普通の人々の作品情報・感想・評価

「普通の人々」に投稿された感想・評価

peche

pecheの感想・評価

3.7
20代の頃ティモシーハットン見たさに鑑賞。今回鑑賞してよく理解できたと思う。
カノンが流れるロバートレッドフォード監督作品。

3人の裕福な家族のそれぞれの苦悩。
何より母親の息子に対する冷たい態度が胸に突き刺さる。
セラピーの力は偉大。
yahhotaka

yahhotakaの感想・評価

4.0
次男のコンラッド、父親のカルビンはラストシーン、お互い本音の本音を語り合え、やっと心を通い合わせられた。二人の未来に光が差した瞬間だった。しかし、出て行った母親のベスは・・・
みんなわかり合えてハッピー的な終わり方では無かった事が、この作品に
重みを与えたような気がする。

でも、だまってハグするって、どんな言葉より愛を語る気がするんだけどなぁ・・・
鬱病を真正面から描いた本作はアカデミー作品賞を受賞、ロバート・レッドフォードが初めて監督した作品としても有名だが、観たのは今回初めて。
想像はしていたがかなり重い内容だった。
ごく平凡な家族が長男の事故死という悲劇をきっかけに少しずつ崩壊していくというストーリー。
物語はこの家族の次男が成長していく過程の中での苦悩が描かれている。母親との関係に悩む次男が味わう孤立感、徐々に追い詰められていくその姿に胸が締め付けられる思いをした。
ネガティブなテーマをそのままストレートに描いているので、観る人によって賛否あると思うが個人的には良作と感じた。
あまり安直におすすめしたくない作品。
ぼぞ

ぼぞの感想・評価

4.5
全て自分のせいにして抱え込んで壊れて、母からさらに追い討ちをかけられ…
観てて結構辛いけど1番辛いのはお父さんなんですよね…

こういう物語はみんな和解して、ハイ仲直りって言うのが普通だけど、この作品は仲良し強要映画で終わらないところが良いです。
こういうラストに救われる人もいると思います。
母親も1人の人間。
現実逃避もしたくなる。
けど逃避しっぱなしじゃ何にも上手くはいかない
ってか1番辛いの次男じゃんよってつっこみまくったわ!!
時番人

時番人の感想・評価

3.6
この作品を思い出そうとするとき、ふと是枝監督映画を思い出しました。アメリカンビューティとかいろんな映画の種作品。ロバート・レッドフォードは顔だけじゃないのかぁと感心したことを覚えています。同じ監督作としてはリバーランズスルーイットのほうが断然好きです。なんとなくこれは俺に人間を描かせろ!て、怒りにもにた、気合が強すぎる気がする。
ほ

ほの感想・評価

4.3
I don't know who you are.
I don't know if I love you anymore.
全部自分のせいにして自分自身を責めるのが1番簡単で、そして最低な方法なのかもしれない。もしかしたら、誰のせいでもなく、結果としてそうなることはたくさんあるのかもしれない。
長男(もしくは愛していた長男を亡くした自分自身)しか愛せなかった母親が次男を追い詰めていたという事実も、もはや、誰のせいでもないのかもしれない。

次男は自分と、母親のことを許した。
わたしは自分も誰も、許せそうにないな、今のところ。
manuca

manucaの感想・評価

3.0
物語がアメリカンビューティと重なりました。良くも悪くもクセのないとても真面目な作品だと思いました。ラストシーンはとても良かった。
chibimomo

chibimomoの感想・評価

4.5
お兄さんが亡くなった事で、残された父、母、弟の3人家族が徐々に崩壊していく様子の話しなんですが、なんとも美しい映画です。

監督としても有名なロバートレットフォードのとても悲しくて、美しい映画です。
映画の中の風景も素敵です。

俳優陣はもっと最高です。名優揃い。
andrew

andrewの感想・評価

3.8
“がんばれ”ほど虚しい言葉はない。
答えのない痛み いらいら。
こんな不平等な世界
普通でいられるわけがない。
“わからない”と言える先生は凄い。
人は理由なく価値観を持ち
理由なく衝突する。
そこに抑圧的な変化を
与えることは不可能で
“がんばれ”ほど虚しい言葉はない。
>|