ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

なおみ

なおみの感想・評価

3.8
どこまで忠実に描かれているかわかりませんが、生々しい経営方針の意見の行違いが観ていて面白かった。ビジネスを成功させるには綺麗事だけじゃ進めない。不動産とフードビジネスの関係も興味深く観れました。
世界的に有名な企業の裏側はきっとどこもこうなんだろうなぁ…と感じました。

結果レイの独り勝ち!
ではありますが
成功の裏には常に思い切りと、定説をぶち壊す大胆な発想が大事ということですね…

今までに無い画期的なシステムも、レイ1人では生み出せなかった訳だし、

そのシステムを世界に広め、今でも多くの人に親しまれるまでマクドナルドを大きくする事は、マック兄弟には出来なかった訳です。

世の中やったもん勝ち!
を教えてくれた映画でした。


僕の家の姉弟は、冷めきったマックのポテトが大好きなのですが、周りの人には一切分かってもらえませんでした。
I'm lovin’it !!!
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.0
怪物でも英雄でもないマイケルキートン。

海外で飲食店を経営した経験がわたしにはありましてですね、そういった意味でもマック兄弟には非常に感情移入してしまいました。
そして、海外で成功してる飲食店の経営者って、やっぱりなんか悪ばっかだった記憶もあります。いくつもの店舗を経営してるような人ね。
でも、その人が悪いかって言われたらそうじゃ無くて、そんな風にできないのなら飲食業界での成功は最初から望んじゃいけないんです。これはわたしも経験で学びました。
「できないし やりたくもない」と思う人は、その1つの店舗の事しか考えちゃいけない。マック兄弟もそのことを痛感したと思います。
わかるからこそ、胸が痛い。わかるからこそ、マイケルキートンを一方的に罵ることもできない。
よくできた映画でした。

マイケルキートンってシラフなのにガンギマリ顔で目がいつも怖いよね。
the資本主義。
いかにもアメリカらしく、パワープレイの連続。
「商売は信用」なんて言葉を真っ向から否定する、いやハンマーでぶっ壊すかのようなやり口。

バルブシステムを作る下町工場が主人公なら確実にやられる側が完全勝利する。
やっぱり現実はこんなもんなんですかねぇ。
初)ここ東北の片田舎にもマクドナルドはありますが、レイクロックのおかげなんですね…契約社会アメリカならではのお話。
いつでも美味しい🍔が食べられるのはマクドナルド兄弟のおかげ、その🍔をこの片田舎で食べられるのはレイクロックのおかげとういうところでしょうか…

(ノ-_-)ノ~┻━┻一番最初に食べた🍔はモスバーガーでしたけどね…
ゆき

ゆきの感想・評価

3.9
Mキートンの鋭い視線。52才から再出発した主人公の溢れるバイタリティを表現。
今のマクドナルドを知っているので、これが、そのままどうやって大きくなっていったのか、原点をみせてもらった。

とにかく、胡散臭い感じの主人公で、信用出来ない、自分勝手、人を大事にしない感じだが、これは経営者として信念あるのみ!の裏返しだったのか。トップとしてこういう人生もあり。という事か。

久々に見たローラ・ダーンの12等身。
kakky

kakkyの感想・評価

3.8
マクドナルドが主役の映画ではなく、主役はそのFounderであるレイの執念だった。人生を捧げる程の執念は時に危険を感じ、時に羨ましい。自分の突き動かし方の一つとして覚えておきたい。
ちかミ

ちかミの感想・評価

3.7
マクドナルドの初代CEO、レイ・クロックの伝記。2015年にワールドワイドにバッシングされたマクドナルドの捲土重来の意図もあるのでは。

企業PRの映画ならば観るに値しないと思いましたが、伝記映画として立派なもの。観たあとすぐバーガーが食べたくなったので、結局PR効果も抜群でした。

「成功の秘訣は、執念」とのお言葉は説得力あり。シンドイけど。
みんな大好きマクドナルドの物語。
マックを誕生させた兄弟ではなく、世界に広めた男の話。

マクドナルド兄弟が一切の無駄を省いて効率化したシステムで経営する画期的なハンバーガー屋さん。
主人公はその店に感銘を受け、全国展開しようと兄弟に持ち掛ける。


いやー…。
商売で成功する人というのは結局こういう人なんだな…。
ハッキリ言ってイヤな奴です。

複雑な気持ちです。
この人のおかげで「てりやきマック」を食べられてるんだもんなー。

映画としては金儲けに走る主人公と真面目な兄弟の対比はおもしろかったです。
主人公も山あり谷ありで苦労してるしね。
それでも完全に兄弟の味方をしたくなるけど。


「なんで店のシステムだけ盗まなかった?」
という問いに対する主人公の答えが良い。
こういうところが才覚というものなのかなぁ…。
yama6maya

yama6mayaの感想・評価

3.3
主人公の嫌なやつ感が胸糞悪い。でもまぁ映画としては面白い。胸糞悪いけれど(強調)

ビジネスは弱肉強食…なのかなぁ、まあそうだよね…1人の人にそれだけのお金が集まるってことは、その分誰かから搾取してるってことで……資本主義の闇を感じる。
>|