スター・ウォーズ/最後のジェダイのネタバレレビュー・内容・結末

スター・ウォーズ/最後のジェダイ2017年製作の映画)

STAR WARS: THE LAST JEDI

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:152分

3.8

あらすじ

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

先行上映で最後のジェダイを観て
あれ?不満点がたくさんある!スターウォーズ好きとしていて生きてきてスターウォーズが大好きなはずなのに今回のスターウォーズには不満しかない。いや、そんなはずはない!自分はスターウォーズが好きなんだと言い聞かせてメモを準備して映画館へリベンジ!暗闇の中、良かった点、悪かった点を書き出した。

結果やはり不満な点ばかりだった。。。

【良かった点】
・ポーダメロンのX-wing
・ヨーダはやはり唯一無二のマスター
・カジノのシーンで花魁姿の女性登場
・少年がフォースでホウキを取る

以上

【不満な点】
・ライトセイバーをポイ捨てするルーク
・カイロレンの悪役としての成長のなさと弱さ。
・レン騎士団はどこへ?
・ローズの存在。見た目がキレイとかキレイじゃないかの話してではなくストーリーに登場させる意味が全くわからないし最後のフィンとのキスが最悪。
・レイアの復活。宇宙に放り投げられたレイア。誰もがここでキャリーフィッシャーとお別れだと確信してからのガンダムもたいな宇宙遊泳。SWにニュータイプはいらない。
・スノークが弱すぎ。
・スノークがやられてから動きだすエリートプレトリアンガード。キャラはカッコイイけどボスより見せ場を作る設定に疑問。。。
・カイロレンのオッパイ
・ポーグのキャラは可愛いけど出すぎ。
・BB-8が最強?
・レイに響く声や鏡がハリポタ感
・アクバー提督のあっけない死

スターウォーズ仲間と
最後のジェダイの話を
気分が悪くなるので
話題にしないようにしています。

初めてBlu-ray買いません

記憶から消したい作品。

次回作はどうなるんだろう?

レイアが出演しないとなると
数年後の設定になっているのかな?
あの少年も所属する
新生「反乱軍」がどうなるか?
キャリーの娘がキーかな?
カイロレンは見た目も中身も成長してもらいたい。
賛否両論であるこの作品ですがまずよかった点を
・レイとカイロレンの共闘シーン
・チューバッカのミレニアム・ファルコン号操縦
悪かった点
・ローズの描写全て
・キャプテンファズマにもうちょい出番あってもよかった
・レイアのフォースの覚醒
・レイとカイロレンがフォースで繋がる時の謎のラブロマンス演出
このようになんとも言えない微妙な作品でした……
前作はあまり好きになれなかったんだけど、アダム・ドライバー目当てで観た。
レイアが宇宙空間に投げ出されても戻ってきたのわけがわからないし、強敵だと思ってたスノークがあっさり死ぬし、フィンとローズは結局足ひっぱっただけだし、ルークの扱いにはもやもやするし、他にも色々どうなんだって思ったことはあったけど、ホルドの特攻シーンや終盤の戦闘シーンはとても綺麗で映像はすごく楽しめた。レイとカイロ・レンの共闘も良かった。
反乱軍のキャラクターにはそれほど愛着はないのだけど、前作に続いてカイロ・レンはすごく好きだし、ハックス将軍も目が離せないので次作が楽しみ。
背中合わせに戦うシーン。ここが最大の見せ場だと思う。ただただかっこ良かった。
映画を見て振り替えると、
結果の伴わない行動や善と悪の中間で商売する人、誰かに希望を託したいのにそれがかなわないこと...など、
なんだか心にずんと来るものばかり。
とっても心に残る映画だった。
次にどう繋げるんだろう。
スターウォーズだからこそ味わえるスピード感のある飛行対戦のワクワク感は味わえなかったです…。その代わりにレイとカイロレンの心情の変化やルークとの関係など、人間関係が今までより描かれているように感じました。最後レイア姫は宇宙に放って置いたままで良かったと思います。次回作に期待です。
ルークとレイアの使い方マジでガッカリした
監督は公式ではこうなんだ!
みたいな事言ってるみたいだけど
なんでも可能な魔法のようなものを撮らなかったのがジョージルーカスですよ

epⅨでどんでん返し起こさないと
Ⅶ~Ⅸなかったことにされちゃうぞ!?
ルークの最期あまりに格好良すぎる。
やっぱりスターウォーズは面白いな!
7歳で、初めて映画館で見た映画でもある「ジェダイの復讐」(当時はそういうタイトルだったのた)を鑑賞してからずっとスターウォーズファンだが、ジョージ・ルーカスの手を離れてから変な映画になってしまったとつくづく思う。

みんな指摘しているレイアの宇宙遊泳とかはもう論外だけど、何に困惑するかというと、自前で何も見せ場を用意できていないということなんじゃないかな(と、後から考察)
少なくとも、エピソード1~3はそれができていたと思うんだが。

やっぱり、ダークサイドにはダース・モール級のインパクトを期待するし、ポッドレースみたいなワクワクも期待するし、セブルバやワトゥーみたいないい感じのキモいエイリアンも期待するじゃないか。

まあファンなのでお布施のつもりで見たけど、ちょっともうほんとマジでいい加減にしてマジで。
スターウォーズオタクが巨額の予算を無駄遣いして作った真似っこ映画かなんかでしかなかった。
フォースの覚醒のときも見たあと1ヶ月くらい鬱な気分になったけど、アレが良作に感じられてしまうほど、とんでもないシロモノだった。
前作同様、ダークサイドが弱すぎるし!

そもそも、パドメはルークとレイアのカーチャンだから別だけど、俺たちのお姫さまはレイアだけでいいんだよ。
スターウォーズは父と息子の物語であるべきで、変に女が絡むのは断固反対です。レイが女の子じゃないといけない理由とかあんのかよ???

※女性差別っぽいことを書きましたが私は女です。

そんなわけで★はなし。死ぬほど好きなデル・トロが出ているのでおまけしてあげようと思いましたが、アクバー提督死なせたのでゼロです。
エピソード1見はじめた頃は何が面白いのか全然わからなかったけど
なるほどめちゃくちゃ人気あるだけあるなって思った
ダースベイダーが人間の心取り戻せてよかった
7.8早く観たい
前作と本作を観て気づいてしまったんだ。
(前作で気づけよなんですが)
好きな映画の好きなキャラクターを再び観ることができるのは嬉しいのだけれど、彼らの最期は見たくはないんだということ。
>|