セッションの作品情報・感想・評価

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

4.0

あらすじ

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教師。常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

「セッション」に投稿された感想・評価

マーチ

マーチの感想・評価

5.0
今作で100レビューに到達しました!
今後とも、
どうぞよろしくお願いいたします(๑>◡<๑)


【上半期鑑賞映画寸評:2017】
《才能 vs 狂気 闘魂のタイマンバトル💥》
もう何度も観ているけれど、未だに同じシーン・同じセリフ・同じ演技で驚くし、興奮するし、緊張するし、感動する。

この映画を初めて観た時、ラストは勿論のことそこに至るまでの過程に度肝を抜かれた。何度観ても窒息する程の緊張感に包まれるし、被害を被りそうな恐怖感にも侵食される🥁

初めて観たときの感覚を何度も味わえる不思議さと嬉しさ、色褪せることない演出の秀逸さ、シモンズの演技の偉大さを感じる。

間違いなく、個人的オールタイムベストの一角を成す作品であり、名作として語り継がれるであろう狂気。

【p.s.①】
はい、ということで記念すべき100個目のレビューで寸評を投稿するという暴挙に出てしまいましたが、たかが数字です🤑
寸評で何が悪いのかっ!!

まあそれはさておき折角100個目のレビューを投稿するということで個人的オールタイムベストからこの作品を選びました!
もちろん、再びしっかり観た上で
(`・∀・´)👍

この作品、今となっては何度も観るほどに好きなのですが、初回鑑賞時はそうでもなくて、終わった瞬間に「えっ?!」か「へっ?!」って声が漏れた気がします。恐らく凄すぎて放心状態だったのでしょう…笑

結局はこの作品の狂気に取り込まれ、今となってはオールタイムベストに入るほど好きな作品になっています♪( ´▽`)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
えっ? まだこの作品観たことがないって?
コォォォォラァァァアアアヾ(*`Д´*)ノ"彡☆
ファッ◯ン・ムービーばっかり観てんじゃねぇぞぉぉぉおおおお!!
今すぐこの作品を観ろォォォォオオ!!!

ちょっとフレッチャー先生! フォロワーさんたちをイジメないで下さい(´・ω・`)
そんなことしてるとまた教師辞めさせられますよ!!

なんだニーマン!
俺に指図をするのか?
ならこのテンポで叩け!!
叩けなければお前のフィルマアカウントをブロックしてやるからなぁぁぁああ!!

1,2,3,4✋
パァーパパ パーパ パッパ パラパッ

ガッシャーァァァァアアアアーーン💥
ファッ◯ン・テンポォォォォオオオオ!
お前のアカウントをブロックだぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああo(`ω´ )o!!!!


以上、茶番でした。

相変わらずふざけたレビューで100を越えましたが、
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【p.s.②】
既に2017年も下半期に突入しましたが、まだ投稿できていない1〜6月の鑑賞作品が多々ありますので、それらを寸評で投稿しています。

40〜50作品ほどありますので、いつもとは違い極々短いレビューで投稿しますが、暇があれば付け加える予定です。

よって、いつもの【映画情報】等もカットさせていただきます。

*詳しくは2017年6月8日に投稿している《『イップ・マン 葉問』評》内の【p.s.】後半部分をご参照下さい。
yasuto

yasutoの感想・評価

4.4
アツい
kikkick

kikkickの感想・評価

3.6
血だらけになるまでドラムを叩くくらいに、夢中になれるものがあるのは素直に羨ましかった。
あのハゲてる人の指導の仕方は理解出来なかった。が、褒めてばかりも成長が止まってしまうことはとても共感出来た。
smk

smkの感想・評価

4.1
久しぶりに痺れた!!
めちゃくちゃかっこいい。

がむしゃらに、血と汗まみれになってドラムを叩きまくるニーマン。普通にしてたら冴えない男子なのに、あのど根性は、こちらもたぎってくる。

追求のあまりに、どこまで人間性を失えるかということを見せつけてくれるフレッチャー。

両者の共通点は音楽への狂気的な愛。
ラスト一瞬の二人のアイコンタクトは
それまでの過去も、立場も、感情も、超越した繋がりを感じさせた。

観賞後、手元にあった箸と茶碗でドラムもどきをやったのは、言うまでもありません。
夢を持つ事の大事さとその夢が大きければ大きいほど試練は大きいという事を感じました。ジャズという音楽を通して色んな人間がぶつかり合いそれぞれ自分の熱いマイノリティやルーツを持っていてとても熱い気持ちになれる作品。
LACO

LACOの感想・評価

3.7
名門音学科大学に入学したニーマンと伝説の鬼教師フレッチャー。その二人のサクセスストーリーかと思いきや、想像以上のスパルタ指導。暴言、罵声は当たり前。そんな事もありまさかの展開に。

ラストが一番良かった。
ひとに認められる、振り向かせるためにがむしゃらに何かに没頭出来るもののがあって羨ましいと思う反面、周りが見えなくなるのは残念だなと思った。
nicoooooo

nicooooooの感想・評価

3.6
サウンドトラックではなく、映像の意義を感じた。音楽と脚本を総合評価するのはむずかしい。
kota

kotaの感想・評価

4.1
ミュージックスクールの教師と生徒の物語。その指導はまさに狂気。

ラストは本当に凄かった。鳥肌がたった。

あそこまで熱中できるものがある、というのが羨ましい。
画面全体から膨大なエネルギーがぶあーーってくる感じ。

想像以上でした。血、汗、怒声、ドラム音、狂気、狂気、狂気。この映画で、こんなに血を見るとは思ってませんでした。

フレッチャー先生が恐い。自分の学生時代にこんなに激しい人はいないにしろ理不尽な暴君パワハラ野郎みたいな人を少しは見てきたので、、、学生時代を思い出すようでほんとに恐い。演技が本当にすごい。深く刻まれた皺が目に焼きつく。

主人公ニーマンもすごい。物語序盤は悪い言い方をすればイキリオタクみたいな笑。偉大になりたい、俺はもっとできるみたいなところに見てるこっちが恥ずかしくなります。このたまにいるよねこんな人ってところから、どんどんどんどん狂気の人へと変わっていく様がすごい。こんなにドラムに取り憑かれてる人いない。

本当に皆さんが言ってるいるように最後のシーンが圧巻。圧巻の演奏をする流れまでもがすごい。

ほんとに恐い!でも、ほんとに感動しました。私の文章力じゃ伝えられないです。いい意味でもう観たくない(でも観たい。)
飴と鞭
傲慢、根性、度胸、貪欲

満足者に先はない
>|