ザ・バンク 堕ちた巨像の作品情報・感想・評価

「ザ・バンク 堕ちた巨像」に投稿された感想・評価

終始緊張感の続く、クライムサスペンス映画です。インターポール捜査官(クライヴ・オーエン)と女性検事(ナオミ・ワッツ)が、国際銀行(IBBC)のテロ国家への武器取引という巨悪に立ち向かいます。ストーリーはかなり壮大なものとなっております。
知能戦的な描写が少なかったのは多少不満でしたが、スピード感もあるし、謎を一つ一つ暴く展開は小説のページを一枚ずつめくっていくようで見応えはあります。
ベルリン、ニューヨーク、イスタンブールなど世界の大都市をまたにかける捜査の様子は旅情もあるし、行く先の街並みや建物のデザインも魅力的です。映像的にも優れてると思いますよ。
本作は何を言ってもクライヴ・オーウェンの演技に尽きます。ヨレヨレのスーツ姿で睡眠を削り、食事もそこそこにという設定でストイックな捜査官ぶりは敏腕さを物語ってるようでした。巨悪を暴く執念のようなものを感じ取れました。
もう一人ナオミ・ ワッツも見逃せません。本作の彼女は美しく、線の太さがありましたね。
最後になりますが、ホテルでの銃撃戦は凄かったの一言です。どちらかと言うと静かな展開だっただけにあの派手な銃撃アクションは驚きました。緩急のついたアクションムービーとしてもなかなかの作品でした。
Akiramovie

Akiramovieの感想・評価

4.2
兎に角 イタリア人がカッコいい‼
グッゲンハイム美術館に行ったことある人は、絶対に印象に残る。

名作だと思います。
pika

pikaの感想・評価

2.0
好みと作品のクオリティは比例しないということを噛み締めた。
面白そうなクライム・サスペンスで、演出も滞ることなくまとまってはいるんだけど地味も地味というか、文章で書かれた小難しい話を映像で綺麗にわかりやすく再現することで見やすくしている印象で、よく言っても「無難」と言うか大真面目過ぎて味気ない。
タイトなサスペンスが好きな人にはハマるかもしれないが、個人的にはつまらな過ぎもせずツッコミどころもなく、かと言って見応えもなく面白くもなく微妙な作品だった。
国領町

国領町の感想・評価

3.0
★★★liked it

違法行為に手を染める国際的な巨大銀行を追跡するインターポール捜査官が、執拗な妨害工作に遭いながらその実態と真相の究明に奔走する。

主演はクライヴ・オーウェン、共演にナオミ・ワッツ。

トム・ティクヴァが撮ってるの知らなかったから
この映画は、何度かスルーしてた(低評価だし)
あやうく見逃すところだったが

上質なサスペンスですごく好き。

グッゲンハイム美術館での銃撃戦は
アメリカの試写段階で評判が悪く(銃撃戦なかった?)、公開延期され再撮影されたそうです。

トム・ティクヴァ好きは銃撃戦じゃないんだよなぁ。
romio

romioの感想・評価

3.5
ちょっとクライムサスペンスものに最近ハマっていて、これはなかなか面白かった。
トムクルーズが演じれば、アウトローに。ダニエルクレイグが演じれば007に。そんな感じだ。

強大な悪を前に、icpoの刑事が少しずつ証拠を掴んでいき迫っていく。渋いながらも飽きることなく楽しめるストーリー。
すごく良かったのだが、この映画の見せ場となる銃撃戦のシーンがちょっと残念すぎる。
たまたま居合わせた妹も一緒に見ていたが、二人でうわーまじかよと揃って声をあげた。いや、今のは違うよなと!
さこさえ、がっつり渋く決まっていたらかなりよかった!
見ようと思ってみる作品ではないものの良い作品。佳作が似合う。
地味なのが魅力なのだが、やっぱ地味なのだ。
Santa

Santaの感想・評価

3.9
やけにマジ💀シリアルブラックハードボイルドファッキンミステリー💣💣
ひろ

ひろの感想・評価

3.0
悪に染まった銀行とそれを追う主人公。最後があっさりしすぎかなー
RX24

RX24の感想・評価

3.0

追い詰める過程は良かったけど、
なんか中途半端な感じが…
意外と評価が低い(´⊙ω⊙`)
めちゃくちゃ面白いのに。。

2回目の鑑賞ですが、やっぱり面白かった。

社会の闇に切れ込んだ本作。
なんともリアリティに溢れています。

このような不正な取引があり、武器による富がなくならない以上、戦争もなくならない。

ストーリーが秀逸。

そして、美術館での銃撃戦の緊迫感には目が釘付けになるほど。

映画史に残る、クライム・サスペンスの傑作。
午後ローにて視聴
次々と事件が急転し
ドンパチドンパチと死んでゆく
登場人物覚えきる前に死んでゆく
飽きずに楽しめた
でもオチは・・え?そのラストでいいの?

最初、ザ・バングと読み違えていたが
バンク(銀行)って、そのままだったのね
しかも邦題だし
>|