雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

作品はとてもよかった。
ただし日本のタイトルが全然良くない。一見ラブストーリーに思えてしまう。
実際は全くラブストーリーではなく、主人公が人として成長していく物語。
どうして本来のタイトルじゃダメだったのか疑問…
ドラマ映画として最初から見ていればもっと得られるものがあったと思う。できればもう一度見たい。
nucleotide

nucleotideの感想・評価

5.0
他者への共感性の低さや、状況に即した態度を取れない人を指して、やれパーソナル障害だ、サイコパスだと紙面を賑わす世の中だが、しかし人と人は本当に理解し分かり合えるものなのだろうか。韓国には「泣き屋」なる商売があると聞くが、それは極端な一例としても、人間はその時々の環境や状況に応じて仮面/ペルソナを被る社会的動物であり、又同時にそうした振る舞いを環境の側からも要請されるのが我々の生きる世界の実相だとすれば、自己と他者、あるいは世界との心の連絡を一体どのように考えたら良いのであろうか。この映画は、そうした心の領域とその臨界点を探る人びとの物語である。

主人公デイヴィスの"不感症"の原因を、コネ入社による抑圧や日々の無機質な数字のやり取りといった、彼を取り巻く環境因子に求める向きもあるようだが、しかしそれは彼の心臓を欠損させたのはマイマイガの仕事であると断定するも同じことで、特定の因果関係に拠らない、自分の心と人との繋がりを極めてセンシィティブに捉えているところに彼の当惑の種があったと考える方が自然であろう。そう理解することによって、孤独な魂同士が寄り添い合い、各々が自己と他者の心の在り方を見つめはじめるというのちの展開に、扱っているテーマを深化させるという物語上の効用のみならず、他者との共存を余儀なくされたこの世界に居心地の悪さを感じている我々(一部の)観客の心にそっと寄り添ってくれるような心地さえする。

「普通、文章は語が線的に連結され、その連結された系列は、それによって排除された語を潜在的に包含している」という文学テキスト論をここに援用するならば、「花が咲いた」というセンテンスが「散った」という言葉を潜在的に含んでいるのと同様に、デイヴィスのDemolition(解体)もまた、(再)構築を包含し、且つ後に辿る結末を逆説的に予感している営為であると読むことができる。そしてまた、モノを解体することでココロを明らかにせんとする彼の幼稚な魅力を炸裂させるのと並行して、物質と精神の鮮やかな対比をも含蓄させる重層的なセンテンスであることに唸らされる。

「おっぱい触らせてくれない?」が正式な手続きの欺瞞を露見させたように、デイヴィスに求められた「正しさ」さえこのような陥穽に陥るならば、所詮人間はどこまでいっても分かり合うことはできないのかもしれない。そうした心の懸絶を雨に例えるならば、それでも君のことを想える晴れの日があればそれは素敵なことじゃないか。そんな風に温かく語りかけてくれるようなラストだと感じた。
こういう映画は評価がむずかしい
家を破壊するシーンがすき
少年とのホームセンターのシーンもすき
S

Sの感想・評価

2.5
思ってたよりは普通だった。
あの男の子がジェイクの口角をきゅってしてこうだよってとこがすき
きしお

きしおの感想・評価

1.8
二回見た方が話しかわわかるんだろうなあと思う。
でも、主人公の気持ちはわかる。
Fuka

Fukaの感想・評価

3.8
リアルすぎて心詰まる
車の修理と一緒か〜、壊れたら分解、修理する、この繰り返しで人の心も保たれてるんやろうな
わや

わやの感想・評価

3.8
クレームの手紙で進む序盤の展開は結構好きだった。
主人公が普通の人とは少しズレていたけど、妻が死んだらこうなるような旦那は意外といそう。

よくある恋愛映画よりかはよっぽどリアルだった。
ERI

ERIの感想・評価

4.2
あっ、そういうことぉ〜!

って、感心する映画!

主人公のデイビスは、奥さんが事故死するが全然悲しい感情が無く泣けない。奥さんが亡くなった10分後に病院の自販機でm&m'sを買おうとするが、チョコが出てこなくて、自販機会社にクレームの手紙。ここがもうね、やばい。
クレームと称して、現状を手紙に書いてる。しかも何回も!いやぁ、デイビス変わってるわぁ。ここの時点で一気に引き込まれた。

しかも、クレームがあった会社のクレーム係のカレンは、その手紙を読んで、デイビスに電話しちゃうのよね。いやぁ、2人とも変わってる!でも、なんか変わってる人に惹かれるのよねー。

まぁここからデイビス、カレン、カレンの息子の交流が始まるんだけど、この3人がよいのよねー!ていうか、デイビスのカレンの息子に対する対応というか、子供でも大人でも一緒な感じが好き!

いやぁ、やっぱ私ジェイクギレンホール好き!って改めてなりました。
無関心な感じだけど、気になることは突き詰めたり、なぜかいろんなものを解体したり。一気に感情爆発で泣くところは、静の演技が効いていてヤバかった。静と動のバランス最高。そして、音楽を聴きながら道路をノリノリで歩くシーンはゲラゲラ笑った!最高すぎて!あんなに人いっぱいいるのに踊りまくってて楽しそう♪やっぱジェイクって、紙一重の変なヤツ演技が上手いなぁ。

もっと早く観れば良かったぁ。映画館でcrazy on you聴きたかったぁ!!
YOSKA

YOSKAの感想・評価

1.8
僕には少し難しかった。
もう少し歳をとってからまた観たい映画。
ゆー

ゆーの感想・評価

4.2
自分の心がわからないから、一度解体して整理して、妻への愛を整理して、受け止めて再生させる。
ロジックとメタファーのバランスがたまらない!
デイビスが泣けるようになってからの畳み掛けが清々しくて、カルーセルもわざとらしいのになんだかすんなり落ちた。
終わった後とても気持ちよかった。

ジェイクはいくつになっても素敵。

邦題はクソ。

自分も、何にも気にしないで破壊しまくりたい!
>|