雨の日は会えない、晴れた日は君を想うのネタバレレビュー・内容・結末

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿されたネタバレ・内容・結末

妻の死に対して悲しくないという主人公だけど、少しずつ精神が蝕まれ始める。物事を解体してその仕組みを知りたいという衝動が、物事を単純に破壊したいという衝動に繋がる。身の回りの余計なものを破壊し尽くした時に、実は存在していた彼女への愛を見つけたのではないだろうか。
またカレンとその息子の存在がお互いに不完全な要素を補完し、回復していく。
なぜ妻が死んでもなにも感じないのか?自分の心を知るため、破壊に次ぐ破壊を続け、その末知った事実にショックを受ける。そのあとあのメモを見てほっとして救われた気分になり、本当に妻の死を悼むに至る。
のを描いているっぽいが、描写が淡白でわかりづらいとは思う。
全体的に響かなかった。
「星の王子さま」のよう。

原題の視点でみるか、邦題の視点でみるかで変わってくると思う。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に気付いた時、破壊より強烈だった。
心が何かに覆われて、いつからか無感情になっていた。
周りの事に全く興味が無くなっていた。
妻が死んでも何も感じない。
いつから僕はこんな事になってしまったのか。
そうだ、子供の頃1番になりたくてもなれなかった。
あの頃からずっと自分の事しか考えてなかったんだ。
僕はずっと孤独だった。
いや、違う。
そう思い込んでただけだった。
いつも愛してくれる人が側に居たのに気づいてなかったんだ。
気づこうともしなかった。
そして、僕は妻を愛そうとさえしてなかったんだ。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う。
Demolition

*あくまで私の解釈です。
なんだろう、スーッと緊張の糸が解れていくような優しくて穏やかなラスト*・゜゚
・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

そして久々に邦題が良かった👏

「疎かにしていた」…失って初めて大切なものはとても身近で平凡な日常の中にいつもあったのだと気付く

「雨の日は気づかないとしても、晴れの日は少し思い出してね」とか「冷蔵庫の水漏れを直してね」などの付箋のメッセージ

サンバイザーや冷蔵庫と同じように
いつのまにか妻であるジュリアの
内面に想いを寄せる事を忘れていたデイビス



この物語はその原題通り「破壊と再生」がテーマだけれど、
冷蔵庫やトイレのドア、パソコン、更には豪邸までも自らブルドーザーで破壊してしまうという過激なエピソードの数々は果たして現実なのか?
電車で通勤するシーンやカレンとクリスとの出会いも、彼の内省的なものから生まれた空想の産物なのか…
ん〜Σ(-᷅_-᷄๑)難しい

見終わってから邦題のタイトルと相まってジワジワと心に沁みてくる上質な作品でした(*⁰▿⁰*)

クリス・クーパー、ナオミ・ワッツ、ジェイク・ギレンホールという芸達者な俳優陣の中でしっかりと存在感を示したクリス役の子の演技は素晴らしかったです(^-^)
邦題がまたやらかしてしまってて残念。
原題を鑑賞より先に見るべきだったと後悔。

途中、ちょっと集中力がきれてしまったのは、邦題からの勝手な私のイメージとかけ離れていたせい。
それでも、ここからどうなるのか、どこで妻の死に本当の意味で向き合えるのか、それが気になって見続けた。
ラスト近くでようやく流れた涙が胸に響いた。
彼女の残した言葉の真意は分からない。なぜ、そこに貼っておいたのかも。一瞬不倫相手のことかとも思ったけれど、それが本当のことなのかもよくわからないから、違う意味かもしれないし、何かで聞いた言葉を書き留めただけかもしれない。
でもなんとなく、心の一番柔らかい何かなのかもしれないなどと思ったり。

それでも、微笑むことすらまともに出来なかった主人公が微笑み、スラングを無駄に乱用していた少年が上手いことスラングを使いこなして迎えるラストシーン、この映画、観てよかったと思わせてくれた。
タイトルが、、、Demolition「破壊」だと確かに違う視点で見てたかも。「雨の日は会えない、晴れの日は君を想う」は、終盤に出てくるサンバイザーから落ちたイタズラメモだって事に気付いた人はどれくらいたんだろう?
結局は好き過ぎる事にも、壊れて行く自分にも気付かない、そんな主人公の体験を映画を観ながら一緒にできた気がする。コイツ完全に壊れてるやん、そして壊しまくってるやん!
そして一枚の何の変哲も無い思い出をトリガーに正気に戻って行く。そんな感じかな?
そしてナオミワッツ、前歯の二本が大好きです。ヤツも大概の壊れている、壊している事に気付いてないね。
ジェイクギレンホールって本当にうまい役者さんだなーと思ってしまう。
かっこいいし。
何やっても絵になるというか。

そもそもジェイクが主役じゃなかったら観てないし、作品としても、どうだろうって感じだけど、
観て良かったです。
抑えた演技が、後半になっていろいろわかってくる感じが深いです。
賛否両論ある作品だろうけど、僕の解釈では愛してなかったとは言ってるものの、なぜ愛せなかったのかを分解、破壊行動を取ることで均衡を保ってたのが、妻の秘密を知り愛されてなかったのは自分の方だった事に気付き、自分の中の辻褄が合ったのではないか。
そこから妻に出来る精一杯をやる事で吹っ切れたのではないかなーと。再生の物語ではあるんだけど、かなり癖のある僕にとっては味わい深い作品です。
突然の事故で身近な人をあっという間に亡くしたら、心が追いつかないのだと思う。
とても優秀だけれど不器用な男が
お葬式ではうまく泣けなくて、どうしたら良いのかわからないから
つらつらと思いの丈を綴ってみたり
出社してみたり
どこに向けたら良いのか分からない感情を物にぶつけてみたり

サンバイザーに残された奥さんのいたずら書き
雨の日は(サンバイザーを閉じたままだから)貴方は私を思い出さないだろうけど
晴れた日は思い出してね
そういう意味かー と
じんわり
2回観ました。2回目の方がより映画の良さがわかります。若い方向けでは無いかもしれませんね。
そしてこのタイトル。
そそりますが意味がよくわからない方も多い気がします。自分もそうでした。
ラストでタイトルにもなるシーンですが実際の英文を訳すと、「雨の日は私に気が付かなくてもせめて晴れた日には(サンバイザーを使うので)私を思い出してね」なのです。
この付箋を見つけた時に愛されていた事、愛していた感情が一気に押し寄せるのです。
そう考えるといいタイトルだと思います。
>|