永い言い訳の作品情報・感想・評価

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

4.0

あらすじ

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会っ…

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・。 ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描ききった。 観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリー。

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

mahalo3

mahalo3の感想・評価

4.0
間違って削除してしまったので再投稿。

愛人が幸男に放つある台詞がある意味ツボでした。
こんな台詞を言わすなんて、さすが男前な西川監督。
GEN

GENの感想・評価

3.6
今までの自分の生き方とか考え方ってあるきっかけによって考えさせられたり影響を受けて変化していくものであると思う。この中では主人公は奥さんの死によって、環境が変わり、人と出会い色んな感情を持てるようになっていく心情の変化をみれて自分にとっても考えさせられるものになった。
HiNAKO

HiNAKOの感想・評価

3.7
愛する人には
後悔するまえに
その愛に気付くべき

愛は見えにくい
感じにくい
けれど失うと絶望する

題名が好き
KYOKO

KYOKOの感想・評価

4.5
喧嘩をしかけてくるくせに折れる気のない偏屈で面倒な主人公。一番嫌いなタイプだわ〜と思って観てたのに、家事で苦労したり周囲に八つ当たりしたり奥さんの遺したメールをみつけて苦しんだりする姿を見ていくうちに、思わず応援したくなる。
黒井華の「馬鹿な顔」はトラウマものw
yuko

yukoの感想・評価

3.3
2017/09/22

本木さんがエロかわいい。
子供たちをお世話するシーンに始終胸きゅん。
でもどれだけ一緒にいたって、子供たちを可愛がれば可愛がるほど結局自分の子供ではない切なさが浮き彫りになる。
それと同時に、これはただの逃避なのか?という問いも浮上する。

明確な答えが用意されているわけではない(そもそも答えはない)けれど、そんな諸々がどうでも良くなるくらい、とにかく灯ちゃんの可愛さに癒されまくった2時間でした。
jun

junの感想・評価

3.8
たまらない
涙が止まらなくて
人間味を感じた
りつこ

りつこの感想・評価

4.5
恋人に会いたくなる
モッくんお母さん。
自分好みで、引き込まれました。
キャラがそれぞれいいです。
プライドが高くて見栄っ張りなのに、弱い主人公をはじめ、成長していく真平くんが特に良かった。笑える場面もあり。
分かりやすい直球なセリフにぐっときた。
そして、フレーミングがとてもいい。

全員がそうかわかんないですけど、自分にはふと猛烈に弱さを吐露したくなる時ってあるんですよね。

"人間の心だからさ、強いけど弱いんだよ。ポキって折れる時もあるんだよ。"

"自分を大事に思ってくれる人を簡単に手放しちゃいけない。簡単に離れるわけないと思ってても、離れる時は一瞬だ。だからちゃんと大事に握ってて。"
>|