スター・ウォーズ/最後のジェダイのネタバレレビュー・内容・結末

スター・ウォーズ/最後のジェダイ2017年製作の映画)

STAR WARS: THE LAST JEDI

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:152分

3.8

あらすじ

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く、誰も観たことのない衝撃の「スター・ウォーズ」。ついにフォ ースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの出現は何をもたらすのか?そして、“光”と“闇”の間で揺れ動く二人を待ち受ける“衝撃の運命”とは?

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

古臭い伝統、血統なんかはぶち壊しちまえ!
フォースはジェダイやシスだけのもんじゃねえんだ!いいんだよ、フォースは万能なんだから新しい使用法がいくらでもあるんだ!スノークの正体?ハッ!「単なる老害」ってことさ!
『SW』はこれから、名も無き人々…つまり貴方たちが支えていくんだぜ!

…主張してる事はたいへんよくわかるし共感もする。かっこいい意見だと思うし、伝説が一部の主要人物だけのためのものではなくする。新しいものを作り上げたいのだ!という熱意も伝わってくる。

私は「フォースにはこんな使い方もあったんだぜ」に関しては(…まあ、江田島平八のパクりには若干ひいたが)特に気にしていない派だ。ユーモアとギャグを履き違えている点は気にしている。

しかし本作は、『SW』がどうこう以前に、物語が穴だらけだと思う。

爆撃機の無意味な鈍重さ。重いのか?
無重力下での爆弾の「投下」。
無意味で、しかも何故か部下に通達されないローラ・ダーンの作戦。
全く何の意味もないどころか、30分くらい上映時間を浪費した挙句、逆に味方を窮地に叩き落としたフィンとローズのワクワクカジノ大冒険。
「古臭い伝統や…」といった前述の主張のわりに、ヨーダのパペットには拘ったり、無闇矢鱈と垂れ流される旧三部作の音楽。
ヨーダにだけは言われたくない。
「監督の意図を伝える為」だけに登場したベネチオ・デル・トロの無駄遣い。
部下にさえ秘密にしていた先ほどの作戦は、全く何の役にも立たなかった。
生きてた!でもやっぱり意味の無かったファズマ問題。
ずさんな作戦をミスったローラ・ダーンの特攻がケレン味たっぷりに描かれ、英雄的に描写される。
にも関わらずフィンの特攻はローズによる横からのタックルで止められてしまう。(じゃあルークのアレだって特攻だけど…いいのか?)
ルークの「レッスン3」を見ていないレイ。
ルークから使い方を全否定されたにも関わらず、「岩を持ち上げる」で仲間を救っちゃったレイ。
(つまりルークのレッスンの全否定だよねコレ)。
何より、ルーク、レイア、ソロに代わるはずだった新主人公達のうち、レイとベン以外は格を落とす扱いに。特にポーは前作ではクールなスーパーパイロットだったのに、作戦も知らされないヤンチャな若造に格下げされた。

シリーズ最長の上映時間がそのまま「ボリューミーで重厚」であるかの様に持て囃されるのは観る側の勝手だけど、逆に本作の物語内時間経過はシリーズ最短。レジスタンスがあんなに苦労して見つけたルークは、発見から僅か数日(のはず)で、愚かなレジスタンスを一時生き長らえさせる為の犠牲にされた事になる…。

また「観客の予想を裏切る展開」といえば聞こえはいいけど、予想を裏切る為だけの展開が多過ぎて、かえって単調。本当に、本当に下手くそな物語の典型だと思うけれど…違うのかなあ?
ああああああああいああああああルークちゃんんんんんんんんんん

散り方、、、、
最期までかっこいいけど

ルークちゃん推しには悲しすぎた。
旧SWファンの方々にはあまり…なことを知った上で見たらこりゃなんと普通に楽しめてしまった、というかアクションシーンの絵面が綺麗すぎておったまげた。カイロ・レンとレイが協力するアクションシーンなんてとんでもない綺麗さ。
綺麗に見せることに特化したスターウォーズだなという感じ。というか確かに今までのスターウォーズかって言われたら微妙なんだけどこれはこれで、という感じ。フォースの概念が少し違う気がする。きっとこれはまた新シリーズ続いていくんだろうけど、すごい趣味を持ってしまったなという印象。
あと全然関係ないけどBB-8が毎度の如く吹っ飛ばされてるのめっちゃ笑う。好き。R2やC3との掛け合いも最高だった。ポーグは当初あんなにグッズ売ってたのにものの2分も出てなくてそこも笑う。
フォースの覚醒でJJが散らかした新しい要素をうまくまとめ、かつ次にも重要な種をまいていったという点は、映画の3部作の2部目という難所で上手くできてると思う

