ブロークン 過去に囚われた男の作品情報・感想・評価・動画配信

「ブロークン 過去に囚われた男」に投稿された感想・評価

tulpen

tulpenの感想・評価

3.0
未練がましい鍵屋の爺さんを
演じるアル・パチーノ。
まさにハマり役。

こんな男は願い下げ。
ホリー・ハンター
よくぞ、許したね(笑)
鎖園

鎖園の感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

号外/

頑固ジジィの退屈な日常

アル・パチーノだからって高評価なしね

レビュアーの皆さん。
genbrave15

genbrave15の感想・評価

3.9
いろんな意味で過去に囚われるなということ。
人間、みんな孤独だということ。
目の前の何気ない日常が幸せだということ。
そして、最後に頼りになるのは
やっぱり自分自身だということ。

身近なことに幸せを感じ、
孤高に生き自分を高め、
過去のことを教訓として
学ぶことが大切なんだと教えてくれる作品。

自分の考えにハマってるので
他の人より評価高い。
個人的にすごく好きな作品。
ただ、アル・パチーノが主演だから
観れた映画かもしれない。

2020年、鑑賞278作目。
鍵修理屋を営む老人マングルホーン(アル・パチーノ)は、孤独な毎日を送っており、
毎週訪れる銀行の女性受付係ドーン(ホリー・ハンター)と交わす他愛のない会話を大切にする生活を送っていた。

アル・パチーノ、3作連続だわ!

独居老人の偏屈度が高いって、世界共通なんですね❗️
あと、過去への未練がましいネチネチ度も‼️


内容的には結構退屈なシーンもあり、ツライ面はありましたが、アル・パチーノのほぼほぼ独演と、ギャングでない堅気の鍵屋って役
を楽しませてもらいました♪

ラスト、パントマイムの男、アレ、何が起きたの?
YAZ

YAZの感想・評価

4.0
過去の女性の想いに閉じこもる
孤独で偏屈で正直な老人
唯一の友は愛猫

突然な出会い。
「君といると楽しいんだ」
ひとりも悪くはないけど
楽しいと思える人と一緒なほうが幸せかも
シンプルなのに難しい

「好き」でなく「楽しい」と
いうのがとても良いな
タイトルにもあるように過去を美化して過去に囚われる老人が次第にいい方向へ変化していく数日間をスローテンポな調子で描いている。
サスペンスやアクションばかりではなくたまにはスローなこういう映画もホッとしていいかも。
ラストシーンでファンタジー感覚が取り入れられていたのは非現実的だけど、この調子で行けばもう少し良くなるよといった軽いメッセージになっていたように思えた
トミー

トミーの感想・評価

2.6
過去に囚われたというより
依存症の変態ジジイの話し(笑)

途中で寝落ちするくらいつまらなくて
主人公マングルホーンのデリカシーの無さに
怒りすらこみ上げてくる…

後半の30分で
親子のしがらみに向き合おうとするシーンは
良かったかな

ただこの変態クソジジイを見事に演じ上げた
アルパチーノには拍手!
アル・パチーノの演技よりもホリー・ハンターのヒリついた表情とクッソ胡散臭そうなハーモニー・コリンの方が印象に残る。全体の脚本は微妙だけどシーン単位で好きな部分は多い。
fontaine

fontaineの感想・評価

3.0
面倒くささが父に似ている。この歳になるまで気づけない事もあるし、わからない事もある。死ぬ前に気づいた彼はまだ救われるはず。
アルパチーノだから最後まで見続けられた。もう一度はないかな。
>|