ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

マクドナルドを描いた映画
観る年代で感じ方は変わるけど、僕の年代だともっと頑張ろうと思う映画だった。
ビジネスがアメリカ的ではあったけど。
内容は苦労→成功→挫折→再び成功。
こんな流れ。
ロッキーと同じ笑
あるハンバーガーチェーンのえげつない話。最近、日本のファウンダー藤田田の本を読んだのですが、共通するものがあると感じました。とても勉強になります!
U-NEXTにて。今や世界中ないところがなく、数多のハンバーガーショップが乱立する今日においても、ハンバーガーの代名詞となっているマクドナルド。そんなハンバーガー帝国も、最初はカリフォルニア州の小さなハンバーガー屋だった。

マクドナルド兄弟が独自に開発した、超効率的な「スピーディー・システム」で地元の人気店になっていたハンバーガーショップを、1954年、シェークミキサーのセールスマンだったレイ・クロックが訪れたことからマクドナルド帝国の物語は始まる。その革新的なシステムに魅せられたレイは、これをアメリカ全土でフランチャイズ展開することを兄弟に提案し、地元の客にただ出来たての美味しいハンバーガーを提供したいだけの兄弟は戸惑いつつも、レイと契約を交わす。「執念」を信条に拡大に突き進むレイは気づけば「マクドナルド・コーポレーション」の創立者(ファウンダー)となり、マクドナルドを乗っ取られた兄弟は最終的に自分たちの店をマクドナルドと名乗ることすらできなくなってしまう。こうしてみると、マクドナルドの成長の歴史は、そのまま戦後の大量消費社会と資本主義の拡大の歴史とも言えるだろう。そこでは効率化、標準化による大量生産が至上の価値とされ、それによる便益も確かに享受されたものの、食品安全や健康被害、環境破壊など、資本主義の行き過ぎの影響とも言える問題が表面化し、それに伴って社会の価値観が確実に変化している現在から見ると、マクドナルドの「貪欲な」拡大の歴史には複雑な思いが残る。

セールスマンの頃からいかにもアメリカ的な成功法則のレコードを聴き、「執念」と「覚悟」を信条に、自らの利益のためには迷わず弱い者を蹴落とす(と少なくともこの映画で描かれている)レイが言う「成功」に、何だか寂しい空虚さを感じてしまった。
片田舎の兄弟が始めたハンバーガー店がどうやって誰によって大型チェーン店に登りつめたのか?裏切りは?
嫌悪感を最小限に抑えダークなイメージを抱かないよう作られているように感じました。
50年代のアメリカの美しさセンスの良さが鮮明に伝わってきました。

実話を基にした作品。楽しめました。
プロデューサーのドン・ハンドフィールドはマクドナルド家から映画化の権利を手にし今作を完成させたとの事ですが鑑賞後、創業者=ファウンダーとは?と考えさせられるので今後マックを食べる際は彼らの事を思い返しながら噛み締めたいと思います…BigUp!
Tai

Taiの感想・評価

3.6
マクドナルドは新商品が出ると足を運ぶくらいの利用率ですが、毎回思うのが「それ程満腹になれない」ということ。
バーガーとポテトとドリンクでは満足出来ず、他のバーガーを追加したりサイドメニューを追加したりで、結局はそこそこの出費になってしまいます。
食べているのに何か満たされない不思議がありましたが、本作を観て納得でした。

このファウンダー、ハングリーすぎる!

胸くそわるい。
まさに傍若無人。
欲しいものは手に入れる。要らんものはいらん!
何もなかったところから次々と利益を生み出して行く過程は面白いのですが、その代償があまりにも…
マック&ディック兄弟もクロック妻も可哀想過ぎて笑いどころなんて一切なし。
でも、日本でも知らない人がいないほどの大企業であり、身近なお店となるまでのサクセスストーリーなんですよね。

増え続ける多彩なメニューと、お世辞にも劇中のように頬張り食べることのできないくらいパンも肉も薄くなってしまったノーマルのハンバーガーを見て、あの兄弟は何を思うのでしょうか。

色々と不満を言いつつも不思議と足を運んでしまうマクドナルドの引力というのが、このレイ・ロックという男の力と結びついている気がしました。
そこがまた悔しい…
厳しすぎるだろ...と思ってる時点で俺は負け組なのかもしれない。悲しい。。嫌だ。。笑
ハンバーガーって本来、ナイフとフォークで食べるものだったんだー!!
自分が物心ついた時には、すでにマクドナルドはあったので、ハンバーガーは最初から紙に包まれていて、それを外しながらかぶりつくものだと思ってた。

へぇー!ちょっと勉強になるわね~、なんて軽い気持ちで見始める…

・・・

開いた口が塞がらないてこうゆうこと!

マクドナルド兄弟が、一から築き上げたものを横取りし、口先三寸だけで登りつめてしまう。これも才能のうちだと、

弱肉強食、強い者だけが生き残るのは、世の常識という話し。

ただ、マイケルキートン演じる偽の創業者クロックは憎めないんだよね。
一概に、マクドナルド兄弟=善
クロック=悪、とも言えないんだけど‥ねぇ?

本物の創業者が、契約を破棄されマクドナルドの看板を下ろすシーンは何とも言えない感情になった。
この先、マクドナルドの看板見るたびに気分が悪くなりそう。

でもね、モスよりマクドナルド大好き(笑)

 
てっきり、マクドナルド創始者の物語だと勘違い。
まさか、横取り帝王の話しだったとはね~の見応え十分。イライラムカムカしっぱなしの2時間。
ユダヤ人兄弟からアイデア、商品システムをぶんどったアメリカ人実業家の話。実話らしい。
マクドナルドの社長が嫌いになる。でもそう感じるのは俺が雇われのアマちゃんだからでしょう。

自営を成功させるのはこういう人種なんだろう。弱肉強食、エゲツない世界で生きていくハウツー的な映画。

あのユダヤ人兄弟の寂しそうな顔と
約束を破られたと知り、辛くなりました。

社長が女含め全てを手にいれた怪物の映画。
綺麗事では成功しない。
ファウンダー公開時、提携店舗のイベントグッズを作っておきながら今更鑑賞。

マクドナルドの歴史はある程度知識はあったけど、実際に観てみるとやはり悲惨。

マイケルキートンはやはり名俳優。
一号店(サンバディーノ)のセットの作り込みもチリバツ。
>|