雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

ぶん

ぶんの感想・評価

3.6
人間自分の辛さに気が付かないとダメだね。
で、ヤッパリ気が付いたらガーッ!と泣かないとダメだね。

壊れそうになった彼は、ものを壊して自分の破壊を食い止めたのか…
フラッシュバックの中で段々と自分を取り戻していき、最後には古いメリーゴーランドを直す事が出来た。
きっと彼の気持ちも修復出来ていくんでしょうね。

それにしてもこの邦題には頭をひねる。
タイトル惹かれすぎて雨の日に観てみたかった。

よく分からなかった(笑)
まず、観てて思ったのは、
男性の感覚と、女性の感覚って、全く違うんだなぁと思いました。
まぁ、男性女性問わず、表現したいもののアプローチはいろんなやり方があるんだなぁと。
私は映画をみていて、心がぐあんぐあん揺さぶられる、そんな映画が好きで。
これはどちらかというと、男性的というか、
男性が大切なものを失って、"大切だったんだ"と気づく過程が表現されてたなぁと。
心が揺さぶられるというよりは、頭で理解していく様子が描かれていたと私は思う。
結婚生活に縛られていたと感じるのであれば、素直にそう、行動すればいいと思う。
なにを我慢する必要があるのだろう。
いろんなことがあると思うけど、どんなに我慢しても無理なものは無理だと思うし、いずれしわ寄せがくると思うから。
素直が一番ですね。
miu

miuの感想・評価

3.6

幾重にも心が重なって、感じられる部分は奥底の方にあって。本当は心が色んな色に染まってるのに、それが溢れ出してこない。少し悲しい主人公の、奥深くにある愛のお話し。
泣ける訳でもほっこりする訳でもなかったけど、とっても良い映画だったなと思う。原題は破壊。邦題は、元になったシーンがあったものの、もっと柔らかな気持ちの部分に目を向けたようなタイトル。流れる音楽も好きでした。
ちょっと「永い言い訳」に似てる。特に盛り上がりもなく淡々とした内容だけど、芸達者なジェイク・ギレンホールだから最後まで観れました。奥さんが亡くなった後の若干逝っちゃってる感じがよく似合う。後、苦情係の職員があんな個人的な電話をして良いの?しかしあの少年の将来が怖い。
Kei05

Kei05の感想・評価

3.5
妻の死をきっかけに喪失感に囚われた男の再生を、宛ら精神分析治療の構造を可視化するかのように描き出す。自ら張った殻を壊しながらトラウマを探し、洞察と行動を経て対話の中でそれに触れる。徐々に軽くなっていく彼の心の動きの捉え方に加えてキャスティングも秀逸。
妻を亡くした。だが、泣けなかった。
そんな彼が涙を流したその理由は、、、


交通事故で妻を亡くした男性の心の変化を捉えた映画。
エリート銀行員として夫として満足な生活を送っていたはずの主人公。
だが妻を亡くしたその日から心の中にある抑えきれない衝動や葛藤が露わになってくる。
この作品の良さは単調なラブストーリーになっていないところ。

夫婦のお話ではあるが、それ以上に
「残された夫」「残された妻の両親」とのお話がメイン。

主人公が涙を流す理由にこの映画の全てがあります。
mgmgmg

mgmgmgの感想・評価

3.4
前に観たときは眠くてうとうとしながら観たから全然意味分からなくて、リベンジで2回目の鑑賞。
今回はちゃんと観たけど、なぜあそこで悲しみ(?)(愛しさ?)がどっと来たのか、すごく考えてるけど今のところ納得できるほどの答えはまだ見付からない。
雨の日とは何のこと?晴れた日とはどんなときのこと?どう感じ取って泣いたのか?
それともこのメッセージの感じ取り方ではなく、こうゆう付箋を用意する妻の性格的な面を思い出して泣いたのか?
う~ん。。。。
サンバイザーに同じメッセージをかいた付箋を貼って考え続けてみようと思う。
どう伝えたいのか
そう考えてしまった時点で
感情移入することはなくなる
私はダイレクトで心には響かなかった。
二度見るべきか
わからない
miho

mihoの感想・評価

3.8
そこまで無感情になってしまうもの
なのかってくらい、妻を亡くした
デイヴィスは大きく哀しむ訳でもなく
抜け殻のよう。

でも明らかにおかしな行動を取り始める
から、彼の心の中の静かな葛藤が見えて
今までの日常生活や人間関係の中で何と
なく我慢してた事や思ってても言わな
かったこと、隠してたことをもうどう
でもいいやて感じで手放していき、
たまたま病院で故障していた自販機の
問い合わせ先へ、今の正直な気持ちを
手紙で告白する。知らない誰かに聞いて
もらう方が楽な時もあるからかな。

破壊に魅了され、同時に知らない親子と
交流し、徐々に感情が戻っていき、
また色々な事を構築していく。
よくできた構成のお話をちょっとブレ
させながらも日常の中に自然に溶け
込ませて描いていて、好きなタイプの
ヒューマンドラマでした。

大きな変化が現れるわけではなく、
ジェイク・ギレンホールが静かに繊細に
感情をとても抑えながら演じているから、
それが逆にこの人と妻の別れの前に何か
特別な事でもあったのではと(発覚する
あの件以外で)ミステリー要素もあるん
じゃないかと思うくらい理由を知りたく
なった。

でも理由なんかじゃなくて、ショック
とか目の前で妻に先立たれ自分は生き
残って残ってる状況とか、その時相手
に抱いてた自分の感情とか、とにかく
ほんとデイヴィスは繊細な人でそれを
演じてるジェイクがハマり役でした。
最後に出てきた車の男の一言から、
表情がふと変わるのとか素晴らしい。
見え隠れする妻への想いも!

ナオミワッツの優しい枯れ感も、
息子役の子も良かった!彼は静かに
輝いてたなー。音楽のセンス良すぎだろw
ジェイクといいコンビだった。
でも銃はアカン。

後からググッとくる感情もある。
この映画自体も最後まで観ると
ぐっとくる構成でした。
>|