スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇の作品情報・感想・評価

「スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇」に投稿された感想・評価

初公開時から、劇場、VHS、LD、DVD、Blu-rayと何度観続けた事か
学生の頃、homestay先で買って貰ったマスターヨーダのフィギュアは今でも大切な宝物である。
SWの往年のファンには怒られるけど、おれは完全にプリクエルの方が好きです。

ていうか100倍くらいプリクエルの方が面白いと思ってる。ふつうに。

世論がなぜかアンチプリクエルしすぎて悲しい。シークエル大絶賛してる人はオリジナル寄りの人たちです。プリクエル派からするとシークエルはやばいつまらん。

つまりまとめると、おれはとにかくユアンマクレガーが好きなんだよ。ユアンなきSWはSWではない(暴論)。
今日5月4日はスターウォーズの日なのでシリーズで一番好きなエピソード5を鑑賞!!

視聴方法はディズニー+やDVDではなく、最近リサイクルショップで手に入れたVHSで!
綺麗な映像もいいですが当時の人が観ていた方法で鑑賞出来て嬉しかったですね。

これまでに何回も本作を見返していますが、何回観ても飽きないですね。
冒頭の惑星ボスでのバトルシーンやハンとレイアの関係、ルークのダゴバでの訓練、ラストのベイダー卿とルークのライトセーバー戦からの衝撃の告白と見どころ満点で本当に大好きです

そして一番お気に入りは、ハンとレイアの「l love you」「I know」のシーンでハン・ソロがカッコ良すぎます!

本当にスターウォーズがある世界に産まれてこれて良かったと思います!!

May the force be with you
Hipposky

Hipposkyの感想・評価

3.0
アナキン三部作と映像的整合性を合わせるため、CG映像追加した作品。
三太郎

三太郎の感想・評価

4.0
ルークとレイアそれぞれの運命がやがてダースベイダーとのつながりへと導かれていく様は見ていて映画の醍醐味のようなものを感じた
Rikuto

Rikutoの感想・評価

4.4
2021年62本目

修行編、激しいバトル、ボスとの対峙。確実にジャンプですねこれは。
ぴょん

ぴょんの感想・評価

3.8
ダースベーダーにひたすらやられ続ける
物語。ルークを心の中で
たくさん応援した、
●この映画を一言で表すと
 ルークが冴えない

●余韻
 ルークメインで行って欲しかったなぁ

●感想
 今回シリーズを見直しています
 順番は
 1→2→クローンウォーズ(映画)→3
 4→ローグワン→そして5
 
 うーん突然ハンソロがメインのように
 なり、ルークが無口で輝きを失った感が
 あり昔、戸惑った記憶がありましたが
 今回も違和感ありました。
 シリーズ最高傑作と名高い本作ですので
 展開は色々あり面白いは面白い。
 でも、私はキャラに感情移入できず
 ガッカリ感が勝りダメでした。
 

●気になった点
 レイア姫がやっぱり可愛くない
 いつもイライラしています
 ソロとレイアが惹かれ合うのも唐突感
 あり、なんだかなぁって思います。
 その割にルークにも気があるそぶり
 
 先にも触れましたが
 ルーク、4ではキラキラしてましたが
 5は元気ないですね。
 ルーク役のマークハミルが交通事故で
 顔が変わってしまったのが
 ルークの性格や更にはストーリー、演出
 にも影響が出たのであれば(そんな説も
 あるそうな)残念でなりません。

 何故オビワンやヨーダは
 事が起きるまでルークを修行しなかった 
 のだろう。ジェダイはいつも受け身ですなぁ
 行き当たりばったりな感じがしますね。
 反乱軍は頑張っているのに

 ダースベイダーとルークの戦いも
 123と観てくると
 もっさりしていて迫力不足
 時代劇の殺陣の方がよほどカッコ良い

●良かった点
 チューバッカとR2が可愛い
 
●採点基準
5 最高!自分史上、最高の中の一本 人に勧めるべき
4.5 とても素晴らしい! 人に勧めたい!
4 かなり面白い。人に勧めても良さそう!
3.5 結構面白かった。
3 普通。暇つぶしにはなりました。
2.5 イマイチ
2 つまらない。
1 途中で辞めたくなるつまらなさ。
0 途中で辞めた。

このレビューはネタバレを含みます

エピソード5。未熟なルークの修行。創意工夫のドロイド戦。ファルコンの機転。娯楽要素満点。ルーク対ダースベイダーのライトセーバー戦の末、知らされる真実。実は、ダースベイダーは、ルークの父、アナキン・スカイウォーカーだった。昔見た時は、エピソード1~3は無く、この真実をしり、衝撃でした。改めて、エピソード1~3から通して見た時、なぜ、ダースベイダーが、執拗なまでに、ルークを仲間に入れようとしたのか、納得がいきました。やはり、ダースベイダーことアナキンは、息子ルークを愛してたと。更に、ダースベイダーに、愛着を持ちました。あれほど愛してたパドメとの間の子。当然な気がします。ルークは、ジェダイになるには、父アナキン以上に年がいってますが、ルークとアナキンには、決定的な違いがあります。父アナキンが、才能豊かで、傲慢さが目立ったのに対して、ルークは、傲慢さよりも自信の無さが目立ちました。暗黒面には飲まれない理由となった気がします。次は、エピソード6。昔見たので、結末は知ってますが、エピソード1~3から見直してますので、きっと新しい発見があるでしょう。
moe

moeの感想・評価

3.9
たぶんめちゃくちゃ大事な回だったけど当たり前に疑問も残ったので早く見進めて解決したい…あとやっぱり音楽最高……
>|

似ている作品