スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けの作品情報・感想・評価・動画配信

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け2019年製作の映画)

Star Wars: The Rise of Skywalker

上映日:2019年12月20日

製作国:

上映時間:142分

3.9

あらすじ

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」に投稿された感想・評価

2MO

2MOの感想・評価

2.8
結局は血筋、つまりは選ばれし者たちの物語に閉じていくなど──『最後のジェダイ』肯定派としては到底受け入れがたい軌道修正の数々。あるいは場当たり的な帳尻合わせに終始するファンムービーへの帰着。
一度は高々と掲げられたはずの旗をまるでへし折るように、愚弄するかのように、私たちの“希望”をもなかったことのようにされてしまった……この無念、屈辱たるや。

前作の賛否両論を無に帰する悪手。冒頭のちゃぶ台返しに、なんならオープニングクロールの一行目から、こんなに興醒めすることがあるのかというくらい。そしてふつふつと沸き上がる怒りと共にダークサイドからシリーズ完結編を傍観せざるを得ない、この筆舌に尽くしがたい悲しみとついには物語の終焉に訪れる虚無よ。

このレビューはネタバレを含みます

やはり過去6部作ほどのパンチはないし、キャラも負けてる。

フォースそんなになんでもありの魔法じゃないからね??
しかも生き返らせれるならなんでアナキンはあんなにパドメの死を恐れたの?
カイロレンはルークに育てられ尚且つハンソロの息子なのになぜダークサイドに落ちたの?あの二人がそばにいたらよっぽどのことがないと落ちなくない?もう全て設定が弱い。
ルークの隠居もオビワンに似せたかったんだけど全然だめ。
最後の3分間と、ルークとレイアの若い頃の訓練の映像だけよかった。

私は永遠に過去6部作を愛しています。
スターウォーズは大好きです。
この新3部作は、スピンオフとして捉えます。こんなエンディングは嫌だ。
薄

薄の感想・評価

2.9
SWシリーズにそこまでの思い入れはないけど、これで長いシリーズも終わりかと思うと感慨深いものはあった。それだけにシリーズラストに相応しいような内容にならなかったのは残念。

EP8から監督が変わっても、流れ作業のように話が進んであんまりハラハラ・ドキドキしない退屈さが健在なのが一番辛い。8で全然話が進まなかった分、9で話を詰め込まなきゃいけなかった(=流れ作業のようになる)というのはあるが、蛇に襲われそうになるもフォースの力で一件落着! みたいなしょーもないイベントは本当に必要だったんだろうか。フォースが何でもありのチート能力になっているのも緊迫感を欠けさせている。

レジスタンスとファイナルオーダーの戦闘シーンなんかは迫力があって面白く、後半は流石に盛り上がってくるが、結局EP7~9通して、盛り上がったのは旧3部作に関する部分とお金の掛かった戦闘シーンだけだった印象。色々詰込んでレイとレンの関係ですら掘り下げ不足になったのはもったいなかった。EP7は面白かったんだけどなー。
なんかこうスターウォーズの世界なんだけどスターウォーズ感がない。
スターウォーズじゃなくても成立しそうなストーリーだからかな??
ただやっぱり映像と音楽は最高峰。
ma

maの感想・評価

3.5
遂に私のSWにも夜明けが来た。公開当時 せっかくだから映画館で、とTwitterの4コマ漫画せっせと頭に入れてたのが懐かしい。あのとき中途半端にかぶれず済んで良かったなー。ここまで制した身として、ドロイドたちの友情にぐっときた。何十時間と共に旅した私ももうPOと親友だよね。あとランド助けに来ると勝手に満面の笑みスイッチ入るから多分ファン。レンとレイの関係性だけ最後まで謎。
おイモ

おイモの感想・評価

3.4
JJさんが巻いた種をうまく収穫できたのではないでしょうか?これしかなかったんじゃないかと思う。
抑えるところを抑えてあり、ある程度満足もできる。しかし、それは旧三部作で構築された手法の中に入っていたものでありオリジナルとは言い難い。ある意味二次創作の域を出ない。
ファンだからこそ思う新三部作の脚本の悪さ。
旧ファンへのサービス過剰無理矢理演出。
全シリーズ通してまだ分からない謎を解明していない。
これらのことから完結というには無理があり、やはり新三部作をやってしまったことによりアナキンがフォースにバランスをもたらす者という格好良さが薄まったままですね。
でも結果、これで良かったんだと思う。
色んなリスク有りで始まってしまったものを完結させられたと思う。
単体映画としてはスコアを上げるわけにはいかない内容。
スターウォーズパワーありきでこの点数。
もっと7.8.9頑張って欲しかった。
kotop

kotopの感想・評価

3.5
ストーリーをハッピーエンドで終わらせるために撮られたような感じ
スターウォーズはメカやマシンだったりヘンテコ宇宙人だったり何かしら興味を引く要素があるけど、まとめに入っていることもあって目新しさがなかった
エピソード9(続三部作の3作目・完結)
お祭り中の惑星パサーナの子供たちかわいい
初登場のドロイドD-O(喋れる)
ライトセーバーは懐中電灯としても使える
惑星ケフ=バーの馬と戯れるBB-8&D-O
金曜ロードショー最初のこれまでのおさらい助かるわ

特段観てたけど内容がよく入ってこない感じ
キスはなぜ?親子ってこと?

シリーズをまた見直さないと、理解できるまでいかんわ
maizo

maizoの感想・評価

3.3
シリーズ最終作。

たしかに色んな人が出てきた、最後らしく。


でも色々よくわかんないなと思ったりする所もありつつ…。


レンさんはいつの間にダークサイドから抜けました〜的な感じになってるの?


そしてあの2人のキスシーンは必要かなぁ…
>|

似ている作品