ジャンゴ 繋がれざる者の作品情報・感想・評価

ジャンゴ 繋がれざる者2012年製作の映画)

Django Unchained

上映日:2013年03月01日

製作国:

上映時間:165分

4.0

あらすじ

「ジャンゴ 繋がれざる者」に投稿された感想・評価

saaaa

saaaaの感想・評価

-
最高に格好良かった!
最後はめちゃくちゃスッキリした!
タランティーノっぽいバイオレンス感はあったけど、分かりやすいストーリーでとても楽しかった👏
あっという間に終わってしまった
キャストが豪華すぎる!!
レオナルドディカプリオの演技すげー‼️
結構えぐめな感じの映画だけど、変わった映画の撮り方でえぐいんだけどなんかそこまでやな気持ちにはならなかった。
最後のシーンはめっちゃくちゃスッキリしたしハイパーカッコよかった笑
男の子が好きな映画ランキングみたいなのがあったら絶対に上位には入る映画だと思った‼️
矢野

矢野の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

道中の冒険は楽しめたけど、終点がそこか…
と思ったら爆発でやり返してスカッと終わる
りょう

りょうの感想・評価

4.0
R15指定にも納得のグロい作品。

医者が元黒人奴隷とタグを組んで自分の妻を取り戻しに行く。

時代背景が西部開拓時の黒人奴隷真っ只中。

ディカプリオの黒人の執事?本当にいたんですかね?

中のレビューを見させていただいた中で、中には富裕層の白人に媚びて、白人同等に黒人を軽蔑する黒人もいたとか。

ちょっと長いけど満足のいく作品でした。
Pinkman

Pinkmanの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

🦷


ニガー+銃=無敵
白人が銃を持たせたくなかった訳だよ。

これまで何千人と出会ってきたけど、こんな黒人(白人)に会ったのは初めてだ。一万人に一人しかいないのだから驚くのも無理もない。

「Dは発音しない」
分からないことは知ってる奴が教えてやればいい。そうすればその背中を見て育った奴らが勝手にあとを引き継ぐさ。まあ全員とは言わないが。

あんな芸当ができる馬は見たことがない。賢い馬もいるもんだ。

全体的に音楽が良かった。タランティーノ監督がいつの間か肥えてた。
ソガ

ソガの感想・評価

4.3
タランティーノ的痛快娯楽西部劇

「イングロリアス・バスターズ」ではユダヤ人がナチスに復讐する映画だったが、今度は黒人奴隷の賞金稼ぎが白人達に復讐をする映画。

ナチスの大佐を演じていたクリストフ・ヴァルツが今度は味方で登場、こんなに頼もしいと思える役者も珍しい。
賞金稼ぎのためなら手段を選ばないし、躊躇わず銃を撃つ男だがあくまでもそれは冷酷な奴らの前だけで普段は紳士な態度をとる良い男。

ディカプリオも年を重ねてイケメン俳優から悪役もこなせるダンディーな俳優になってきた感じがします。むしろ悪役やってるときの方が好き

いつもの無駄に長い無駄な会話を最小限にして、黒人奴隷という暗い歴史の描写も観てて気が重くならない程度に落としているし、最後には全員裁かれるのでスカッとします。

元祖ジャンゴとのやり取りも一瞬だけだが渋くて良かった。
Hissan

Hissanの感想・評価

3.8
胸くそ悪いところもあるけど最後まで見たら爽快😎 Badasssss Django🤠
miyusty

miyustyの感想・評価

3.9
・直視し難い「奴隷問題」を「賞金稼ぎ」をテーマにして描いた作品。
・歴史的事実と、フィクションがうまく混ざっていて先の展開が気になってついつい没頭してしまう作品。
・ディカプリオの悪役っぷりたるや。
・痛い・・・。(打たれたり、撃たれたり、殴られたり、血が出たり、宙づりにされたり、 byド派手な演出。嘘っぽい感はある。肉片とか血とか色々吹き飛ぶ)

自分では絶対に選ばないジャンル(「西部」「奴隷問題」)の映画なので、ついつい見入ってしまいました。ただ、暴力的なシーンが苦手なので無になって見ざるを得なかった。もう一度見たいかどうかと聞かれると多分観る体力はないので☆3.9です。
キングシュルツの巧みな話術と交渉力には営業職として学ぶところはありました(?)そしてジャンゴの一途さ、そしてキングシュルツから得た経験と知識を糧に自らも賞金稼ぎになって、最後に挽回するところは気持ちよかった!結果的にハッピーエンドになって救われました。
そして、何が面白かったのか、エンドロールあたりで、一緒に観ていた人が爆笑していました。果たしてそんな面白いシーンがあったでしょうか?私が見逃していただけでしょうか?もう一度エンドロール付近は見直そうと思います。(最後の4行は作品の評価とは無関係です。)
①ドクターシュルツとジャンゴの出会い
②3兄弟の追跡
③ヒルディとの再会、カルビンとの対峙
④決着

☝︎こんな感じの綺麗な起承転結。
タランティーノにしてはすっきりさっぱりしたエンディング。

でも安心して、タランティーノ節炸裂のシニカルブラックコメディに仕上がっておりますので🤫

血しぶき肉片飛び散りまくりのトマトソースパラダイスも健在ですから、ええ😈

そしてレオ様のレフトハンドには、ガチもんのトマトソースが…!?
それをヒルディの顔に…
ぬおお血液曝露やぞインシデントじゃすまへんぞ😡🏥


“Djaaangoooo!”
“You're arrogant son of a… ”
ボカアアアアアアアン💣🔥🏰👼🏿☠️

このセンス最高、大好き
shiho

shihoの感想・評価

3.5
一言で言うとくどかった。

タランティーノはイングロリアス・バスターズが一番好き。キルビルも好き。
パルプ・フィクションはそこそこ。
(もう一回観たいとは思わない)

リベンジものだから面白いかな〜と思ったけど、
まず最初の「ジャンゴ〜!!」の曲から始まるオープニングシーンからしてくどい(笑)

早撃ち面白かったけど思い切りのいい銃殺も数回観りゃ飽きる。

ディカプリオ楽しみにしてたし登場シーンはワクワクしたけど、思いの外そのまんまのキャラクターでそこから展開がなかった。(悪役も上手いなぁと思いました)

私の好きな上記2作品と何が違うかなと考えたら

・女性の配分?
今作は非常に男くさい。女性キャラはピーチ姫よろしくヒロインしかメインどころがいない。
ヒロイン、最後笑うととてもかわいかった。
(時代背景と西部劇ということを考えると仕方ないかな?とは思う)

・時間が長い
長い。約3時間は長い。

・暴力・虐殺が結構つらい
緩急という意味では襲撃・流血・爆発シーンが多く流れてる血の量(見た目)が多い。
黒人奴隷への扱いが(知っているとはいえ)かわいそうで辛い。
白人は皆ケダモノ…いえ、人は皆ケダモノ。

というところか。
イングロリアス〜ほどバレてんじゃねぇか?バレてんじゃねぇか?ってハラハラしなかったしな。

完全にノリで突っ走ってた感あるが、
お馬ちゃんがいっぱい出てきてすごいな〜と思った。(IQ2の感想)
>|