ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

ぶち

ぶちの感想・評価

4.0
これは圧巻。マクドナルド創設者と呼ばれる男が、これ程悪どく、暗く、そして狂っている人だったなんて。ただ今となっては世界のマクドナルド。結果が全ての世界なのであれば、彼は成功者であり英雄なのである。
マクドナルドが勢いよく成長を遂げるように、映画もテンポがよくあっという間の2時間でした。
nobu0326

nobu0326の感想・評価

4.1
ビジネスへの野心を持ったレイがマクドナルド帝国を作り上げたすばらしいお話。よくぞここまでやり遂げたものだと感心しました。しかし、なんとな〜く幸せ感がない感じがありますがサクセスストーリーいわゆるアメリカンドリームなのでしょうね。そんな感じをマイケル・キートンが非常によく好演していたと思います
kanegone

kanegoneの感想・評価

3.5
面白い。
マクドが不動産業だ、みたいな話は実用書とか読んでるとたまに出てくる話。こういうことだったのね。

街の評判店が世界中の都市に展開していくまでの流れが見えて面白いのと同時に、なんてことない真面目で手際よい人が、チャンスをつかむことでとんでもなさすぎ大企業の幹部になっちゃうというアメリカンドリームも描かれてて興味深い。

Facebookの創業ノンフィクション映画も面白かったけど、こっちの方が身近な商売の発展を描いてるぶん興味深かった。

まだあと2枚借りてる映画あるけど、今日観れるかな。うーん。
GUMI

GUMIの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

実際は創業者ではないが、マクドナルドのファウンダーを名乗った男の話。
成功するための力は執念、である。


西海岸でマクドナルド兄弟により生まれたマクドナルドがとある冴えない営業マンの手でアメリカ全土を席巻するフランチャイズチェーンになるまで。

情的な視点だとやはりマクドナルドの味とシステムの産みの親である兄弟の想いとは裏腹に利益と覇権を追求するレイ氏のやり方に「なんて嫌な奴なんだ」という感想を抱いてしまう。"ファミリー"として一緒に成功しようと説くあたりまではまだ良かったね。win-winってやつです。

のし上がりたい気持ちも、あの素晴らしく効率化されたシステムを世に広めたい気持ちも分かるけど彼を全面的に受け入れてはいけない気がする…そんなちょうどいい塩梅で感想を持たせてくれるマイケル·キートンの演技は流石としか。
けれども、彼が雇用を多く生んだことで生活が安定した人が一定数いたことや、いち田舎の飲食店がアメリカンドリームの形の1つを見本として見せたことはどう見ても世界的に大きい。こんだけの材料あればゼロから大富豪になれるんだぞ、と。


生みの親から権利を徐々に奪っていく話なわけだから気持ちのいいものではないんだけども、それでもやっぱりあの頃のアメリカの風景やオールドカー、ファッションは見ていて憧れる。ヴィジュアル面でも楽しめた。


途中でゴルフ仲間たちを見限ったのが象徴的だったけど、社会的に成功する術はあっても友達はいないのが帝国を築いた彼の影…

しかしながら、50過ぎてあそこまでのし上がったのは勇気が湧く。新しいことに挑戦したいと考えているところだったから良いタイミングで出逢えた。
これを見て彼を嫌いになる人の方が多そうだけどビジネスのお話としてはめちゃくちゃ面白いな。こういう映画をもっと観たい。
megさん

megさんの感想・評価

3.2
やっぱりこういう人でないと一代で事業を世界レベルにのし上げることはできないんだろうなあ。
えげつないよ。人の奥さん取っちゃうしね。いくら成功者になっても人への感謝がないのはNG。

でも思うんだけど、レイはお金持ちになりたかったのではなかった、マクドナルド兄弟のファストフードのモデルを拡大する事業を成功させたのであって、これはレイの営業の才覚なんだから、血が騒ぐというか、どうにも止まらないこと、NGとか言ってもそんな良心とか常識とは違う次元の話だったんだろうなと思う。

レイ演じるマイケル・キートンはめちゃはまっているし、マクドナルド兄弟のキャストもよい。
なぜマクドナルドがフランチャイズされ世界中に広まったのか?という話🎥
興味はあったが、映画館ではタイミングが合わず、レンタルされてもなかなか借りられず、やっと借りてマックを食べながら🍔🍟鑑賞📺

~あらすじ~
営業で色々な店を飛び込みで回っていたセールスマンのレイに注文が入る!
驚いてその店、マクドナルドに行くと、今まで見たことが無いくらいの画期的なシステムだった!Ⓜ️🍔🍟
これは当たる!と、マクドナルドのフランチャイズ化を進めるレイ!
どうやって、マクドナルドが世界に広まっていったのか、、その謎がわかる!

いや~、予想通り、色々な意味で凄い作品!!
後味の悪い映画だったな~😭
地道に兄弟で店をやっていたマクドナルド兄弟にハイエナのように近づきのっとる話。

「目的の為には、どんなことも厭わない」「食うか食われるか」は、わかるが、最後の方は、そこまでしなくても😭と思った💦
日本の昔話みたいに、恩返しみたいな気持ちは、これっぽっちも無く、
利用される奴が悪いみたいな話に、気分が悪くなった😣
自分も苦労していたのに、人の気持ちはわからず(わかろうとせず)徹底的に潰すのね👊💨
マクドナルドのシステムは面白かったが、二度と見たくないな🙅❌
(今度、マクドナルドのみを30日間、食べ続けるドキュメンタリー映画「スーパーサイズ ミー」を観てみたい!)
口直しに、他の映画を見よう~と😆🎥
みぃ

みぃの感想・評価

4.1
ノンフィクションだと思うと面白かったです
マクドナルド誕生の裏側にこんなストーリーがあったなんて、、、!
rico

ricoの感想・評価

3.8
戦後すぐの好景気に、ちょうど立地とシステムがマッチしたんだろうなあ。
レイの描き方がどこまでも酷いので、すごくマイナスイメージになる。
成功譚なのに、印象がとてつもなく悪い、という反比例ぷりが好印象。
Kei

Keiの感想・評価

2.6
マクドナルドさんが創業した画期的なシステム、でも全世界に拡大させたのは横入りしてきた、冴えない営業マンだったって話。
成功するための秘訣は執念と胸を張っていたが。
こんなのは成功とは言わない。
失ったもののほうが重いと感じる。
Motoka

Motokaの感想・評価

3.5
怪物でしかない
オリジナルを食い尽くし、マクドナルドという名を広めた男
>|