エヴォリューションの作品情報・感想・評価

エヴォリューション2015年製作の映画)

Évolution

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:81分

3.5

あらすじ

少年と女性しかいない、人里離れた島に母親と暮らす10歳の二コラ。その島ではすべての少年が奇妙な医療行為の対象となっている。「なにかがおかしい」と異変に気付き始めた二コラは、夜半に出かける母親の後をつける。そこで母親がほかの女性たちと海辺でする「ある行為」を目撃し、秘密を探ろうとしたのが悪夢の始まりだった。“エヴォリューション(進化)”とは何なのか...?

「エヴォリューション」に投稿された感想・評価

シュールな絵画の1枚の中に
潜り込んだみたいに、
現実と幻の狭間の世界がある。
わかるようなわからないような…
楽しいような怖いような…
不思議な感覚を纏っている。
浦島太郎も
こんな体験だったのではないか⁉︎
澄々

澄々の感想・評価

3.9
「ゼラチン状の悪夢」という表現が本当にしっくりきます。

女性と少年だけの島で行われる、謎の医療行為。湿度が高くも魅惑的な映像に映える、赤。
どこを切り取っても美しい。グロテスクで気持ちが悪いのに、観るのを止められませんでした。

なんていうか、胎内のよう…薄暗くて音の少ない映像の中にも不思議な柔らかさと生温かさがあるのは、女性監督ならではなのかな。エコールもぜひ観てみたいです。

観ている私達も何が起こっているのかわからない。少年達も、自分がどうやって生まれてどこへ行くのかわからない。
正直解釈しきれない部分がほとんどだけど、描かれた根底にあるのは、誰もが幼いときに無知から抱える普遍的な不安なのかな、と思いました。
少年と女性しかいない孤島のお話。水の映像がすばらしい。海だけでなく、どのシーンも画が良く、台詞も説明も少ないので没入感のある作品だった。自分の中であれこれ考える余地のある映画はすきです。(2018/7/20
不気味な映像美。海に潜りたくなる。それ以外何もない。
本当これ系多いね。
エコールと合わせて鑑賞

エコールのように
子どもが大人へと成長していく境目が描かれていた

秘密を知ろうとすること
自分が置かれている状況に疑問を抱くこと
全く未知のものに触れること

こういうことに興味を持ち、実行することができるのは
たしかに大人になる少し前だったのかもしれないなと
思いました
80分の悪夢
ウィッチに似てた
監督は退廃的な雰囲気の美少年フェチ...?
食塩

食塩の感想・評価

3.5
少年の夢オチみたいにも思える
赤ちゃんが可愛いのは世話をしてもらうためで生き物の本能、というのを思い出した
国茶

国茶の感想・評価

3.2
セリフなどは少ないです
映像が綺麗
すごく神秘的で
悪夢のような世界感

よく分からないところもあったりしますが
見て損はしないと思います
あ

あの感想・評価

3.5
冒頭の海のシーンが綺麗すぎて引き込まれる 余白と説明的なシーンの割合も丁度良くて自分は最後まで飽きずに観れた モヤモヤした部分が少し残ったんだけど考察とか説明を後でネットで読んで納得した
少年と美女しかいない世界。

美しい桃源郷かと思いきやデビッドリンチやスーザンピットの様な嫌悪感と薄気味悪さ、を忍ばせて這い寄ってくる様な内容。

前情報なしでポスターで視聴を決めて映画館へ出向いたのだけど、生の美しさと不気味さとか歪さをコレでもかってぐらいに表現出来ててコレ女の人が監督だったらこういう作品は女にしか作れないって言われてるみたいで嫌だなって思ったんでけど、やっぱり女監督でした。

生の美と醜への着眼点がすごい女性ならではの視点になっていて、ハマる方は多いと思います。
>|