ハロー・ドーリー!の作品情報・感想・評価・動画配信

「ハロー・ドーリー!」に投稿された感想・評価

50年前の映画の価値観に突っ込むのは野暮だと思いつつ、
男たちが
「男には灰皿交換してくれるかよわい奥さんが必要さ♪
男はひとりではご飯が食べられない♪
家事や雑用してくれる美人でかよわい奥さんが必要なのさ♪」
って楽しげに合唱する曲は一発ずつ殴りたくなった
「俺たちに明日はない」の2年後ってマジか
しくろ

しくろの感想・評価

3.2
バーブラ・ストライサンドキレイ!!!
69年の作品と思えないぐらいセットも衣装も華がある。田舎町の建物も大きくて羨ましい。ただ2時間半は長すぎる
yuki

yukiの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

レストランでドーリー来たけど、中々座らないからツッコミながら観てました。

友達のお母さんになんとなく似てて、きれいやなぁと思ってました。
WALL-Eのオマージュ元。
サントラは聴きまくってたので、ストーリーにつながっていく感じが楽しかったです。
まりー

まりーの感想・評価

3.0
大好きなWALL・Eが大好きな映画なので、ずっと見たかった作品。当時、TSUTAYAを探してもちっともなくて、やっとディズニープラスに入ってくれたので見られました!
WALL・Eの曲だ!というだけでとても楽しめました。

始まりのセピアの静止画が、少しづつ色がついて動画になっていくところが、最高に好きな演出だった。最近の映画でもやってほしい。
とにかくファッションと街並みのセットが可愛すぎて、ずっとディズニーランドにいる気分。(ディズニー映画ではないけど、完全にディズニー)
ストーリーは、女が男に絶対服従の時代に、ここまで自分勝手に完全コントロールしちゃう女性は、女性たちの憧れを投影しているのかな。と思ったけれど、あまりに強引で、ちょっと共感できない^^;

モロイが美しすぎるのに、コーネリアスもう少しイケメンに描いても良くないですか?
しかも、昔の映画だから仕方ないけど、帽子屋さん捨てちゃうし、「ふざけた帽子」とか「ほんとはこんな仕事辞めたい」とかめっちゃ言ってて、すごく可愛い帽子屋さんなのに辛い。コーネリアスと結婚するより、かわいい帽子屋さんの店主のが私は絶対良いです。
Chii

Chiiの感想・評価

4.8
難しいことは考えない、ただただハッピーになれる王道ミュージカル!重い作品が好みだけど、たまにはこういうのもみたくなる。

1番最初の画が動き出して始まる感じとか、足元だけ映してリズムとってくところとかワクワクが止まらない!

中盤のダンスシーンはアクロバット沢山で迫力が凄い!ドレスの足捌きが素晴らしい…

ドーリーの歌声が素敵だし、衣装も煌びやかで夢のよう…大満足!
tomoka

tomokaの感想・評価

4.1
ピクサーの「ウォーリー」を観た後、こっちも観たくなって再鑑賞!
ジーン・ケリーが監督なの知らなかった!

仲介業をする未亡人ドーリーは、周りの人々の恋の面倒を見ながら自分の恋も成就させようと企む…。
これぞ古き良きミュージカルって感じ。音楽が良くて、バーブラの抜群の歌唱力にダンサーたちのパフォーマンスもパワフルで見応えあった。衣装も華やか。終盤のドタバタも面白かった。ルイ・アームストロング本人が出ているのもびっくり。

(1890年のニューヨークの街並みがディズニーシーのアメフロに似ててテンション上がった笑)
mika

mikaの感想・評価

3.7
好みの女優さんではないんですが、音楽が好きで、何度も観ている作品。
でも今回初めて知りました・・・監督はジーン・ケリーなんですね。
知らなかった。。。

私の中では、数あるミュージカル映画の中で、地味な作品として位置付けています。
でも、バーブラ・ストライサンドの抜群の歌唱力と踊り、それはまるで彼女の単独ショーを観ているようでした。

ジーン・ケリーの色が出ていた作品なんですかね。とにかく楽しいです♪
REI

REIの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

バーブラやウォルターの顔面はめちゃくちゃ強いので見ていて画面に引き付けられるものはあるのだけれど、それ以外の人たちがびっくりするぐらい惹きつけられない(男女共に)見ていてぐっと引き寄せられるものがなくて画面は煌びやかで素晴らしいが、その美しい衣装があまり似合ってない(ごめんなさい)だけれどもやっぱりバーブラの画力は強い…めちゃくちゃ強い!彼女が現れるだけでずっと見ていられる。魅力的で才能の塊のような人だなと改めて思えた映画。この映画の見所は、煌びやかで美しいセット…まさにジーンケリーがミュージカル映画黄金期のような映画をまた作りたくて撮ったのかな…ってよく伝わってくるのと、バーブラとルイアームストロングとのコラボも見れちゃうよ!
ハロードリ〜♪に全て詰まってる気がする。
「ホラスと結婚して彼を幸せな男にするわ」っていうバーバラ…最後のピンクの衣装が超好き。着てみたい……!
最後の2人の掛け合いが鬼みたいに天才、お金を渡されてすぐ「わかった習うよ」「任せて」の流れがコメディすぎて最高。
最後の野原?丘?みたいな所でのダンスシーンとか最高なんだけどな〜高速のパンが楽しい。2人の掛け合いをもっとみたかった所もあるんだけど、ジーンケリーはきっと色々やりたかったんだろうなと思う。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.8
監督はジーン・ケリーなんですね。69年の作品で、MGMのミュージカル黄金時代は過ぎているのですが、この豪華絢爛なミュージカルは、彼があの黄金時代を懐かしんで作ったのかもしれません。

まず、素晴らしいと思ったのはアンサンブルキャストによるコミカルなダンスシーン。公園、鉄道、パーティー会場など、様々なシチュエーションで趣向が凝らされています。楽曲も、歌唱力モンスターのバーブラ・ストライザンドの独壇場にならず、「Put on Your Sunday Clothes」など、クオリティが高いです。ルイ・アームストロングの客演も貴重で得した気分です。

ドタバタのコメディとしても何気に面白いし(帽子屋のシーンが秀逸)、見どころの多い、隠れたミュージカルの佳作です。
>|

あなたにおすすめの記事