スター・ウォーズ/最後のジェダイのネタバレレビュー・内容・結末

スター・ウォーズ/最後のジェダイ2017年製作の映画)

STAR WARS: THE LAST JEDI

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:152分

3.9

あらすじ

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く、誰も観たことのない衝撃の「スター・ウォーズ」。ついにフォ ースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの出現は何をもたらすのか?そして、“光”と“闇”の間で揺れ動く二人を待ち受ける“衝撃の運命”とは?

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

・レジスタンスが基本劣勢なんで手に汗握ってしまった
・レイとカイロ・レンの関係好きだな…
・共闘(泣)王道だけど燃えた
・相変わらずメンタルが心配になるカイロ・レン
・カイロ・レンは見ているのがとてもしんどい
救いを求める心の叫びが聞こえてくるようなんだよね…
・思うにルークに刃を向けられた時に時間が止まってしまったんじゃないかと思う 傷付いた少年のままというか…
・それはルークも引きこもるわと
・そんなカイロ・レンを理解しようとし、救おうとするレイがいい
・兄妹の最後の邂逅が美し過ぎて泣く
・ポーがだいぶhot headになってたな
・新キャストも旧キャストも演技本当に良いです
予想外の展開(しかもあんまりいい意味じゃない方の)が多いとこは何だかなぁ〜ですが、言うなれば詰め放題1800円。飽きることはなし!
遠い昔、遥か彼方の銀河系で…。邪悪な軍隊で銀河の完全な支配を目指すファースト・オーダー。彼らに立ち向かうのはレイア率いるレジスタンスだけだった。しかし、闇の力のスノーク最高指導者やカイロ・レンに立ち向かえるのはジェダイ以外にはいない。レイアは兄であり、最後のジェダイであるルークを見つけるためレイ、チューバッカ、R2-D2を惑星オクトーへ送ったのだった…


ようやく、ようやく観てきました!
前作も面白かったですが、今作も面白かった!
そして、シリーズ復習してから観に行って正解でした。


主人公のレイ。前作でフォースが覚醒しルークの元へとやってきました。
棒術さばき、ライトセーバーさばきがカッコ良かったです。
時々、女の子らしいリアクションするのも可愛かった。

自分の好きなキャラのフィン。
前作で重症を負いながらも無事に復活して良かった。

ポー・ダメロンは前作以上に出番がありましたね!今作では彼の成長も描かれます。

カイロ・レンも悪役としてどんどん成長していきます。

そして、前作のラストに登場したルーク・スカイウォーカー。
今作ではとても重要なキャラ。
マーク・ハミルの歳をとった姿が伝説のジェダイ感をさらに強めていました!


冒頭から大迫力の宇宙での戦いが描かれます。このアクションシーンは本当に最高だった!テンション上がった、上がった。

ライトセーバーバトルは少ないながらも、レイとカイロ・レンのまさかの共闘は予想外だったこともあり良かった。
しかし、このシーンはレイやカイロ・レンよりも相手の赤い兵士達、“エリート・プレトリアン・ガード”が気になって、気になって仕方なかった。
ライトセーバーと同等の威力でバリエーション豊富な武器がカッコよ過ぎて、この赤い兵士達の印象がやたらと強かったです。

フィン好きの自分としては、フィンとキャプテン・ファズマの一騎打ちは熱かった!
正直、ライトセーバーバトルよりも楽しめました。


ここからは気になってしまった点と良かった点について。ネタバレありです。



気になってしまった点の1つ目は、フィンとローズの極秘作戦があまりにも空回りだったこと…。
準主役級のキャラの作戦がここまで無駄に終わった映画も珍しいのではないでしょうか。
あれだけ時間かけて描く必要性はあったか?

