シン・ゴジラの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

4.0

あらすじ

現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

ゴジラを未曾有の災害と捉える
パニックの裏側が最高に日本映画

地上波で見ても最高でした
邦画好き・怪獣好き・ゴジラ好き・エヴァ好きの私にとって、ここまで好みを突きつけられるとパニックです(笑)

箇条書きで見所を紹介すると
・ゴジラは1世代で進化する生物であり、それを目撃できる
・災害に対する国連の動きが想像する上でリアル、責任の擦り付けあい
・オタクが知識を寄せあって挑む
・実行できそうな現実味ある作戦
・歓喜よりも安堵と今後

「仕事ですから」責任感の強さ、プライドの高さを感じる台詞が印象的です
たくさんの人が関わらないと物事が動かせないのも、良くも悪くも日本を的確に表現していると感じます
深くも片寄った知識を持つオタク性も、日本人が描く日本人で嫌味がなく良かった
エヴァンゲリオンを強く意識させられる演出でしたが、この映画の追い風になってると思いました
あの音楽はずるいなーって(笑)
そして宇宙大戦争のマーチはやっぱり高まりますね!
この完成度・満足度を越える映画はしばらく出会えないでしょう
それぐらい最高の映画でした、大好きです!
amu

amuの感想・評価

4.0
庵野秀明たる庵野秀明作品。

大阪芸大時代のガイナックスメンバー他をシュールかつコミカルに描いた福田雄一監督のドラマ 「アオイホノオ」で、特撮ヲタクが過ぎる庵野秀明(安田顕)が登場するのだが、あのリアリティを鵜呑みにするならば、アニメと特撮に関しイッちゃってるほどのセンスと才能を持ち合わせた彼が予算を掛けられる成功者となった今、誰よりも楽しんで作ったんだろうなぁというのがひしひしと伝わる、まさに新しいゴジラ。

エヴァンゲリオンで彼の才能に触れた者には、展開からカット割りひとつに至るまで庵野秀明らしさを感じ、また誰もがその存在は知っている「ゴジラ」を、オリジナリティある作品に、それほど特徴的であった。

あんなものが現れたら、と想像を掻き立てられ、本当に現れる可能性を感じさせるリアルさはさすがでした。とても怖かったし、凍結される姿に哀れみもあった。

キャスト陣については良い人と悪い人の差が激しかった。石原さとみ… 英語下手過ぎます。演技もダイコンで悪目立ち。あのレベルの演技力で良いなら、無名の帰国子女でも使った方がしっくりきたのでは。ボソッと言う独り言は日本語なんだ…(笑)っていう。
kyo

kyoの感想・評価

3.5
淡々と進みながらもそれぞれの人の立場の心情をしっかり映し出していて惹かれるものがあった。たくさんの人の死を映しているわけではないのに、確実に失われていく命もあると感じさせられた。
話は面白いけど…あんなカッコ悪いゴジラ…ビミョー。
きり

きりの感想・評価

4.0
ゴジラ作品初観賞

無人在来線爆弾好きだったなー
絶妙に気持ち悪い第2形態がよい
taka0902

taka0902の感想・評価

4.2
vsシリーズのゴジラ見て育ちましたが非常に楽しめました。自衛隊の戦闘で懐かしい曲もながれたり随所にテンション上がるシーンあります。
監督が監督ですが続編期待です。
おもしろい。あるわけないと思っていても、現実の
政府の動きはあんな感じになるかきになる。
tn

tnの感想・評価

3.4
前評判ほど嫌じゃなかった。
石原さとみのルー大柴化とか。

白組さんのCGばっか見てしまった。
エヴァ見てたらもっと楽しめたのかなー。。

よくある、一般人Aの「なんだこれは、、、」みたいなカットがなくて新鮮だった。
それによる事件は会議室で起きてる感。


あとラストカット素敵だった。
あの残す感じすごい好き。
しかもその後が続くとかじゃなくて「終」。

間のCMでホンダのCM出たの良かったなー。ワンオクのタカと庵野さんが出てるやつ。
ひひん

ひひんの感想・評価

4.0
○長谷川・高良・竹野内の安定したイケメンさ。長谷川さんの着替えてないYシャツの匂い嗅ぎたい。
○防衛大臣の余貴美子のハマり具合
○どんどん引き込まれるテンポ感

△ゴジラの幼体キモい…!
△とにかくセリフが聞き取れない。というか理解させる気ないだろ!w
音楽良かった
映画基本は1人で見たいけど、人と見て良かったって思った映画
>|