雨の日は会えない、晴れた日は君を想うのネタバレレビュー・内容・結末

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿されたネタバレ・内容・結末

義理のお父さんと主人公が遠い空の向こうにでの、親子。胸熱

無関心で愛していなかったと思っていた妻が亡くなったことで、自分の気持ちの整理の仕方を分解していく過程が見ていて気持ちが良かった。分解の先には、妻に対する愛があったことがわかり、自分の気持ちから解放された主人公が走り出すところが良い。
「愛はありました。しかし、疎かにしていました」
奥さんが亡くなったことで気づいた自分自身の壊れかけた心を、自らの手で修復していくような作品でした。

「修理の前には分解することが必要」という義父の言葉で、まずは冷蔵庫を分解し始め、その後は今まで気にもならなかった会社のパソコンなどまで分解し始める。
さらにはエスカレートして解体、破壊。
まるで自分自身の心を分解、解体、破壊してリセットしてるかのようでした。

冒頭の車内での会話のシーンから、冷蔵庫の奥さんからの付箋のメッセージは、ただ冷蔵庫を修理して欲しいというだけのメッセージではないようにも受け取れました。

そしてサンバイザーの付箋にあったこの作品のタイトル「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」まるでサンバイザーが発したようなこの言葉こそが奥さんの気持ちだったように思います。

ラスト自らの心の修理とメリーゴーランドの修理を終え、奥さんが尽力したダウン症の子たちを笑顔にする活動に触れ合ったことで、奥さんの心とも触れ合うことができたように感じさせられました。

全体を通して説明や台詞が少なく伝わってきにくい作品ではありましたが、何度か繰り返し観た結果、自分なりに全てを繋ぐことができたときに感動が込み上げてきました。

難しい作品でしたが素晴らしい作品でした。
感情というものに、普通とか当たり前ってはないんだなと感じた。

主人公は突然の事故で妻を失う。周りが悲しみにふける中、彼は涙一つ出ない。妻を愛していなかったと感じた主人公は、義理父のある発言をきっかけに身の回りのものを次々と破壊していく。

破壊行為をしまくる主人公はどう見てもぶっ飛んでて、病んでるようにしか見えなくて。妻を愛していなかった、と本人は言うけど、明らかに常軌を逸した行動からは、やっぱり妻の死が主人公に何かしら影響してることは確かなんじゃないかなと思って見てた。

身近な人を突然失ったとき、泣いたり悲しんだり荒んだり塞ぎ込んだり立ち直れなかったり、多くの人はそうなるかもしれないけど、なんていうか、そうならないからと言ってその人に対する思いが無かったとか、小さかったとか、そう言うわけでもないんだなーと思う。

ふとした瞬間や、匂いとかで、忘れてた思いや感情が溢れることだってあるんだろな。この映画では例の付箋で主人公が感情を取り戻すと言うか思い出すと言うか、そうなったわけだけど、それまであんなに破壊行動してた彼が、あの涙を流すときの表情はジェイクやっぱ凄いなーってなった。

そしてナオミワッツも相変わらず素敵な演技をなさりまするなー。病院でのシーン、あなたは何も変わらなくていいから、でも後でたくさん説教するわよ、のシーンは胸に来た。

あと合間合間に流れる音学がすんばらしかった!!音学がいい映画はいい映画。

たどこの映画、一回見ただけでは、わたしには少し難しい映画だった。解説とか読んで見て、なるほど〜〜〜ってなることがたくさんあった。2回目見たらもっと胸に響きそうな作品。

ジェイクやっぱり好きだナーーーーーーーー!!
凄く良くて、詩的な感じがしました。
別れのあとに、新しい出会いがあって生きていくことはこういうことなんだなって。
たとえ妻が死んだとしても、自分はどうしても周りと向き合って生きていかなきゃいけない。
想い出を壊すことで消化して前を向く。
哀しいけど希望も感じられました。
主人公と友達の女性の子供との関係性も良いなと思いました。
とても好きな作品です。
‪▼概要‬
‪交通事故で妻を失った金融マンが、自販機の顧客科女性とクレーム対応を通じて出会い、お互いの心を整理していく作品。‬

‪▼物語構造‬
‪悲劇、手記

‪▼感想‬
‪・技術‬
手記を綴ることで、主人公の思考を描いている。
直接的なシーンは描かない。演説シーンの手法。演説台さえ写っていれば聴衆は映さなくてもシーンは成立する。

‪・引用‬
ポール・ヴァレリーの詩
『ハート / クレイジー・オン・ユー』

‪・感想‬
交通事故で失くした妻には悪いが……主人公は初めて、自分や自分を取り巻く構造に気が付けたのではなかろうか。

失くした妻のことを何も知らず、物事に対して10年単位で無関心でいた頃よりも……物を分解したり作業着であくせく解体業をしているほうが、まだ主人公は素直で“人間らしい”。

今でこそSNSを経由した“裏垢”などといった関係性が成立するが、過去にもきっと、本作のような出会いや関係性が存在していたのだと思いたい。その関係性はとても純であり、情の類に分類される感情がなければ成立しないものだ。「セックスはだめよ?」と言い合える会話こそ、真に純な関係なのではなかろうか。

