エヴォリューションの作品情報・感想・評価

エヴォリューション2015年製作の映画)

Évolution

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:81分

3.5

あらすじ

少年と女性しかいない、人里離れた島に母親と暮らす10歳の二コラ。その島ではすべての少年が奇妙な医療行為の対象となっている。「なにかがおかしい」と異変に気付き始めた二コラは、夜半に出かける母親の後をつける。そこで母親がほかの女性たちと海辺でする「ある行為」を目撃し、秘密を探ろうとしたのが悪夢の始まりだった。“エヴォリューション(進化)”とは何なのか...?

「エヴォリューション」に投稿された感想・評価

モヤモヤと得体の知れない恐怖を味わうためのドMのための映画笑
美しいのに怖い、汗をかくのにヒンヤリ寒い、五感が刺激された。
amai

amaiの感想・評価

4.5
性癖ムービー。
面白くないと感じる人はとことん面白くないだろうし、これが刺さる人にはたまらなく刺さる。私は刺さった。

このレビューはネタバレを含みます

海がたくさん出てくるんだけど。特に海の中にいるような場面が多くて、そこだけは本当に好き。連れてかれそうになる。
でも話は誰か解説してください。女性たちは人間じゃないよね?別の生物で、たぶん人間との繁殖をしようとしてああやって実験研究してるのかな?海洋生物なんだと思う、あの吸盤的にヒトデ人間かなぁと勝手に思ってる。自分たちは子供を孕めない、だから人間の男の子との間に子供をつくろうと?というか産ませようと?するんだけど、人間の出産シーンをみてくぎづけになってたの、そういうことだろうな
Arisp

Arispの感想・評価

3.5
ストーリーもセリフもほとんどなく、まるで絵画を見ているかのようだった。
隔離された島の、どこを切り取っても絵になる朽ちた寂しい風景。
青い薬、病院食、注射、手術、真っ赤なヒトデ。
洗脳されたように遠い目をした女たちの表情と、意思を持った少年の瞳。
明かされない真実にモヤモヤするも、ハッとなるラストシーン。

81分だから許せる極上のアート作品。
ゆう

ゆうの感想・評価

3.3
こういう映画を、好きと言えたらかっこいいんだけど。
とにかく映像がすごく綺麗。
どのシーンも額に入れて飾りたいくらい。
でも暗くてグロテスクで、ジャンルとしてはホラーです。
セリフもほとんどなく、音楽もない。
体感時間の長いこと!
難解で、あぁこれフランス映画〜っていう終わり方するんだろうなと思ってたらその通りでした。
なんか凄いもんを観たな、というのが率直な感想でした。
いとう

いとうの感想・評価

3.1
映画館で観ました。
映像がすごく綺麗だった。
大人たちの秘密が明かされる部分がグロデスクで、真実を知るとともに衝撃を受けた。
keitaro

keitaroの感想・評価

4.5
グロ美しい
初めはもう観たくないと思ったけどまた観てみたいと今思ってしまう
グロい映画はよくあるけど、こういうのはなかなか無い
845cinema

845cinemaの感想・評価

3.0
幼少の頃に観た嫌な夢や想像が次々に思い出される不思議な感覚。作者のイマジネーションというよりは作為的に作られたシュールレアリスムという印象。謎は謎のままで構わないのだけど、意図的にそれを配置しているようなあざとさを感じてしまった。
コト

コトの感想・評価

4.0
ひたすら続く映像美。

美しい中にも、どこか性的な汚さがつきまとう不思議な世界観。
成長期に感じる、どんどん汚くなっていくあの感覚を思い出す映画。

この監督さんとギャスパーノエの結婚生活はどんなものなのか、ちょっときになる。
ち

ちの感想・評価

3.5
ただただ美しく、溜息が出る。当時好きだった人のきれいな横顔を思い出す。
>|