レジスタンスの逃亡作戦の被害が大きくなったのもフィンとローズの行動のせいだし、ベニチオ・デルトロが演じたDJも中途半端に退場となってしまった気がします。

フィンとローズの恋愛要素も個人的には微妙。フィンとローズよりもフィンとレイのコンビの方が好きなんですよね。


気になってしまった点の2つ目ははルーク・スカイウォーカーの最期です。
死んでしまったことに関しては予想していたので文句は無いです。ただ、死に方が…

レジスタンスのピンチに現れた時は「待ってました!」とテンション上がりました!
誰しもが、ルークとカイロ・レンのライトセーバー対決に期待を膨らませたはずです。

しかし、まさかまさかのフォースの力で作り出した幻…。本当に予想外でした。
ここまではまだ良かったです。

その後、これで力尽きたのか、まさかの消滅した瞬間、「え………」となりました…。

どうせなら、ライトセーバーバトルをした後にレイに希望を託して、暗黒面に墜ちたとはいえ元弟子の刃を受け入れるというエピソード4のオビワンと同じ死に方でもよかったのではと思いました。

せめて、ルークのライトセーバーバトルだけでも見せて欲しかった…。


では良かった点について。

エピソード4〜6を観たことがある人にはたまらないサプライズがあったことです!

まずはR2-D2が久しぶりに再開したルークにエピソード4の時の若きレイアの救難メッセージを見せるシーン!
ルークの物語が始まりきっかけのこのメッセージをまた見せてくるのはズルい!良い意味で。

そして、もう1つはこの新しい三部作には出るはずがないと思っていたヨーダが出てきたこと!
これは全く予想していなかったので驚きました!!
またルークとヨーダのシーンが観れるとは。事前にシリーズの復習したいたこともあり嬉しくなりました。


気になった点もありましたが、十分楽しめました!!

ソロに続きルークがいなくなり、レジスタンスも減少し、レイのライトセーバーも壊れてしまいましたが、次回作ではどうなるのか楽しみです!

個人的にはフィンとレイのコンビがまた見たいです。
おもしろかった。
ルーク、え?って思ったりしたけど結果かっこいい。ヨーダがハリボテじゃなかったけど、やっぱりかわいかった。そして、さすがのマスター・ヨーダ。名言だらけ。

ベンの心の葛藤が表情に現れてて、よく理解できた。じゃ大事な人殺すなよ!って話だけど(笑)
やっぱりフォースのバランスと同じように、レイとベンは光と闇なのか。
ポーかっこいい。
話せば話すほど、これはこうだった!ってなったからおもしろかったんだと思う。
カイロ・レン好き😍
ついにルークとレイアもいなくなっちゃったね😢
ヨーダが出てくるのが嬉しかった!
昔ながらのパペットを使っていて良かったですね。
フォースの可能性が大幅に広がる作品でした。レイアは宇宙空間から復活するし、ヨーダは霊体なのに雷落とせるし、ルークは分身作ったり…………もはやなんでもあり。
面白い。
おそらく、スターウォーズファンであればあるほど困惑、混乱するんじゃないだろうか。

カジノや酒場にいる”銀河のあらくれ者”みたいな奴らはいつ見ても良い。こういうモブがいるからこそ気分が盛り上がる。
フクロウみたいなやつはマスコット風だけどあんまりかわいくなくて残念。
チューバッカはなんか居るだけで安心する。
BB-8は相変わらずあざとい。カワイイ。
スノークの近くに居た衛兵の真っ赤な甲冑のような和風なデザインがカッコイイ。
厨二心がくすぐられる。
ヨーダ登場シーンは正直テンション上がった。ヨーダキタ-!!
あと、こういうことに突っ込むのは野暮なんだろうけど、やっぱりレンのライトセーバー危ないだろ!横にも刃あるのわけわからん!かっこいいけど!
要するにロマンということか…

神風特攻隊(?)みたいな自爆攻撃がしょっちゅう行われるのは疑問に思う。
手軽に死を美化させようとし過ぎている。
ああいう、自分の命を犠牲にしてみんなを守る、みたいなのはここぞという時に取って置いてもらいたい。やり過ぎ。せっかくの感動が薄まってしまう。

