バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲の作品情報・感想・評価・動画配信

バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲1997年製作の映画)

Batman & Robin

上映日:1997年08月02日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.1

『バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲』に投稿された感想・評価

ayaco

ayacoの感想・評価

1.0
ジョージ・クルーニーがバットマン役
さすがにこれは…ブルース・ウェインでは無い…。
バットマンが共闘かぁ…。(遠い目)
こっちを先に観ていたらバットマンにハマっていなかったかも(白い目)
なんかごめん

妻を蘇らせたいフリーズ、環境破壊・自然破壊に怒るアイビー、ヒールのがよっぽど純粋な正義を持ってる気がしたのだが。
相変わらずヴィランのデザインが良いので星はつけるよ!
かこ

かこの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

これまたほぼ全シーン覚えてて、当時どんだけ繰り返し見てたんだと呆れる。

フォエバー同様、良いキッチュさチープさ。
今思うと、小学生の自分にはアイビーが刺激的すぎたな。

アイビーの動機周りは結構無理やりだけど、フリーズの動機はかなりドラマチックだし、
フリーズもアイビーも、フォエバーの悪役よりも派手で直接的な能力だから、アクションシーンが面白い。

バットガールも出てきて登場人物増えすぎたことによるドラマ軸のブレみたいなのは気になるけど、全体的なクオリティでいったらぎりぎりフォエバーより高いかもな。
SYU

SYUの感想・評価

3.0
2022/11/27
監督 ジョエル・シューマカー
ジョージ・クルーニー
ユマ・サーマン
and アーノルド・シュワルツェネッガー

"救うことこそ、本当の力だ"

全てを凍らせる力を持つ怪人"Mrフリーズ"と、毒の力を操る"ポイズン・アイビー"によって壊滅の危機に陥ったゴッサムシティを救うために戦いに挑むバットマンとその相棒ロビンの活躍を描く、シューマカー版バットマンのシリーズ第2作。

U・サーマンでもう一本。

主人公ブルース=バットマンにG・クルーニー、ヴィランにA・シュワルツェネッガー、U・サーマンとビックネームを揃えてかなり話題になってになった。

個人的には前作のバットマン・フォーエバーがお気に入りだったので期待したが、残念ながら少しパワーダウンした感想、何よりも敵役のシュワルツェネッガーのキャラが悪役になり切っていないのが残念でした。

ノーラン版の最強の敵として登場したベインが、ここで出ていたのはすっかり忘れてました。

鑑賞日1997年 劇場にて
PELIMETRON

PELIMETRONの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

・Mr.フリーズが美術部を襲う
・バットマンとロビンが駆けつける
・逃がす
・ある研究所では毒人間アイビーと怪力人間ベインが誕生
・ダイヤで誘き寄せプリーズを捕まえる
・執事の姪を屋敷に招待
・アイビーがフリーズを解放
・2人で世界征服を目論む
・アイビーのフェロモンで2人は仲違い
・ピンチにバットガールとなった執事の姪が登場
・フリーズはゴッサムシティごと凍らせる
・一騎討ちに勝利
・衛星を動かし街に光を浴びせ溶かす
・フリーズから治療薬をもらったウェイン
・執事の病を治す
・妻を殺したアイビーを倒しに行くフリーズ

安っぽいヒーローものを見ているような
前作以上のキャラ数で豪華さはあるものの、監督自身が謝罪の言葉を述べるほど不評だった今作💡意味もなくバットマンのスーツに乳首が付いていたり、アクションシーンでの特にシュワちゃんの演技がヒーローショーの悪役のようにチープである事が目立つ感じではあります💦
献身的な執事アルフレッドさん絡みのパートは良かった😊
stp

stpの感想・評価

3.0
今回はジョージ・クルーニーがバットマン役。
なかなか良かったとは思うけどセリフを言いながら少しニヤけているのが気になる。
シュワちゃん、ユマ・サーマンも良かった👍
アルフレッドも元気になったついでに一言いいたい…バットマン&ロビンのスーツにビーチクは要らないんじゃね⁉︎い、言っちゃった😆
ジョエル・シューマカーによるポップなバットマンの集大成。

