雨の日は会えない、晴れた日は君を想うのネタバレレビュー・内容・結末

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿されたネタバレ・内容・結末

雨の日は会えない、晴れの日は

妻を交通事故で失った主人公はまるで悲しんでいないかのように表情を変えることなく淡々といつもと同じように会社に出勤し日々を過ごしていく

え、どうしたの?ってぐらいに

主人公は結婚した妻の義理の父の経営する金融会社にコネで入社する
出会いから、結婚生活までの経緯や描写は断片的にしかなく、結婚式でさえ心の底から幸せそうに見えない主人公
最初に義理の父からは、「お前は好かん」と言われるが、仕事をこなしていく主人公はいつしか義理の父からも認められるようになる

映画の途中何回も猿の毛づくろいが出てくるけど、あれはグルーミングという集団で生きる動物に見られる行為だそうです

娘をなくした義理の父フィルは、妻を亡くしたばかりの義理の息子である主人公がいつもと変わらずに会社に出勤していることを知って、実在する行きつけのバーに連れて行き話をする
私は、娘は亡くしたが、お前とは繋がり続けていく。お前は私にとって大切な人間だと言うことを知って欲しいし、それは仕事だけでなく、私の人生の中ででもだ
そんな言葉にも主人公はなんのその

自販機会社へのコンプレインの手紙にフィルのことをFather in lawの略と発音が一緒のことについて笑える、と書いていた

もともと、主人公は周りに無関心で自分の感情や心さえもよくわからなくなっていた

病院に置いてある自動販売機の管理会社とのコンプレインの手紙を通して、プライベートないきさつを交えながら自分の心情を語りはじめる

周りのものが、メタファーに思えたり
今まで気にしなかったことを意識するようになったり

自販機からM&Msのピーナッツが引っかかって出てこなかったのもメタファーなのかな


次第に主人公は、不可思議な行動を取り始める
フィル曰く、何かを直す時は、"分解しろ"
そして見極める
主人公は、自分の心を修理しようとして、あらゆるものを分解解体破壊し始める


周りにはちょっと病気だとかクレイジーとか思われても今俺はまじめにこれをしたいんだ、っていう

途中で挿入される、カエルだか、マイマイ蛾だがの映像がまるで意味もなく出てくるけど、人って多分無意識のうちにああゆう事柄を心の潜在意識のうちに作っていたりするのかもしれない
なんでもないように思う事柄と、ちょっとムッとしたことが結び合って、夢で見るような支離滅裂なイメージ
それは、主人公の何気ない心の中や、文字では説明できない鬱屈とした感情が映像として挿入されてるのかもしれない
うるせぇよ、shut the fuc... your mouthみたいな

カエルは調べたら、ある曲のPVの映像だそうです
何回も奥さんに皮肉として言われていたあのセリフの元を言っています

それまでの生活に意味や価値を見出せなくて、壊してしまう
周りの人から見れば、非常に価値のある暮らしなのに


いろんな好きなシーンがあって、ジュダルイスのドラムに合わせてジェイクがダンスするシーン(アドリブでやったのを監督が気に入って映画に載せたとかなんとかちらっと聞いたような)とか、クリスの悩みに向き合ってあげるシーンとか

デイヴィスのラフなあの感じでティーンエイジャーの悩みを聞いてあげられるのがかっこよくて𗂖

思春期で自分の性に悩みを持つクリスが可愛いし、同時にクラブからの帰り道、あの綺麗だった顔が袋だたきにあってすごく痛々しかった😰


最後に死んだ奥さんと浮気してた(と思っていた)男に、
「全部知ってるんだ。(僕の代わりに)妻の愛に応えてくれていたことを祈るよ」っていうセリフ

全てが明るみ、晴れになった瞬間今までの妻からのメッセージを思い出す
自分は全然妻のことを見てなかったんだ、あんなに妻は自分にメッセージを送ってたのに、、、
裏切られた悲しさじゃなくて、自分の情けなさ、妻への哀れみ無関心が生んだ悲劇


いろんな表現方法やアメリカ特有の文化や楽曲、メタファーが使われていて正直まだ何回か見ないとわからない


一般受けもあまりしないかもしれないし、物語に大きな波があるわけではないので、お勧めもしないけど
ただ、個人的にすごい好きな映画
淡々と淡く進んでいく中で理解しにくかったり、一瞬目を離すと繊細すぎる主人公の心理描写に気づかなかったりするし、絶対一回見ただけじゃ分からないスルメのような映画でした🎞
ん〜言語化むずかしい。
突然大切なものをなくすと、そのインパクトでなにも感じなくなることはある。これは悲しみなのか喪失感なのか自分ではよくわからなくなる。なぜか周りがクリアに見えたりする。だんだん心が複雑になって破壊衝動にでて、それで落ち着いてやっとこの気持ちに向き合えたりする。

