XX ダブルエックス 美しき狩人(ハンター)の作品情報・感想・評価・動画配信

「XX ダブルエックス 美しき狩人(ハンター)」に投稿された感想・評価

『3-4x10月』以外でトカちゃんが芝居しているの初めて見たよ。シナリオが高橋洋だけど、盲で杖をつきながらの悪役とか、こういったケレン味でしかないキャラクターを愛しているのが伝わってくる。久野真紀子とジョニー大倉が笑顔で青空ファックをキめている画が、じゃれ合ってる二匹の野良猫みたいで最高。
ひろ坊

ひろ坊の感想・評価

4.0
小沼勝x高橋洋。青姦に合う音楽じゃね〜〜そしてロングショットで止む。
拷問シーンも最高。
にしてもジョニー大倉のアクションシーン多すぎ...とにかく動く。。鬼奴。。
cinemaQ

cinemaQの感想・評価

4.5
電車の中でデートだなって言われて、デート?って頭をジョニー大倉の肩に乗せる久野真紀子が可愛い。
高橋洋らしい脚本も最高だし、演出もカッコいいし、めちゃくちゃ面白い。
ラストもサイコー
mrhs

mrhsの感想・評価

4.0
高橋洋脚本。

「映画とは女と銃である」とグリフィスは言ったそうだが、まさにそんな感じ。

冒頭のカルト集団の教会(キリスト教がベース)で行われる殺人の儀式からして凄い。教会と殺人という取り合わせはアベル・フェラーラのようだが、職人的に上手く、銃撃戦のタイトさや儚いロマンスは良質の西部劇やフィルムノワールのようでもあるとは褒めすぎか?
fish

fishの感想・評価

3.9
もう、何十年前か忘れたけど、地元の深夜の映画放送枠でこれをやってて、すごい衝撃をうけたのが忘れられなくて、それから何年か経った頃に、この作品にクノ真季子さんが主役だったのを知って、改めて見直しました。

今思うと、エロスな作品を観たのがあの頃が初めてだったと思う。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

3.6
表向きは修道院だが裏で暗殺稼業している組織によって標的の頭を一撃で打ち抜く冷酷な殺人マシーンに育てられた女紫苑(久野真紀子)が、図らずも標的にした男(ジョニー大倉)に愛され、女として目覚めてしまい、組織に追われることになる。
花村萬月の小説を映画化した「X Xダブルエックス」シリーズ第2作。
「無垢な心と暗殺スキルを持つセクシー美女殺し屋が、愛を知り組織に立ち向かう」という「ニキータ」のようなアクションものだが、凛々しくセクシーな久野真紀子の魅力とガンアクションやセクシーシーンで楽しませるし、味のあるビターなオチも良いセクシーアクション映画。
ジョニー大倉が自分を殺しに来た殺人マシーンとして育てられたヒロインに命乞いしながら衣服を破り愛撫する事から生まれてしまった悲劇!ショットはキマってるし時代を感じるダサい音楽さえギリギリでカッコいい。トカちゃんはこわい。
一

一の感想・評価

-
殺人マシーン久野真紀子を命乞い懇願愛撫で落とすジョニー大倉、さすがです。服の破り方もいかがわしい。ノリノリの風間舞子の拷問とガチな身のこなしの渡嘉敷勝男も見どころ。なんの伏線もなく「神父様の香水が匂います!」でばっちりケリがつく。
1234

1234の感想・評価

3.8
画面を締めたり画面に奥行きを出すために被写体の手前にボンボン物が置かれてたのがよかった
WINSRIVER

WINSRIVERの感想・評価

3.3
殺されそうになってるのに、犯そうとするの新しい。くそダサフュージョンがマジでカッコいい。
>|