ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

namuge

namugeの感想・評価

-
メチャクチャ面白かった…世界一有名なハンバーガーショップの創始者であるレイクロックの成功潭。マクドナルド兄弟から、マクドナルドの権利を徐々にかっぱらっていくレイのやり口がメチャクチャえげつなくて嫌な感じでつまりはサイコー!!こんな悪魔のビジネスマンからスパイダーマンの悪役まで同じテンションでこなせるマイケルキートンは名優ですね。
nerdPK

nerdPKの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

この作品を観終わった後、劇場にいた人々は大抵、『胸くそ悪い』『成功する人ってこんな人なんだろうな』と言っていた。
きっと、レイを演じたマイケルキートンと最後の肉声がこの胸くそ悪さを助長していると思う。
胸くそ悪いが、レイのように社交的であり、自己啓発をし続けていく人がビジネスでは大成功するのだろうなと現実的に思えた。しかしその一方、アメリカン・ドリームはあるものだと考えたい自分がいるので、鑑賞してから数日経つが、もやもやする。
yukika

yukikaの感想・評価

3.9
思ってたサクセスストーリーとは違ったし、もやもやは残るけど史実に基づいた映画としてとても良かった!!ビジネスで成功する人は皆、誠実であって欲しいと思うけど、そういう訳にもいかないよね(笑)
はる

はるの感想・評価

-
えげつない根気持ってるんだなぁ
それでも成功の背景には
悲しいこともあってそっちのが気になった(笑)
でも面白い!すき!
こんなんにはなりたくないな(笑)
映画冒頭とラストシーンが呼応している。最後に主人公のレイ・クロックはいつも聞いていた自己啓発テープの引用をする。そこに「根気」は引用されても「信念」は引用されていなかった。
それは何故か?
この映画は他人の「信念」を奪って、成功を収めた悪魔になった男の映画だからだ。
後半にかけてのサイコパスっぷりが、ドライブするかのように面白くて、ラストシーン近くにある人とレイ・クロックが映るのだが、分かっているはずなのに、ホラー映画のような怖さだった。
シェイクを使ったフード描写、銀行から出たあと悪魔と契約するシーンの面白さ、三角関係の緊張感など、ビジネス話も面白かったんですが、それよりも後半エキサイトしていくサイコパスっぷりにしびれました。
公式サイトの椎木里佳さんの「次にハンバーガーを食べる時には、マクドナルド兄弟の顔を思い出して食べようと思った」ってコメントがめちゃくちゃいいです笑
瞬きができない名作!
合言葉は『根気強さ』!!
BASSAN

BASSANの感想・評価

4.0
人生初キートンはバットマン
その後がビートルズジュースで絶対×絶命
キートン…だいぶ老けてました

双方の言い分が痛いほど分かるから中々複雑な心境になりました
ビジネスは人間の生み出した1番おもしろいゲームかもしれない。
K2

K2の感想・評価

3.8
序盤のマクドナルド兄弟の効率化の過程とかそれに対する客の対応までもが典型的なイノベーションでワクワクする前半。
内容はまさに資本主義と競争社会の典型で”創業者”の称号を奪われたのに名前だけ残る皮肉さとゴールデンアーチのMが虚しい。

観ていてなんとなく『ソーシャルネットワーク』を思い出す。
>|