Rab Ne Bana Di Jodi(原題)の作品情報・感想・評価

「Rab Ne Bana Di Jodi(原題)」に投稿された感想・評価

めるな

めるなの感想・評価

4.5
シャールク見たさに個人輸入。
初めて英語字幕で見た映画。

シャールクの一人二役?が見事すぎて。
何度見たかしれません。
白檀

白檀の感想・評価

4.0
こんな夫婦になれたら良いなぁ、と
涙してしまった

旅行写真が酷すぎたので
マイナスw
アブダビーカサブランカの飛行機で見た!
インドの普段着かわいすぎる。
またインド行きたい〜
結構古い映画のようですが、今でも充分見れます。(最後の花火と旅行写真以外は)
単純明快なストーリーで凄く日本受けしそうな映画なのに、なぜ日本でやらないのか?
これを公開したらインド映画ファンが増えそう!!
「きっと、うまくいく」以降、あまりパッとするインド映画が公開されていませんので、早くコレを公開してっ!!っと、声を大にして言いたい。
最後のダンスシーンは本当に鳥肌が立ちました。
nori007

nori007の感想・評価

3.9
インドではお見合い結婚や親が決めた結婚が普通だったりするので、この映画のように全然好きじゃないのに結婚しちゃった。というのもきっと多いはず。
なので主人公は仮面夫婦なのだけど、引きこもりの旦那はなんとか奥さんの愛がほしいがゆえにまったく別の人間になりきり奥さんを振り向かせようがんばるという。(笑)
一見、すごいバカっぽいストーリーに思えるがラブコメだし、シャールクの演技の幅を見せるための設定と考えればいいのかも。
実際、観終わった後は完全にシャールクマジックにかかってしまうし、結構いいボリウッドをみたって感じになってしまうのだからすごい。

途中「Dhoom」のパロディが入ったり。パロディというかそのものの曲を使ってるのでまんま「Dhoom」をやっちゃってる感じ。そしてこの作品には日本が大きく関わっていたりする。

ダンスとしては『Dance Pe Chance Mar Le』のペアのダンスが最高。
そしてなにより最後の『Dancing Jodi』は萌え死にするレベル。
ひなた

ひなたの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

残念な日本描写以外は最高!
まあ、日本人がイメージする「インド映画」も客観的にはあんな感じなのかもしれません(笑)

人を愛するのはその人のなかに神を見出しているから、というのがすごくストンと胸に落ちて、ああなるほど、と。
この映画じゃないが(いや、これもかな)、ストーカースレスレなあまりにも一途すぎるインド映画ヒーローはヒロインの中に神をみていたのか、とちょっと納得。神様にはあらがえませんから。

私は特別シャールクが好きということはなかったんですが、これみてから大好きになりました。
ヨルン

ヨルンの感想・評価

4.4
シャールクさんの髭メガネが良い意味でダサい。真面目で所謂つまらない夫役なので珍しく脱がない。そして変装が酷い(笑いどころ)
製作会社が同じYash Raj Films故のDhoomシリーズとのコラボレーションに思わずツッコミを入れてしまった。本国では大いに盛り上がったのでは。Dhoomを一緒に歌ったんじゃないだろうか
アヌシュカさんは日の光みたいに笑う人だと思った
黄金寺院が美しく切り撮られていて素敵
何故日本推しだったのだろう?

どうやらパンツが食い込むらしい演技が細かくて面白い
シャー・ルク・カーン主演のインド映画。
冴えない主人公の恋のライバルはイケてる自分!まさかの三角関係のラブコメ。

ストーリーは、主人公スリは大学時代の恩師を訪ねるが娘のターニに一目惚れ。恩師はスリに娘と結婚するよう頼み息を引き取る。しかしターニはスリへ愛はなく、会話のない日々。そんなターニがダンス教室に通うことに!気になってラージというキャラに扮してコッソリ見に行くが、偶然にもダンスのペアにさせられる。ターニは底抜けに明るいラージに惹かれていくが、スリは気付いてしまう。スリの方に気持ちが向くことはないと・・・。

先に言います。
クライマックスシーンで鳥肌ブワワワワーッ!!!から震えが止まらない!!!たまらない!!!最ッ高のカタルシスがここに!!!

スリは七三分け、ちょびヒゲ、メガネ、ダサい服、ボソボソ喋る、がデフォルト。
ラージはグラサン、派手な服装、ちょけたキャラ、とかなりチャラめ。
「なぜ同一人物と気付かない?」と思うかもだけど、興味のない人の顔なんか覚えてないしここまで多重人格並みにキャラが変わると気付かないだろう。と、私は思う!
だからってあれだけキャラチェン出来るなら最初からしろよ!!とも思うけどそこは映画映画〜。

惚れる理由が「あなたの中に神を見た」という日本人には理解できぬ理由。今度一目惚れしたとき使ってみます。(通報)
バイクのチェイスシーンがあるけどそれは個人的にはいらないかなぁと。「Dhoom」ネタらしい。

いつものボリウッド的な、家族の物語や社会問題ネタは全く入れてこず、ただただ二人の恋愛に焦点を当てている。なので特に泣いたり考えさせられるような要素はない。
だからこそ二人の行方と展開が気になって気になって・・・。もう!たまらないとしか言いようがない!!

ダンスシーンではゲストにカジョールとラーニー・ムケルジーが!!!シャールクとカジョールの2ショット観れるだけで大満足。
ダンスシーンは全体的に金かかってそうな鮮やかさでバリエーションも豊富のハイクオリティ!もう私最近インド映画の曲しか聴いてません!!
インドでも賛否バッサリらしいけど単純に恋愛映画としてオススメ。

そういえば日本のイベントのシーンがあったんだけど、はき違えすぎてウケた。
相撲してたんだけど名前がMr.スモー(笑)蹴り入れてくるわ刺青してるわ反則すぎだし悪党すぎぃ!

これ観るために数年ぶりにわざわざパソコン繋げました。(TVだと字幕出ない)