前作に引き続き、個人的にめっちゃ好き。

ブルースの過去を含めてゴッサムの人間は深い闇を抱えていることはよく知ってるので、正直、毎回重苦しい話ばかりでは飽きますな。
そんな中、ダークなテイストは抑えめでヴィジュアルやアクションに重きを置いたジョエル・シューマカーのバットマンには孤高の魅力がある。見方によっては都合の良すぎる話の展開もストーリーにいいテンポを生んでいた。
これから、こんな明るいバットマン映画は生まれなそう。逆に貴重ではないだろうか。

あと、フリーズがけっこう陽気な性格だったり、頭脳派のはずのベインが脳みそ筋肉だったりするけど一周回って大好き。ユマ・サーマンによるアイビーは文句なしで最高。
なんにせよ、みんなコスチュームがかっこいい。
それにアール・ヌーヴォーに影響を受けたゴッサムシティもレトロでかつ未来的でよかった。
エンディングがスマパンなのもうれしかった。

結果、色々ひっくるめて大好きな作品。
Kuni

Kuniの感想・評価

3.2
夫婦で夫のDVDコレクション鑑賞会。
バットマンシリーズの巻。

これは…
皆さんの評価が低いのわかる❗

ジョージ・クルーニーのブルース・ウェイン、イメージと違う。

もっとトラウマを抱えて陰のある感じなんじゃないの❓️

ユマ・サーマンが怪演するポイズンに悩殺されるバットマンとロビンの情けないこと…
(;´д`)

バットガールも登場したり、キャラが増えすぎてまとまりのない感じ。


シュワちゃん演じるMr.フリーズは、
妻一筋でなんだか微笑ましいヴィランだった。

突っ込みどころ満載だけど、アメコミらしさはありました。
Hiro

Hiroの感想・評価

3.0
今作の終始ニヤニヤなブルースにはロビンは死んでも従いたくないわなw
ロビンもロビンで、、、。
ヒーロー側が全くカッコよくなかった。それどころかストレスさえ感じた。


前半はぶっ飛んだツッコミどころがあるので笑えるんだけど中盤以降はそれさえ弱くなっていく。

とにかくユマサーマンを拝む為の映画!
もちお

もちおの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

 初鑑賞です。
 字幕版です。

 楽しかったです。
 一方で、要素が多すぎて整理されていないという印象を受けました😅

①バットマンを演じる方がまたも変更
 シリーズ4作品の中で、バットマンを演じた役者さんが3人いらっしゃるのですね。
 驚きました。
 皆さん素敵でした✨
 本作ではジョージ・クルーニーさんです。
 色気がありました。
 かっこ良かったです。

②良かったところ
・MR.フリーズ役でシュワちゃん登場
 シュワちゃん登場だけで嬉しいです。
 しかも、難病の妻を救うための治療法を求めている点が魅力的でした。
 悲しみがありました。
 妻との映像を観ている場面や、氷で作った妻のオルゴールが印象的でした。
 ラストで改心してバットマンに薬を渡すのも好きです。対話での解決も良かったです。
 ただ、その後にポイズン・アイビーに復讐するのは……
 この場面のせいで、MR.フリーズが改心したのかどうかが曖昧になってしまいました。
 また、バットマンがMR.フリーズの妻を助けるシーンが欲しかったです。
 この場面がないので、ラストでバットマンがMR.フリーズに「妻は生きている。」と伝えても、取って付けた感が否めませんでした。

・ポイズン・アイビーさんが素敵
 ユマ・サーマンさんのご出演に驚きました。豪華ですね。
 環境保護を目指す科学者が悲劇で変身してしまいます。
 悲哀のあるヴィランが好きです。
 ただ、ラストで植物に食べられて戦闘不能になるのは微妙でした。
 「さっき問題なくその植物に座ってたのに。」と気になりました。

