グレイテスト・ショーマンのネタバレレビュー・内容・結末

グレイテスト・ショーマン2017年製作の映画)

The Greatest Showman

上映日:2018年02月16日

製作国:

上映時間:105分

4.2

あらすじ

主人公のP.T.バーナムは<ショービジネス>の概念を生み出した男。誰もが“オンリーワンになれる場所”をエンターテインメントの世界に作り出し、人々の人生を勇気と希望で照らした実在の人物だ。そんなバーナムを支えたのは、どんな時も彼の味方であり続けた幼なじみの妻チャリティ。彼女の愛を心の糧に、仲間たちの友情を原動力に、バ ーナムはショーの成功に向かって、ひたむきに歩む。

「グレイテスト・ショーマン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

音楽!音楽!音楽!!最高!!!なんてかっこいんだ!ってなった。
2回映画館に観に行った!
大画面であの音響で観るべき映画だと思う。ミュージカルが好きな人にはとてもオススメ。
This is meでは差別されてきた悲しみを自身の強さにするサーカスの皆に感動した。
ミュージカルの基本がハッピーエンドであることを思えば、完成された流れだと思う。音楽とダンスに重きを置いて、ストーリーは途中でハラハラとしつつ最後は皆幸せ。笑顔で映画館から出てこれる。
ミュージカルに圧倒された!
挿入歌がどれもこれもハズレがない。あとゼンデイヤが可愛い。

個人的に、内容は非常に薄いし典型的。深い悩みや挫折、絶望は没入しにくい作りになっている。
ただそれはあえてなのだろう、約束されたハッピーエンドを感じさせて、すっきりした後味だった。
ミュージカル好きなら好きな『色々あるけど、絶対的ハッピーミュージカル映画』

音楽がEDM感が強すぎて終始大盛り上がり感があったけど、でもそれも気にならないくらい映像と合っていたし、愛すべきキャラクターたちとマッチしていたと思う。


個人的にはヒュージャックマンの奥さん役の人がもう少し綺麗な人が良かったなぁ(でもそれがリアルでもあったのだろうけど)


黒人のブランコ乗りのお姉ちゃん可愛かったです。


ララランドより好きでした。
もう一回観たいと思った。


わたしは、主人公みたいなキラキラした見方が出来る父親を持っているので、とても共感できました。夢に生きる男ってバカだけど最高にロマンチック。いいよね。
流れる全ての音楽が心にささる。
今の自分や否定的な部分も自信持てるようになる。

そして、目標だったり夢に向かっていた心が成功するにつれて大きくなってくる。
するとお金や成功に目がくらみ失敗する。

それを自分が助けたみんなに救われる。
これほどいい物語はない。
ほんとに何度でも見れると思った。
開幕数秒からカッコいい映像と音楽に一気に引き込まれました。
中盤で主人公が落ちぶれ、その原因となった張本人に「人を大事にしない人間に成功はない。」と諭されるシーンが皮肉が効いていて印象深かったです。
終盤の主人公が再起へと至る過程で、煤に汚れた主人公と着飾った妻や、思い出の海岸での和解など、冒頭のシーンをなぞっているのも感情を揺さぶられました。
観てきました!
ラブストーリーのところで唱ってる歌が素敵であのシーンいいなと思いました💕
いろんなコンプレックスを持った人たちもみんな平等に愛される権利はあるとゆう叫びに感動しました🙆⭐
またDVDでもみよー(^o^)
しょっぱなから最後まで永遠に泣いてた、、、
歌も踊りも圧倒されたしなによりこうゆうサクセスストーリーはだいすき!しかもミュージカル!
人の下積み時代とか成功して行く過程を見ると
みんな苦労してるんや、、、って感情移入しちゃう
苦労した人、辛い目にあった人は人に優しくできるし強い人が多いって改めて思った

最後のパートナーが10%ぶん貯金してたってゆったとき声出そうなぐらい泣いた
これはすごい!と率直に思いました。
というのも、劇中の楽曲の完成度の高さに圧倒されたからです。おそらくほぼすべての鑑賞者がそこは一致することだろうと思います。自分は音楽やミュージカルに詳しくないので、格式の高い評価はわかりかねますが、圧倒されたのは確かです。

