アメリカン・ドリーマー 理想の代償の作品情報・感想・評価

「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」に投稿された感想・評価

Rea

Reaの感想・評価

3.0
渋い。とある男のビジネス史。会社を守りビッグチャンスを手にする為に奔走した上に辿り着いた場所とは…よくある「致し方なく手を汚してのし上がっていく話」ではなく、静かに淡々と語られていく、葛藤と信念、狂気があり、オスカー・アイザックとジェシカ・チャステインの巧みな演技はさすが、見応えがありました。余談ですが原題の「The Most Violent Year」の方が、その言葉との対比として深みがあるかなと思いました。
WADE

WADEの感想・評価

3.8
オスカー・アイザックの名演技を見よ。

ジェシカもセクシーでよし。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.0
もっとギャングとかマフィアとかがバンバンに出てくるノワールを想像してたのでここまで地味なのに面食らった。「正直者がバカを見る」的な映画。オスカー・アイザックの抑えた演技と隠せない妖気と狂気を漂わせまくりなジェシカ・チャスティンを眺める映画。この監督なので期待しすぎた感はある。
kiko

kikoの感想・評価

3.2
アベルが銀行の新任副頭取へのセリフ「飛ぶことに恐れを抱くとき、その時こそ飛ぶべきだ。でないと一生同じ場所にいる」このセリフに同意。アベル演じたオスカーアイザックがいい演技&昔のスタローンとゴッドファーザーの時のアル・パチーノを➕して➗った感じで男前でした。今ノッてるジェシカ・チャステインが知的で美しく抜け目ないアベルの妻役に。正義を貫きたい気持ちわかりますが、なんだかだ言っても妻のあの○○に助けられたんじゃ‥。
おぐり

おぐりの感想・評価

4.3
みごたえ ありました。オスカー・アイザッ君 立派。
ジェシカちゃんと ジュリアードで一緒にお勉強してた インタビューも 面白かった
スペイン語と バイ・リンガルなのね
hase3001

hase3001の感想・評価

2.5
1981年、犯罪の絶えないNYでのオイルビジネス成功への近道を描くストーリー。もっと、ギトギトしたギャングの物語かと思いきや、いたって真面目で、かたくなな男のストーリー展開が、異常にも思えるくらいストレートで好感を思てる。

ほんとに、真面目が報われない時代が社会的に存在しているというところから、紙一重でビッグビジネスへと発展していくという、邦題の「アメリカンドリーム」なのだが、一方で、原題が「最も暴力的な年」となっているのが皮肉に思う。

後半では、心の弱い人間を、導こうとするやさしさや、自ら問題を解決しようとする行動力など、マネージメントに今でも通ずる糸口のような気がしてならなかったな。

裏では、いろいろ泥臭いことやっても、成功への近道は、地道な信頼関係といういことでしょうね。

まぁ、でも奥さんの裏金があってよかった?よかったのかな?
1981年が最も荒れた年だなんて知らなかった。

おかしな邦題の上に地味な展開ではあるが、石油ビジネスの旧勢力に立ち向かう主人公の苦悩が描かれていて結構良かった。

主役はオスカーアイザック、初めて見たと思ったが【ギリシャに消えた嘘】で観てるのだが印象なし。佇まいや背の低さ、怒りの表現がアルパシーノというよりマイケルコルレオーネをたまに思い出させるが、マフィアでは無い。だから床屋で人は殺さない。

無性にゴッドファーザーPART2が観たくなる。
Yagi

Yagiの感想・評価

4.0
・ラジオからは物騒なニュースばかり聞こえてくる1981年のニューヨークで石油販売会社を営むアベル、事業拡大のため一世一代の契約に臨む一方自社タンクローリーの襲撃に頭を悩ます
・ジュリアンより先ずタンクの穴を気にするところに一線を越えたアベルを感じた
・割れ窓理論真っ只中の頃のニューヨーク地下鉄の風景
ちぃ

ちぃの感想・評価

3.8
好きな2人の出演作なので、消える前に滑り込み。

非常に単純なストーリーなのに、不思議と見入ってしまった。
こういう雰囲気の映画なら、本当ならもうひと捻りふた捻りあるものが好みのはずなんだけど。

テンポが良かったのと、俳優陣の抑え目な演技が渋くて👍

18-107
冒頭のシーンで一気に引き込まれた。
タイトルがアメリカンドリームやし、ランニングしながらグレーのトレーナー着てるし、ロッキーを彷彿とさせるオープニングと勝手に受け取っていると、主人公はロッキーばりに不遇な扱いを受ける。彼は自分の正義を貫いているだけなのに。
とび抜けて面白いというわけではないが、オスカーアイザックの演技でひきこまれていった。
>|