ヘイトフル・エイトの作品情報・感想・評価

ヘイトフル・エイト2015年製作の映画)

The Hateful Eight

上映日:2016年02月27日

製作国:

上映時間:187分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ヘイトフル・エイト」に投稿された感想・評価

Tyga

Tygaの感想・評価

3.4
不謹慎だし会話劇も着地点も面白いが、さすがにやや長すぎる感が否めなかった。
「サミュエル、まだ生きてるんかい……」みたいな気持ちになった。
もしかすると、会話劇だから字幕よりも吹替で見たほうがよかったのかもしれない。
やっぱり字幕は色んな意味で文字の力のほうが強いから。

とはいえ、負けた後の南部と北部の微妙なしこりと、自由を手にした黒人に対しての南部の差別主義者の侮蔑が、より嫌みたらしくなってるのとかは面白かった。
時系列をいじくりながら、全員悪人の騙し合いみたいなのもタランティーノ!って感じ。

「バトンルージュの戦いを服飾店で再現すべきではない。」
ナレーションがいる少し変わった映画
小説を読んでるみたい
スタイルは好きだし、配役とか、展開も細部までこだわってて興奮する
なにか悪いかというとそんなことはないが、あえて言えば最近どんでん返しを見過ぎたせいか、もっとドラマチックな展開を期待してしまう
それ以前に時代が時代だから、物語にのめり込めないっていうのが大きいかもしれない
テーマはアメリカ南北戦争・黒人差別・騙し合い・駆け引き・犯人探し
この映画だれかを主人公にして彼視点で物語を進めると感情移入できて違った楽しさになるかも
乾燥肌

乾燥肌の感想・評価

5.0
タランティーノを味わうには最適な作品かもしれない
ヒリヒリした会話、魅力的なキャラ、バイオレンス描写
個人的なカート・ラッセル萌えシーン
血を顔面にかけるカート・ラッセル
ちょっとお世話もしてあげるカート・ラッセル
嘘つかれて傷つくカート・ラッセル
が最高
サミュエル・L・ジャクソンのドン引きのゲス話は最高
ジェニファー・ジェイソン・リーが汚可愛い最高
セットや衣装がかっこよくて最高
音楽はモリコーネ最高
タランティーノ最高
柿の種

柿の種の感想・評価

3.6
遊星からの物体Xから着想を得たらしく、非常にハラハラさせられる内容だった。
レザボア・ドッグスっぽくもあるし、タランティーノが大好きな俺は満足でした。
tonton

tontonの感想・評価

2.7
展開およびストーリー構成、各キャラクター達が繰り広げる会話劇は良かった。

長い
脚本流出して変更する前はどんな結末やったんか教えてくんなはれ
KenTa

KenTaの感想・評価

4.6
撮り方が良い!
キャラも良い!
構成も良い!
タランティーノォォォ!

このレビューはネタバレを含みます

久々に観たのですが、前回からの間に風と共に去りぬを読んだことによりまた感想が変わりました! 読んどいてよかった!!
最近ウィンド・リバーとかワイオミング州が舞台になる映画をよく観てるなあ レヴェナントもだっけ

タラちゃん節炸裂の不謹慎で悪趣味な極上密室サスペンスというやつです
元北軍少佐のマーキスを中心に、南北戦争や差別の遺恨がこの狭い小屋の中でもものすごく発揮される
元北軍のマーキスと南軍を率いた父親を尊敬するクリス クリスがマーキスの「リンカーンからの手紙」を酷く馬鹿にしたことでプッツンして、スミザーズ将軍にたちの悪すぎる意趣返し
そんな二人がまさか最後に仲良くなる(マイルドな表現)とは……! 二人の共同作業は「悪い奴を吊るす」という至極単純な「敵を倒す」行為 北も南も白も黒も関係なく二人は協力(マイルドな表現)しました なんて良いラストなんだろう…… リンカーンの手紙も、なんて良いこと書いてるんだろう……画面は地獄絵図だけど非常にラブアンドピースですね

サミュエル・L・ジャクソンの悪役は本当に素晴らしいなあ ひっどいことしながら言いながらのあの笑顔、底知れない悪を感じて大好き
あ

あの感想・評価

3.9
ことが起きるまでまあまあ長いのにそれでも惹きつけられながら観れるのはタラちゃんさすがの脚本のうまさ。愛するサミュエルが白い歯剥き出してハッハー!!って笑うとこっちも嬉しくなる。銃と血が似合う雪原できよしこの夜、ジーザスファッキンクライストみんな口悪くて最高ね。
タランティーノらしくておもしろかった。人がバタバタ死んでいくのが好きなわけではないけど、緊迫感がいい。
>|