私をくいとめての作品情報・感想・評価・動画配信

私をくいとめて2020年製作の映画)

上映日:2020年12月18日

製作国:

上映時間:133分

3.7

あらすじ

「私をくいとめて」に投稿された感想・評価

べりぃ

べりぃの感想・評価

3.3
自分と照らし合わせて見ていた。Aの存在って自分にもいるな。
エンドロールで会話だけの旅の様子、ドキドキ感あって好き。
和

和の感想・評価

4.3
想像以上にいい映画だった。
主人公と性別と年齢近いのが関係してるかもだけど…
妙に感情移入してしまって、、
みんな不安だよね。。
あと橋本愛ちゃんとのんちゃんっていう二人が大人になっててそれだけで泣ける
Natsumi

Natsumiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「勝手にふるえてろ」に続く
大九明子のこじらせ女子映画。

のんちゃん・林遣都の
キャスティングは大正解👏🏻


見所は
多田くんの根っからの優しさ、
バイプレーヤーの質の高さ、
そして、やっぱり
みつ子のイタかわいい大爆走。


林遣都めっちゃ顔かっこいいのに、
仕事できなさそうな感じ、
モテなさそうな感じ、
ちゃっかり出てた。
俳優さんってすごい。


多田くんの素朴な優しさを
特に表してるのが、
みつ子の部屋の
電球を入れ替えてあげるシーン。
あのアングルのカメラと沈黙は◎。


あと、はじめてのお泊まりで
手をつないで、眠りにつくところと、
東京タワー地味に意気込んで上るところ。
ほんとの優しい人って
多田くんみたいな人をいうんだろう。


それから、臼田あさ美は
超重要な役どころ。


臼田あさ美とみつ子の
オタッキーな会話、
ワードチョイスが秀逸で
大好きだった。


臼田あさ美
「当たり前じゃん。
人間だれしも、
生まれつきおひとり様なの。
誰かと一緒にいるには
努力が必要なんだよ。」


のんちゃん
「(温泉のおひとり様チケット)
私が愉快につかって成仏させてやります!」
臼田あさ美
「よろしゅう」


決して華やかではない、
でも思考の深さが人並みではない
唯一無二の会社の先輩。
こういう役がめっちゃハマる
臼田あさ美は無敵だ👏🏻笑


片桐はいりが実は結婚してたときの
絶望感もわかる。
臼田あさ美のあっり「そうだよ」の
返事もありそうで笑える。


そしてなんといっても
のんちゃん演じるみつ子の
大爆走。


特に旅館の廊下での独白シーンは、
この映画イチの名場面。
多田くんが大好きで、
でも自信がなくて
それが悪い意味で超絶妙に重なって、
ものすごい形相と心の内の
恥ずかしさが全開なシーン。
頭の中のAは肝心な時に見放してくる。
寂しいけど、これもちょっとリアル。



なんか中途半端感がなくて、
でも不思議としつこさや重さもない。
大好きな映画になりました。



まぁイタリアのシーンは確かに
長いけど。笑
なかた

なかたの感想・評価

3.8
【「勝手にふるえてろ」感が溢れてて好き】

◆概要
「勝手にふるえてろ」の大九明子が監督・脚本を手がけ、芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を実写映画化。のんと林遣都が初共演し、おひとりさま生活を満喫する女性と年下男子の不器用な恋の行方を描き出す。

◆あらすじ
何年も恋人がおらず、ひとりきりの暮らしにもすっかり慣れた31歳の黒田みつ子。そんな彼女が楽しく平和に生活できているのには、ある理由があった。彼女の脳内にはもう1人の自分である相談役「A」が存在し、人間関係や身の振り方に迷った際にはいつも正しい答えをくれるのだ。ある日、みつ子は取引先の若手営業マン・多田に恋心を抱く。かつてのように勇気を出せない自分に戸惑いながらも、一歩前へ踏み出すことを決意するみつ子だったが……。

◆キャスト
みつ子の親友・皐月役で橋本愛が出演し、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」以来となるのんとの共演が実現。
太郎

太郎の感想・評価

4.5
のんが可愛い~

脳内の会話が止まらない感じなんかわかる~
1人の人間だけど、心の中の瞬間的に感じるひねくれとか劣等感とか諦めとか期待感とかいーっぱい考えるよね~

親友の話はほんとに分かりすぎて嫌だった(笑)

私にはみつ子がこじらせてる人には見えんかった🤣

多田くん。君は素敵だ。(笑)

ほんとツボなところが多々あってふふふってなる感じ。好きだねぇ。
risa

risaの感想・評価

3.6
能年ちゃんがとっても良き〜〜
おひとり様を楽しむアラサーライフ
世間の幸せイメージで勝手に独身=可哀想にみられがちな世の中の価値観よ…

妄想の声が中村倫也だからすっごいイケメンを想像して見ていた
Haru

Haruの感想・評価

2.4
自分で選んだ選択に結果が思い通りにいかないとき、自分じゃない何かに責任転嫁したくなる気持ちは分からなくはない。分からなくはないけど、それ故の葛藤やら成長やらが全く描かれていなくて、終始現実逃避してるだけに思えてしまって不快でしかなかった……。

勝手にふるえてろは好きだったんですが、これはあまり合いませんでした。

ただ、のんちゃんは可愛いし、大瀧詠一の君は天然色はいつどのタイミングで聴いても良き!!!!!!
玄米

玄米の感想・評価

3.2
年下の子が「いや2個しか違わないじゃん笑」って言ってくるのドタイプ
yui

yuiの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

勝手にふるえてろ と原作も監督も同じとは!
見てから知ってびっくり。でも雰囲気は似てる。

おひとりさまライフを30まで満喫しすぎて、頭の中に相談役のAが生まれ、1人で喋りながら何不自由ないストレスフリー生活を送っていくほのぼのコミカル系…かと思いきや、結構現実的だった。

・30を迎え、今更気になる相手ができても、距離の取り方がわからない。相手とどうこうなるモチベがない。「好きだけど、伝えるだけの情熱がない」。
・親友はイタリアにいて結婚もしている。自分とは違う世界に行ってしまって自分だけが取り残されたような感覚。遊びに来てと誘われても、なんとなく顔を見れず、断ってしまう。おめでとうと心から言えない気持ち。

分かるな〜という共感の嵐。
そして、みつこが周りで起こる様々な現実を悟りながら、冷静に飄々と生きているように見えて、腹の中から理不尽に感じてることが際限なく溢れてくる、緩急がよかった。

「人といるには努力が必要」。確かに気を遣ったり遣われたり面倒なんたけど、人といないと感じられない気持ちもある。最後、人と関わる息苦しさを吐きまくって多田くんの元へ戻った後のやり取りが大好き!
「黒田さん」
「ん?」」
「すごく、好きです」
「(笑う)」
「…なんだよ(照)」
ここ、人と関わることの幸せを感じられたようなみつこの表情にも、多田くんの可愛さと真面目さにもきゅんきゅんする…!


あと個人的に、のんと橋本愛の親友役としての共演は最高!あまちゃんの時からお互い演技力パワーアップしてる!
tomoka

tomokaの感想・評価

2.5
何かの映画に似てる!って思ったら勝手にふるえてろだった
同じ監督で納得
ただ内容は納得できなかった
最初は好きな感じだったが少しずつ話がずれていって何が軸か分からなかった
>|