・ブルース少年とアルフレッドの交流
 回想シーンが良かったです。
 アルフレッドの優しさを感じました。

・天文台での人命救助
 バットマンが科学者2人を助けるシーンが良かったです。
 ヒーロー活動として、人命救助が一番素敵です。

③気になったところ
・要素が多すぎる
 MR.フリーズやポイズン・アイビーなど、各キャラクターは魅力的です。
 ただ、要素を詰め込みすぎという印象を受けました。
 バットガールの登場やアルフレッドの病気、バットマンとロビンの対立など、要素が多すぎて、話が整理されていないという印象を受けました。

・バーバラ(バットガール)関連の場面
 まず、アルフレッドを不幸と決めつける姿勢が苦手でした。
 また、バイクのレースですが、ヘルメットの関係で誰が誰だか分かりにくかったです。
 バットガールに変身する過程もあまり乗れませんでした。
 アルフレッドから「弟に渡してほしい。」と託されたデータをバーバラは勝手に閲覧しました。引きました😥
 しかも、ケーブに行くと、バットガールのスーツが準備済みという……
 結局アルフレッドが何をしたかったのか、よくわかりませんでした😅
 「スーツを準備していたなら、さっさとバーバラをケーブに案内すれば良かったのに。」と思いました。

・バットマンとロビンの対立
 バットマンが相棒を信じきれないのは良かったです。
 ただ、ポイズン・アイビーが対立の中心なのは、少し呆れました。
 ポイズン・アイビーのフェロモンに対し、バットマンは比較的冷静でしたが、ロビンはかなり影響されていました。
 個人差があるのですかね😅
 また、戦闘現場で「これからは1人で戦う!」と怒ったロビンですが、その後にしれっとバットマンの屋敷にいました。唖然としました😲
 最後の「なぜバットマンがロビンを助けに行かなかったのか。」のやり取りも少し説明的に感じました。

・ポイズン・アイビーとのキス
 ロビンは毒をゴムでガードしていましたが、あっさり種を明かしました。
 その後にバットガールを活躍させるためだとは思うのですが、違和感が強かったです。

・弱っていくベインを見てニヤニヤするロビンとバットガール
 悪役相手とはいえ、不快感が勝ってしまいました。

・ブルースにまた新たな彼女
 ジュリーという新たな恋人が登場しました。
 毎回恋の相手が変わるのですね。
 ちなみに、結婚の話はどうなったんですかね😅

④その他印象的な点
・アーカム・アサイラムで管理されている持ち物
 リドラーの服が映って、「おっ!」となりました。

・ベイン登場
 『ダークナイト ライジング』でのベインと全然違いました。
 驚きました。

・ロビンのスーツ
 かっこ良かったですが、前作『バットマン フォーエヴァー』でのデザインの方が好きです。
 緑色のある方が好みです。

・バットマンのスーツ
 シリーズの4作品の中で、一番好きです。
 かっこ良かったです。

・スーツ装着のシーンでお尻のアップ
 笑ってしまいました。
 なぜ?

・バットガールを演じられたアリシア・シルヴァーストーンさん
 観賞後に知ったのですが、『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』にも出演されているのですね。
 個人的に印象の強い役柄だったので、驚きました。

⑤まとめ
 好きなところもありますが、気になるところも多かったです😅
 バットマンとアルフレッド、MR.フリーズに絞った物語の方が良かったのかなという印象です。
 ただ、本作も楽しめました。
 観て良かったです😊

⑥シリーズ4作品の観賞を終えて
 楽しかったです。
 各作品にそれぞれの魅力がありました。
 この4作品ですと、私は『バットマン リターンズ』が一番好きです😊
 別のシリーズですが、ダークナイト三部作を久しぶりに観返したくなりました。
 また、『ジョーカー』や『ザ・バットマン』も興味があります。
 観たい映画は尽きませんね😅
>|

あなたにおすすめの記事