ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

The Neon Demon

上映日:2017年01月13日

製作国:
  • アメリカ
  • フランス
  • / 上映時間:118分
    監督
    ニコラス・ウィンディング・レフン
    脚本
    ニコラス・ウィンディング・レフン
    キャスト
    エル・ファニング
    カール・グルスマン
    アビー・リー・カーショウ
    ベラ・ヒースコート
    ジェナ・マローン
    クリスティナ・ヘンドリックス
    デズモンド・ハリントン
    ジェイミー・クレイトン
    アレッサンドロ・ニヴォラ
    チャールズ・ベイカー
    キアヌ・リーヴス
    あらすじ
    誰もが目を奪われる特別な美しさに恵まれた16歳のジェシーは、トップモデルになる夢を叶えるために、田舎町からロスへとやって来る。すぐに一流デザイナーやカメラマンの心をとらえチャンスをつかむジェシーを、ライバルたちが異常な嫉妬で引きずりおろそうとする。やがて、ジェシーの中に眠る激しい野心もまた、永遠の美のためなら悪夢に魂も売り渡すファッション界の邪悪な毒に染まっていく―。

    「ネオン・デーモン」に投稿された感想・レビュー

    Mami
    Mamiの感想・レビュー
    11時間
    3.6
    レフンはキチガイである。私はホラー映画が大好きだが、××した××を××するところなど見たことがなかった。田舎から出てきた少女がモデルとしてのし上がっていく物語をこんな風に終わらせることができる監督はそんなにいないだろう。一枚の絵として美しいシーンがいくつもあり、観た後鮮やかに思い出すことができるし、登場人物たちも、あの不機嫌そうなカメラマンに至るまで一人一人くっきりと思い出せる。中でもキアヌ・リーヴスがいい仕事をしているのはうれしいかぎり。つまり一級のキチガイが作った一級のいい映画だった。
    KwmrHK
    KwmrHKの感想・レビュー
    22時間
    2.5
    怪作でした。

    はっきり言って好みではなかったです。
    何が気に入らなかったかというと、解りにくさだと思う。なぜそうなる?が多すぎた。監督の表現意図が読み解けなかった。

    Driveはわかりやすくてかなり楽しめた。ブロンソンは、本作同様「?」な感じだった。きっとレフン監督は本質的にはブロンソンみたいな作品を作りたい人なんだろうな、という気がしました。むしろDriveはフィルモグラフィーのなかで特異な作品だったのかも。

    つまらない映画だったかというとそうでもないとも思います。少なくとも、映像美は異常なほどレベルが高い。特に色彩。なんというか、目で見るより美しい。グロテスクな画でも、美しさが同居してた。見る側は凄く複雑な気分にさせられるけどね。

    相変わらず台詞が極端に少ないんだけど、人物の表情や、音で何かを伝えようとしていて、言葉で表現されるよりもある種強烈な主張を感じた。

    でもそれが何を伝えようとしているかは余りわからなかったので2.5点。自分がわからず屋ということなのかもしれないですが。。。
    十兵衛z
    十兵衛zの感想・レビュー
    1日
    3.8
    「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」
    不気味で気持ち悪ぃ。本当は怖いシンデレラの恐怖要素を原液のまま抽出みたいな話だった。美しいというだけで無自覚にまたは自覚的に搾取してしまう存在が、周囲の人間の嫉妬や羨望によりやがてとんでもない事態に巻き込まれていく。

    サタニズム的イメージによって彩られた倒錯的な美しさを描いた作品。よってそこにドン引きするか惹かれるかはかなり別れるような気がします。
    個人的にはレズレズしいシーンが見れただけで満足。もっとレズシーンが多ければ満点だったんだけどなぁ!あとこれは言わせて欲しいレフンは芸術家気質っていうより良い意味で厨二病なんだと思います。
    メモ:レフンいわく三角形のネオンの象徴するものはルビー、サラ、ジジという三人の魔女である。とのこと。
    Choco
    Chocoの感想・レビュー
    1日
    2.2

