ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

The Neon Demon

上映日:2017年01月13日

製作国:
  • アメリカ
  • フランス
  • / 上映時間:118分
    監督
    ニコラス・ウィンディング・レフン
    脚本
    ニコラス・ウィンディング・レフン
    キャスト
    エル・ファニング
    カール・グルスマン
    アビー・リー・カーショウ
    ベラ・ヒースコート
    ジェナ・マローン
    クリスティナ・ヘンドリックス
    デズモンド・ハリントン
    ジェイミー・クレイトン
    アレッサンドロ・ニヴォラ
    チャールズ・ベイカー
    キアヌ・リーヴス
    あらすじ
    誰もが目を奪われる特別な美しさに恵まれた16歳のジェシーは、トップモデルになる夢を叶えるために、田舎町からロスへとやって来る。すぐに一流デザイナーやカメラマンの心をとらえチャンスをつかむジェシーを、ライバルたちが異常な嫉妬で引きずりおろそうとする。やがて、ジェシーの中に眠る激しい野心もまた、永遠の美のためなら悪夢に魂も売り渡すファッション界の邪悪な毒に染まっていく―。

    「ネオン・デーモン」に投稿された感想・レビュー

    ORUABABY
    ORUABABYの感想・レビュー
    1時間
    3.0
    怖すぎるけど、映像と音楽が最高!キャストも豪華だし見て損なし!
    eco
    ecoの感想・レビュー
    10時間
    -
    私はダメでした。最後まで観るのがつらかった。。
    ふくむら
    ふくむらの感想・レビュー
    1日
    3.6

    容姿が良い人って人生イージーモードだけど、ハイリスクハイリターンなイメージがある。綺麗な分だけ、他の人より強く反感もかって憧れの対象にもなって。綺麗だってことで裏付けされた自信で、よりきれいに見えるから魅力的。劣等感も感じないから妬まない、卑屈にならない。

    無垢な少女が自分の容姿が特別に美しく、人を魅了する力が才能があるとはっきりと自覚していく。夢を叶える力があることも。そして、業界の闇にのまれていく。次第に感じてなかった優越感が表に出て、水面下での嫉妬や敗北感が波打って彼女は足をすくわれて捕まってしまう。

    あと、このポスタードストライク、、 すぐ惹かれてしまって上映してる映画館探して、でも地元のイオンシネマも109も上映してなかった。それでもレンタル待ちきれなくて、地元のコアな映画館にすぐ行きました。










    ※※※ こっからネタバレありです ※※※

    ネオンの光が眩しくてフラッシュが多いクラブのシーンとか、コントラストの強さとか苦手だなって思ったけどジェシーがバラを持って倒れるシーンほんとに綺麗だった。まじエモいです、モードな世界観は好きです。どのシーンでもエルファニングの色の白さが際立ってて他の作品より綺麗で魅力的に見える。

    前半スタイリッシュなのに後半の死姦とか、カニバリズムのグロさが想像以上だったから、誘った友達のほう怖くて見れなかったです、、いやでも、前半もモデルたちの目つきやばいしキヌアリーブスのあの足元みて品定めするような屑っぷりも怖いんだけど。血まみれでシャワー浴びてるところは狂気的。最後の吐き出された目玉食べるとこも、なんかツッコミたいところいっぱいであのシーンだけ見たら笑うんだけど、見終わったあとはなんか言葉出なかった。

    まだこの映画を見るには子供だったかも、面白いとは思ったけどストーリーからしてのメッセージ難しい、、その時点でいろいろと楽しめるところも体感できてないから余計にかな。もっと色んな映画見てから再挑戦したいです。とりあえずドライブもっかい見る。
    猫
    の感想・レビュー
    4日
    3.1
    観たことに後悔は全くしていないけれど、だから何???の作品だった。(笑)
    前半はテンポもよくて、それなりに面白かった。
    というか
    まさにエル・ファニングのための映画だった。
    「今」でなければ撮れない映画だろう。
    カメラマンもデザイナーも
    誰もが、彼女に惚れ込む。
    彼女は「ミューズ」なのだ。

    …ところが
    後半は女性として、イラッ!
    なんだって~?????!
    「オンナ」の賞味期限は21歳???
    対象がモデルだから、それは仕方がないとしても
    その王道を目指すため、そんなコトする?????…
    観ていて とても「オンナ」が馬鹿にされているように感じた。
    まるで「オンナ」の価値が「美しさ」しかないみたいに思った。

    が、しかし
    これは「オトコ」の社会に置き換えると
    やはり同じような映画ができるだろう 
    「出世」「功名」「稼ぎ」 
    それらが「オトコ」の価値のすべて であるような映画はたくさん
    撮られているもんなぁ…苦笑 

    結論:この監督は、映像で見せるタイプなんだろうな。
    キアヌ・リーブスの存在も、ただ映画の妖しさのため…?

    妖しいグラビア写真集の好きな方は どうぞ。
     2017.01.25 TOHOシネマズ名古屋ベイシティにて鑑賞  
    ミドリン星人
    ミドリン星人の感想・レビュー
    6日
    2.5
    ニコラス・ウィンディング・レフンということで、劇場へ。
    エルファニングの危うい美貌とNWRの世界観の相性はバツグン。
    ただしストーリーラインに納得はいかない。

    客層がシネフィル的おじさん半数に対し、王様のブランチでも見てそうな女の子が半数近くいた。鑑賞後彼女たちは心底戸惑っていた様子(ちょっとブラックなプラダを着た悪魔的なのを想像してたんだろな)
    S
    Sの感想・レビュー
    2017/05/19
    3.2
    公開前の期待が大きくて、実際に観たときはあまり衝撃がなかった。
    だけど出演者たちがとても綺麗で目が離せなかった。
    モデル業界の人たちのリアルな感情が伝わってきたのはおもしろかった。
    ポップ
    ポップの感想・レビュー
    2017/05/19
    4.0
    記録
    イヒロさん
    イヒロさんの感想・レビュー
    2017/05/14
    3.8
    エグい、映像が綺麗だけど、後半が、エグかった。
    志乃
    志乃の感想・レビュー
    2017/05/14
    2.5

    このレビューはネタバレを含みます

    【美と欲と狂気の沙汰】

    ポスターの美しさとレビューから、劇場で見たいと思っていた作品で、今か今かと待ってやっとの鑑賞だったのに、合わなかったな…。

    ストーリーとしては、トップモデルを目指し都会に出てきた完璧な容姿をもつ女の子のサクセスストーリーと普通、場面ごとの展開も読めてしまうことが多かったかな。

    ただ、音楽やテンポ、照明づかいや画面がとても効果的でドキドキさせられた。グロテスクな描写も挟まれていて目を逸らすこともあったけれど、それも含めて刺激的でした。

    終盤の展開ではエリザベート・バートリーのエピソードを思い出しました。綺麗な女優さんばかりなのに正直胸糞悪い系の映画ですね。笑 見る前はブラック・スワン的なものを想像していましたが、主人公本人のヒリヒリ感や仕事への熱みたいなものがあまり感じられず、それ以外のキャラクターの方が印象的。

    自分は20歳を越えても働ける仕事してて良かったなあと庶民の感想をもってしまいました。笑
    >|