エヴォリューションの作品情報・感想・評価

エヴォリューション2015年製作の映画)

Évolution

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:81分

3.5

あらすじ

少年と女性しかいない、人里離れた島に母親と暮らす10歳の二コラ。その島ではすべての少年が奇妙な医療行為の対象となっている。「なにかがおかしい」と異変に気付き始めた二コラは、夜半に出かける母親の後をつける。そこで母親がほかの女性たちと海辺でする「ある行為」を目撃し、秘密を探ろうとしたのが悪夢の始まりだった。“エヴォリューション(進化)”とは何なのか...?

「エヴォリューション」に投稿された感想・評価

海とディストピアと謎を優雅に楽しむ映画。
ある方向性の人にはどハマりするかも。。

個人的に海綺麗映像素敵、え、何こういう展開なの?あ、映像綺麗、絵画みたい、え、また謎展開ぶっこむの?
と、この繰り返しでした。

まぁ、わからくても、あとでレビューサイト見ればいいやと思わせる位映像で満足させてくれる映画でした。
ogcfc

ogcfcの感想・評価

3.0
20180425/DVD
映像が美しいということで借りた。ストーリーは起伏が少なく、常時湿っぽい、幻想的とも夢見が悪いとも言えるような不思議な画が続く。私は最後のシーンしか気が付かなかったけど、いろいろな部分に西洋の童話や神話のオマージュがあるのかもしれない。
クラゲ

クラゲの感想・評価

3.3
読書ノート[12]

「エヴォリューション」観た。

海と少年と女、、と、ヒトデ。

ずっと歪さを引きずって物語が進んでく感じ。

説明不足と盛大な余韻は、もはやフランス映画のお家芸。

ダークかつキモオシャレな雰囲気が良いね。

真夜中に観て、観終わった後の気怠さを抱えて眠りにつきたい。

そして、悪夢をみたい(笑)。
あきら

あきらの感想・評価

3.9
ものすごく映像が美しい

ただ決してユートピアではないな…

湿度や感触が伝わってくるような不気味さ
Kenta

Kentaの感想・評価

3.7
パッケージとあらすじを読んで、気になりすぎて即レンタル鑑賞しました。少年と女性しかいない離島。設定がまずもう面白いでしょ。でも、これが気味が悪すぎて…。

そこはユートピアか、ディストピアか。

開幕は海のシーンから始まる。とあるその海で主人公の少年ニコラは水死体を発見する。母親に話すもそれは信じてもらえず…。その日は、母親からいつものように飲まされているクスリを飲んで眠る。
翌日のある昼時、女性たちに連れてこられた少年たちは、海辺で遊んでいた。ニコラはその時もう一度死体を確認しにいくがもう無い。
ある夜、ニコラは海辺に出て行くが、そこでは奇妙なモノを目撃する。この島は何かおかしい。奇怪なことが行われてる。この島は一体なんなのか。

セリフとBGMがほとんどなく、自然の音ばかりが流れるフランス映画。色づかいに暖色は全く使われていない。女性は皆冷たく、少年たちはとても可愛らしい。ユートピアか、ディストピアかと悩まされる。
一度奇妙に感じたら、最後の最後まで奇妙。なんなら終始奇妙。
たしかに、男性がいないのになんで子供がいるの?そこから疑問が出てくると思います。そして、疑問は止まらなくなるでしょう。そして、この島で行われてる衝撃の事実をみなさんは知ることとなるでしょう。
あは

あはの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

すごい不気味。そして見れないようなグロシーン。

ニコラの本当の母親はステラで最後はニコラを危険な目に合わせないためにあの島から逃げ、船で都会の街へ行かせたのかな?

あとは謎だらけ。
四郎子

四郎子の感想・評価

3.8
音楽が少なく静かな映画なので、寝不足だと寝てしまいそう。映像はエコール同様、どこを切り取っても美しい。しかし所々気味の悪い描写(食べ物だったり手術だったり)があるので、ホラーが苦手な方は注意した方が良い。
少年と女性しか住んでいない島で母親と暮らす10歳の少年ニコラ。
その島の少年たちは、全員が奇妙な医療行為の対象となっていた。
そんな島の様子に違和感を覚えたニコラは、夜遅く外出する母親の後をつけてみることに。やがて海辺にたどり着いた彼は、母親がほかの女性たちと全裸になり快楽に溺れている姿を目撃してしまう。
この島で行われていることに疑問を抱いたニコラは真相を知ることになる。


生命の再生が描かれているのだろうけど、この話はきっと答えを明確にするよりも感覚的に考えて話を考察するほうが向いている映画だ。

母親だと思っていた母親は偽者の母親で、その偽物の母親の背中には吸盤のような出来物が付いている。
夜な夜な女性たちは海辺に集まり全裸になり快楽を楽しんでいる。
子供たちには怪しい食事を食べさせ怪しい薬を飲ませ入院させ、お腹に怪しい注射をさせた。
何が起きているのか不気味でグロくてでも何かが行われている。

綺麗と不気味が混ざった変わった映画でした。
おこげ

おこげの感想・評価

3.4
悪夢の見本みたいなお話です。
本作品が始まる前のミツバチの話が素敵です。きれいです。
daddy

daddyの感想・評価

3.1
考察の幅があるのか無いのかもはっきりしないけど、そういう映画作るのって難しいのかな
ヒトデは大切にしよう
>|