グレイテスト・ショーマンのネタバレレビュー・内容・結末

グレイテスト・ショーマン2017年製作の映画)

The Greatest Showman

上映日:2018年02月16日

製作国:

上映時間:105分

4.2

あらすじ

主人公のP.T.バーナムは<ショービジネス>の概念を生み出した男。誰もが“オンリーワンになれる場所”をエンターテインメントの世界に作り出し、人々の人生を勇気と希望で照らした実在の人物だ。そんなバーナムを支えたのは、どんな時も彼の味方であり続けた幼なじみの妻チャリティ。彼女の愛を心の糧に、仲間たちの友情を原動力に、バ ーナムはショーの成功に向かって、ひたむきに歩む。

「グレイテスト・ショーマン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

面白かったけど...ちょっと期待しすぎた。

"人と違う"ことでなかなか世間に受け入れてもらえなくて...という差別的な話を広げていくのかと思いきやそういうのは割と少なく、意外と恋愛映画。
展開がめちゃめちゃ早いので、簡単にメンバーも集まって、いつのまにか絆生まれて、練習のシーンもほぼなくいつのまにか完璧なパフォーマンスになってて、大した反感もなく街の人のほとんどはすぐに受け入れてファンになっちゃう...

予告見たときは、全然上手くいかなくて辛いこともいっぱいあって、それでも認めてもらおうと頑張った結果少しずつ世間が差別をなくしてくれて...のあの代表曲!っていう感動シーンかと思ってたけど、なんか実際は大した苦悩のシーンもなかったからすごい軽々しくきこえたのがもったいない。
むしろ上手くいきすぎて主人公調子乗ってる感まである。先に、観る側に共感させて応援させて主人公を好きにならせてからのほうが良かったのでは?

仲間も家庭も財産も何も失わない。
(家庭に関しては一瞬実家に帰っちゃうだけで甘すぎる)
全て順調に手に入れた中での仕事トラブルだから別に全然可哀想じゃない。
もっと葛藤してよ!上手くいかなくて挫折してよ!全てを失ってよ!どん底から這い上がってよ!

音楽は最高に良かったのと、バンドワゴン効果のせいか"良い映画"ではあったけどなんか思ってたのとは違う。

ラストの、2代目に交代みたいな終わり方は良かった。娘ちゃんのバレエの木の役も可愛かった。
家族で鑑賞。

絵本の中にいるみたいな、
夢のような物語。
一見シンプルなストーリーだけど、
人の価値観や本当の幸せ、
社会の風潮に訴えかけるような力強いメッセージ。
難しく考えなくても、
純粋に、ワクワクする音楽とパフォーマンス。
これは映画館で観たら大迫力だったろうなあと思う。


光に目がくらみ、本当に大切なものを
見失いそうになった主人公が、
最後には涙を浮かべて
目の前にある幸せに感謝するシーンが
とても素敵だったなぁ。

キーワードは、
人を幸せにすること。
面白かった〜

今まで見た中で一番の面白さと感動。

歌が全部鳥肌でした。

ザックエフロンとブランコの女の人の歌唱シーン最高。

主人公の妻が悲しさを歌ったときも涙が出てきました。

とりあえずザックエフロン最高。
ヒュー・ジャックマン扮するPTバーナムが歌ったり踊ったりする話。
全体的なストーリーにも展開にも穴があるがそれを補って余りあるほどの演出、踊り、そして歌。
映画館で6回観てBlue-ray買って5回観たけど観るたびに面白くなる。最高。サントラもパンフレットも買ったけどまだ貢ぎたい。文句なしの星5。
映画だとかミュージカルだとかそんなチャチなもんじゃない、史上最高のショー。
映画館で見るべき作品?(DVDで見てしまった)

レミゼすごく好きでヒュー・ジャックマンだし、ララランドの人だし、世間の評判が良すぎるし、期待しすぎた‥!



盛り込みすぎて、時間が足りてないかんじ?少し物足りなかった


作品に関係ないけども、
映画館で1人で見るか、家族で見るか、恋人と見るか、
家で1人でイヤホンつけて見るか、家族とだらだら見るか

私はこのちがいでか 映画への感情移入度合いがかなり変わってしまうという事実がある。
やっぱちゃんと見たい映画は映画館で見るべきだなぁと。
音楽の良さでいい映画感出てたけど
最後の方とかはなんかしらけてしまった…。

結局生まれは貧しくとも最終的には白人男性によってでしかマイノリティーは居場所を与えられないと言われているようで、なんかなぁ。

ヒュー・ジャックマンからザック・エフロンへサーカスのトップが受け継がれるのも気が利いてないし、10%の取り分貯金してたってくだりも急だし、ラストの象で娘のバレエを観に行くのも「結局あいつ本質的になんも成長してないやんけ。」ってシラケた。

また多様性賛歌なのであれば一曲ぐらいヒップホップとかがあってもいいはずだと思ってしまった。

とにかく序盤はいい感じなんだけど、結局全ての元凶は主人公にあって、事態か悪くなり回復するのも結局周りが成長しているのであって、主人公は特に変わらずという風に見受けられました。

とはいえいいところもあって、タイトにするためのシームレスな場面転換や、過去のミュージカルをリスペクトした振り付けなんかは程よい塩梅で良かった。
ドラマチックでロマンティックな特殊効果CGや映画ならではのソレはとても綺麗だった、けどややミュージックビデオにも見えてたまに空虚なのも否めず。

