アメリカン・ドリーマー 理想の代償の作品情報・感想・評価

アメリカン・ドリーマー 理想の代償2015年製作の映画)

A Most Violent Year

上映日:2015年10月01日

製作国:

上映時間:125分

3.6

あらすじ

1981年。犯罪が横行したNYは、史上最も危険な1年だった。移民のアベルはビジネスを野心的に拡大。汚職や贈賄に手を染め、裏社会に足を踏み入れていく。やがて、築き上げた生活、そして家族にも危険が及びはじめ―。俊英J・C・チャンダー監督の野心作。

「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」に投稿された感想・評価

映画を観るのなら!予備知識を入れない!

これが僕のモットー。
これが僕の生きる道。

でもでもこの映画だけはそれが裏目に出てしまった。

原題は「A Most Violent Year」「最も凶暴な1年」。

1981年はNY史上最悪の年と言われているそうな。犯罪は史上最多。治安は悪く、毎日何処かで発砲事件や殺人事件が起きていたそうな。

この事実を知って観るか知らずで観るかで、映画の捉え方が全然違う!

…おいおい、知らずに観ちゃったよ。お陰で焦点がぼやけた観方をしてしまった。実に惜しい。どん兵衛の後乗せサクサクを知らなかったぐらい惜しい。

犯罪と暴力が横行した1981年、NY。アベル(オスカー・アイザック)と妻のアナ(ジェシカ・チャステイン)は、オイル業界で“クリーンなビジネス”を信条にオイルカンパニーを経営していた。事業拡大の為土地を購入することを決意し、頭金として全財産を投入した矢先、成功を阻むように彼等の行く末に暗雲が立ち込める。

オイル強奪の為に襲撃を受けるトラック輸送車
自宅に忍び寄る怪しい影
脱税疑惑、検察による家宅捜索

ことごとくアベルとアナに降り掛かる不運。
土地の売買の契約完了まで30日。銀行の融資まで打ち切られた事で、アベルは足りない金を工面する為、孤軍奮闘する。

まず、大前提として1981年のNYの実情を知っているかどうかが、この映画の鍵となるのは前述した通りだが、何せ脚本が悪い。起伏のない物語。少し退屈。

1981年のNYでの実情を冒頭でプロット出ししてくれれば良かったのに。いや、確かにラジオから聴こえてくるニュースは発砲事件や殺人事件ばかり。我々が推し量る事は出来たかもしれないが、極東の日出づる国の僕らには、当時のNYの実情なんて知りませんて。

盛り上がりに欠けるものの、キャストが良いので最後まで飽きずには観れた。ジェシカ姐さんは、オスカー・アイザックとの夫婦喧嘩で狂気的な演技で頭角を表すものの、出番は少な目。それも惜しいなぁ〜。でも、流石に上手い。

終盤、従業員の必死の訴えを聴きながらもアベルがとった行動が全て。クリーンだなんだと言いつつも、人生に置いて何に重きを置いているのかがわかる行動。何て皮肉な幕引きだろう。

もう1回言いますが、1981年はNY史上最悪の年。

それを知った上で観れば、評価は少し跳ね上がる筈。

あ、あと僕は全く経営者になる気もさらさら無いのが、更に評価を低くしています。

(何がアメリカン・ドリーマーだよ。トンチキな邦題つけんじゃねーよ、F○○k you!Shut f○○k up!)←すみません、少し酔っています。
あらん

あらんの感想・評価

3.2
An American dream done by an hispanic immigrant.
とき

ときの感想・評価

4.0
アメリカンドリーマー。さまざまな問題を抱えながらも、迷いなく正しい道を選び、大成功のチャンスをつかむ主人公。どんな場面でも、彼は立派だった。
真面目に働いているのに、二度も襲われて、最後は自分を追いつめてしまう従業員が悲しい。
怖いけど、銃で抵抗するんじゃなくて、その場から逃げ出しちゃえばよかったのよ。
アメリカのあの治安の悪さ何なの?トラック運転手は強奪防ぐために結局どうすれば良いの?主人公は精神論だけで具体的に何も言ってくれないし、ましてや被害者なはずなのに銃を発泡しただけで何で警察に捕まるの?

むしろ、そのあと主人公が強奪犯をボコボコにしてたけど、それは良いの?
ストーリーゎ面白いけど最初から最後まで淡々とテンポも変わらず盛り上がる所がほとんど無い…
嫌いじゃないけど好きになれない作りの作品でしたm(__)m
思ってた以上に静かな作りだった。淡々と進み、内容の浅いゴッドファーザー的な雰囲気もあり。脚本がなぁ...練り足りないというのか。万人にはオススメしないけど、好きな人にはハマりそう。マーヴィンゲイの名曲から始まるオープニングは最高♪
すー

すーの感想・評価

3.0
中々面白かった。オスカーアイザックが中々はまり役だった。ポジティブな訳じゃないけど冷静に前に進む主人公に驚いてしまう。賄賂も闇取引も別に悪いとは思わないし成功を手にするためには犠牲も必要だしクリーンにこだわる必要もないんだろうな。

アメリカって自由をうたう国ではあるけれどそこにしっかりとした信念があるイメージ。それはビジネスにおいてもそうな気がする。勝ち負けがはっきりしてる分辛い部分はあるけれど変に道徳振りかざして縦社会にこだわる日本よりかはいいかもとも思ってしまう。微妙だけど。
アリス

アリスの感想・評価

3.1
主人公のまっすぐで正直な生き方に共感を覚えた。ただし全て正直が上手くとは限らない。また彼はそれらを理解している周りにも支えられている。いや彼が真っ直ぐだからこそ支えてくれる人がいるのかもしれない。
映画としてはオチが無かったのでどうだろう…最後のシーンが含みを持たせたオチなのかな?…
Iman

Imanの感想・評価

4.0
映画館の予告編で引き込まれて観たしまった派です。中々面白い映画でした。
炒飯

炒飯の感想・評価

3.6
や、別にジャケットのジェシカチャスティンの上乳に誘われたわけではありません。
炒飯です。

ね、ほら、フォロワーさんに疑われちゃうとね、あれだし、念のためにね、言っとかないとね、大事なフォロワーさん達が変にね、気にしちゃうとね、こぅ、アメリカンなね、ドリームを私もね、そろそろ

上乳とか下乳とか横乳って、全乳より良いよね

やばい、稀に見るひどい乳レビュー笑


ポーダメロンやら、アポカリプス役のオスカーアイザック主演、ジェシカチャスティン奥さんな二人のオイルビジネスの成功の表と裏
自社のオイルをパクッた犯人は誰だ!!
のおまけ付き

オスカーアイザックって、ノリでよく見てたけど、じっくり見たらステキな役者さんやないかい。

大成功を収めるには限りなくグレーギリギリをいく事

ホワイトメン炒飯は、大成功は無理そうだ苦笑

でも、オスカー演じるアベル自身はブレないキラキラカリスマ成人なだけであって、そこまで嫌な感じがしなかった。

カリスマのキラキラが自分と比べて苦しくなる人は周りにいるかもだけど、それは正直そっちでなんとかしてくれ、とも思う。

人に揚げ足をとられたくないゆえの完璧でいる事は時に人からは疎まれると思うけど、完璧であれる事は素直にすごい事だ。

テンポは比較的ゆっくり、眠くなる人はいるだろーな作品
>|