ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

記録
綺麗事じゃ済まないのもわかる!
やっぱりこれぐらいの人(家族も、パートナーも)じゃないと帝国は築けないと納得した。
「スティーブ・ジョブズ」や「ソーシャルネットワーク」「リンカーン」等々、負?の部分を描くのは素晴らしい。日本だと「プロジェクトX」をはじめ苦労話しのお涙頂戴になるのかな。好きだけどね。
MINDTHEGAP

MINDTHEGAPの感想・評価

3.5
なんとマクドナルドはレイクロックが作った事業だと今まで勝手に勘違いしていたが、そうではなかったのか。

圧倒的な事業の伝記的映画という意味では、「ソーシャルネットワーク」などと比べてしまうが、アメリカを代表するファストフードの創成期〜拡大の流れ、弱肉強食の資本主義の世界が面白かった。
ただマクドナルド兄弟は、新しいものを取り入れる気を失っていたので、後半には拘りはあるけど大手チェーンに需要を奪われ始めるローカルチェーンの人にしか見えなかったので、決してレイクロックが意地汚くズル賢い人などとは思えなかった。

にしてもハンバーグの焼き方に工夫があるだけのバイトがCEOにまで登りつめるのは凄いな。
どちらの言い分もわかるし、間違っていないと思う。ビジネスとはこういうものなのだと感じた。
しかし、マックにこんな秘話があったとは!
マクドナルド偽創業者の悪辣ぶりをキートンがその演技力で上手く表現していたと思う。人を見抜く目が甘かったとは言え、全てを奪われた創業者兄弟は気の毒だ。これが実話だとは非情だな。大企業の負の部分に焦点を当てた映画を世に出せたことに感心する。日本じゃ無理だな。
nao

naoの感想・評価

3.5
まさにアメリカの象徴とも言えるマクドナルド、注文したものがすぐに出てくる合理的なシステムとサービス、スゴイなと思ってたけど、なるほどこのように誕生したのかと興味深い!巨大企業に成長していくアメリカン・ドリーム・・しかしエグイ裏話は知りたくない・・
血も涙もねぇーーーーー笑
mari

mariの感想・評価

-
藤澤睦実先生
ハンバーガーの焼ける音が耳に残る。
観たあとに、カールスジュニアの大きなハンバーガーを食べて満足満足。
>|