シン・ゴジラのネタバレレビュー・内容・結末

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

ジャンル:

3.9

あらすじ

現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ゴジラの設定を使った、政治映画。閣僚が乗ったヘリが爆発したところが、1番衝撃的だった。
日本政府郡対巨大不明生物映画
エヴァ臭漂う雰囲気の中、政治家や専門家の怒涛のテロップアンドスピーチの莫大な情報の波に溺れながらの、不気味可愛い蒲田くん上陸と都民の混乱、さらに成長したゴジラの火炎に光線放射の絶望的都市壊滅、石原さとみのアスカキャラ、放射性廃棄物に適応した生物が生み出す悲劇とそれに対する他国の核攻撃に頼るという判断、無人列車爆弾に高層ビル爆破とポンプ車の「巨災対」チームワークっぷりからのゴジラ“一時停止”という終息、尻尾の先端に見える新たな生物複数体が生じかけたままの“終”
新、震、真、心、神、、、原子炉エネルギーに対して、日本国家は何のエネルギー源を持ってして突き動かされているのか、面白い
役者まわりの演出があんまり良く無い、非CG部分の映像もあんまり良く無い。終わり方もあんまり良く無い。映画とゆうよりはとても日本のテレビドラマチックな肌触り。それでもテーマがゴジラなだけあって中々引き込まれるものはある。
ゴジラの暴動も映画ならではの映像。個人的に丸の内ビル群攻撃と東日本JR無人線攻撃は好きだった。
ゴジラ新生
すべてにおいて創りこまれた「日本」を現わしている映画
個人的に好きなシーンは、作戦終了時書類を投げ飛ばさない所が日本らしくてしびれた
I MAXにて2回鑑賞。
間違いなく、日本SF映画の最高峰だと思います。

まず驚いたのは「第二形態」。あの気持ちが悪い第二形態出現のおかげで、今までの「ゴジラ」の概念がブチ壊され、劇中で逃げ惑う人達同様、僕も得体が知れない未知の生物に困惑してしまい、先の展開が予測できないまま、物語に入り込むことができました。

その後、一旦ゴジラは海に帰り、日本政府もその間になんやかんや準備をします。そしてゴジラは鎌倉市稲村ヶ崎付近に再上陸。僕はこの時の自衛隊が武蔵小杉から多摩川河川敷付近を防衛線とする「タバ作戦」が大好きです。

自衛隊は、未知なる力を持ったゴジラに対し、火力を少しずつ上げていきながら攻撃し、都心侵入を防ぎます。
でも結局、この作戦は失敗に終わり、ゴジラの恐ろしさを思い知らされる結果になるのですが、僕はそれよりも、自衛隊が「火力を少しずつ上げていく」だとか「全弾命中させる」だとか「隊列よく、規律よく戦闘している」という演出を見ていると、妙に「リアルだなぁ」と感じてしまい、そのリアルさの元を辿れば「この作品は、自衛隊をリスペクトしてる」という思いが、ひしひしと伝わってくるのです。

ですから、この映画から見えてくる構図としては、「日本政府、無能」「自衛隊、最高」そして最終的に日本を救う「日本のオタク達、最強」となるのでしょうか。

だって、あのまま「ヤシオリ作戦」をやらずに、核兵器でゴジラを殲滅しようとしていたら、きっと失敗に終わり、第五形態のゴジラが拡散されていたのですから。もしそうなったら人類は…

あゝ、考えただけでも恐ろしいですよ。
庵野監督が作っただけあって所々エヴァンゲリオン感が濃いです。
頭の良い人は早口、変な特性、無表情。
まぁ分かりますが、ちょっとやり過ぎ。

石原さとみさんの英語は館内で笑いも起きてしまってました。
石原さんが悪いのではなく、あの役をやらせたいのなら他の人をキャスティングした方が良かったと思う。

ゴジラと言う作品をエヴァぽくしてしまった感じは少し残念だった。
エヴァンゲリオンでお馴染み庵野秀明監督作品。
私は元々ゴジラが大好きですが、本作品は平成初期に流行った怪獣バトル物ではなく、ゴジラは本来人類の敵、という原点に立ち返った作品。
定期的に現れては、日本を破壊していく様、それが放射線物質をエネルギーとしている所が、地震や放射能汚染といった環境問題とリンクしていて、如何にも日本らしい存在。
また、ゴジラに対抗すべく国際的な協力を要請する場面があるのだが、現代の外交事情とリンクするような描写があり、面白かった。

===
また本編ラストの描写は、対応があと少し遅れていたら、ゴジラが第五形態(無限エネルギーを持つ新人類)となって、無数に飛び立つところだった。
という描写だそうです。
(確か公式に表明していたはず)
如何にも庵野さんらしい世界観ですね。
映像がリアルな世界観を作り出している。

庵野監督の世界観がエヴァを彷彿とさせ
作戦名などを聞くとワクワクしてしまいます。
よく会議する映画。でも都内を走る電車たちがつっこんでいく映像はおもしろかた。あと、ゴジラのテーマソングを映画館で聴けたのはよかったな。
実際にゴジラ来たらこんな感じになるんだろうな、と思うくらい人々の反応や行動がリアルでした。今巨災対を組織したらどのような人選になるんだろうか〜
個人的には在来線爆弾が一番胸熱でした。
>|