何はともあれ、これほどまでの大人気シリーズを腐らせずに物語を展開させ、今も作品が鼓動を続けているということがもはや有り難い。
色んなことが起こり過ぎていまいち頭の中が整理できていないけど、これからが楽しみ。
前作に続いてスターウォーズ作品としては別物として鑑賞した方が良い。

期待していたよりも面白く、前作よりも飽きずに観れた。
スターウォーズ作品EP1〜7まで再鑑賞したことでルーク主体で更に物語を鑑賞出来たので良かったと思う。

1番好きなシーンはルークがかつてのようにヨーダから教えを説かれる所。

伝説のジェダイになりながらも過去の師に教えを説いてもらっているシーンは、変わらない2人の関係や、ヨーダから見たルークはまだまだ未熟で、いつまでも弟子なんだなぁと改めて感じて観ていて和んだ。

そしてヨーダのセリフがルークを前に向かせたりと個人的に名シーンだなと思った。

セリフも良いし、ヨーダ理想の上司すぎる。

ルーク好きなので高めなレビュー。

ただEP7からC-3POが空気なのが悲しいなぁ。
大変でした。犠牲は多いけどなんとか逃げきれましたね、、

見終わったあとの疲労感は、上映時間が長いことではなくて、緊迫したシーンが多すぎたこと。最初から戦争シーンだし、死ぬ人も多いし。。
終始誰か死ぬんじゃないか、死にに行くんじゃないか、殺されるんじゃないかと警戒していたから、疲れました。

大げさすぎない程度のジョークがたくさん混ざっていて、ディズニー感が出てきたのは少し残念。
特に最後のルークの砂埃を払うような仕草(笑)汗だくになって精神力を研ぎ澄ましてあの場にいるのに、そんなことする余裕はあるのか、若い時そんな煽りしてなかったよね?というかそんなことする上司(師匠)ってどうなの(笑)


でもでも
大好きだったヨーダが出てくれたこと
失敗は最高の師 この言葉が聞けたのは嬉しかった。
ジョークのことはさておき、戦う姿のルークはとてもかっこよかった!
やっと見れた。広告とかで流れてる、「衝撃のスターウォーズ」には確かになってる。だけど、エピソード7のときもそうだったけど、4.5.6をリスペクトしつつ、新しいものにしようとしてるのはわかるんだけど、なんか違和感というか、なんだかな~って感じ。レイ相変わらず天才だけど、まあ、7よりはジェダイの重みとか、ライトセーバーの重みとか、フォースの重みとかは感じた。7でフィンがライトセーバーで戦ってたからそういうの心配してたけどまあ良かった。あと、キャラ増えすぎてちょっとごちゃっとした印象。少なくともあの小さい鳥はいらない。あの整備士の女の子も特に触れられず死んでいくし。レイもポテンシャルあるから親誰だろってめっちゃ楽しみにしてたけど、名もなき人だし。今回フィンの印象あんまり無いし。スノークも結局7でいきなり出てきて誰だよって感じで死ぬし。レイア姫の宇宙から船に戻るやつ笑っちゃったし。全体的にキャラが残念。あと、「嫌な予感がする」っていうセリフ無かったの今回初めて?か分からないけど、7で出てきてちょっと嬉しかったからその分残念。フォースでレイとカイロ・レン手合わせるシーン君の名は。かって思った。
R2-D2がレイア姫のホログラム出すのとか良かった。ルークが二つの太陽を見てるのも良かった。塩の星とかスノークの部屋とか赤がきれい。戦闘シーンはやっぱりきれい。

カイロ・レンが新しい秩序を造るって言ってたように、次回作なるのかな。そうなったら第3勢力みたいになって、フォースにバランスもたらすのかな。最後のジェダイって実は映画の最後に出てきた男の子でしたみたいな展開なのかな。男の子出てきたときジェダイの曲流れてたし、ほうきをフォースで近くに寄せるやつやってたから、そうだったら、ちょっと面白くなりそう。
なんだかんだ次回作めちゃくちゃ気になる。楽しみ。
>|