    このレビューはネタバレを含みます

    エルが大好きなのでずっと楽しみにしていました。が、残念。残念としか言えない。エルの無駄遣い。ついでに言うとキアヌも無駄遣い。エルはまだしと、キアヌはどうしてこの映画に出ようと思ったのか不思議でなりません。象徴的なシーンがありすぎて何が言いたいのかよくわからなかったし、途中から主人公は食べられていなくなっちゃうし宣伝で散々使われた血だらけのでソファーに座っている写真を撮った男の子だけが唯一まともな人でした。エルは大好きですがこの映画で言うモデル役は合っていなかったと思います。かと言って現役のモデルたちはそれこそ整形モンスターで配役に適す人はいなかったんでしょうね。
    とよ
    とよの感想・レビュー
    1日
    3.0
    ブラックスワン、ヘルタースケルター的な、完璧な美しさに囚われた女性たちの妬み嫉みって感じの話。内容なかったけど、メイクと照明の感じとか画面の構図?写し方?とってもよかった。なんだろ、グロいし話はつまんなかったけど、見たった感ある。個人的には満足。
    ayano
    ayanoの感想・レビュー
    1日
    3.5
    想像よりも抽象的だったから
    内容がどうとかって考えると
    よく分からなくなっちゃう 笑
    それぞれ個人で自由な捉え方が出来ると
    思ったし、終始映像が美しい!
    エルファニングの私得なシーンが沢山あってたまらなかった。
    淡いワンピース着てるエルとか露出多めの衣装の時の透明感といったら.. カメラを通しても伝わる過剰すぎる透明感、実際に見たらどうなっちゃうの.. ってね。
    R15だったからドキドキさせられるシーンに更に観入ってしまいました。。
    レイトショーで観たのでさらにそれも良かった !
    あまぎん
    あまぎんの感想・レビュー
    1日
    1.0
    「ドライヴ」のニコラス・ウィンディング・レフン監督作品ということで鑑賞。

    何ですか?この作品、、、
    ちっとも面白くないんですけれどー

    久しぶりの返金要求レベルでした。。。
    KAZ
    KAZの感想・レビュー
    2日
    4.2
    TOHOシネマズ市原にて鑑賞。

    これほど、邪悪でパワーのある快作は久しぶり。。
    この歳になって、スクリーン上から眼をそらさざるを得ない圧迫感。
    でも好み。
    レフン監督作品は初見ですが、何やらハマってしまった感があります。

    作品とは別に感銘を受けたのが
    劇場様の編成環境。
    こちらはファミリー層が中心の郊外のシネコン様。
    ディズニー系作品は字幕より吹替版の方が上映回数の多い劇場です。

    そんな劇場でまさかのTCX上映。
    TCXキャパで「ネオンデーモン」は都内でも実現されなかったのでは、、。
    (上映直前、モアナ予告とのギャップ)

    やはりというか、
    お客様は僕含めて5人程度。

    しかしながら、
    良質を最良で、というこの挑戦。
    素晴らしいと思います。

    2週間程度の限定上映との事。
    来週は2017最大の期待作が公開されますからね。
    TCXの大スクリーン、音響で観れるチャンスは木曜までかと。
    「ネオンデーモン」ファンは是非。
    ne
    neの感想・レビュー
    2日
    2.0
    うん〜〜、!!???という感じでした。赤と青のライトの意味が今ひとつわからないまま。そっちに行くんですか!という方向に向かってしまった感があります。
    zunzun
    zunzunの感想・レビュー
    2日
    3.7
    モデルの業界の残酷さと女の怖さに唖然。
    そこまでするか…!その様相はもはや人間でなくヴァンパイヤのようにし思えなかった。

    ニコラス・ウィンディング・レフン監督作品には必ず数カ所ドン引きするシーンがあるが、独特の世界観と映像美に終始クラクラし魅力させられた。
    >|