ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

すず

すずの感想・評価

3.0
成功の裏にある犠牲

Ⓜ🍔🍟Ⓜ🍔🍟Ⓜ🍔🍟Ⓜ🍔🍟Ⓜ🍔🍟Ⓜ🍔🍟Ⓜ🍔🍟
マクドナルドを作った人、つまり創業者。マクドナルドを初めて出店した人とマクドナルドをチェーン展開させた人。マックの場合どちらが創業者に相応しいのか。

レイ・クロックが作り上げたハンバーガー帝国=マクドナルドの誕生秘話
レイ・クロックの伝記映画
Ⓜ🍔🍟Ⓜ🍔🍟Ⓜ🍔🍟Ⓜ🍔🍟Ⓜ🍔🍟Ⓜ🍔🍟Ⓜ🍔🍟

マックのマークはゴールデンアーチだった。

ファストフードの基盤を作ったマクドナルド兄弟。序盤ではどのようにしてこのシステムを産み出したのかが描かれてて、この辺は知らないことだったので観ていて面白かった。

チェーン展開に積極的・協力的だったレイがいつしか搾取する側に。彼の欲望が全てを奪い排除し、新しいものを、欲しいものを手にする。


結果論では成功してるし、今私たちが日本でマックを食べられるのはレイのおかげ。そう考えると英雄か。


だけど、マクドナルド兄弟と元妻を可哀想とも思うし、欲望にまみれた怪物さながらレイの行いは卑劣に感じる。


成功物語では済まないマクドナルド誕生の暗部。勿論マクドナルド非公認。だからタイトルに「マクドナルド」って付いてないし、創業者なんて皮肉ってる(笑)良く作ったよ、本当。後半に行けば行くほど、レイが嫌いになっちゃうよ。



観客への2つの問いかけ

①レイは英雄か、怪物か。
どちらかなんて決められない。
私にはどちらにもみえる。


②創業者は誰か
それはマクドナルド兄弟かな、うん。




あなたはどう捉えますか?
是非ご覧になって確かめてみてください。
KMD

KMDの感想・評価

3.9
OPのキートンの語りからして、すぐに面白い映画だと確信して観れる。そして面白かった。欲望+執念=無敵。やや脚色気味だけど、あのローラが可哀想に見えた。マック食べたくなるから注意。
MGJ

MGJの感想・評価

3.0
怪物でも英雄でもない、ビジネスサイコパスの伝記的映画。創業当時のマクドナルドなら食べてみたい。
吹き替えだからかレイにめちゃくちゃムカついた。マックなんて潰れてしまえ!!という気持ちだった。面白かったけど。
成功しているビジネスが全て健全であるとは限らない。登り詰めるためならどんな手段でも使うみたいなところはなりたいとは思わないけど、野心を持つ人には興味がある。

最近ビジネスとはをよく考えさせられるので勉強になった。レイ・クロックがヒトを上手くコントロールして運用できてたらマクドナルドはもっと大きくなっていたのかは気になるところ。

とりあえず、就活も始まるし"根気"を持って挑もうと思う笑
zrock

zrockの感想・評価

4.0
面白かった。が、やなやつだなぁw ジョブズとちょっと重なるところあるね。
サンバーナーディーノの元マックはミュージアムになってて一度行ったことあるけど、この話を知ってもう一度行ってみたくなった。
soyaryoko

soyaryokoの感想・評価

4.0
お勉強映画。去年から会社に入ってビジネスとは…みたいなところを考えさせられてたんだけど、こういう極端な人の話を聞くのは面白い。でも、ほんとに最低だと思う。レイ・クロックは天才というよりも、根性の人だと思った。

勝者は誰なのか。勝つって何なのか。アメリカン・ドリームの裏側でどんなことが起きうるのか。色んな経営者のロールモデルになってるけど、やってることはシンプルだ。

マイケル・キートンの顔、センスのいい構図にテンポのいい編集。お勉強映画ですごく楽しめた。
Taul

Taulの感想・評価

3.0
闇のヒーローを内包したマイケル・キートンの善悪で判断させない勢いのある演技。閃きと根気で成功し鏡の中に消えていく。実話の名人ハンコック監督が全ての人を一面で描かない巧みさ。その味わいは見る者しだいだ。マクドナルドを食べる時に必ず思い出しそうな怪物伝。面白い。
心が死ぬ。
ここまでして金持ちになりたくない。
最高の映画だった。
観たあと、めちゃマック食べたくなる。
ねこぜ

ねこぜの感想・評価

3.8
面白かった。
レイ、強引すぎるやろ。
マクドナルド兄弟も拒否するならするではっきりしたらいいのにともどかしかった。
でも、レイのおかげでわたしたちはいま手頃で美味しいハンバーガーを食べられているんだなと思うと彼には感謝すべきなのかもしれない。
創業当時のお店の雰囲気や包み紙のデザインだったりがツボなかわいさ。お客さんたちの50sな感じがたまらない。
>|