エヴォリューションの作品情報・感想・評価

エヴォリューション2015年製作の映画)

Évolution

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:81分

3.5

あらすじ

少年と女性しかいない、人里離れた島に母親と暮らす10歳の二コラ。その島ではすべての少年が奇妙な医療行為の対象となっている。「なにかがおかしい」と異変に気付き始めた二コラは、夜半に出かける母親の後をつける。そこで母親がほかの女性たちと海辺でする「ある行為」を目撃し、秘密を探ろうとしたのが悪夢の始まりだった。“エヴォリューション(進化)”とは何なのか...?

「エヴォリューション」に投稿された感想・評価

弁当

弁当の感想・評価

3.5
ただただ美しく、溜息が出る。隣で盗み見た、当時好きだった人のきれいな横顔を思い出す。
難解、というか台詞が少なさすぎて映像美を楽しむための映画ってかんじのマニアックな映画でした
tyty

tytyの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

「ここはユートピアか、ディストピアか。」

ニコラ少年のその後を想像するだけで、ドキドキ、ハラハラするラストシーン。

新しい街には、きっと大人の男性もいるし、少女もいることだろう。
少年は、誰と出会い、どんな生活を送っていくのかな…

それにしても、少年たちが砂の中に埋めた海老のような生き物の死骸や、一部を潰されたヒトデ、看護士が瓶に入れた、胎児のようなモノ…
感触がアリアリと伝わってくるような不気味な物体たちが忘れられない。
kikiさば

kikiさばの感想・評価

4.0
圧倒的にうつくしい光景がつづく、でもうつくしく静謐な悪夢も果てしなくつづく、まつげフェチにはたまらない、少年のうつくしさもたまらない、若干つげ義春的、まゆげをなくすとみんなモナリザに似る気がする、童貞喪失の話かと考えるのは単純すぎるか。
ものすごくどうでもよいことですが、タイトルのせいでどうしてもTM NETWORKのSEVEN DAYS WARが脳内に流れてきてしまう(いやそれはエヴォリューションじゃなくてレボリューション。)
ma

maの感想・評価

3.0
映画館で観た。
映像はすごく綺麗だけど世界観に
ついていけず置いてけぼりだった…
男の子どもたちに、あんな…ことを…
とにかく静かで、静か故の怖さがあった。
5千年後の未来を覗いているようだ。種の存続のためか、無機質に感情を殺し、身体に触れ感じられるはずの海から遠く離れてゆく。生き残るための海辺の漁村での実験。もはやその営みこそがもっとも人間的本能に近い。
どこを切り取っても美しい映像とともに語られる物語がすごすぎて。キョーレツだった。すべてを語るわけではないけど、見えてくる内容がね…。そして時折挟まれるちょー気持ち悪いアレに吐きそうになったりもしたけども。とにかくインパクトのある作品で、クセになるやつでした。
美しいけど生々しさも感じる映像が良かった。
ふみ

ふみの感想・評価

3.0
不快だけど映像がとにかくキレイ。ショタ。怖いもの見たさ。自分の中ではキレイな映像を楽しむ映画。
>|