永い言い訳(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:124分
    監督
    西川美和
    脚本
    西川美和
    原作
    西川美和
    キャスト
    本木雅弘
    深津絵里
    竹原ピストル
    堀内敬子
    池松壮亮
    黒木華
    山田真歩
    松岡依都美
    岩井秀人
    康すおん
    戸次重幸
    淵上泰史
    じじ★ぶう
    小林勝也
    木村多江
    マキタスポーツ
    サンキュータツオ
    プチ鹿島
    あらすじ
    妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・。 ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描ききった。 観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリー。

    「永い言い訳」に投稿された感想・評価

    yuiyanai
    4.3
    ま〜た妻が死ぬ系ですか〜
    湯を沸かすほどの・・で十分、もう満足、
    と見ないでいたけど大後悔、、、、、
    ゆれるしかり、
    監督の心の深さが知れない。
    せと
    4.1
    西川美和の描写力ちょっとすごすぎる。怖い。まあ特に、人の嫌なところだけど。竹原ピストルも確かに良かったけど、普通にモッくんがすごいと思った。正直、少し共感してしまう。
    tumo
    3.6
    昔はなかなか理解できなかったことも今では、わかるわかると共感すらしてしまうそんなシーンが沢山ありました。幸せの基準って自分の物差しでしか測れない。他人と比べたら絶対だめなんですよ。
    Tanokami
    4.0
    妻が亡くなっても悲しめなかった男が、母を亡くしてしまった家族と触れ合うことで、妻への想いが滲み出て行く様子が徐々に見られる。

    その映し方が西川美和らしく、淡い色味の中で哀しさと暖かさが綺麗に混ざっていた。

    "人生は、他者だ。"
    最低最悪のタイミングで妻と死別したために悲しめない男の話。子供を持たなかったことなど妻との間で合意していたつもりだったのに、妻の友人家族と付き合っていたら知らなかった妻の顔を知り、また自分自身の子を作らなかった決断も揺らいでくる。だがそれを認めるのは難しい。そんな実にめんどくさい心の機微が響く。タイトルは言い得て妙。強面ながら家族友人想いで感情をまっすぐ出す竹原ピストルの演技も良い。
    パクシ
    4.0
    素晴らしかった。
    自分の夫婦感と重ねて見ました。こうならないようにしようとか、こうなったら、どう思うのか、など、人生の教訓にもなりました。

    死んじゃった人の気持ち、わからないのは辛いですよね。それがなんともいえない。そんな映画でした。
    にん
    3.6
    しんぺい、がんばれ!
    主人公がどうしようもないほどクズ、という訳ではなく人間臭さがあって好感が持てました。


    女性は生まれながら男よりも大人だなと作品通して感じました。
    >|