ネオン・デーモンの作品情報・感想・評価・動画配信

ネオン・デーモン2016年製作の映画)

The Neon Demon

上映日:2017年01月13日

製作国:

上映時間:118分

3.2

あらすじ

『ネオン・デーモン』に投稿された感想・評価

ルン

ルンの感想・評価

1.9
Visually appealing but it’s so conceptual this barely counts as a movie.
Agigon

Agigonの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

(先ずは簡単なあらすじとネタ漏れ)

一見純朴そうに見えて、内心は美貌に自信ありありの田舎娘、ジェシー。モデルを目指して都会へとやって来た。そこで知り合ったボーイフレンドに撮って貰った宣材写真を引っさげ、モデル事務所へ。オーディションも難なく突破、みなが羨むその美貌と若さに、トントン拍子に仕事が舞い込んでくる。やがて彼女は業界の黒い渦に巻かれていき、ジェシー自身の激しい野心が目を覚まし、人格までもが少しづつ変わって行く…。
ジェシーに対して妬み嫉みを抱える女たち。歪んだその思いが恐ろしい結末を迎える。

(感想)
主人公の女の子がほんとに可愛くて、最初の(ジャケ写にもなってる)シーンは血だらけなのに、あのポップなメイクで、ひとつの芸術作品のようなジェシーの姿に見入ってしまった。
ストーリーは単純だな〜と思います。たまに「なんなの?このシーン🐆」って思っちゃう、はてな(?)のシーンやら、間が長いシーンなどがあってちょっと中だるみ😅
中盤の終わりあたりから、ようやくサスペンスじみてきて、最後はホラー感で締めていました。ってかきしょい(‐д`‐ll)オェ👁

美しさを手に入れるためなら、あんなことをしちゃう女達が恐ろしい\=͟͟͞͞(꒪ᗜ꒪ ‧̣̥̇)/

エンディングは何故かMVぽく終わった🎵

キアヌ・リーブス出てきたから、何かを期待しちゃったけど、「ぇ━(*´・д・)━!!!こんな使い方?」
誰でもいい役柄に、キアヌ、気合い入れてご出演していました。

女の子の美しさとキアヌのチョイ役の頑張りに加点。
私にはハマらなかった作品でした😓
エルファニングオタクが作った気がするような映画
エルファニングが美しい
5loth

5lothの感想・評価

3.0
2017年の悪夢映画その2。レフン印。モーテルに山猫が入ってきたところが象徴的だったと思う。
s

sの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

この映画監督ノーマークというか全く知らなかったごめん

で、肝心の映画はというと…
個人的には嫌いではない!
映像美というか、普通にやばい性癖?性格?の美女を拝めて眼福でした。
やっぱスタイルにおいては欧米人には勝てないワ。
石原さとみさんとかを見る感覚とは違う!
「わぁ!石原さとみさん綺麗〜〜!」とかいう次元じゃなくて、まじで息を呑む美しさ。

まぁそれは良くて〜〜〜
ストーリーは薄いというかめっちゃ意味不明なところ多くて、なんか消化不良感がやばい。
例えるなら、よく知らん画家の美術展とか言って、何を描いてるか分からんけど「なんか綺麗な絵やな」みたいな感覚に近いかな。

<分からんかったところ/理解不明なところ>
・ホテルに虎かジャガーみたいな動物が入り込むところ。あれなに?
・三角形が3つあるシンボルマークみたいなやつなに?
・ファッションショーのシーン長すぎる。めっちゃ飛ばしてもた。
・ルビーの死人?に化粧するやつなに?趣味?仕事?
・結局ルビーがいたのは誰の家なん?
・ルビーが鏡に書いてたのなに?
・あの男(ディーン)報われないまま終わるんかい

最後に
アビーリーめっちゃかわいい。

以上!
話は全然ハマんなかったな〜。オシャレにこんな暴力詰め込んじゃうよ☺!みたいな無理やり感が…笑
エルファニングちゃんはまじでかわいかったのでほんとそこだけ!!あの子ほんと天使
観進めてビックリした。なんかえれえもん観ちゃったな…って。
途中キアヌが意味不明な短気おじさんで登場してきたので笑った。
Dogman

Dogmanの感想・評価

3.5
MV制作の延長のような作りの映画作るよな。


これまた、タランティーノ、PTA、エドガーライトとは違った、音楽からの別のアプローチ法でもあるのか。

映像は美しいけど。

画面にライトの反射がある感じね。この監督。


問題はこれで2時間は長いということだ。もっと引き締めたらもっとカルト的になるかも。リンチは長くてもいろんな展開がある。
33

33の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

最高に気持ち悪い
主人公の真っ白にどんどんファション業界の色が塗られていき煌びやかになってく様子が印象的
カニバリズムものずるいよ悪趣味すぎるのに余韻がずるいよ
tomtom

tomtomの感想・評価

2.7
まず主人公役の女優がエル・ファニングであることに気づき驚く。レイニーデイ・イン・ニューヨークで凄く強烈なインパクトがあったのだけれど、ジャケットを見ただけでは気が付かなかった。

誰かの美意識を見せつけられているような、とにかく映像美の凄い作品で、序盤は特に惹きこまれながら観ていた。ただ、後半の急なグロ描写と、え、そっちなのという展開に、少し置いてきぼりを喰らった感はある。モデル業界の闇を描くいうプロットやそこに含まれるメッセージ性が主軸というより、TITANE/チタンやミッドサマーの視聴感に近い、映像そのもののインパクトが脳裏に残る映画。
>|

あなたにおすすめの記事