シン・ゴジラのネタバレレビュー・内容・結末

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

ジャンル:

3.9

あらすじ

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

日本のゴジラ映画をしっかり見るのはこれが初めて。(ハリウッド版ゴジラは見た)

怪獣ものというよりは、巨大災害ものって感じがした。普段見慣れた風景があっという間に壊されていくところや、日本らしい政治のいざこざとかで初動が遅れドンドン被害が広がっていくあたり。

主人公が軍人ではなく官僚ってところは結構面白かった。怪獣に対して武力ではなく、権力面で対策を立てていくのは新鮮に感じた。ただそういう意味でラストの映像的迫力は薄まってしまう。途中にゴジラの熱線シーンや、軍事攻撃シーン、ビルの破壊はあるけど、ラストはゴジラ体内からの凍結で終わり。だいたいの映画では爆殺して終了が多いので不満な人は不満かも。でもこの映画はこの終わり方の方がそれらしくていい気がする。

最後の尻尾のシーンは意味深だったけど、明確な答えはない感じなのかな。
3.11を想起させてくるからあまりにも生々しくて怖い、当時の不安を思い出させてくる
30歳ごえの私に久々に黄色い声を出させた水ドン!
巨災対に入るのが夢です。
ゴジラvs役人という構図はなかなか面白かった。現代日本の社会構造のようなものも描かれていてよくできていたと思う。原発への問題提起もあったりと、個人的には好きな映画。
これまでゴジラが各作品ごとに別形態(つまりミニラ、ゴジラサウルス、ゴジラJrなど)が登場したことはあったが、まさか形態変化を映像化するとは。衝撃的であった。作品全体を通して余すことなく素晴らしかった。公開後、1日も欠かさず「宇宙大戦争マーチ」を旧録新録両方聴いている。
有事の際、前総理が安否不明の中で、年功序列かつ派閥の長が臨時の総理に任命されるとかリアリティーがあり過ぎた。
自分の知ってる街がどんどん破壊されていく姿は悲しかった。
とても庵野監督が出ていた作品
日本は先進国、特にアメリカの属国であると感じさせる内容
自衛隊や政治の話メイン

突然ゴジラが東京湾から東京に上陸(ラブカ)→自衛隊の攻撃は歯が立たない→なぜかゴジラは海に戻る→対策本部設立→ゴジラは核融合で生きていると判明→ゴジラは鎌倉から再上陸→再度自衛隊はゴジラに攻撃するが歯が立たず→総理や大臣はゴジラの攻撃で亡くなる→ゴジラを攻撃するために連合チームは原爆攻撃しようとする→対策本部は凝固剤で解決する作戦(ヤシオリ作戦)を立案→アメリカと共に解決
初めてみたゴジラ映画。前評判でハードルが上がりきった状態だったけどオープニングの船→亀裂→出現と早い展開で引き込まれる。街並みや人々の描き方が自然でリアリティを感じ、壊れていく様は絶望感すら感じた。政府内部のやりとりはキャラの数が多いも、際立ったセリフ回しが光る。やたら総理に承認を迫ったり、大事な話をしてたのにラーメン伸びちゃうとかコメディー的な要素もあって面白い。
核に対して考えさせる面もあり、前評判に違わぬよい作品。
ちょっと何なのかわからない

ただ作戦が成功してもわー!ってハイタッチしまくらないのは日本ぽいなと思った

さとみちゃんネイティブは厳しい
高橋一生くんの役作りはいいなと思った

ゴジラの悲劇かと思いきやそれに右往左往する政治家を描いた震災のパロディ?
ゴジラの最初の形態のビジュアルといい不愉快な気持ちになったし、これ観て何を感じればいいの?

あと全身からビーム放射しまくるゴジラとか在来線爆弾とかギャグでしかない

笑っていいのかなんなのかわからん

ただこのレベルの破壊シーンを日本で製作したということは凄いと思う

邦画見慣れてないせいでの辛口評価だと思いたい
エヴァ観てれば良かったのかな?庵野さんに心酔してればもっと楽しめたか?
あー庵野やなーって感じ
エヴァンゲリオンがいない世界に使徒が来たみたいな
>|