• Filmarksトップ
  • 雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:101分
    監督
    ジャン=マルク・ヴァレ
    脚本
    ブライン・シップ
    キャスト
    ジェイク・ギレンホール
    ナオミ・ワッツ
    クリス・クーパー
    ヘザー・リンド
    ポリー・ドレイパー
    ワス・スティーヴンス
    ブレンダン・ドーリング
    トム・ケンプ
    C・J・ウィルソン
    あらすじ
    妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

    「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

    JohnOsh
    3.9
    『後ろ歩きのショット』が象徴するようにアート映画の要素もある。得てしてアート映画はそのストーリーは単純なものだけど、これはストーリーも挑戦的で、社会的とも言える。総じて分かりにくい節はある。
    邦題だが、例のセリフの主語と目的語を逆転させて、主人公を主体にしたもの。スタッフの独自解釈が濃く、原題の『ザ・破壊(the demolition)』とまるで逆なのは、かなり攻めてると思う。ただ、この映画は感動物語ではない。いわゆる泣ける話ではない。たぶん。邦題はその辺ミスった感。
    普段ドラマとか見まくる人々は、妻が死んでも悲しめない主人公のことをサイコパスとか普通いないとか言うかも知れないけど、現実のところ、ドラマみたいにラブラブの夫婦なんてそういなくて、仕事を一番に、でも時々ささやかに微笑みあうような、主人公夫婦の関係はすごくリアルだし、むしろ世間では幸せなほうじゃないかと思う。自分達は本当に愛し合っていたのだろうか?っていう疑問がこの映画のテーマの一つだったし、ラストで描かれたのは『妻が主人公を愛していたこと』であると同時に『主人公が、妻を愛していたと気付くこと』でもある。だから邦題はそこの無意味なネタバレにもなってて本当よくない。何か邦題の悪口ばっかり言ってるけど。
    映画の中では失った妻との物語のほかに、義父との物語、ナオミワッツ、その息子、それぞれの人物と独自の物語が築かれていく。それが一種のリアリティでもあるし、どの物語も見ごたえがある。見終わったあとに残るのは爽快感。ともかく、タイトルは『破壊』だと思って一度見てみて欲しい。
    Kohtaro
    -
    人の感情ってのは物事が起きてすぐに沸き起こるものじゃない時もあるんだよなと共感すごくした。

    ストーリーを完璧に掴めてなかったみたいだからもう一度見ないといけません。
    filmore
    4.0

    ずっと一緒にいた人とのいきなりの別れを経験した直後、色んな事に気付きはじめ、全部が壊れ、また再生して行く1人の男性を上手く描いていて、今の自分と照らし合わせてしまい怖かった。。

    今回のジェイクギレンホールは、サラッとクレイジーで、軽くドニーダーコ感あって良かった。
    エンディングの子供達と一緒に走ってて、映像が停まった時の表情がベストショット✨

    ナオミワッツが演じたカレンとの出会いも面白く、カレンは登場するなり面白い女性(息子も面白い)。
    動かなくなったメリーゴーランドのおじいさんの所に、物々交換しに行くシーンが最高で、エンディングで動いてるメリーゴーランドに繋がる所とか神✨

    色んな複雑な感情を投げかけても最後は解放してくれる、ジャン=マルク・ヴァレらしい傑作。

    邦題が微妙だわ。

































































    教えてくれてありがとう。
    Bigs
    4.5
    非常に心に残る映画でした。。。

    あまりに理不尽な出来事に心の整理がつかない(というよりそれまで色々なことに無関心だったので、自分の心の状態がわからない)主人公が、なんとかもがいて心を解きほぐし(実際に物も解体しながら)、再生していく様は非常に感動的でした。何故ここまで感動するのかと考えると、どんな絶望的な状況に陥ってもまたそこから再生できるという、人間性への微かな希望を描いているからだと思います。(この点はヴァレの過去作ダラスバイヤーズクラブも同様。)

    浮世離れしていながらも人間味もある主人公をジェイクギレンホールが好演してました。やはり彼の出演作は良い作品が多いですね。
    小坂光
    4.2
    邦題が絡むシーン、苦心の訳だとは思うが物足りない。パンフレットを隅まで探した元の文句、あれが分かってたらきっともっと揺り動かされた。
    neko
    4.2
    2017/3 シネマカリテで。

    雨の日は会えない、晴れた日は君を想う。
    邦題、あかんという話をみんな開口一番にする。

    ジェイク・ギレンホールの顔がずるい。

    わたしがいつかおじさんになったら、この人の気持ちもっとわかるだろうか。

    大切な人を失うことがあれば、わたしはまだぜんぜん健康的というか自然にかなしめる心を持ってる。

    どこかに置いてきてしまった部分もたくさんあるし、裏切られたり傷つけられたり逆もたくさんあったけど、わたしの心は健全だ。

    亡くなった奥さんのこと、愛してなかったなんて、そんなかなしいこと言わないで言わないでと変なところに感情移入してずっと見てた。
    奥さんの友だち目線かな?笑える。

    ナオミ・ワッツが美しくて奥さんの肩を持ちたくなる。
    それ以上に奥さんの回想が美しいんだけど。
    子どもっぽい感覚だな。

    日本によくある、
    彼女が病気で!亡くなって!かなしい!
    みたいな映画は出会い頭にお腹いっぱいになるから、おんなじ感覚の人にはこの映画観てほしい。

    冒頭に書いたジェイクの顔がずるいっていうのは、美人、美形なだけじゃなくて俳優の顔ってすごい重要だなって思ってて。説得力変わるなって。当たり前なんだけど。
    それも表現力なのかな。

    わたしも180cmくらいある個性的なおじさんに生まれたかったです。

    あと、あと、物を壊すシーンを見ながら、撮影の次の日は筋肉痛ひどかったろう…と嫌な見方をしてしまった。
    わたしまで腕が、脚が、痛い。

    ナオミの息子がかわいい。
    とてもかわいい。
    「15歳。見た目は12歳で言動は21歳、頭がいいの、こわいくらいに、」
    というママの紹介のしかたがすごい好きだ。
    厨二っぽい。

    思ったより笑いどころがあってかわいい映画でした。お気に入り。2017年にみたやつ暫定1位。(2月時点)

    もう1回みたい…レンタル出たらかな。
    sk2
    4.1
    妻が死んだけど悲しめない。
    よその親子との交流で立ち直るという
    「永い言い訳」と似たような設定。
    義父との関係のウエイトが高いのがちがうところ。
    家の家具を壊してたけど引越してないような。
    midori
    5.0
    もともとはdemolitionというタイトル、解体とか打破の意。めちゃくちゃいい映画なのにもったいないな〜男子諸君にこそ観てもらいたいのに、邦題やっぱりダサくないかしら。。

    リディアデイビスの『分解する』を思い出した。費用対効果

    最後の走るとこ、一等賞のとこ。一気にグワッと涙が出た><
    まーる
    4.0
    あの付箋って浮気相手に向けたものじゃないの?
    ジョナ
    3.9
    妻が死んでも無関心なヤバいやつにしか見えなかったけど最後に主人公に人間らしさが見れて良かった。悲しげだけど美しい映画。
    >|