遊星からの物体Xの作品情報・感想・評価・動画配信

遊星からの物体X1982年製作の映画)

THE THING

上映日:1982年11月13日

製作国:

上映時間:109分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「遊星からの物体X」に投稿された感想・評価

初めて観たときはただの気色悪い映画だと思っていたが、改めて観ると本当によくできた映画だと実感する。SFホラーの金字塔と言われる理由がよく分かる。

あの怖さ&気持ちの悪さは、CGではなく特撮技術だからこそ表現できるものだと思う。(今は殆どCGだからなぁ…。)

音とか映像で与える恐怖だけではなく、『誰も信じられない』という人間の内面的な恐怖をとことん植え付けてくるところが凄い。あえて空白の時間を作ることで、それを見事に表現できているように思う。

グロい(?)のが苦手な人には少々きついかもしれないが、SFとかホラーが好きなら一度は観てほしい良作。
filmlover

filmloverの感想・評価

3.1
ホラーの古典的名作。エイリアンのCG?がつくりこまれていて、現代映画のCGとはまた別の怖さがあった
maebom

maebomの感想・評価

4.3
ストレンジャーシングスにチラッと出てきて鑑賞。

閉鎖空間で寄生生物に襲われるというSFホラーとしてもおもしろいのですが、
何よりも特殊効果がめちゃくちゃ悪趣味でぶっ飛んでて最高。
ビヨーンと伸びて千切れるとことか、CGでは出せない質感があり目を見張りました。
オチもSF小説ならではの無慈悲な感じがあってとてもよい。
(ネタバレ一切なし)
この映画に対する持論や考察等はブログに記載しております。
https://pottereiga.com/?p=2441 ← タップで記事に飛べます。

それでは早速、「遊星からの物体X」の感想について結論から述べていきたいと思います。

内容は全く違いますが、「死霊のはらわた」と似たような匂いを感じる映画でした。公開当時は迫力があって人気があったのかもしれませんが、今現在鑑賞してみても、作り物感が物凄いだけで殆どハラハラしませんでした。

という感じですね。高評価な映画であり、且つタイトルだけなら何故か聞いたことがあったので、かなり期待して鑑賞に臨んだのですが、結果的に想像以下の映画でした。

映画の内容については、最初こそは何をしているのか全く理解が出来ませんでしたが、徐々に内容が分かってくるに連れて、ちょっとずつ面白くなっていきました。

「現実でも実際に起こるかもしれない...」という不安感も覚えましたし、考察するべき箇所もいくつかあって、おそらくSFマニアの方にはたまらない極上の映画になっていることだと思います。

しかしながら、個人的にはあまりハマらなかった映画であり、ネタバレを含めた持論等についてはブログの後半で説明していきたいと思います。
Orca

Orcaの感想・評価

3.4
ストーリー的に目新しさは恐らく当時もなかったと思うけれど、それでもこの演出はリアルタイムだと受ける衝撃が違うだろうな。
「THE THING」を「遊星からの物体X」という邦題にしたのはがんばってる感じする。
方眼

方眼の感想・評価

4.5
1982年”(John Carpenter's) The Thing”。顔が歩いたり、犬が割れたり、ストーリーからの必然は全くない。見た目の面白さ、作り手のアイデアを映像化することの快感。SFX映画の極北。ロブ・ボッテイン、スタン・ウィンストンが参加。
人間に寄生する「物体」、誰が寄生されているのか疑心暗鬼になりながら「物体」と対峙していくお話。

南極っていう隔絶された舞台で、人間に寄生しちゃう正体不明の化け物。
こりゃあ怖いです。

疑心暗鬼って1番怖いですね。
実は隣の奴が宇宙人かもしれないとか考えたら正気でいられないですよ。

CGに負けず劣らずの気持ち悪い造形もかなり良かった。

寄生パニック系って疑心暗鬼になって非情になっていく人間が怖いのであって化け物自体はそんなに怖くないんだよね。
まあ実際いたら怖いけど、
そーゆー点では割とあっさりハントしちゃったのも良かったかも。

本当に決着は着いたのか考えさせるような終わり方も個人的には好き。
nori007

nori007の感想・評価

3.7
「遊星からの物体X ファーストコンタクト」(2011年)の最後の犬がこうしてつながることに衝撃。このワンコ。もちろん犬の形をコピーしたXちゃんなのだ。。。

徐々に、あいつが何者なのかが明らかになる。血液レベルで生命反応があり、感染した人のコピーに成り代わる。しかし完璧にコピーするため見た目では誰がXちゃんかは判別出来ない。判別するには全員の血液を採取し生命反応あるかを確認するという。。。

こうした誰がコピーかわからない状態ではパニック状態に陥ってしまうのもわかる。しかもこの場でXちゃんを殺さないと、全人類がXちゃんに入れ替わるのは時間の問題だ。

ここで登場するXちゃんがCGなしなのに、魅力的な造形と操演でとても素晴らしい。今見ると日本でも様々な作品に影響を与えてることがわかる。

はたしてXちゃんは死んだのか?いやいる。永久凍土の中に封印されているはずだ。
やっぱ続編必要だろ。
オソマ

オソマの感想・評価

3.2
昔、映画好きの叔父にDVD貸してもらって観た記憶。センセーショナルな描写で当時のハシりだったんでしょうけどこの40年で映画は余りにも発展し過ぎたのかもしれない。最新が古くなるスピードが上がり、どれもこれもが何かのオマージュでフォロワー。真のオリジナリティとはどこに宿るのか、そんなことを作品を思い返しながら考えてしまいますね。本作はオリジナリティの塊のような作品でしたが、好みではなかった。
アサミ

アサミの感想・評価

3.7
「気持ち悪い」というレビューを何度も観てきたので恐る恐る観てみたら、案外すんなりと観れました。苦手ジャンルも観ず嫌いしてるだけで、観ようと思えば観れるもんだな!と。40年も前の作品だからやっぱりチープ感はあるけど、気持ち悪くて、怖くて、面白かったです。若かりしカート・ラッセルがかっこいい。
>|