スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇の作品情報・感想・評価

「スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇」に投稿された感想・評価

旧三部作の中では一番好きな作品。ルークがヨーダに教えをこうシーンや、ベイダーとルークの対決や衝撃の事実、そしてレイアとハン・ソロの「I love you」「I know」のシーンなど、後世に語り継がれる伝説のシーンが目白押しである。
話の筋が分かっていながらも、毎回衝撃を受けてしまうのは、やはり素晴らしい作品のなせる技なのだろう。
4と6のブリッジ部分に当たってて、一本の映画としてみると中途半端なんだけど、一人一人のキャラクターが生き生き描かれてる。名言が多い。スノースピーダーのデザインがイカしてる。
RyoIoi

RyoIoiの感想・評価

5.0
さすがに高校時代の英語教師が40回以上観た映画だけあって最高。話の筋だいたい覚えててもおもろい。
KengoObana

KengoObanaの感想・評価

3.5
・ルークが父親と戦ってることを知った時の心の叫び
・初めて見た時は「え!?ハンソロでもライトセイバー使えるの!?」って混乱した

懐かしさを感じる作品、いいね
スターウォーズ 帝国の逆襲 特別篇
1997年のバージョン

ホスでの攻防から小惑星帯でのチェイス、ラストのベスピンまで盛りだくさん

今回はミレニアムファルコンがずっと調子悪いw
みんな俺は悪くないw
ヨーダが初登場
悪友ランド・カルリシアン男爵も登場

名台詞、「愛してる」「知ってるさ」はアドリブで有名
そして吹き替えではなぜかハン・ソロが関西弁使います
「おおきに、ご苦労さん」

ヨーダの訓練でルークの腕をつまむところ最強にツボなんです
CGには無理な、パペットにしかできないシーン

数えきれないぐらいみてるなあ〜
ろーね

ろーねの感想・評価

3.7
ハンソロかっこいい。ちょっと小馬鹿にしつつも守ってくれるハンソロ系男子に弱い人は多いと思う。笑

このレビューはネタバレを含みます

 帝国軍が同盟軍をグイグイ追い詰めて、ルークはジェダイマスターに、ソロとレイア姫はダースベイダーの追っ手から逃走する話。

 雪と氷の惑星から始まるアクションシーンにそこからみんな散り散りになって、それぞれのパートに別れて描かれていきますが。全体的に暗い画面にルークの修行の展開としても暗いし、スターデストロイヤーから隠れ続けるファルコン号もひたすら隠れ続けるものですが。これがとても面白かったです。
 ヨーダが住むおぞましい惑星に雲の上の空中都市。場面場面のビジュアルも広がりがあって冒険物として魅力が膨らんでいたと思います。
 そして暗闇の中で青と赤のライトセーバー戦のカッコよさ。
 
 話として繋ぎのため、これからというところで終わりますが。内容が凝縮されてとても面白い映画でした。
JJ

JJの感想・評価

3.5
改めて見ると、『最後のジェダイ』はこれを踏襲してるのかなぁ、と思います。

ハン・ソロがずいぶんとナンパなヤツに。
元祖・壁ドン?
とはいえ、どんどんと主役級の扱いに。。。

そして有名な告白シーン、あんなにさらっと言ってたんだと逆にびっくり。初見の時は内容にビックリしたんですがねw
多分スター・ウォーズシリーズの最高傑作
前後の繋ぎとゆー難しい立ち位置ながら、ルーカスの恩師?アーヴィン・カーシュナーは教科書通りの手堅い演出ぶりを披露
十分な予算を巧みに使いきり、抜群にスリリングな展開で、次作への期待を持たせる繋ぎ役を全うする
結局現在に至るも、本作を超える作品はなく(個人的には)、今も昔も最高のスター・ウォーズとして、頭の中では君臨中(笑)
新シリーズに期待するも、新シリーズの繋ぎは…全然ダメだし(笑)
3作目の大化けを期待するしかない
ハリソンフォードの
i know
だけでも価値がある映画。
しかもこれアドリブだったっていうんだからもうほんとに…
>|