意見が割れるのは、やっぱりストーリーかなと思います。Rotten Tomatoesものぞいてきましたが、批評家の間でもかなり割れていました。(映画中で批評家が酷評していたことと重なるのが面白いところです)

ストーリー構成自体は他のミュージカル作品と遜色ないので、その内容が問題だったようです。先に言っておきたいのは、僕は映画としてありだと思ってます。
ストーリー内容は、社会的な弱者(障がい者や貧困層、マイノリティに当たる人々)が輝ける場所が多くの感動を生んだ。実在の人物、P.T.バーナムの成功と苦悩。といった感じ。
作中でのショーはフリークショーや見世物小屋の側面を持ち、センセーショナルな題材だけに史実との整合性などが問題とされています。
以下は調べたことと僕の意見です。ソースの多くはWikipedia(英語版)なので、出典はそのReferencesやFurther readingを見てもらえるといいかもしれません。

P.T.バーナムについて(おおまかに)
見世物で成功し、ジェニーリンドの公演を行い、一旦興行界から離れるも再び興行師としてサーカスなどを行う。There's a sucker born every minutes. (だまされる奴はいくらでもいる)ということわざでも有名なよう。

劇中でのバーナム
過去に自分を救ってくれたこともある、社会的な弱者たちが自己に自信をもって輝ける場所を作った。来場者を楽しくだますショーマン。

否定的な意見
あくまでも”見世物”であり、奇形であるなど変わった容姿の者で人々の好奇の目を集め、金を稼いだ。劇中のバーナムは美化されて描かれている。

僕の意見
先にも言った通り、映画としてはありだと考える。
劇中のバーナムは美化されていることは明らかであるが、そもそも映画ってそういう側面は必ずしももっていると思うのでそこはあえて問題にしたくない。映画のキャラクターというのは、ストーリーを円滑に進めるためのアイコンであるから、ストーリーにそぐわない特徴は当然排されるべきであると思う。この映画についてもそれは言えるかなと感じる。また、史実中のThere's a sucker born every minute.も悪い意味で言ってたのではないという言説もあるようなので、その辺りは歴史家の守備範囲かなと思う(ノンフィクションでもないし)。しかし、それが見世物やフリークショーと呼ばれているものに賛成と言っているのではない。映画としてではなく、ひとつの議論として考えたいなと思う。
問題は見世物やフリークショーが自己の意思(出演者)による身体表現の場としてあり得たかということだと思う。他者の意思(興行師)による資本主義的な搾取であったのか。
まず言及しておきたいのが、ショーの出演者は大きく二種類に分かれること。身体的な特異さを披露する者と卓越した能力を披露する者。レティ・ルッツやゼネラル・サム・トムが前者にあたり、アン・ウィーラーが後者にあたる。多くの人は、前者を見世物にするのはNGで後者はOKと言うかもしれない。各国で素人オーディション番組が人気を博していることから、後者がOKというのはわかる気がする。では、前者はどうなのか。「障がい者が自己の意思で身体表現をする」ということが、一般的ではないから、意見が割れるのだろう。また、観客は好奇と同情を排して、純粋な驚きや感動を得られるのか。同情が伴えば、出演者の背後に興行師の影が見えてしまうし、出演者の本意ではないかもしれない。


まだ途中、、、
歌とダンスが圧巻…!
ミュージカルがメインなのでストーリーはあくまで薄め。

バーナムさんの『成り上がり』たる所以は、大衆に向けたエンターテイナーにも、美への奉仕者にもなりきれなかったことだと思う。彼の視線と愛は、あくまでも家族にしか向いてない。個人的な好みとして、職業モノなら、仕事を愛していてほしい。
そういう意味じゃ、相棒の彼の方がよっぽど『グレイテスト・ショーマン』なのよね。

サーカスの人たちから「家族みたいに思ってる」って言わせちゃうのも。だってあのとき、バーナムさん、サーカスメンバーのことなんか考えてもいなかったでしょう。あれで歌って踊っていい話ふうにされちゃうのはなんだかなぁ…

史実のバーナムがどんなふうだったかは知らないので、もしかしたら映画はこれでもマイルドな表現なのかしら。

ミュージカルシーンは本当に、わくわくするような映像美なのでこのスコア。
>|