さらば愛しきアウトローの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

「さらば愛しきアウトロー」に投稿された感想・評価

2020 7.4 鑑賞
脇役連中も豪華で悪くないが、肝心のロバート・レッドフフォードが・・・
レッドカードで退場⁉️
浮浪者

浮浪者の感想・評価

3.4
彷徨うことを肯定され続けきたものが終末において否定性を突きつけられる。それでもなお、人は彷徨えられるだろうか。
恐ろしくジェントルに銀行強盗を遂行する老齢の男の人生というテーマにふさわしく、すべてのアクション、撮影、画調、編集、演出が紳士的な慎ましさのだが、90分という伝記映画には異例のコンパクトさを含めて、その「寡黙の雄弁さ」には背筋を覚えるほど。冒頭、逃走のシークエンスが、全く派手なアクションではないのに、遠くから聞こえるサイレンの音と、その後の男の人生に重要な意味をもたらす女性との出会いが、まったくもって美しく、パトカーが視界を真横に横切る忘れ得ない画面によってスマートに締め括られる。銀行へ向かう男の西部劇のような足取り。パトカーの列を遠景に見据える男の画面の美しさ。カーチェースシーンの、映画だけに許された芸術的な荒唐無稽ぶり。脱獄の回想シーンの楽しさ。そして、老齢の男女のロマンスの温かみ。見たことないほど新鮮なに懐かしい、この「映画を見ている」という確かな気持ちの数々はなんだろう。見た後にありがとうと独りごちたくなる、とても豊かな作品。
タイシ

タイシの感想・評価

3.5
犯罪を犯し続ける。捕まってもなお続ける。
10代から80代まで。
こんな人なのに、被害者含めて関わる人は皆んな彼に良い印象を抱いてる。
プロフェッショナルという姿じゃなくて少年というかガキっぽさの残る姿って言う方が似合う。
これが引退作っていうのもちょっと良い。
銀行強盗に行く姿がスロットに行く僕と重なりました。
isseinode

isseinodeの感想・評価

4.5
大阪の超ドープな劇場でしか上映して無くて見れんかったやつ。終始いい雰囲気。朝方と牧場シーン特に好きやった。終わり方もクール。歳とっても人生楽しんでる人のあのかっけー感じ。
ゲン太

ゲン太の感想・評価

2.5
☆6.5
何度も強盗と脱獄を繰り返した男の話。だがそれ以上でもそれ以下でもないような内容だった。
この主人公に魅了をあまり感じれなかったので、いまいち乗り切れないまま最後までいってしまった。
それとこんなに犯罪を繰り返しているのに、すぐに刑務所から出てこれるアメリカの司法制度にも疑問。
Riy

Riyの感想・評価

3.9
レッドフォード、流石、お爺ちゃんでも素敵な雰囲気。
ケイシー・アフレックもシシー・スペイスクも落ち着いた演技というか、温かさが感じられ、とてもいい。
トム・ウェイツも出ていましたね。
万太郎

万太郎の感想・評価

3.8
久しぶりにこれぞ映画って感じの作品を観た。古き良きアメリカ映画という印象で、音楽で言うとビートルズを久々に聴いた感覚に近いというか何というか…「あー、やっぱこういうのいいなぁ」っていう安心感やら満足感やらが充満。警察役もどことなくポールに似てるし(笑)

もうオープニングでノックアウトです

ケイシーアフレックのキャスティングは瞠目に値する

全ての輪郭というか、実体をぼかしてくるこれは一体なんだ

デヴィッド・ロウリー恐るべし
まさに魑魅魍魎

I’m just talking about LIVING.


そしてもはや現地調達のエキストラ化したトムウェイツ(いい意味で)


ただ矛盾を承知で言わせていただくが、これが実話というところに少し冷める僕がいる。
完全にフィクションであってくれたらな、、と
そうすれば、ロウリーがもっとロウリーだったはずなんだよ
puka

pukaの感想・評価

4.2
邦題は最低だが(笑)、とても楽しめた。

レッドフォード好きなら、必ず見るべし!

本当にありがとう。
最も好きな映画人、ロバート・レッドフォード。
>|