最後ザック・エフロンじゃなく髭のお姉ちゃんがサーカスのトップにでもなってれば今の時代に合ってただろうし、納得もできたかな。
小さいころから貧しくも夢想家のバーナムは、良家の令嬢チャリティと結婚。ニューヨークでつましい暮らしを始めて娘たちも生まれるが、バーナムは仕事が長続きせず、貿易会社に就職しても、会社の貿易船が沈没してしまい倒産、社員全員が解雇される。しかし彼は沈没した船の登録証を持ち出し、それを担保に銀行から資金を借り、世界中のあらゆる奇妙なものを展示した「バーナム博物館」をオープンさせる。だが客足はかんばしくなかった。

そんなとき、彼は娘のある一言をきっかけにショービジネスの道へと進む。小人症の男、大男、髭の濃い女、全身刺青の男、結合双生児の兄弟など、世間から隠れるようにして生きていた様々な人を集め、いわゆるフリーク・ショー(見世物小屋)のサーカスを始めたのだ。彼らのショーは大盛況になるが、批評家には酷評され、市民の中には「街の恥さらし」と激しい抗議活動をする者も現れた。バーナム一家も裕福にはなったものの、上流社会からは単なる成り上がりの怪しいペテン師親子という扱いしかされなかった。

バーナムは劇作家のフィリップ・カーライルと出会い、彼をショーの演出家にスカウトする。バーナムの熱烈な勧誘を受けたフィリップは取り分10%で承諾する。劇場を訪れた彼は、有色人種の団員・アンを見初めてしまう。

フィリップのコネにより、ショーの仲間を連れてヴィクトリア女王に拝謁することができたバーナムは、欧州随一のオペラ歌手とほまれ高いジェニー・リンドと出会う。彼女のアメリカ公演を成功させれば、遂に上流社会の仲間入りができ、娘たちも馬鹿にされなくなると考えたバーナムは、フィリップに劇場運営を任せ、自らはジェニーの公演に全てを注ごうと決めた。

ジェニーの歌声は素晴らしく、初演は大成功を収めて批評家にも絶賛される。バーナムの名声にも箔がついたが、そのせいでバーナムは劇場のキャスト達を疎んじるようになった。劇場以外に拠り所がない彼らは必死にショーを続けるが、バーナム不在の劇場は人気が落ちていく。

フィリップはアンをデートに誘うが、たまたま出会ったフィリップの両親はアンを侮辱し、彼女は逃げ去ってしまう。追いかけたフィリップは身分の差など関係ないと説得するが、アンは不可能だと彼を拒絶する。

一方、バーナムは多大な借金を重ねてジェニーの全米公演ツアーを敢行し、当初は大好評を博するが、その道中でジェニーから寄せられる好意以上の誘惑にバーナムは良心の呵責を感じ、二人は決裂。途中でツアーは打ち切りになってしまう。ジェニーは最後の公演終了時に、バーナムに当てつけのように「お別れのキス」をし、新聞の一面をスキャンダルで飾る。

フィリップに任せていた劇場だったが、反対派との争いから放火され全焼してしまう。フィリップはアンを救出しようとして燃える劇場に飛び込み、バーナムによって救出されたものの意識不明で病院に運ばれた。さらにジェニーのツアー中止による負債でバーナムの邸宅は差し押さえられてしまい、チャリティは自分勝手なバーナムに愛想を尽かし、娘たちを連れて実家に帰ってしまった。

全てを失ったバーナムが独りパブで酒を飲んでいたところ、サーカスの団員たちが現れ、彼にサーカスを再建するよう説得する。バーナムは、自分が何のために名声や成功を追い求めていたのかを思い出し、サーカスがいまや自分と団員たちにとって家族であり居場所となっていたことに気づかされたのだった。

重症のフィリップも、アンに見守られてようやく回復した。バーナムは去った妻を追いかけ、関係を修復する。サーカスの財政的困難も、フィリップが彼の貯金を使って再建することを提案、野外のテントサーカスとして新しく蘇った。再開したサーカスは大きな成功を収め、フィリップとアンは結ばれる。バーナムはフィリップにショーマンの座を譲り、妻に寄り添われながら、家族との時を慈しむのだった。
この作品は出だしの曲入りから心をがしっと掴まれました。ヒュージャックマンの声に惚れてしまいます。
それに劣らずやっぱりザックエフロンはディズニー作品のミュージカルやってるだけあって、すごかった。もちろん他のキャストも含めて全部よかった。
この一本の映画にどれだけ練習を費やしたのだろうと同時に、あの一体感や熱量はかなりの練習量があってこその表現力なんだなぁと考えてしまうくらいの良さでした!圧巻。
ただストーリーについては見終わって見て不完全燃焼。家族や団員を途中捨てて最後はひょっこり何事もなく帰ってくるというあっさりな終わり方な為、バーナムの自己中心的な物語という印象になってしまった。もうちょっとストーリーも面白みがあれば最高でした
🎞
ストーリー的には、なんてことない物語なんやけど。。サーカスのメンバーのインパクトと、歌唱力とパフォーマンスが素晴らしかった👏🏻👏🏻👏🏻
やっと見られた!面白い!
音楽はやはりみんなが言うようによかった。でもそのあとDLして聞くほどではないな笑。
物語のあらすじや成り行きがありえないほどわかりやすい。起承転結わかりやすすぎて、この次こうなるだろ、って言うのがほんとにわかる。
でも逆に言うと裏切りがないから見ていてすっきりする。悪者もほぼナシで、後味が良い。
ミュージカル映画にありがちな、揉めたところ、心のすれ違いは全て歌で解決。まぁミュージカルだからね。嫌ではないけど、現実味はない。映画だしミュージカルなんだけどね。笑
途中の女の人(オペラさん)は少し最後放置したか?って感じはあったけど全体的にみて、流れわかりやすく、結末よし、歌よし、キャストよしで、高得点です
>|