ジャンゴ 繋がれざる者の作品情報・感想・評価・動画配信

ジャンゴ 繋がれざる者2012年製作の映画)

Django Unchained

上映日:2013年03月01日

製作国:

上映時間:165分

4.0

あらすじ

「ジャンゴ 繋がれざる者」に投稿された感想・評価

11回目の視聴
やはりこの映画は僕の人生の中での最高の映画
自分の中でこの映画を超えるものは二度と現れないと思う。
yuda

yudaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

記録。ステファン(サミュエルLジャクソン)が死んでくれて気持ち良かった‼︎
schwarz

schwarzの感想・評価

4.0
最高かよ。
私実はめっちゃくちゃタランティーノ好きなんじゃないか。
台詞回しも、早撃ちも、カット割もサイコー。題材が重苦しいのに、なぜかエンターテインメントに優れている。サイコー
miku

mikuの感想・評価

3.7
シュルツが飄々としてて無敵すぎて、裏があるんじゃないかと勘繰って思ってハラハラしてしまった。
人種差別問題を取扱いつつもラスト30分は相変わらずの凄まじさ。バイオレンス。ミスララが一撃で吹っ飛んでたような…。
冒頭のシーンから、まさしく西部劇!
映像のトーンも、楽曲も。
懐かしさというか、既視感満載(オマージユ多いから当然だけどね)。

そこにタランティーノ特有の濃いキャラ設定に、バイオレンスに、ブラックジョークに、適度に安っぽいシーン、
賛否別れる長い会話シーンも、前後の流れ考えると結構計算づくだったりしてね。
銃の戦いよりも、言葉の戦いのシーンが際立ってた部分もあるし。

キャスト一人一人のパフォーマンスも凄かった。
嫌味なエリート役のイメージが強いクリストフ・ヴァルツ。
完璧な人間が最後に見せた人間味。
あれはやられました。

ディカプリオが演じたのは世襲農場領主。
金持ちのガキが幼稚のまま大人になってしまった役。
こちらも完璧ね。
こういうのもタランティーノの才能?
タランティーノ節炸裂!長時間で飽きない監督はそうそういない。
社会問題あり、早撃ち銃撃戦あり、大爆破あり、黒人奴隷と西部劇の見事な融合。シーン構成、BGM、セリフ回し、、全てが渋くかっこよく映画以上に映画であった。
「すまない、我慢できなくてね」
トクリ

トクリの感想・評価

4.2
初タランティーノ
思ってたよりもエンタメに富んだ演出してて予想を裏切られた
題材は重く苦しいけど、ジャンゴやシュルツがイカしてて最後はスカッとした
yh

yhの感想・評価

4.0
軽快で豪快で最高にクールでセクシー
人めちゃくちゃ死ぬし血が出るのにポップなんだよなあ、タランティーノって感じ
これは堪らん!勧善懲悪の物語と最初から判っているはずなのに、このカタルシスは、このエモーションは一体何事だ。胸糞から胸スカへの約束された展開を繰り返し、やがて胸アツな結末へと繋がっていく。マンディンゴまで含めてアメリカの負の歴史の一側面を描いた本作をアメリカ白人はどう見たのだろう。悪ノリ調でどこか楽しげな悪党ディカプリオの怪演が甚だ見事。トラブルを即座に演技に取り入れたあの場面の凄味ったらない。主人公フォックスの朴訥な格好良さもジャクソンのいやらしさも勿論素晴らしい。しかし何と言ってもクリストフ・ヴァルツ演じる賞金稼ぎシュルツの魅力!誰もが魅了されずにはいられない稀有なキャラクターだろう。口八丁手八丁にのらりくらりと危機をかわしながら着実に仕事を片付けていく爽快感。それでいて軽妙で嫌味のない人懐っこさがある。そしてそれは主人公ジャンゴにも受け継がれていたと知るあの起死回生。垢抜けなさの向こう側にスタイリッシュさを見つけるようなダサかっこいい世界観の魅惑。長尺なのが全く気にならない面白さ。これまで観た彼の作品で一番好き。
どうでもいいことだけれど、画面いっぱいに大きく流れるテロップ"MISSISSIPPI"の字面が何だかゲシュタルト崩壊的に奇妙で可笑しかった。
残酷な黒人奴隷制度
ハードに描かれているけど目を背けてはいけない🥺

レオ様の悪役が素晴らしすぎる…👏
アップになる時の効果音なんか笑う🤣

全編笑っちゃうほどの
血しぶきぶっしゃーが止まりません🔫

爽快なラスト、
「俺だよベイビー」
言われたいいいいいい😎
>|