シン・ゴジラのネタバレレビュー・内容・結末

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

ジャンル:

3.9

あらすじ

現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ジュラシックパークの流れで見始めたから、単純に街を破壊していく系の話かと思いましたが、日本政府に対する批判的メッセージがあり非常に濃い内容でした。
ゴジラーー!!!クソ腹立つ前のバイト先壊してくれてありがとうな!!!(最大のネタバレ)

完全に映画に引き込まれた。
画面から伝わる緊迫感は震災の時に感じ、今もなお感じ続けているものだった。
いつ何が起こるかわからない。そんな日本という小さな島国で、それをまとめる官僚たちは起こったことに対してどう対応していくのか。また彼らは本当に適切な人材なのか?事後処理はどうなるのか? 色々と考えさせられるテーマが詰まった作品だった。
なによりライブ感がすごい!ゴジラ上陸の日時がハッキリしているので「この日のこの時間にこれが〜」と現実でも盛り上がることが出来る。一本の映画が架空の記念日をつくり、それで人々が盛り上がる。素晴らしいコンテンツだと思う。
後半の展開、うまく行き過ぎ感が少々残念。
もう少しひねりが欲しかった。
究極の生命体、やはり口から?なの?

第一形態、ツチノコっぽくてちょっとブサ可愛いと思うのは僕だけ?
良作。
ゴジラシリーズ最新作。
ストーリーは政治的なシーンが多く、リアリティを求めているのか、特撮作品としてどこかを目指しているのか。
私は苦手なジャンルなのだろう。
公開当時から評価か高く、期待をしてしまったため評価は低め。
ゴジラの絶望感、日本の体質や政治への皮肉、昔のゴジラに対するリスペクトなど面白い要素がたくさんあり、思ってた以上に面白い映画だった。
ほんとにゴジラが上陸してきたリアル感が感じ取れた。石原さとみがなんとなく受け付けなかったのと全体に漂うコント感はマイナス点。
男の人の妄想を映画化しました!みたいな映画。
ゴジラが実際現れたら絶望するだろうなと思った。
ゴジラってウルトラマンみたいにいいやつかと思ってたら、悪者だった。
めっちゃおもしろかった。映画館で観てよかった。ゴジラvs日本。アメリカって大統領や政府をヒーローとして描いたりするじゃないですか。強いアメリカ。でもそういうのって日本じゃ受けない。日本の政治家なんてっていう諦め。だからゴジラが出現してからも政府はモタモタ、会議会議会議。都民もスマホ片手にツイッター。コメディ色すら感じます。しかし、見慣れた東京の街中にあの不気味な怪物の姿がはっきりと映り、「神の遺伝子」でたちまち進化し、優秀な日本の自衛隊の総力を挙げた全弾命中のなかで傷一つつかず、あまつさえ都心の真ん中で口やトサカから高エネルギー砲を放つ。ビルの合間を縫って光線が街の隅々まで広がり、空にいた米軍の爆撃機も政府要人を乗せたヘリもすさまじい炎に飲まれ、その破滅の海の中に悠々と立つゴジラの姿に「これ…どうすんのよ…」というものすごい絶望感。怪獣特撮映画を見ていてこんなに絶望したのは初めてです。この時点でもう名作が確定。そしてここから政府が粘る。未曾有の大災害に日本が立ち向かう。ヒーローじゃないけど、劣勢の中でできることをするんだという、日本ならではの泥臭い誇り。そして日本の知恵と技術力に対する絶対的な自信と信頼。官僚や政治家が国のためにと全力を尽くす様は素直に胸を突かれます。ずるい。こんなんテンション上がりますよ。いろいろと手続きがめんどくさくてがんじがらめな国だけど、それゆえに組織一丸となればやれるんだ、日本の底力はすごいんだという自尊が心地よかったです。ぎゅうぎゅうに詰めたエンドロールにずらりと並ぶ研究機関、自衛隊、有識者。綿密な取材を重ねてリアリティにこだわって作った製作陣と、1本の怪獣映画のためにここまで協力してくれる各機関。実際、いい国だなあと思います。
エヴァ風ゴジラ。
それっぽい単語を早口でまくし立てまくる。
もうすこしゴジラに動きがあった方が面白かったかな。
面白かったです
最初にゴジラが登場した時、あまりに見た目が変だったので
ゴジラではないのかと、これとゴジラが戦うのかもなんて思ってしまいました
自衛隊の攻撃はほとんど効果無し
米軍の攻撃はゴジラから血しぶきブシャーとなりましたけど、反撃がとんでもない事になっちゃいましたねー
最後の作戦はちょっと無理かなーって思いましたけど、無理な作戦でも面白かったのでアリですね
今さらながら鑑賞‪★

特に感動とかはないけど、良かったです!
もし本当にゴジラみたいな脅威(宇宙人とか)が襲来したら、日本政府ってあんな感じの動き方するんだろな~というのが結構リアル‪!
攻撃までのじれったい感じとか、人命救助をかなり考慮するところとか、良きも悪きも含めて日本人らしさを客観視した感じです。
中盤、カヨコ(石原さとみ)の
「あなたの国は、誰が決めるの?」
というセリフが凄い印象的です★

個々の背景描写とかドラマは欠落してるし、アクションが激しい事もないので、そこを期待して観ると面白みはないかと思います。
ゴジラはグロテスクで、あまりカッコいいとも言えない。
ただ、現状日本で作れるディザスタームービーとしては完成度高いのかなって感じます。

クローバーフィールド みたいな主観的な緊迫感がもう少し入れば、更に良かったのかな!って思います、がこれはこれであり!
>|