雨の日は会えない、晴れた日は君を想うのネタバレレビュー・内容・結末

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿されたネタバレ・内容・結末

『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』
邦題が間違いだと思う。本当のタイトルは「DEMOLITION」解体、破壊の意味。劇中の「If it's rainy, You won't see me, If it's sunny, You'll Think of me.」をタイトルにしたのだと思うけど、この訳のせいで最後、奥さんが浮気相手に宛てたものに見えてしまい理解出来なくてモヤッと。いろいろ調べてこの英語が出て来てやっと納得。英語で見たら、もし雨が降ったらあなたは私に会えない、もし晴れたら、あなたは私の事を考える、やん!タイトルも破壊の方がしっくりくる…ジェイクギレンホールは最高でした。周りを壊しながら自分も壊れながら、再生していく。見事でした。
映画自体は面白いはずなのに、日本に入ってくる時に違う人の手が加わった事により作り手の意図が濁ったのだなぁと。こういうのほんとに勿体無い…し、本来の形で観たい!

今作で義理の親子だったジェイクギレンホールとクリスクーパー、「遠い空の向こうに」で親子だったので、時間が経ってまた親子する日が来た事に勝手に胸が熱くなりました(*´︶`*)
お墓参りからの、車で主人公が泣くシーン。

雨の日は会えない、
晴れた日は君を想う...
のメモの発見。

自分のことにとんでもなく無関心な夫に対し、妻からのメッセージ。
このメモを発見した、その一瞬だけでも、私のことを思い出してほしい。
その痛烈な思いが伝わって、とても涙が溢れました。

なんだか奥さんが完璧だけど温かさのない無機質な家で孤独な生活を送っていた事を知れば知るほど悔やまれたため、この映画を素晴らしい!といえない自分がいます...
* 記録用 *





ちょっと難しかった。

奥さんが亡くなっても泣けないでいる姿。
結婚生活を破壊していく姿。


やっと泣けた時の姿。


どれも人間らしいなぁって思った。
どれも観てて苦しくなった。


そして人は人によって変われるし
変わっていけるんだろうなぁって思った。

またちゃんと歩きだせるんだって思った。
題名と表紙に惹かれて鑑賞。
主人公が家を破壊するシーンはもはや美しかったです。
何はともあれ、交通事故には注意やで⚠️
悲しむ、の代替行為としての破壊。その破壊からの再生という酷くわかりやすいお話の様でいて、そんなシンプルな話でもなかった。

ガキの「チンポ舐めたい」発言辺りから始まる物事の裏側の話が始まってからが本編か。
ナオミワッツは素敵な年の取り方してますね。
これ好き…というか、好ましいな、お手本みたいな、良い映画、って感じ。

「妻を亡くした男はやもめ、親を亡くした子供は孤児、子供を亡くした親には名前がない、なくていい」

あっ、良いセリフ、映画のセリフだ!って感じ。

状況説明のセリフの入れ方も上手…良い脚本。

あんな綺麗な家をバールで破壊したり、イヤホンの音楽を聴きながら身体が動くままに通行人の中を歩いたり、あの、やっちゃいけないことを気持ち良くやっちゃう感じ、映画だ! って。

なにより、ジェイク・ギレンホールが演じることで独特の空気感が漂ってたのがいい。ジェイク・ギレンホールのなんかやべえ感じの奴、が生かされてて、好きだった。

彼女の息子との交流の様子、擬似親子的な関係なんて、やり尽くされてる関係性だけど、ジェイク・ギレンホールの欠陥人間っぷりと、ロッカーかぶれな少年の佇まいが良かった。双眼鏡で観察する、アイテムも良い。

鏡に口紅でマトを書いて頭を撃ち抜くフリ、防弾チョッキ越しに銃弾を撃ち込まれて擬似的な死を楽しむくだり、クレイジーで良かったな…

控えめな音楽が成功してた。丁寧な映画だと思った。

自分の気持ちに鈍感な男が感情のあり方を見つけるまで。

あの少年もまた、ゲイなのかバイなのかわからない、曖昧な状態で、そこから脱出するまでだったんだな。

カレンの描き方も好ましかった。

邦題も良い。好きかと言われると違うんだけど、とにかく好感度が高い、良い映画だった。
ジェイクギレンホーク
ナオミワッツ
しっとりとゆっくりとした、どこか悲しい映画を観るのに、衝撃が大き過ぎると苦手。

