グレイテスト・ショーマンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

グレイテスト・ショーマン2017年製作の映画)

The Greatest Showman

上映日:2018年02月16日

製作国:

上映時間:105分

4.2

あらすじ

主人公のP.T.バーナムは<ショービジネス>の概念を生み出した男。誰もが“オンリーワンになれる場所”をエンターテインメントの世界に作り出し、人々の人生を勇気と希望で照らした実在の人物だ。そんなバーナムを支えたのは、どんな時も彼の味方であり続けた幼なじみの妻チャリティ。彼女の愛を心の糧に、仲間たちの友情を原動力に、バ ーナムはショーの成功に向かって、ひたむきに歩む。

「グレイテスト・ショーマン」に投稿された感想・評価

ノラ

ノラの感想・評価

4.5
テンポが良くて、ずっと楽しめた。
映画が完全にフィクションだったらもっと評価上げてたかも。
Torakasa

Torakasaの感想・評価

2.5
性格が歪んでるので、見ていて苛ついてしまった。

障害のある人たちを誘い込んで放り出す時点で最低だと思うし、それをあっさり許した時点で、彼らさえこの映画の紙人形なんだなと思わされてしまった。津原泰水の五色の舟の方がずっと好きだ。

主人公のユーモアが序盤は好きだったのに、中盤以降彼がただの我利我利亡者になってしまって共感できなくなった。

過ちを犯して、でもすぐ許してもらえて再スタートだなんて、虫がよすぎるよ。失ったものは大抵元に戻らない。でもそんな考え方しちゃう時点でこの映画にはむいてなかったのかな。

実在の興行師、P・Tバーナムの人生をもとにした作品。

ミュージカルシーンは、ディズニーアニメみたいなノリ。
せっかく役者本人が歌っているのに、音の加工の方が目立ってしまい、もったいなかった。

紆余曲折のシーンは、(あえてなのか?)極力出さず、成功面を大きく表現しているため、彼らの結束の固さをあまり感じられず。
ずっと傷付いてきた人たちが、「居場所」ができたというだけで、一度、見捨てかけた人をそんなに簡単に許せるのか…90分にすっきりおさめたから、見せたい部分を全面に出したのかもしれないけれど。

博物館よりも、波止場近くで始めたサーカスの方がよほどいい。

最後の「象で来た」が印象的。

あまのじゃくな私は、ヒゲがコンプレックスなら剃ればいいじゃないと思ってしまうし、オペラ歌手が歌う歌じゃないと思ってしまうし、19世紀という設定なのに、全体的に現代っぽい曲調なのがどうかなと思ってしまう。

古典的なミュージカルが好きな自分にとっては、現代ミュージカルはついていけない。
マイノリティ(minority group)っていうのは、こういう作品に素直に感動できない自分のことだと思います。
This is me.
失敗とか苦労とかネガティブな時間を徹底的にカットし、矢継ぎ早の展開で一気に約100分を駆け抜ける潔さ。
ミュージカルシーンの演出はところどころディズニーっぽく感じた。
これは万人受けするよなあと思った。
tomomi

tomomiの感想・評価

3.5
ミュージカル映画だけに歌はとても素晴らしい👏

でも後半話の展開が早くて感動が浅くなってしまったような気がする。
この人がウルヴァリンってのが信じられない。

No.1ショーマンです
あと楽曲が最高ですね
一人の貧乏な男がサーカスを始めてお金だけじゃないいろんな大切なことに気づく映画。
曲、テンポがとてもいいミュージカル映画。
印象的なのはカーライルがいろんなパーティーに呼ばれなくなったけど自信の持てる仕事と仲間を手に入れたみたいなこと言うシーン。
最高。
さすが「ラ・ラ・ランド」
制作陣の映画でした!
ラ・ラ・ランド同様オープニングから観る人の心を鷲掴みにします!
ヒュージャックマンがしっかり練習したというダンスや歌も完璧でした。
無駄の無い構成と印象的なシーンを数々の名曲が彩ります。
とてもいい作品でした!
字幕で俳優さんたちの生の歌声を聴くのがオススメです!
reichan

reichanの感想・評価

4.4
よい‼️


音楽も話も素敵


でもって真似できないけど、
嫁が素晴らしい。
ゆうか

ゆうかの感想・評価

4.2
19世紀が舞台ではあるけれど、未だLGBTQや黒人、アジア人などマイノリティーへの差別が根強い現代アメリカへのメッセージ性を強く感じた。見る前から期待値あげすぎたけどよかった。また観たい。
>|