シン・ゴジラのネタバレレビュー・内容・結末

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

4.0

あらすじ

現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

映画館で見るべき!

ラストの自動操縦の電車ドカーーンのところのスカッと感はすごい。

あと、長谷川博己が友達に似ててちょっと落ち着かなかった
エンターテイメントとして、非常に楽しめる作品だと思います。

個人的に、ゴジラが上陸し、日本がそれに対応するという非日常的な雰囲気を、映像、音楽、編集から独特な雰囲気が感じられ、その独特な雰囲気が好きです。

この雰囲気を一つのエンターテイメントとして、一つの映画として、しっかりまとめられている庵野監督の才能に感動しました。
庵野節って印象でした。
やはり、平穏な日常に突如現れる未確認巨大生物の出現に萌えるのでしょうか。
エヴァを散々見てきた自分としてはゴジラが形態を変化しつつ成体へと進化を遂げていく不可解さと悍ましさが使徒にしかみえませんでした。
という意味でも庵野監督が手掛けて正解なお題だったように感じます。
それと緊急事態においての政府の対応は本当にこんなだとしたら酷い話ですね。
ですが、この国は聞く耳を全く持たない縦社会に毒されているので改善の余地はないでしょう。そう言った意味で皮肉も盛り込まれている印象でした。
あとは歴史を組み込んだ話は良かったですね、この国ならではの問題ですから、
一番鼻についたのは石原さとみのトーク。
何だろうあのチープさ。
ゴジラを今まで観てこなかったけど、それでも楽しめた。

ゴジラって最強だけど、それに怯まず立ち向かおうとする人間はそれなりに強いなぁって思いつつ、でもそんな深いこと考えなくても面白い作品でした。

途中途中でエヴァ感があるのがまたいい!
キャストが超豪華。
ゴジラという架空の危機に立ち向かう日本を描いた作品だけど、災害のときの空気感が凄くリアルだったと思う。
最初の方凄く面白かったんだけど後半になるにつれて「ん??」ってなるところが多かったかな。

最終的にデータ横流しって日本の信頼失われてしまいそうな気がするのだけれどいいのだろうかあれ。
リアルでいいなと思ったのもつかの間。
飽きました 笑

最後の尻尾の人型ゴジラの展開はおおってなったけどね。
映画終盤、ゴジラの立ち位置と倒れた後の口元の向きにゴジラさんの気遣いを感じた。
現代の特撮映画。

ゴジラはCGということだが、動き方には特撮の味を残し、なめらかに動くのではなくあえてぎごちなく動くのがまたいい。(ゴジラに最新の技術を使ったリアリティを求めてるなら別だが。)
鳴き声もジェラシックパークのようなリアルな動物の鳴き声にするのではなく、どこか遠くでゴジラが鳴いているように聞こえるようにしている。
この表現の仕方(ゴジラの動き方+鳴き声)がゴジラの"虚構っぽさ"を引き出している。

でもそれに対応するのは、めちゃくちゃリアルな日本の政界。日本政府の対応には聞きなれない専門用語が早口で飛びあい、実際の手続きの手順がかなり細かく描写される。手続きに追われ、なかなか動かない政府に対して、現実にゴジラの被害に遭う国民は逃げる。が、避難命令に対してまだ半信半疑で、のろのろ動いたりもする。それがまたリアル(笑)この描写はこれまで何度も災害に遭ってきた日本の過去を思い出さずにはいられない。とてもリアリティがある。まさに"現実vs虚構"。

この映画の政治的メッセージの憶測とかが色々あるけれど、そういう角度の深掘りをあえてせずにレビューするなら、とりあえず前半は会議会議であんまり面白くない。やっぱり見方によるのかな。
前半はどちらかというと群像劇で、後半はもう作戦をガンガン遂行していくので興奮する。

ゴジラと実際に戦う日本政府が見たい人
ゴジラとの向き合い方を見たい人

で、映画の見方が全然変わってくると思う。

わたしは両方楽しんで見たけど、やっぱりヤシオリ作戦のところが一番興奮しました。
ゴジラの倒し方を見ても、ハリウッド映画みたいにすんごい兵器で倒すのではなくて、日常的な列車や航空機使ってゴジラを撃退するところは最高。特に無人運転の列車に爆弾を詰んでゴジラに突っ込むところとか最高すぎた。明朝体の字幕も良かった。
生まれた時からCGに慣れ親しんだ世代なので、シンプルに特撮映画として楽しむのに最高の邦画。
一体この映画は観客に対して、どこに視線を誘導させ、感情を一体化させているのか考えてみる。

ここで描かれるのは政治家や官僚といった日本の政治を実際に動かしている人間達だ。彼らが様々な(日本的)な障害にあいながらも、最終的にはゴジラという案件を見事に解決してしまう。大体数の鑑賞者はそんな主役達に感情移入し、おそらくは感動したりするのだろう。

しかし、その政治家や官僚といった人物たちと自分を共感させている感情の動きとは何なのだろうか。何故、自分と演者たち、そして日本というものを一つのものとして見なせるのだろうか。

この映画の中には、当然のことながら市民の視点といったものは一切登場しない。勿論、こういう大事になれば行政官僚や政治家達の仕事だ。しかし、大正民衆運動を始め、市民的な運動が国を動かすことなく、明治維新など常に「エリート」の人間にこの国が動かされたことを考えると、このシンゴジラは、そういう日本的な政治構造をそのまま踏襲して描いているtypicalな映画である。だが、原発事故などによるリスクを負うことになるのは、その責任者たちだけではなく、一般市民を含めた全員である。

しかし、このゴジラが福島などの象徴なのだとしたら、それは放射性物質などを食べて巨大になった生物なのではなく、まさに行政官僚や産業界との繋がり、利益追求によって生み出された「人災」なのである。それをもとの行政官僚達が華麗に処理するなど、はっきり言ってお笑いものだ。それで「日本が云々」とこの映画を見てぬかす奴や「日本はまだ頑張れる」とか感動している連中は少々胡散臭いと言わざるを得ない。

撮影方法とか表現、演出に関しては評価できる点があるのかもしれないし、今までのゴジラの文脈を知らない私にとって、それを理解する者からしたらまた別の視点が存在するのかもしれない。

しかし、この映画に流れている構造的なテーマはあまりにも同意し難い。この映画が表現しようとしたことがこの国の病理なのに。途中から、作戦が失敗してすべて滅びればいいなと願っていましたが、叶わぬ夢でした。
無人在来線爆弾が好きすぎて絵描いちゃう 観終わるとこういう感想になるけど観てるときは災害って感じで本当しんどい
>|