ジャンゴ 繋がれざる者の作品情報・感想・評価・動画配信

ジャンゴ 繋がれざる者2012年製作の映画)

Django Unchained

上映日:2013年03月01日

製作国:

上映時間:165分

4.0

あらすじ

「ジャンゴ 繋がれざる者」に投稿された感想・評価

toro

toroの感想・評価

4.6
ごめん、我慢出来なかったっていう話。

ジャンゴは勿論だけど、ドクター・キング・シュルツが格好良かった!
飄々としてて口も達者で胡散臭いのに、最後の最後「いやー、こんなクズと握手するのムリだったわー」て自分でも自分の行動にびっくりして謝ってしまう所、最高だった。

Dr. King Schultz: Normally, Monsieur Candie, I would say "Auf wiedersehen." But since what "auf wiedersehen" actually means is "'till I see you again", and since I never wish to see you again, to you sir, I say, goodbye.

Dr. King Schultz: I'm sorry... I couldn't resist.
さちえ

さちえの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

差別のくだらなさとバカバカしさが
わかりやすい、
ずっと搾取される側だった、
クールで賢いジャンゴがかっこよすぎた。
骨がどうのとか、
布の穴がどうのとか、、笑
ほんとくだらなーーー、、、笑
特にkkkの登場シーンと、
ジャンゴが覚醒するシーン、
かっこよぎて何回も見たい!
ディカプリオが机叩いて流血したシーン、台本にないアクシデントだったみたい。続行するプロ意識と役者魂が凄すぎる。しかもその血を黒人女性奴隷の顔面に塗りたくって…アドリブ力ハンパねー
アメリカ西部が舞台でめちゃくちゃタイプな映画でした。ジャンゴの愛の力!
323

323の感想・評価

4.7
こっちのサミュエルLジャクソン、
クズすぎて草
タランティーノ作品で一番好きだった!
いい人に出会えたね…🥺
AOI

AOIの感想・評価

4.6
【奴隷のジャンゴが賞金稼ぎのシュルツの助けを借り妻を取り戻す】

「D-J-A-N-G-O」まず、名前がカッコいい
カウボーイハットに黒丸サングラス●●
ジャンゴは立ち姿も美しい(ღ*ˇᴗˇ*)。o♡ウットリ♡

珍しくタラさんにのっけからハマった(∩´∀`∩)💕

舞台は南米、森には、イオンの雑貨屋さんとかによく売ってるエアープランツがワサワサワサ
風景と、奴隷の醜い扱いに『それでも夜は明ける』を思い出したけど、公開も1年違いなのね

シュルツの馬車の歯のオブジェ🦷と、奴隷の親玉スティーヴンの演技がツボ
🦷をピョンピョンしたい為だけの歯科医の設定か

かの有名な、レオ様のハプニング場面🩸に出会えた時は、泣きそうになった〜(இɷஇ )
あそこでハプニングとは、流石持ってるよねぇ

普段なら「そもそも“報復”という手段は•••」とか、無粋なことを書きがちだが、今作ばかりは 、はぁ〜ღ(◔ڼ◔ღ)ミ参りましたっ‼️

しかも、欲しい場面に欲しい曲.•*¨*•.¸¸♬ 選曲の良さも天下一品🎶

( 」`Д´)」<<<タマランティーノォォ〜
m

mの感想・評価

4.0
ディカプリオが登場した瞬間のうれしさ
現代の童話として語り継いでいきたい
3時間あるから遠慮してたけどだれる事なく見れた

クソったれポリコレに汚染されてないし血の量と火薬量が最高
007とかイングロリアスバスターズ見てるから悪役じゃないクリストフヴァルツがとても新鮮

あと時間が経てば奴隷は自ら奴隷になるんですね…
ギュン

ギュンの感想・評価

4.7
ディカプリオはほんとにもう流石というか出て来るだけで惹きつけられますね。
毎回熱演してる印象ですが今作もすごい存在感、主演かと思いました。

前半の袋を被った差別主義者たちを、かなりしつこくコケにしてる笑

タランティーノ流の古風な演出と、やけに血しぶき多めのバイオレンスが痛快!
リアルな奴隷制度の描写がいいバランスで融合していて説得力あるように感じました。
RunRunRun

RunRunRunの感想・評価

3.6
同じ黒人のサミュエルL・ジャクソン演じるスティーブンの憎たらしさが際立ってた。明らかな悪人と虫けらのように殺されたりする虐げられた黒人奴隷たちの危うい状況とジャンゴのヒロイズムがベタだった。善が悪を倒す単調な構成で、ヘイトフル・エイトの方が好みだな。
Richi

Richiの感想・評価

4.1
フーフーー!! 

It’s me baby
かっこえええ!!!

タランティーノすぎる血の量はご愛嬌!
>|