ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

マクドナルドという帝国を築いた男レイ・クロックの物語。
男の執念と野心がここまで世界を変えるとは、創業者のマクドナルド兄弟も思ってはいなかったろうな。

ビジネスとはそういうもの。
とても醜い世界なんだね。

非常に興味深い作品でした。
マクドナルドの名前が欲しかった。たったそれだけです。
仕事をした先に何があるのか?何。手にしたいのか?
無気力な現代人に痛烈に刺さる作品です。

マイケル・キートンかっこいいんじゃ!
執念と野心。執念は時に人を欲に溺れさせる。ビジネスの難しさ。映画館から始まったマクドナルド兄弟。誠実な兄弟と野心家レイ。どちらがいなくてもマックは食べれなかったのか…。
ママン

ママンの感想・評価

4.4
マクドナルドがどのようにして今に至ったかが分かるだけでなく、「富をいかにして手に入れるのか」が良くわかる。がしかし、全ては必然であることも良くわかる🤔
私はレイのやり方に大賛成である🙋‍♀️

マクドナルド兄弟のような誠意や善意だけではどうにもならないことをよく知ってるので、鑑賞し終えてひとりスッキリした気分になった🍔🍟
大成功してる人は失敗を失敗で重ねている人が多いんだなって思う映画。
やりたいことで失敗するんだったらいいよねって思える映画です。
heroko

herokoの感想・評価

3.3
マクドナルドの創業実話。
話は2人の兄弟のもとにハンバーガー店初の試み・スタイルに惚れ込んだ1人の男がもっともっと世界に広めようぜって感じ。
淡々と進む映画ではあるけど、こうやって広がってきたのだなぁとしみじみ見れちゃう。
観た後は無性にマックが食べたくなるのはお決まりてことで🍔❤️🍟
怖いおっさんや

でも、このおっさんのおかげでマクドナルドが食べられるんだなぁ
ピノコ

ピノコの感想・評価

3.7
昔、なんかのテレビでマックのお話やっててなんとなくこの話知ってた。

嫌なやつなんだけど、この人がいなかったらマックはこんなになっていなかっただろうって考えると正解ってないよな~って思ってしまう。

青春時代、マックでバイトして楽しい思い出ばかりのことを思うと私にとってマックが無かったらあの青春も無かったんだと考えてしまいました✨
ゆうき

ゆうきの感想・評価

3.6
セールスマンからのビジネス展開技術を描いた作品。

ビジネスマンとはをものすごく表している作品だと思いました。

ただ、何が正しいのか。
わかっていながらも、ものすごく葛藤し考えさせられる作品でした。
ずー

ずーの感想・評価

3.7
実話。おもしろかった。
やっぱり発想の転換ができる人、ビジネスをビジネスとして考えられる人は成長するのだなと思った。蹴落としてでもビジネスチャンスを掴む。これに尽きる。
Mouki

Moukiの感想・評価

-
記録

面白かった。
そこまでエグくなくバランスの良い感じで後味はよかった。
まあ、それでマクドナルドのイメージを落としたらどうしようもないし、
観やすいちょうどいい感じ。
>|