スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)の作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)2019年製作の映画)

Star Wars: Episode IX

上映日:2019年

製作国:

「スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)」に投稿された感想・評価

tiga

tigaの感想・評価

-
jjエイブラムス監督の宿題。

エピソード8での、数々の酷評は十分過ぎるほど出ているので、エピソード9を迎えるに当たり、先日脚本を完成させたという、jjエイブラムスが、どう物語を終結させていくかを考えてみたい。

①レイの落しどころ
エピソード7でのレイはまだ未知数で、出生の秘密が結構意外な形で明らかになり、ルークのあとを継ぐモノ的に描かれ8は終わった。
9でカイロレンとの関係がどう発展するかで、物語は真っ二つに分かれるだろう。
エピソード8で、ライアン監督は、若きダース・ベイダーとアミダラとの描写をレイとカイロレンとの間に重ねてデジャブさせている。
例えば、若きダース・ベイダーのアナキンがアミダラに「二人で銀河を支配しよう」と言い、泣きながらアミダラはそれを拒絶。今回もカイロレンとレイは同じような会話をしている。
また、カイロレンとアナキンが仁王立ちで考え事をするシーンを同じような角度から撮影している。
ライアン監督は、アナキンとアミダラの成就しなかった関係を孫のカイロレンに同じ描写で重ね、jjにその顛末を任せたのではないだろうか。
その場合、レイは、9の冒頭からカイロレンを男女の関係で強く意識させる可能性があり、またその逆で、ダース・ベイダーと同じく狂気に堕ちたカイロレンをはじめから突き放した描写になるかで物語は二手に分かれていくだろう。

②カイロレンの落しどころ
先に書いたように、カイロレンが救われるとしたらそれはレイとの関係が発展する以外に道はないだろう。
スターウォーズ3では新たな希望があってのあのラストだ。このまま、暗黒面でカイロレンが死んで終わる場合、はっきり言えば、ハンソロやルークは、無駄死にとしか言いようがなくなる。また、もう出演の叶わないレイア含め、3人の死はカイロレンの劇的なライト面への回帰をもってしか報われないと考えられる。
その場合、すでにファーストオーダーのリーダーとなるカイロレンは、エピソード8のラストで、冷ややかな殺意を持って見つめていたハックス将軍により、早々に謀反起こされる(それも結構ボコボコにやられる)可能性あり、その中で光明面に目覚めていくのではと思う。

③レン騎士団はどこに
エピソード7、8であれほど重要な描かれ方をした割に全く現れなかったこの方々。
ファーストオーダには、いなかったか、描かれておらず、またレジスタンス側にもいないとなると、ルークの寺院をカイロレンと飛び出したあと、カイロレンについていけずに、離脱した。しかし、もちろんルークのもとにも戻れず、名もなき流浪者として生きている可能性がある。
9では、驚きの形で登場し、物語の鍵を担ってくれないと、元も子もない。

④スノークの正体
簡単に死んだこの人。雑すぎた8での扱い。もしやライアン監督はこの人についてはjjに全てお任せするつもりで明かしてないのではと。だとしたらせめて、9では正体を明らかにしてほしい。

⑤フィンとローズ
この二人の発展とか、いらないし、レイとの三角関係になろうものなら、劇場を自分は立ち去るだろうくらい、いらない設定、あえて書きたい、これ。

⑥ルークは現れるか
jjは既に脚本を完成のニュースが届くやいなや、マークハミルが、もうスターウォーズ卒業した的なコメントが出たとか出ないとか。これは、もしや出演はないのではと言う残念な考察に至る。

⑦レイアをどう描くか
すでにキャリーは亡くなったとはいえ、スターウォーズ的にはまだもって要の存在。どう描かれるのか注目したい。

⑧レジスタンス、ファーストオーダ、人数増えてね
ルークは最後、カイロレンに戦いは始まったばかり的な事を言っていた。9では双方援軍やキャラが増えて、盛大なドンパチを見せてくれることを期待します。

以上、独断と偏見で長々と書きたいこと書きました。読んでいただきありがとうございました。
Vertex

Vertexの感想・評価

3.3
https://vertex-net.stores.jp

https://vertexarmy.stores.jp
EP8で引っ掻き回してくれちゃったけどちゃんと着地点は作れるのか。
エイブラムス監督に期待します。
前作の違和感を拭い去ってほしい。
前前作で浮上した疑問に答えてほしい。

2019年か…明日観たい。
個人的に好きなJJ監督なので、期待してます!!公開はまだ先なので、どうなるのか、わかりませんが、楽しみです
masaki7

masaki7の感想・評価

-
○新キャラは魅力的だけど、脚本にコピー&ペースト感のあったJJのエピ7。

○その続編になり、良い意味で伝統を壊しまくったライアンのエピ8。

○そしてJJが監督の席に戻ってくるエピ9。
今作でライアンの壊したシナリオを、得意とするコピー&ペーストでどう脚本を作るのか?
そして、自身のエピ7の謎の伏線を修復と回収をしていくか?
(覚醒の老人、レン騎士団、ライトセイバー何処で拾ったか、ベイダーが始めた事とベイダーのマスク)

それが愉しみ。

ヨーダが雷で燃やしたかに見えたが、レイがファルコンに隠し持っている最古のジェダイ聖典のような物語を希望します。

このレビューはネタバレを含みます

過去三部作を踏襲しているここまでの感じからして、最後はレイの胸の中でベンが

「もう救ってくれたんだレイ、、、」

みたいなセリフを残して死んでゆくのだろう、、、。

という妄想(笑)。


※今更だけど、ルークの思い出のライトセイバーの色は緑色じゃないの?(笑)
to12

to12の感想・評価

-
j.j監督頼んだぞー
どうなるか期待したい!
公開が延期しても2020年までに観たい!
IMAX WITH LASERで鑑賞予定。
YP子

YP子の感想・評価

-
コリン・トレボロウ監督...

ほんとに...
頼みますよ...

心配...
隼

隼の感想・評価

5.0
タイムスリップして見てきました
ヨーダの彼女ヤドルか黒幕やとは思いもしませんでした。