emiの感想・評価

4.5
素晴らしい演技、脚本、演出で登場人物たちがリアルに立ち上がってきて観る者の感情を揺さぶる傑作。音楽も良かった。どのシーンもわざとらしさとは無縁でありながら雄弁。シビアで優しい。
chisato

chisatoの感想・評価

3.7
男は言い訳する生き物。超泣いた。衣笠の子供達の世話がだんだん楽しくなって来て、手放したくなくなってくる、愛情が芽生えてしまうシーンがジーンと来た。子供はリスクだと考え、子供を作らない決断をした人なのに。私の父親もトラックの運転手で稼ぎもそんなよくないので、私も、職業面では父親みたいになりたくないと思っている。で、私の最寄り駅大宮、で親近感が湧いた笑 子役二人が自然な演技すぎて素晴らしかった。初めのシーンの夫婦が喧嘩スレスレで会話してる感じがこっちまで、あーこの場にいたくないって思わされて、さすがベテランだなあって。本木の子供に対するぎこちない対応も面白かった

このレビューはネタバレを含みます

自分が認められないまま大人になって夫になって、自分ばかり見てるから周りが見えなくて、苦しいままだった主人公の気持ちに共感した。自分の価値を、存在意義を、誰かに認めてもらえる状況にしたくて、誰かを利用して、気づいてまた自己嫌悪して。。。
でも、誰かのために行動したこと、声をかけてあげたことが、自分に返ってきて、それで自分に対して優しくなれた。「人生は他者だ。」誰かがいて始めて自分は自分になれる、自分でいられる、そう信じられるようになってよかった、と思う。
>|