ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

さき

さきの感想・評価

4.5
まず謝らなければならない。シカゴの郊外にマクドナルド1号店ができたから、市内にあるゴールデンアーチのある店舗(営業はしていない)を見て、わー!と興奮したことを。本当の1号店は違った。

とにかくやるせない。日本にもこれだけ店舗があって超有名店だからさぞかし敏腕の創業者ですごいんだろうな、って思ってた私の気持ちを返して欲しい。最後にかっこよく自分の成功を語ってたけど、執念なんてかっこいいものじゃないよね、横取り。マクドナルド兄弟が言ったように、クロックは何も考案してない。スピーディシステムはマクドナルド兄弟だし、不動産から資金を得るやりかただって自分で考えたわけじゃない。運が良かったっていえばそうなのかもしれないけど、こんな成功は絶対に嫌だ。しかも、再婚相手も最悪。

あー、ちょっと当分はマクドナルド食べたくないな。明日はサブウェイにしよ。

実話の部分にいろいろと文句を並べましたが、映画的にはすごく面白かったです。マイケルキートンの欲にまみれた嫌で最低な奴っぷりも本当に素晴らしい。本気でマイケルキートン嫌いになりそうだったし。
buenavista

buenavistaの感想・評価

3.5
マクドナルドの誕生秘話❗
30秒でできるシステムを
作った兄弟も凄いし、
人を集めて世間に広めた執念も凄いが、
後味悪過ぎでスッキリとしない( ̄ー ̄)

あとシェイクがあの粉末のものでなくてよかった(*´▽`*)
kiko

kikoの感想・評価

3.6
世界一のフードチェーンに登りつめたいきさつがよーく分かる。ライバルが溺れていたら口にホースを突っ込む…。君達に出来るか?は
なるほどなー。
マクドナルド兄弟の発明がバーガー界にもたらしたのは、空前絶後の超絶怒涛の革命。 注文してから30秒で出来立てが届くって当時からすりゃ魔法か何かの類いだったのでは? 商品の種類を絞る事でスピードを上げることで成功マック&ディック兄弟が今の『マック総選挙』や『食べて投票 レギュラー争奪オーディション』を見て何を思うのだろうか。知らんけど。
そのマックを世界中に広めたのがレイなわけで、彼がいなきゃこの国に三角チョコパイも存在しなかったわけだけど、さすがに外道感あったなぁ(笑) BATMANならぬBADMAN。

でも、口のうまさと熱量でのし上がっていくさまはやっぱ魅力的だし、「マックを教会がわりに」あたりの演説はグッとくる。兄弟が「こいつには勝てない…」と諦めるのもわかる。強い。
そんなむちゃくちゃな彼だが、金儲けが動機ってわけじゃないってあたりが憎めないところ。ビジネスに必要なのは才能じゃない!! ここまで〝執念〟の力が強い人は映画化されちゃうんだね!
rage30

rage30の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

映画の序盤は、創業時のマクドナルドがどれだけ画期的で、如何に革新的だったのかが描かれます。
当時の驚きや衝撃については、知る由もなかったので、当時の様子を追体験出来たのは面白かったですね。

そして、映画の中盤以降は、事業を拡大するレイと、保守的なマクドナルド兄弟の確執が描かれます。

興味深いのは、両者の善悪が曖昧なところ。

成功を求めてハードワークするレイは応援したくなる一方、彼の独善的なやり方には疑問も覚えます。
マクドナルド兄弟にしても、商品の質を重視する姿勢には理解するものの、経営者としては、あまりにも牧歌的な感覚の様に思いました。

結局、マクドナルド兄弟は負けてしまうわけですが、彼らの発明が生産効率を上げる…資本主義を助長させるものだった以上、こうなる運命は避けられなかったのかもしれません。
物凄い平和主義者にも関わらず、超高性能の武器を作ってしまったのが、そもそもの悲劇というか。笑
彼らが負けたのはレイと言うよりも、そのシステム…資本主義そのものの様にも思えます。

レイのやり方は確かに強引だし、汚い部分もありました。
でも、彼がフランチャイズを推し進めたからこそ、その恩恵に預かれた人達も沢山いたわけで、一概に彼を悪人とは決めつけられないと思うんですよね。
もしも彼がいなければ、今のアメリカの発展はなかったかもしれない。
レイを善人とも悪人とも受け取れるバランスで描いたところはフェアだと思うし、その曖昧さが本作の魅力にもなっていると思います。

ただ、1つ怖かったのは、ラストにあるスピーチの練習で、レイが自分の事を「ファウンダー(創業者)」と呼ぶところ。
自分を正当化させる為に、権力者が平気で嘘をつく…オルタナファクトの時代を予感させ、ゾッとしてしまいました。
レイとトランプは同じ自己啓発本に傾倒していたそうですが、そういった意味でも“アメリカ”を描いた作品なのかもしれません。
655321

655321の感想・評価

4.1
自分はボクシングをやってたし、喧嘩もした事がある。でもボクシングで強い奴が喧嘩で強い奴とは限らない。
何故なら世の中には「負けを認めてないから一度も負けた事がない」という人間がいるから。
この手の人種にはリング内では勝てても、リング外で勝つには文字通り殺すしかない。

マクドナルド兄弟は世界屈指の素晴らしいボクサーだったけど、レイはスポーツをする気なんてさらさら無かった。

嘆かわしいことにこの世はボクシングではなく殺し合いだ。
ただ、ホンモノがどちらだったのかはシェイクの行方で想像するしかない。
Mai

Maiの感想・評価

-
No.107 /4000

Fortune favors the bold.
成し遂げるためにもっとも必要なものは、学歴や賢さではなく、執念そのもの。それを信念に掲げ、手段を選ばずにマクドナルドを全米にフランチャイズ化していく。シンプルにレイの生き方に刺激ももらえるが、マクドナルドの成長の裏側や失っていくもののリアルな事実や感情にも、心が震わされるストーリー。
鑑賞後は即ハンバーガー食べました。
強欲な人の役が似合うマイケル・キートン。財をなすという意味ではレイは勝者だと思うけど、品質にこだわって目の行き届く範囲でフランチャイズ化してた兄弟の方に感情移入し応援したくなった。
ファストフードの歴史の一片に触れられる興味深い作品だった。
まさに、天才を凌駕する執念。脱帽。

どこかにルーザーが生まれてしまうのが資本主義の悲しいルール。
>|