このお二人が出演される映画は何本かしか観ていないけれど、何となく良い気分で観終える事が出来るように思う。

そういう意味で、あまり派手でなくて、目立たない所はあるかもしれないけれど、本当に演技が素晴らしいのだと思う。
個人的には、二人の顔も魅力的だと感じるので、至れり尽くせり。

原題はDEMOLITION(破壊)
原題より邦題の方が好きかな。
両方知ってるのが、良いか。

元々、邦題の
雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
というタイトルと、素敵なポスター写真が気になって、映画館で観よう観ようと思ってて観れなかった。
けれど、今の心境に合ってるので、結果的に今、今日観て良かったなと思う。


妻に対する感情を見失ってしまって、
色んな事をする話。
色々している内に、衝撃的な事実を知っていく。
そしてようやく、溢れるように感情が出てくる。

お酒を呑みながら、ゆったりと観てるのが良い映画でした。




以下ネタバレ



英語が苦手で、水漏れの目もが雨の日はのタイトルにどうなったのかが理解出来なかった。
インターネットで調べる。

子供と接してる時のジェイクは、人が変わる。これは休みに入って段々変わっていったからか、元々なのか。

養父と最後に和解する所が良かった。

途中に何度も出てくる人混みを歩いてるシーン、実は色んな意味が込められてそうだけど、理解出来てない。
周りの人達が、巻き戻しの所とか特に。

尾行されてた車は何だったか。

過去の回想と現実が入り乱れる演出は良かった。
どっちだろう、と思いながら観てた。

最後に、ナオミワッツと会うシーンがあれば良かった。

奥さんの性格がよく分からなかった。
それは、主人公目線だったからかもしれない。
亡くなってから、浮気と浮気相手との妊娠の話を聞いたら、ショックだろうと思う。
だけどこの映画では、その話があって映画の流れが一気に変わった。
その辺りが、凄い映画だと思う。

こうだろう、という想像のひっくり返し方が凄いと思った。




点数は、あまり高くないけれど、良い映画だった。


話は逸れるけれど、個人的には、
ジェイクギレンホークは、ミッション6ミニッツ
ナオミワッツは、21g
の印象が強い。
結婚なんてしたことないけど、すごくわかる気がした。

何事もしっかり出来る人なんていないよ。
全部知れるわけないよ。

すごく切ない話だけど、音楽と破壊のシーンはとても楽しかった。あんな綺麗な家、破壊してみたい!!絶対気持ちいいよね。

破壊して破壊して、ようやく立ち上がれるのかも。

あと未亡人の人の息子さん、美しすぎる!
将来が楽しみ!

ラストの
おろそかにしていただけ…
のシーンがもう言葉にはあらわせないぐらい切ない。
胸が締め付けられるってこのことか。
先ず、邦題とジャケットがすごく良いですよね。
めっちゃ興味そそられる。邦題ってイマイチと感じることが多いんですけど、これは原題とポスターよりもこっちの方が斜に構えてるというか…。雰囲気あって私は好きです。
なんとなく「ものすごくうるさくて〜」を連想するような。
ただあまりにも原題と違いすぎて、手放しで褒めてはいけない気もするんですけど。でも「デモリション」なんて言われてもピンと来ないもん。。

ストーリー的には多少、強引というか、あれ?それでいいの?と感じる部分も。。私だけかしら??
(例えば交通事故で搬送されて妻が死にかけてたのに寝てたってこと?とか、なんで見知らぬ女とこんなポンポンポンと仲良くなれたんだ?とか、あんな激しく家壊しといてまだ住めてんの?とか…)

でもギレンホールの演技というか持ち前の雰囲気?纏ってる空気?が、完全にこの作品を「いい映画」な感じにしてました。すごいです。

てか嫁、可愛いし金持ちだし性格も良さそうで完璧って感じだったけどなー。
勝手な想像だけど、母親と2人で中絶手術に行ったってことは、相手の男も妊娠について知らなくて本人としても浮気を後悔したってことなんだろうなぁ。

明確に描かれていない部分があり、意外と分かりづらい気も。だからこそ何回か見ても楽しめるだろうなぁ。そのうちもっかい見たい。
思っていた作風じゃなく入り込めなかった、悪い意味で先が読めない タイトルの勝手なイメージに自分がのまれてしまった

最後の疾走感は良かったけど
>|