永い言い訳の作品情報・感想・評価・動画配信

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

RR

RRの感想・評価

-
主人公のあの人間っぽいところ自分を見ているようで少し痛かった
本の方が面白い
chan3

chan3の感想・評価

4.1
見てよかった
キャストの欄にしんぺいとあかり
二人の名前を載せてほしかった
#藤田健心
#白鳥玉季
teatime

teatimeの感想・評価

3.6
期待以上の映画。日本映画らしく、ゆっくり優しく時間が流れる。
サト

サトの感想・評価

3.9
幸夫くん 駄目なやつだけど、今まで、誰かのためにする事が無かっただけなのかも。
あんなに良くできた奥さんが亡くなってしまったのに、悲しめ無いのは、やっぱり、それだけじゃなく、薄っぺらいやつなのかも。
と思っていたけれど…

お兄ちゃんは偉い。
でも幸夫くんも初めての事ばっかりで面白いけど、子供達だけじゃなく、大人が居るのは頼もしい。
ガンバレッ ガンバレッ さーちおくん!!
愛はこれっぽっちも無かったのか〜
あれは見ない方が良かったね。

愛して良いはずの人が誰もいない人生。
自分の事 よくわかってんじゃん。
やっと大人になれたのかな?

子供ってありがたい、子供は適度に愛したら、愛してくれる。
私から離れない。
やっぱり子供は居た方が良いね。
欲しくてもできない人ごめんなさい。
taxid78

taxid78の感想・評価

4.8
こんなに良い役者が長いこと活躍できるんだから結局ジャニーズ事務所というところはすごいのだなと言わざるを得ない。
竹原ピストルさんもとても素晴らしい。
momoka

momokaの感想・評価

4.1
良い奴と見せかけてヤバイ奴なのか?と思いきや普通に良い奴な竹原ピストル
misoko

misokoの感想・評価

4.8
西川作品にハマったきっかけの作品。なんだか、人間くさくて良い
凄く好きでした。

居て当たり前の人が居なくなった。
泣けない自分に
裏切った自分に
愛してない、愛されてない事に
言い訳を探す。

死と向き合うために恐れず許しを請う
それが始まっていくことになるんですね。
Asahi

Asahiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

見ている最中からかなりずしんと来ていた。
妻を亡くして泣くこともなく会見のエゴサをするサチオと、号泣しながら妻からの留守電をきくヨイチ。
池松壮亮(役名忘れた)に「サチオさん奥さん亡くなってから一度でも泣きましたか?サチオさんそのままじゃいつまで経っても辛いままだと思います。」て言われたのがなかなかきた。

ヨイチからの電話をきっかけにヨイチの家族とも関わっていくことになり、自分の悲しみと正面から向き合っているヨイチに影響を受け徐々に変化していく。
サチオがヨイチに、妻が亡くなった時自分が何をしていたのか告白した場面で自分はスッとなんか軽くなった。自分を曝け出してやっとスタートラインに立った気がした。
事故をしたヨイチのところにシンペイとサチオで向かう時、文字通りシンペイと向かい合って、「自分のことを大切にしてくれる人を簡単に手放してはいけない。僕みたいな人間になってしまう。」と言うシーンがあって、そのあと手帳に「人生は他者だ」と書く。シンペイとアカリと関わりだした当初はありきたりなネタのようなものを丁寧にノートに書いていたのが、しっかり向き合っていくことで殴り書きで「人生は他者だ」というものに変容していったところが印象的だった。

この映画では妻の死がキーだったけど、まっすぐ向かい合って悲しめる強さは本当に必要だと思った。自分の中にはまだしっかり悲しめるほど向き合えていない事が沢山ある。

サチオが言った「自分の尺度で他人の幸せをはからないで。」って言葉は守りたい。

うまくまとまらなかった。
Monet

Monetの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

大切な人を失ったことがないので目の前に起こっている出来事として映画観ることしかできなかったが、見終わった後すぐに言葉が出ないほど深く考えさせられた
主人公は愛を知らず、知ろうとしていなかったことにも気がついていなかった、今まで当たり前にあったものを失い、必然的に別の環境に出向くことによって、第三者として愛を目の当たりにした
そして自分は何も愛していなかったことに気がつき、また誰からも愛されていなかったことに気がついた

妻は夫を愛していたけれど愛がひとかけらもなくなるほど苦しんだのか、それとも元々愛していなかったのか、そこまでは描写が少なくてわからなかった
主人公も元々は妻や何かに対して愛をもっていたけれど自分が社会的に大きくなることによって日常が小さくみえて愛が欠如したのかな、それとも元々愛していなかったのかな、憶測だけど元々愛がなかったようには思えなかった

日常でよく社会的に自分が大きくなると急に偉そうになる人ってなんだろうって思う、過去にみていたその人はどこへ消えてしまったんだろうって何度も辛く思ったことがある、変化は時に残酷だなと

子供たちの描写もものすごく面白かった、演技が上手い、長男は抱え込みすぎていたし主人公と似ているところがあるように感じて大丈夫かなって思ってたけど父親の事故によって色々考えたんだろうな、坊主になって父親の愛を真っ直ぐに受けて、まっすぐに生きてるであろう様子に安心した
勉強や何かを持っていることが人生の全てではないと思う

大人は大きくみえるけど実際は誰もが傷や闇を抱えていて、隣の芝生が青くみえることもある
20歳を超えて思う、小さい頃に自分はもっと立派になっているだろうと考えていたが予想してたものとはかけ離れている
完璧ではないからこそ足りないものを補うために他者と出会うのではないかと思った
人生はいくつになってもやり直しはきくし、生まれてきた時に学ぶべきものを与えられているのではないかとさえ思った
自分の遺伝子が怖いと思うことがあるという言葉も心に残った、子供は親を選べないし(空の上のことは分からないけど)逆に親は子供を選べない、子育ては自分のかけらである他者を育てるということなんだよな
責任と覚悟があったとしても向き合うのは難しいことだ、自分が憎いと思うのだとしたら尚更

自分を愛していなければ誰からも愛してもらえないんだな、分かっていても難しいな
>|