破壊と認知と再構築の話。
邦題は少し違うよね。サンバイザー広げて出てきた付箋は「雨の日は気づかないと思うけど、晴れの日くらいは私のこと思い出してね」っていう意味でしょ。それで他の付箋や妻との記憶が蘇る。

妻の妊娠と浮気を知り、彼女が愛を欲していた&裏切られていたことがわかり、妻との思い出を思い出してそこには確かに愛があったことを認識して、ちゃんと大事にしてあげなかったことを後悔するって話かな。それで最後は妻との楽しい思い出があるメリーゴーランドを作り直した(彼女への愛を再構築した?)。
書いてた文全部消えたのでおわり。
ハリウッド版永い言い訳

あらすじ
ジェイク・ギレンホールがキレルホール

なんか言っちゃあ悪いけど雰囲気映画というかジェイク・ギレンホールの頭がアレになって荒れになって家を破壊している映像のダイジャスト映像
不倫相手?の息子のゲイ描写は必要だったのか必要じゃなかったのか。
雨の日には会えないし、晴れた日にも会えないのであればいつ会えるのか。
ジェイク・ギレンホールがたまらなくハマり役で、タイトルがエモい。

クライマックスまでは、ただただ衝動的に、過激になっていくギレンホールを観るだけで、退屈は感じなかったものの少し尺が長い気もした。
だがギレンホールが泣き崩れるシーンで、観て良かった映画になった。

自分が妻を愛していたと、ずっと気づけずにいた夫。
いいですねえその設定。
話がよくわからなかったなぁ〜
だけど、そばにいた奥さんがまさかの子供がいたということには驚いた。
タイトルに惹かれたのと、ジェイクギレンホールだったので、見てみた。
雰囲気と音楽と、全部理解しなくても良くて、ささるシーンだったり、好きなシーンが多くて、良かった。
お墓で会う付けてきてた奴が奥さんの男かと思ったら加害者で、車に帰ると奥さんの字で、雨の日は別にいいから、晴れた日ぐらいは、私を見てっていうメモが‥それを、みてやっと泣けて、やっぱ愛してたんだよな。
奥さんの浮気もワンナイトとかだったのかもなとか、み終わったあと思った。
WOWOW📺
よくわかんなかった。
ネットで調べてみたけどそんなに感動しなかった。
結局、旦那さんはどゆ気持ちだったの?
奥さんももうちょっと出て欲しかったな。
椅子がどうとかもよくわかんなかった。
当初邦題の意味が「?」だったけど、
奥さんが残したポストイットに呼応した形のタイトルだったのですね。
(ポストイットは「〜私を想って」
邦題は「〜君を想う」)

妻の浮気・妊娠さえも気付かないくらい無関心な夫に、
わざと高い買い物をしたり
一生懸命ポストイットで存在をアピールし続けた奥さん。

「雨の日は会えない…」のポストイットを
サンバイザーの裏に貼った奥さんのセンスの良さに(雨の日はサンバイザーを使わない)、
返って切なくなる(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
妻の死をきっかけに、自分のこともまわりのこともぼんやり眺めていた無感覚な自分をほぐしてゆく。
全ての中身や構造が気になっているのが、自分の感情が見えないからどうにかしたいとゆうことにまだ気づけていなくて外に向かっているように見えた。

こんな時はこんな風な行動になるのが普通だろうとゆう雰囲気に流されず、無感覚な自分や死んだ妻の事を改めて見直してゆく行動が全部感動した。無茶苦茶だけど。

ほんと、人それぞれいろいろな感情があることを見せてくれる素晴らしい映画。

夢のシーンや妻のかつての行動の幻や回想のシーン、良かったー。
久々のレビュー
映画は観てるんだけどなぁ〜

って事でやっぱりジェイクの演技は好みだと思った

ネタバレになるが奥さんが亡くなってスタートするこの映画

いろいろな感情な中彼は本当に奥さんを愛してたのか?物事を分解して時には破壊し...笑

きっと答えがこのタイトルなんだなって思った

クラッシュアンドビルド哀愁に満ちて最後は少し
悲しくもスッキリ
>|