感情を表に出さないのは強さの証だが、実は何もわかっていないだけかもしれない。

心の修理には、隅々まで点検した後整理する必要がある。心がぽっかり空いてしまった時には、モノを壊すに限る。
自宅の電化製品や職場のPC、トイレ、建て替え用の家を分解したり、最終的には自宅すらもぶち壊したりしたほうが、ファッキン心が整理できて良い。

親や恋人にしてもらった気分が良くなること(膝枕、瞼にキス)を、僕は子どもや妻にもしてあげられるだろうか。

ジェイク・ギレンホールには、目元にクマのある役があまりにも似合う。その性質は本作でも同様である。
M&Mが出てこなかった


『Demolition』
解体。
監督は『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャン=マルク・ヴァレ。
主演は『サウスポー』のジェイク・ギレンホール。


【あらすじ】
悲しい話だけど...あらすじが全く浮かばないんだ。


原題がデモリションということで私はてっきり氷漬けから解凍されたジェイクが近未来を舞台に暴れ狂う話だとばかり...
期待した私がバカだったわ(´つヮ⊂)ウオォォwww

「この邦題じゃ晴れの日も会えてないよね( ‘-^ )b」なんてお決まりのツッコミを入れつつ鑑賞したわけですが、いまいちハマらず。
雰囲気映画なので好きな人は好きなんでしょうね┐(´д`)┌
(その好きな人を敵に回すな)

開始早々、妻を失い、「代わりにお前が死ねばよかったんだ!」と罵詈雑言を浴びる展開は『サウスポー』で拝見したばかりですので、私の中で定型パターンとして認知されました(ギレンホール力学第二法則)
大切なものは失ってはじめて気づくと言いますが、もしそこで気づかなかったら?
妻の妊娠を知り、浮気を知り、堕胎を知り。想いを知り。
哀しみを吐露するよ!死を乗り越えたよ!みんなみんな上手くいったよ!はっぴいえんど!
という展開に持ち込まなかったことに意味があるのでしょうね。よう分からんけど(よう分からん...)
彼らの行動はあまりに非現実的であるものの、どこか共感できる部分もあるのではないでしょうか(全く共感できなかったんだよなぁ!!!困ったなぁ!!!)
結局私もこの映画に対して、
「無関心」
だったのかもしれませんね(ドヤ顔の向こう側)

まともだった男が「妻への愛」を探すために崩れ、生き返る物語。
物語後半は金融マンの影もなく、とち狂ってたジェイクでしたが(ジェイク的にはデフォやけどな)
まともでいられない時にはまともを捨てることも大事なのかもしれませんね。
前ばかり向く必要もないってことですわ。
あっ、車乗るときは前向いてくれよな!
結論:よそ見運転は危ない。
傷ついた心を癒やすには、まず分解をして観察をして、それから回復するそうな
あの時の自分も分解していたのだなと懐かしく思った
主人公の回復はこれからなのかもしれないけど、もう大丈夫
大丈夫だよと言ってあげたくなった
つたやで借りた。
最初に奥さんが事故で亡くなるのか一番の出来事くらいあまり展開はない。
けど、奥さんのお父さんの会社でひたむきに仕事をして行く中で主人公の中で何かが変わってしまってそれを見つけるまでのお話って感じ?
最後の奥さんが亡くなってしまった悲しみを感じた主人公の演技は心が打たれた。
一人で見るのが一番いいかと
ジェイク・ギレンホールの良さが滲み出ている様な作品。
人間の複雑な内面をこれだけ上手く表現出来る人は中々いないと思う。脆さや危うさを全身で演じている。
やはり凄い役者さんやね。


妻を交通事故で亡くしたが、悲しむことができない主人公。次第に周囲の物を壊す(人間関係も含む)奇行に走っていくのだが、最後まで観るとそれも彼の心を保つ上で必要だったんだろう、と思う。




ある事実を知ることで、元の自分を取り戻した後に出る、(起きる時間が遅くなった(…よね?笑)事が、人間らしさを取り戻せた証なのかな。)

「愛していたけど、それに応えるのをおろそかにしていた」

という台詞が深く感じる。気づく事の難しさ、とでも言いますか…😅


それだけに、それを経て最後の海辺のメリーゴーランドが良い。義父と目を合わせるシーンでほっとさせられる。

この辺の最後の流れがほんま素晴らしかった!



静かな環境で、ゆっくり反芻しながら、色んなシーンを思い出たくなる様な、良質な余韻がある😃





ちなみに、あまり評判が良くないけど個人的には邦題の方が雰囲気が良く出ていてよいと思いました。(^_^)💦💦
記録、独りよがりな、難解さが
はじめからつきまとう。
何もかも、ぶっこわしにしたくなる衝動は、わからなくもないがわからない。
結婚ってなんだろう?あたりまえの幸せってなんだろう?
世間的な成功ってなんだろう?とクエスチョンが投げかけられている気がする。
破壊のパワーはとにかく、絶大!
>|