スター・ウォーズ/最後のジェダイのネタバレレビュー・内容・結末

スター・ウォーズ/最後のジェダイ2017年製作の映画)

STAR WARS: THE LAST JEDI

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:152分

3.9

あらすじ

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く、誰も観たことのない衝撃の「スター・ウォーズ」。ついにフォ ースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの出現は何をもたらすのか?そして、“光”と“闇”の間で揺れ動く二人を待ち受ける“衝撃の運命”とは?

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

やって観れたEP8!
ワクワクしながら観てましたが・・・。

残念ながらシリーズ一番ダメかも・・・。
(EP1〜ローグワン全て10回は観てます)

初めてSWで間延びを感じてしまいました。


特に酷かったのは、スノークの部屋がモロにスタジオで撮影した感がハンパないです。
多分、赤色が余計にいけなかったのかも。

しかし
今作は動物が沢山出ていて「可愛い」を何度も言ってしまいました(笑)

とりあえずEP9はレイアことキャリーフィッシャーさんが、お亡くなりになってしまった事で、どう発展させるかが脚本の力が試される感じです。

評価は厳しくしましたが、やはりSWは楽しい!次回作EP9も大いに楽しみにしてます!
ここでルークの生身を殺してどうすんだよ!
レイアが宇宙空間を生身で移動はギャグか?
宇宙空間で爆弾を物理的に落とすって重力は?
ただ撃たれるだけの撤退戦、しかも犠牲多すぎの上にほぼ失敗って…

カイロ・レンの反旗を翻すアクションは良かったけどダラダラ長時間やって
頭を抱える内容ではシリーズの行く末が心配。
「フォースの覚醒」は良かったのになぁ…
展開自体は王道中の王道で、可もなく不可もなくといったところ。

フィンとローズの最後のシーンはいるか??となってしまった……今までずっと仲間、同志としての印象が強かったので、そこで男女を出されて個人的にコケてしまった……
他にもレイとレンの(心身両方の)ぶつけ合いや、ルーク師匠とのやりとりなど、ところどころダラけてしまうシーンが見られ、少し残念です。
あと、ジェダイは仙人でした。(?)

R2-D2と再会した時のルークの「あ、アールツー!」という歓喜の声に過去作を思い返してちょっと泣きそうになりました。
コアなファンからすれば、突っ込みだらけの過去の遺産を食い荒らした作品となると思う。
ただ、スターウォーズならではの迫力ある宇宙戦やライトセーバーによるチャンバラは、心をワクワクさせます。
配給会社も監督も変わっていると割り切ることで、スターウォーズでしか味わえない爽快感を得ることが出来ると思う。
そして、あのテーマは鳥肌が立ちます!
スターウォーズが始まった感を全身で味わえるので、やはりスターウォーズファンであるなら観るべきでしょう。

ストーリー的な面を言えば微妙だが、スターウォーズだから面白い!
そう言う映画だと思います。
予想していた展開と全く異なった。
フォースの覚醒の方が数倍楽しい

エピソード9が楽しみだが正直、
STAR WARS映画やりすぎと思う。

2018 ハンソロ スピンオフ
2019 エピソード9
2020 オビワン スピンオフ

ライアンジョンソンによる新三部作も決定しているらしい。
せめてこの間は10年くらい開けて
欲しかったです。ファンを飽きさそてしまう
映画としては、予想をはるかに超えた展開が面白かった。一度レイとカイロレンが一緒に闘って 協力するかと思いきや!ってとことか、ルークは遠隔操作でフォースを操ってみんなを助けたとか。びっくりしたのが面白かったけど。けど!!!その展開はスターウォーズじゃないだろ!!!!という気持ちで5評価の半分の2.5。あのワクワク感といつでも正義が勝つ、あの輝かしい展開がスターウォーズなのに、と思うところが大きかった。後付け感のすごい設定なども気になった。あと可愛らしい新キャラが登場するけど、めちゃくちゃ可愛いけど、用途なさすぎ!!!ディズニー色が強すぎ!
レイ可愛い
けど、期待しすぎたかな…
まさかスノークがあんな死に方するとは、ガッカリです
宇宙遊泳するレイアとか裸体を見せつけるカイロレンがすき
9に期待
多くの賛否両論があるのも頷けます。

「スターウォーズ」には、歴史があって、人それぞれの思い入れがあって、各々作品の受け入れ方や見方の角度が違えば、このエピソード8の評価に差が出るのも当然です。

私は「スターウォーズ」を「水戸黄門」や「東山の金さん」のように見ていました。
ドラマのフォーマットがしっかりしていて、いろいろなお約束を確認しながら、映画を見終えた後、なんらかの達成感が得られている。エピソード1〜7とローグワンまで、そんな感じで楽しんでいました。

例えば全作品、誰もが胸踊るオープニングクレジットが流れ、物語は必ず宇宙から始まります。冒頭は小さないざこざでバトルして、その後ミッションを押し付けられたり、人を探しに行ったりします。また、その後思いがけない出会いがあり、それが成長に繋がったりして、そんな事を繰り返してたら敵の倒し方見つけ出し、じゃぁやっつけに行こうって事になって、最後は必ず、帝国軍VS反乱軍、ミッションを遂行するチームVS阻止する敵チーム、そして、主人公VSボスキャラのタイマン、その3つの戦いが、三ヶ所同時中継で行われるクライマックスが見られます。
全てが昔の時代劇を見ているようで、最後に印籠や桜吹雪を見られるような安定感があり、全作品、安心して物語を見ていられていたのです。

しかし、エピソード8は今まであった「お約束」のフォーマットを全部壊してしまいました。壊したどころか、やってはならない禁じ手までやってしまいました。

それと、何と言ってもレジスタンスの無能さ。上層部もバカだと思うし、ポーはポーで勝手過ぎるので「こんな奴と仕事したくないな」と思えてしまいます。そして、フィンは何をしてるの?

あと、主要キャラはなかなか死なないのに、関係ない人は簡単に死にすぎ。あの無能な作戦で、人が何人死んだかを考えると、本当に腹がたちます。

っと、これまでワーワー言うてまいりましたが、何やかんや言うてわたくし、賛否で言ったら「賛」なんです。理由はやっぱ面白い。その一言に尽きます。
やっぱり、レイとカイロ・レンが絡むシーンは緊迫感があり、ルークも絡むと尚更よくなります。そして、今までの「お約束」をくつがえした事も「エピソード9」大団円への布石だと信じて見れば、逆に期待が持てたりもします。

いや〜、書いているうちに「エピソード9」早く見たくなっちゃいました。
待ち遠しいな〜
ベンちゃんの愛おしさに目が奪われてその他のことは入ってきませんでした。
ベンちゃんまじ四天王の中では最弱。
>|