ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

ヒミツというか、まあそうだろうって感じでした。
やはりあれぐらいやらなければ、今日のマクドナルドの世界展開はなかったでしょう。
チェーン店の数は多くなっても、創業者兄弟のお客さんに対する誠意は伝わっていると思います。


さて、マクドナルドの映画ということなので、ここで私のオススメのメニューを紹介します。
私がマクドナルドに行って必ずといっていいほど注目するのが「チキンクリスプ」です。
これはシンプルだけど飽きない美味しさで、さらに100円で買えるのでお得です。
これに夏場はコーラのS、冬場はホットコーヒーのS(どちらも100円!)を付ければ私は大満足です。
皆さまもぜひお試しください。


※これを読んでチキンクリスプを食べたら感想を聞かせてください(笑)。
KY

KYの感想・評価

3.9
期待して鑑賞。テンポ良く面白かった!野心家は観てて楽しい。ただレイさんの野心、マクドナルド兄弟の理念、どちらも間違いでないから観終わったあと何とも言えん気持ちに。映画帰りマックへ寄り食う100円ハンバーガー。兄弟への敬意、そしてレイさんに対する日本で食べられる事への感謝とでここ最近で一番うまかった!
ヨネ

ヨネの感想・評価

4.0
性格の悪さが際立っていた。

でも映画としては抜群に面白い!
myiid

myiidの感想・評価

3.6
8月末に見て、
レビューしそこねていた一本。

実話をベースにしているのですが、
なんともまあ、、
複雑な気持ちになる結末。

実話モノは、
場合によっては飽きちゃうのですが、
この話はずっと飽きずに観られました。

どう生きることが幸せなんだろう。
誰かを裏切って、富と名声を得ること。
自分の信念に沿って生きて、富も名声も失うこと。

ずる賢い人間が得をする現実。

面白かったけれど、悲しくもなった一本でした。
マクドナルド兄弟の元祖マクドナルドからその店名を奪った男は、世界一の外食フランチャイズを築き上げた野心家でもあり、仕事仲間の妻でさえも欲せずにはいられない。
偉大な成功者はサイコパス的な要素を持ち合わせてるというが、その異常さが滲む名演。
レイトショーで観たので眠くなるかと心配したが、あまりの面白さとテンポの良さで、眠くなるどころか最後までのめり込んで楽しんだ。

ぜひ多くの人に観て欲しい。特にマクドナルドでバイトしている若者たちに。
カミヤ

カミヤの感想・評価

3.2
実話モノ大好物なので観てきました。ビジネスマンというか営業マンというか起業家というか「儲ける」事が大好きな人!必見の映画ですよ。キャッチコピーが「怪物か。英雄か。」ですが、「儲かる」匂いを嗅ぎ分ける天才。ですね。あと成功するにはとにかく「行動」する事が欠かせない!と改めて肝に銘じる次第。
根拠のない自信が羨ましい

話が進むほど、全くこの主人公に共感できない人がほとんどだろう。
しかし、彼なしではマクドナルドは世界的にこれほど拡大していなかったし、
革命的なシステムは一般的になるのは時間が大きくかかる、もしくは
別の人間に真似をされている可能性もあったと思います。

主人公はピアニスト、紙コップのセールスマン、ジャズ演奏家、バンドメンバーなど職を転々とした。5種類のミルクセーキを同時に作る機械の販売会社の社長になったものの、
売れず、途方に暮れていた。50歳になり普通安定を求めたり、諦めることが増えてしまう年齢だが、彼は「根拠のない自信」でマクドナルド兄弟にフランチャイズ化を提案する。この「根拠のない自信」というのは仕事をしていて羨ましく思う。
どうしてもマイナスから入り、マイナスをどのように潰すのかという思考に
陥ってしまう。

こんな主人公だが、自分と似たような経歴をもつ男を店長に雇うシーンがあり
自分と同じ苦しみを持つ人間の心がわかるような面もあると思いました。
タイトル通り、マックのやつです。色々知れて面白かった。館内で無性にハンバーガー食べたくなりました。
涼

涼の感想・評価

-
まずマクドナルドの革新的なシステムがどのように作られたのかは単純に面白かった。
話のほとんどは男の野心の話。前半は野心に任せた行動が爽快だったが、終盤の暴走は決して後味の良いものではない。
特に、マクドナルドのシステムを真似るだけにしなかった理由の場面。綺麗事で話を締めるのかと思いきやひたすらに野心のことしか考えていなかったのが印象に残った。
いい意味で、おとぎ話ではない、ノンフィクション特有のすっきりしない感じを味わえる作品でした。(絶対に作った人もすっきり感を与えたくないって思ってるはず。)
帰り道ではしっかりとマクドナルドのハンバーガーを味わいました。
>|