許されざる者の作品情報・感想・評価・動画配信

許されざる者1992年製作の映画)

Unforgiven

上映日:1993年04月24日

製作国:

上映時間:131分

3.8

あらすじ

「許されざる者」に投稿された感想・評価

K

Kの感想・評価

1.0
イーストウッド監督映画は相性悪いもの多いからそうなる気はしていたんだ。

さて、お口直しに何観ようかな。
重厚な西部劇。
勧善懲悪ではなく全員悪人。
ジーンハックマン演じる保安官は街を守る正義と思いきやなかなかの悪。イーストウッド演じるウィルは主人公なので悪には見えないが、客観的に見たら相当の悪。悪対悪。
主人公の相棒役のモーガンフリーマンが途中、戦線離脱した理由がいまいち分からなかった。

1.銃の腕前が落ちたことによる自信喪失
2.人を殺す事の重圧に耐えれず怖くなる

見終えてよく考えると「2」だと確信する。
ジーンハックマン流石の存在感。イーストウッドみたいに西部劇にこだわる俳優、他にいないのかなぁ
kino8310

kino8310の感想・評価

4.2
★激シブな自分を、激シブに撮った映画★
酒場にいる客や店主に酷い目に遭った娼婦たちが、1000ドルの賞金を出して復讐を依頼する。元悪党のマニーが、彼女らの依頼を受ける。

西部劇はよく分からないが、とにかく西部にいる女性たちの人権は無かったのだろう。顔を切られるなんて、女性にとって辛すぎる事だ。

イーストウッドとモーガン・フリーマンと若者の3人が失敗しそうになりながら、良い感じのガンマン物語だと思っていたら…。最後にイーストウッドが!(あ!ダーティー・ハリーって西部劇かぁ。)
amin

aminの感想・評価

3.7
モーガン・フリーマンがスペンサーライフルを撃てなくなって、身体を縮こめるところ。そのライフルで、今度はクリント・イーストウッドが撃つけど、なかなか当たらないところ。この一連のシーンのしつこさと丁寧なやり取りが素晴らしい。ここに限らず、全般に丁寧。早撮りなのに丁寧とか、ぐうの音も出ません。
*4800
□物 語 ★★★★★ ★★★
□配 役 ★★★★★ ★★★★
□演 出 ★★★★★ ★★★★
・テ ン ポ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆
・喜怒哀楽 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆
・ドキドキ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆
・雰 囲 気 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆
・エンディング ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆
□映 像 ★★★★★ ★★★
□音 楽 ★★★★★ ★★★
久々に鑑賞NOW!
西部劇まさに新骨頂!生死の重さとか今までに無いタッチで画かれていてGOOD!
イーストウッド監督の第2ステージを決定づけるアカデミー賞受賞作(≧∇≦)b
ICHI

ICHIの感想・評価

4.0
イーストウッドはこの作品を「西部を脱神話化する寓話」と語っていたそうだが、銃で人を殺すことが物理的にも心理的にもいかに大変な作業かが様々な場面で描かれ、物書きの描くガンマンのイメージの虚構性が炙り出される。しかしお説教の匂いのするリアリズム作品ではなく立派に西部劇として成立しているところが凄い。豚小屋で転げ回るイーストウッドの遠く背後に馬に乗った人物が現れ次第に近づいて来る美しく物語の始まりを確信させるショット、相棒が虐殺されたことを知ったイーストウッドがやめていたウイスキーを口にする瞬間の緊張感と高揚感、ラストの「レオーネとドンに捧げる」というテロップが泣ける。
はる

はるの感想・評価

3.0
BSで鑑賞。
久々にイーストウッド監督らしい作品を観た。

決してつまらなくはないが、アカデミー賞4部門受賞するほどか...?と思ってしまった。
古さをあまり感じさせないのは凄いが。
アカデミー賞作品賞他3部門受賞。
クリント・イーストウッド監督作品。
かつて酒に溺れては泥棒と人殺しを繰り返し悪名高かった主人公。
妻を亡くし幼い子どもと今は身を隠すように暮らしている彼のもとに、賞金がかかった人殺しの依頼が。

これまで抱いていたイメージの西部劇とは少し異なり、見応えのある復讐劇のように感じられ、全体に漂うのは西部劇ながらも武士魂的なもの。
景色が美しく、豪華キャスト陣で、素晴らしい演出…。
さすがイーストウッド監督作品といえる映画。
>|