雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.8

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

imnr

imnrの感想・評価

3.2
妻が死んでも泣けない夫。
愛していたかどうか分からない人間の喪失でも、心の空虚を埋めて前を向く為のスクラップ&ビルド。
完全に初動で主人公の行動にファッ○置いて行かれたのが致命的。
お客様相談窓口との相互ストーカー行為も普通引くだろって話なので、進展するのがフ○ック共感出来きず。

作品になぞらえて無理矢理ファ○クをねじ込んでみました笑
ファッキングッドなサントラに内容が追い付いていない。
徹子

徹子の感想・評価

3.2
外国版永い言い訳
全てをぶっ壊すシーンはスカッとした
yugyug

yugyugの感想・評価

3.9
交通事故で妻を亡くした夫が、妻の死や自分自身と向き合っていく物語。これは愛の物語だったのだろう。そこかしこに張られた伏線は少しずつ回収されていくのだが、物語の輪郭を敢えて明確にはしていないので、解釈は人それぞれに分かれると思う。ただ、非常によくできた作品だった。きっと次に観た時も違う感触で楽しめると思う。ジェイク・ギレンホールは、ますますいい俳優になっていく。ひとつだけ、観終わって原題を調べて『Demolition』と知ると、なんだかストンと腑に落ちるものがあった。
かつみ

かつみの感想・評価

3.7
今まで無関心だった物事に亡くした妻を通して、剥き出しになっていく様は見ていて迫るものがあった。狂気じみてるけど他人事には感じない
邦題おかしいあるある
ポチャ

ポチャの感想・評価

3.0
ただの金持ちの映画に見えてしまったよ
永い言い訳 と ファイトクラブが混ざったような映画でした。人間は常に壊れて戻る 壊れて戻るを繰り返しているのかなとも 思いました。細胞の話ではないです。
観終わった時になんでこんなに泣いてんだろう?と。

妻が突然の事故でしかも自分の目の前で亡くなる。それがまた、ベッピンのお嬢さんで、しかも義父のお陰で、投資会社のエグゼクティブやってるのだから、さぞやお悔やみ申し上げるとこなのだが・・・

デイヴィスは何故か悲しく無い自分に気づく。何故?何故なんだ?
この辺りの、チョットこの人サイコパスなんじゃないの?と思わせるところジェイク・ギレンホールが素晴らしい。

お菓子の自販機の苦情処理のナオミ・ワッツが、なんだかんだ気にしてくれているが、どうもデイヴィスはどんどん壊れていくの?と思うと、彼女の息子となにやら気持ちが通じてきて・・・

等価交換?デイヴィスは、物凄く大きなモノを失い、それと等価、或いはそれ以上のモノを取り戻したのか?しかし、妻の死はあまりに大きな代償である事にようやく気づいて・・・

クリス役の子がとても良いです。中坊のアンバランスで、ヒリヒリする感がよく出てます。

色々考えされられる映画は、良い映画、って町山さん言ってたけど、これなんかまさにそう。キネ旬シアター流石だ。
>|