理解するのが大変ではあるが、フォースに対する新しい解釈を開拓したことに関しても素晴らしくよく考えられてる

が、展開やらビークルの構造的なデザインやらファーストオーダーの隠し手の数やら、レジスタンスの無駄な行動と犠牲の多さ、そして良き新しき物なさすぎ問題、グッズ化でしか役に立たない生き物出すなディズニー問題、レイア飛ぶな問題、レイアそれ早よ言え問題、レイアのコネとやらがLOTR2のヘルム峡谷でのエオメル援軍張りの超鳥肌クライマックスを呼ぶか!?と思いきやイウォーク1匹すら来ず銀河中から干されとるやないか問題、と突っ込みどころ多過ぎて切りがない
個人的な期待値は大きく下回った

最近問題にもなったが、あるアジア系のキャスティングに対して、誰もが少なくとも薄っすらと違和感があったはず…
人種問題に訴えかけることがSWシリーズの義務になっているところはあるが、だからといってわざわざ彼女を起用したのは逆に差別を感じるし、結果的に残念なことを引き起こしてしまったのは間違いない…

何人かのSWファンに感想を聞いたところ、旧3部作(4-6)世代は好評価、新3部作(1-3)世代としてはん〜イマイチという感想が多め

正直9へのプレッシャーがどんどん上がってるだけで本来のSWどころか映画として路頭に迷っている様にしか見えない新3部作
もはや古い世代と化したファンはただただ新しいファンが生まれるのを暖かく見守る事でしかSWで喜びを得られないのかと思ってきてしまうほど不安になる程期待外れの今作だった…

クリスタルフォックスのコンセプトアイディアはとってもとっても好きです
あくまでオリジナル、プリクエルシリーズへのオマージュ多めのEp7に比べると、その柵からは抜け出せた感がある。
しかし、フィンとローズのキスシーンはいらなかった。人種叩きに屈するべきではないし、頑張って欲しいが、ヒロインキャラにすべきではなかった。
いや、ルークが相変わらずメンヘラすぎ。

イライラするわぁ、、、笑

スターウォーズ三部作の2作目っていつも反乱軍滅多打ち状態。
案の定今回も。

マスターヨーダの登場シーンは普通に感動。「失敗を伝えることが最大の教え。」なかなか素敵な一言を残してます。

最後の絶望の中に溢れんばかりの希望の伏線をばらまいて終わる感じはさすがスターウォーズ。

厩舎の少年が箒をフォースで引き寄せたのに最後は思わずにやり。
せっかく新しいスターウォーズを作ったんだから歴史は繰り返す。
みたいな感じはやめたほうがよかったのではないか。。

ルークは死んでオビワンやヨーダのようにフォースと一体化したのだろう、、
きれいではあったし、ルークが誰にも負けないで死んでいくのはヨーダのようでかっこよかったけど
でもスターウォーズはルークが軸となって物語が進んでいて彼の終わりが新三部作の終わりであってほしかった。ゴーストで出てきてはほしくない。
どうも私的にはルークの扱いが残念。

でレイアも中途半端にフォースを使えるのかな。そもそも宇宙飛べるんならもっと修行してジェダイマスターになってたらよかったんじゃないか、、ヨーダだって宇宙は飛べないんじゃ、、、

なんやかんや私的にはレイアもいない、CGになるのかな?ルークもゴースト、次回はどうなっちゃうんでしょう。
と不安になる回でした。
楽しめました
敗戦して撤退するがボッコボコにやられてしまうレジスタンス
すっかりやる気が無くなったルークに発破をかけるレイ
無理な作戦をやろうとするポー、フィン
ローズ
スターウォーズ世界はスペースオペラなので、宇宙空間にも大気的な何かが満ちているんでしょうね
エーテル的な
なのでブリッジから外に出てしまったレイアは戻って来れるのでしょう
地上の兵器が足を使ってノッシノッシ歩くんですからねー
爆撃機も丸い爆弾を投下するし
ちょっとスピードが遅すぎる様な気もしますが
案の定的になってバンバン撃墜されてましたし
ハイパードライブで加速して特攻は
今まで無かったので、これやっちゃって良いのかなと思わなくも無いですね
カイロレンのフラフラした感じ、貫禄が無いラスボス(次回作の、たぶん)って珍しいかも
カイロレンとレイの共闘になる時の背中合わせのシーンは鳥肌立った
フィンはローズとじゃなくてレイとがいい!って憤慨した😣
ローズは好きだけど、恋愛が唐突すぎて感情がついていけなかった。
カイロレンは前作から好きになれないまま終わった。ダメ息子ベン!😣
多分、カイロレンの役者が好きじゃない…
レイの方がイケメンだもん!

なんとなくストーリーが雑に感じてしまった…
>|