雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

nobu0326

nobu0326の感想・評価

4.3
これはすばらしい最高のぶっとび映画だ。破壊する事で病んだ心と素直な心を見事に切り取り表現している。そして最後は再生の象徴としてのメリーゴーランド。ジャンマルクヴァレ監督の感性、映像の見事さに引き込まれました。坂口安吾の堕落論に通じるものを強く感じました。
あおい

あおいの感想・評価

2.7
君を失って、世界は色付き始める…

ジェイク・ギレンホールが妻を亡くして、どんどんヤバい人になる話。一種のラブストーリーであり、非常に重い人間ドラマでもある。

ストーリーは非常にシンプル。妻が亡くなり、夫は妻の存在について深く考え始める。そうこうしてるうちに、全てを壊して気持ちを落ち着かせるようになり、またクレーマーとして手紙を出した顧客窓口の人、その家族と触れ合い、自分を見つめ直す話。

壊すと一口に言っても、モノだけじゃなく人間関係をも壊していくジェイク・ギレンホール。やばい言動の数々によって、みるみるうちに人望は消えて行きます。でも、その人望は嘘で塗り固められたものであり、果ては家族と思っていたものまでが、秘密で塗れていたことを知ります。ここまでくると、気の毒で仕方なくなります( ^ω^ )

でも、割り切ったジェイク・ギレンホールはここで折れたりはしません。別の家族に触れ、性について悩む少年と触れ、妻との思い出に触れ、最後は清々しい笑顔を見せてくれます。ずーっと暗い映画なのですが、ラストは意外とさっぱりしてました。この先彼がどうなるのかは、謎ですが。

決して面白くはないけど、こういう愛の形があることや、泣きっ面に蜂ってこういことかってなる映画です( ^ω^ )病んでる時にみたら、かえって病むかもしれませんが、それともこれよりは酷くないかって割り切れる可能性もあります。

失恋した人にもおススメ( ^ω^ )
冷静に壊れる人の描きかたがすごい。
いままで当たり前に近くにいた人がいなくなると
人ってあんなふうに壊れていくのかな…
実感わかないだろうなぁ。
Zn

Znの感想・評価

-
よくある内容だけど心の変化の描き方が自然発生的でいい
タイトルがバリ好み
ちょっと言えないけど、凄いよ。
冷静に壊れる人の姿。
これは実際に自分の目で見てほしい。
音楽聴きながらノリノリで
フリーダムに出社する所すき。

修理するためには一度分解しなければならない。直すためには破壊しなくては。
組み直すためには、新たな人間関係が必要。これらがよくわかる。

ナイトクローラー然り、何か壊れた人間の役がほんとハマるなこの人。

泣いた
ファイトクラブがみたくなった
Jun1582

Jun1582の感想・評価

4.0
なんかわからんけど好き。さっきまで一緒にいて、いるのが当たり前の人が急にいなくなると、世界の見え方が変わる。その気持ちめっちゃよくわかる。そして言葉にならない感情とか...。そのへんの表現がぶっとんでるしよく表されてる。でも、夫婦という、元は他人やと肉親とは感情も違ってくるのかもしれんし、なにかしら毎日を送らせてくれる存在とか感情の拠り所も違うのかもしれん。カレンは現実に引き留めてくれる存在やったのかな。男女とかそういうのじゃなく。そういう私にはわからんかった感情も含めて、死の非日常さ、受け止め方、夫婦、ぶっとんだ子、ひっくるめて全部そのまま好きやったな。何年か後にまた見て、感想の違いを楽しみたい。
にしても、家は完全復元したんかなー笑
ユキ

ユキの感想・評価

3.1
ジェイクギレンホールは心が壊れてる役すげー合う
だけど人間性や感性や感情を取り戻して行くその姿は一種のカタルシスを起こす
破壊や人との出会いを通して妻を亡くした自分の心を整理するお話。途中主人公の行動がエスカレートしすぎて共感しづらくなったものの優しい映画だった。多くを語らず表情などで見せるので好き嫌い分かれそう。邦題のシーンはとても好きだけどこのタイトルにはモヤモヤしてる。
Lifesucks

Lifesucksの感想・評価

4.1
突然パートナーを失う。繰り返す自問自答。感情が寄せては引いてを繰り返す。
我を見失い、全てを捨て、破壊する。

エリートで冷淡な男が、パートナーの死をきっかけに堕落していく様子をジェイクジレンホールが好演している。
>|