グレイテスト・ショーマンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

グレイテスト・ショーマン2017年製作の映画)

The Greatest Showman

上映日:2018年02月16日

製作国:

上映時間:105分

あらすじ

主人公のP.T.バーナムは<ショービジネス>の概念を生み出した男。誰もが“オンリーワンになれる場所”をエンターテインメントの世界に作り出し、人々の人生を勇気と希望で照らした実在の人物だ。そんなバーナムを支えたのは、どんな時も彼の味方であり続けた幼なじみの妻チャリティ。彼女の愛を心の糧に、仲間たちの友情を原動力に、バ ーナムはショーの成功に向かって、ひたむきに歩む。

「グレイテスト・ショーマン」に投稿された感想・評価

nori

noriの感想・評価

4.0
やっぱりミュージカル映画好きだ。
ミュージカル映画とあって、時間が経つのが早く感じました!サントラ良かった。
冒頭から音楽の鼓動を感じて、その後の展開へとスイッチしていき、そして一気に成長…。この一連の展開にワクワク感と感動で胸を熱くさせられる。

誰もが言っているが、音楽の素晴らしさはここ数年の映画の中でも群を抜いている。

ラ・ラ・ランドは正直乗り切れなかったのだが、この作品は音楽メインでミュージカルたるとはこれ、ザッツ・エンターテイメントを魅せてくれたところが最高。

確かにストーリー展開やフリークスの描写や主人公の行動などに疑問符が付くところはあるが、それを凌駕するほどの圧倒的多幸感と音楽の力に圧倒された。

IMAX2Dで観たというのもかなり大きく影響している。ミュージカルを現代の最新上映環境で鑑賞するということ、そこには理屈を超えた体感があり、音楽と映画の世界に入り込める。こんな素晴らしい体験があるだろうか。

映画とは感じる装置。その真髄に浸れた貴重な作品。
ZUMI

ZUMIの感想・評価

3.3
浅く疑問もいくつか残るストーリーに入り込むことができず、歌の度にテンションを上げて何だかんだ流される感じ。ミュージカル映画としてしょうがない部分ではあるかもしれないが……
ただ曲は良いので、観たのが音の圧を感じられるIMAXだったのが幸いしてか、いくつかの曲では痺れるような興奮を味わうことができた。
レンタルして観ようとは思わない。劇場で観るから成り立つものだろう。
ザックエフロンがイケメンだ。
munya

munyaの感想・評価

1.5
ヒュージャックマン好きとしてはありがたい作品ではありました。わたしはヒュー様が好きだ!!
ハイテンポにワクワクする音楽でこれぞエンターテイメントって感じだった。ストーリーは出来すぎな感じはあったけど。最後の言葉が素敵だった。
taiki

taikiの感想・評価

3.0
曲数が多すぎて、曲なしでストーリーに入り込みたいところでも歌うからすこし残念だった。「そこも歌うの!?」って感じでした。あまり感動しなかったし、全てが浅い感じでもっと入り込んで欲しいところもあった。

けど曲は全部明るくて楽しい気分にはなったので普通に好きです。
ちあき

ちあきの感想・評価

3.0

え、、、、めちゃくちゃ微妙。。。


鑑賞後の正直な感想。



お決まりのFOX映画の始まりから、いきなり大音量で鳴り響くThe Greatest Show。これから始まる映画への期待値が急上昇。
初っ端から涙ぐんでしまった笑

「レミゼラブル」で私が魅せられたヒュージャックマンの歌声は健在、歌に関しては素晴らしかった。その点ミュージカル映画としては文句なし。



しかしながら、ストーリー展開がなんとも微妙。感動などなく、ただ主人公のエゴ物語。マイノリティの人間の個性が全くと言っていいほど描かれていなかった。髭の生えた女性、空中ブランコの女性にほとんど焦点が当てられ、それ以外はモブ。これこそ、まさに使い捨てである気がする。
予告編を見る限り、マイノリティの人間達とヒューの物語と認識していたものだから尚更残念である。



この映画をマイノリティを救った人間の物語と捉えるか、マイノリティを晒し者にして金を稼いだ人間の物語と捉えるか様々である。
事実、過去にはマイノリティの人間は自らを晒し者にし、金儲けをしていた、またそのことに誇りを持っている人間もいた。なので、一概そういった見せ物とすることに対して良い悪いなど言えない。とても難しい問題である。


最後に、個人的な感想に過ぎないが、当時のマイノリティの人間は白人様にスポットライトを当ててもらえないと、職など与えてもらえない、結局白人様の元で君達は生活できているんだよ、白人様中心なんだよ、と描かれているように感じた。"マイノリティは見せ物でしかない"と思わせる映画。

皮肉な捉え方ではあるかもしれないが、正直このように感じた。
当時、この状況が事実だったのかもしれないが、差別に対して敏感な今の世の中で、差別する側の目線で描かれていることに違和感を感じた。


付け足しとなるが、一度ヒューに差別の目を向けられたマイノリティの人間達が彼から何のアクションもないのに、彼を許してしまう描写も解せない。ヒューに土下座くらいさせてもいいのでは?



ヒュージャックマン主演ということで、甘く☆3だが、正直なところ☆2.5あたりが妥当だと感じる。
ミュージカル映画はやっぱり ストーリー展開が早いなと。テンポよく進んでいきます。

しかしヒュージャックマンがの歌はカッコイイ。最初の持ってき方は痺れまひた。
ザック・エフロンとの酒場のシーンが曲と振り付けともにめっちゃカッコイイ。あと、映像が綺麗でした。
karen

karenの感想・評価

4.6
一曲一曲が素晴らしく、展開早いけど最初から最後までワクワクしっぱなしだった。
ミュージカル映画としては最高。ただ、歴史的なところは手が加えられているので、ストーリー性は…かな。かなり綺麗に描写されているから。
でも、ヒュージャックマンの歌はレミゼを彷彿させるところもあったけど、やっぱり素敵だし、ミシェルウィリアムも相変わらずの美しさ。ヒュー×ザックの酒場でのTheOtherSideかっこよかった〜。そしてNeverEnoughとThisIsMeにはもう感動。あと忘れちゃならんのがゼンデイヤの美貌と存在感。
最後にFromNowOnで絶望から這い上がって行く感じがもうなんとも言えない鳥肌!
エンターテイメントだったな〜
大好きなミュージカル映画の1つになった。
わかりやすい王道の物語の中に絶妙なタイミングでくる良質な音楽。
テーマも非常にシンプルで心が動かされた。
ミュージカル苦手な僕がとても楽しめたのでミュージカルの中でも比較的観やすい作品ではないでしょうか?
>|