シン・ゴジラのネタバレレビュー・内容・結末

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

4.0

あらすじ

現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

テンポがいい、迫力がある、人間がカッコいい!!大きな被害が出て心が痛むことはあったが「嫌みな役の人間」が出てこなかったので不愉快にはならなかった。違和感を感じる箇所もなく最後まで映画の世界に引き込まれた。
リアリテイがあって面白かった。

火を吹く演出や
レーザー出す所とか
良かった。

ビルの倒壊や電車の突撃だとか良かった。

巨大生物ドラマ
良かった。良かったんですけど、ゴジラが日本に上陸したらではなく、あくまでもゴジラが東京(とその近辺)に上陸したら、の話でしたね。鑑賞後は「被災地が東京とその近辺だから復興も早いのだろうなあ」とか身もふたもないこと考えてしまいました。

一番印象的だったのは、ゴジラの感情・思考がいまいち読み取れなかったこと。冷却剤を投入されたときはさすがに反応があるように見えましたが、始終観ていて「ゴジラ自身、なぜ自分がここにいるのか理解できていないのでは?」と思いました。こんなことを言うとそれ以前にゴジラに自我が存在するのかという話になりますが、一応作中では生物とされているので……。もちろん「自我があればいいな」という私の願望による部分もあります。ともあれ、私はゴジラがようやっと凍結されたとき、なんだかつらくて悔しくて泣きそうになったんですよね。多くの建造物を破壊し大勢の人間に恐怖と死をもたらした存在の “停止” に対して「可哀想」だと思った。『2001年宇宙の旅』でHAL 9000が殺された(あえてこう表現しますが)ときと似たような衝撃、焦り、不安を感じた。ゴジラに対する同情めいた気持ちと、自分があの場にいたとしたらきっとヤシオリ作戦を支持したであろうという気持ちとのギャップ。おそらく私はゴジラを無垢な存在だと思っていて、だから心の何処かで「出逢わなければお互い幸せでいられたのではないか」と期待したんだと思います。無垢というのはときに何よりも残酷な資質でもあるのですが。私が作中のゴジラの雄叫びやゴジラの放つ光線に対して果てのない物哀しさや、もっと言えばある種の美しささえ感じたのは、互いの持つコミュニケーション手段の埋まらない溝を想起させられたからではないかなと。分かり合えないということはつまり平和的解決への道は存在し得ない、救い合えないということです。

所謂お役所仕事的な部分(部下からパスされたメモを読み上げるだけの上司、攻撃中止の伝言ゲーム状態等)は外部から見たら相当滑稽なんでしょうけど、内部としては至って真面目というか、要するに “そうせねば仕事が回らないシステムに既になってしまっている” んですよね。まあこれは本国が国として破綻するまで続くであろうおぞましい習慣のひとつでしょうね。

フローズン・ゴジラ、あのあとどうやって処理するんだろう。海に投げたら解凍されるだろうし。そもそも放射能物質が含まれているのなら投棄はだめだよな。などとという疑問が残ったのですが、それは “こちらの世界” の現実でいうところの2011年の原発事故により生じた例えば瓦礫問題であったり汚染地域の除染作業問題に通じるのかな、と。目の前でたった今起こった大きな問題がなくなった(ように思えた)として、それは問題解決のめでたきゴールではないんですよね。それに付随あるいは波及して発生したほかの幾つもの問題たちを如何にして解決するか検討できるようになった=次のステージのスタート地点に立つことを赦されたに過ぎないわけです。

ゴジラ。
ゴジラって、いったい何なんでしょう。
私たち、たぶん、これまでに何度も何度も大きなゴジラや小さなゴジラ、ときには目には見えない透明なゴジラたちに出逢って別れてを繰り返して、今日までなんとかやってきた。そんなふうに思えてなりません。
テレビ放映にて。割とシーンカットされていましたかな。
ゴジラの活動源が核分裂というのがまた現代的。
お前らの核廃棄物を食い物にしてきたんだぞーという話。
警鐘映画ーのわりにはちょっと弱いなあ、いや、あくまでゴジラだから警鐘映画ではないのか?(笑)
そして石原さとみがなー。。かなり微妙でした。彼女に国トップの英才役は厳しいというか。。長谷川さんは相変わらず最強(笑)
テレビでちょうどよし。(笑)
 

劇場にて鑑賞。国産12年振りとなるシリーズ第29作。余りに評判が良いので鑑賞を躊躇していたが、思い切ってこの眼で確認しに行った。聴きしに勝る人気の様でパンフレットは売り切れ入荷未定との事。指摘されている何等かの政治的メッセージやプロパガンダよりもエンターテイメント性が際立っており、国粋主義やナショナリズムを擽られるよりも映画として存分に愉しめ、鑑賞前の穿った考えを一掃してくれた。ただ100箇国以上での公開が決まっていると云われる海外にこの儘、持っていたとすれば評価は厳しいと思われる。85/100点。

・約13億と云われる製作費に対し、国内で50億以上稼げば、続篇の可能性があり得るとアナウンスされており、公開三週間後の8月14日時点で、約230万人の動員、興行収入34億円に迫っており、50億円超えは確実視されている。この為、続篇製作の可能性は極めて高い。尚、アニメ版が、'17年に公開予定されている。

・度々登場する会議シーンが迫真のリアリティがあり、兎に角佳かった。専門用語の多用と畳み掛ける様な早口の演出は監督の意図したもので、撮影現場ではゆっくりした科白回しのシーンはカットすると演者達に伝えられていたと云う。

・キャストは総勢328名となっており、豪華な顔ぶれがそこかしこに散見出来、某アイドルグループ出身者等は、冒頭数秒のみの登場となっている。“東竜太”の柄本明、“花森麗子”の余貴美子、“財前正夫”の國村隼、“安田龍彥”の高橋一生等、印象深い。中でもラストで初めて微笑む“尾頭ヒロミ”の市川実日子が佳かったが、“里見祐介”の平泉成が一番美味しい役どころだった。公開日の7月29日、328番目に発表された“呉爾羅(モーションキャスチャ)”の野村萬斎がどこ迄、演じたのかが気になった。

・オマージュに満ちた音楽の使われ方──特にエンドクレジットでのメドレーは往年のファンなら涙ものだろう。緩やかなカットの切り替えが多く、引いたアングルからの長回しによる対話シーン等、難癖を附けるならアニメっぽかった。特撮やCGは頑張っていたと思うが、一部、首を傾げる箇所も存在する。特にクライマックス、無人の新幹線爆弾が並走して突撃するシーンはアレッ?となってしまった。破壊された街の遠景等も、随分被害が少ない様に見受けられた。

・本家東宝が作ったので、ゴジラの造形や設定の改変は許されるのだろうが、これをもしどこかの国がやったなら恐らくバッシングを受けたと思われる。個人的には、紫色交じりの顎が割れた怖い顔のもいいが、ウルウルした真ん丸な瞳の鱧か鰻の様な茶色いお茶目そうなのの方がお気に入り。

・鑑賞日:2016年6月18日

 
映画館に3回ぐらい観に行った映画。
テレビで改めて観た。録画して翌日にもう一度観た。それぐらい好き。

まず神様は人間が作ったものだということ。
生態系から逸脱した力を持ってしまった人間が、暴走して人間でなくなってしまうのを防ぐために、神という概念を作った。
それは山であり海であり自然の脅威であり、それに対し人間ができるのは恐れ敬うことだけ。
そんな神は当然ながら、祈ろうが貢ごうがおかまいなしに山崩れや津波となって人を襲う。
そういう手のつけられない災害を神と崇めることで、人は人としていられた。
その後文明が進んである程度そんな自然に対処できるようになった。
そして神は変わった。キリストや仏のように人の形となり、畏怖の念ではなく愛や慈悲を説いて人を従わせた。
その後はニーチェにあるように、現代ではそうも行かなくなってきた。愛や慈悲では人は神を信じなくなった。かといってニーチェの超人思想もどうしたらいいか。

そこで太古の荒ぶる神がふたたび現れた。それがゴジラ。
固まってもなおそこに居続け、山や海が神であったように、そこに存在し続けることで人々に畏怖の念を抱かせ続けるのだろう。

とか思った。

映画館で3回観た。テレビで観ながら録画して、翌日もう一回観た。なので都合5回観たことになるけど、何回見てもすごい映画。
凄く面白かった!!!1人1人の役がしっかりしててリアリティがあったし、ドキドキした!矢口さんが自衛隊の人に呼びかけるシーンが中々辛かった…。あと、蒲田くん可愛かった( ˊᵕˋ )もう何回か見たい〜〜
思ったより迫力があって面白い。映画館で観ればよかったと後悔。国鉄を爆撃用に使ってたシーンが1番好き。
日本アカデミー大賞!!

冒頭には、日本の危機管理能力の低さや、マニュアル頼りのお役所的行政に苛立ちを覚える場面が多々ありました。

しかし、初期対応が遅れても、総理や幹部が亡くなろうとも、そこで立ち止まらず前に前に進んでいくパワーに圧倒されました。

日本の底力を見せてくれる映画というか、希望の詰まった映画であるように感じます。

東京復興の光明が見えて、日本再建に向けた一段質の高い新たな内閣を組織する決意をした所も日本の強さを感じましたな。

日本が日本を鼓舞する映画です🎬

さあ本題、ゴジラ。
元ネタを観ていないので、ゴジラ誕生の起源は人間による放射性物質の投機だったなんて驚き。
図らずも人間の不始末から人類の存続を脅かす、超自然的な、最も神に近い存在を生み出してしまうとは…

しかしラスト凄かったね!
東京の高層ビルを倒したり、交通機関を使ってゴジラを押さえつける!!
そして血液凝固剤の経口摂取…うーんやはり、人類の年の功の勝利。
スカッとさせていただきました😌

からのラストカットで尻尾に絡みついた人間(?)の描写。
あれは何を意味するんだろうか…
なんか半魚人的なデザインだから人間ではないと思うんだ。
しかも外皮が溶けて見え出した部分、つまり内部から出てたしね。

ゴジラ、まだまだ謎多き存在。
ゴジラを日本に対する脅威全てに置き換えても、政府対応はあんな感じでしょう。
それがメインテーマかな。
CGその他頑張ってます。
>|