スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還の作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還1983年製作の映画)

Star Wars Episode VI: Return of the Jedi

製作国:

上映時間:133分

3.9

「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」に投稿された感想・評価

「フォースは信じる心に宿る」

やってしまった~~~帝国の逆襲だと思って本作みてしまった~!全然帝国逆襲しないやん、むしろフルボッコやん。って思ったし大団円エンドだったから、ケースをよくよく見たら、エピソード6だと…?!

まあ、面白かったのでよしとします。
腹を括って、次に遡って、帝国の逆襲を見ます。

ハン・ソロが石像になっとる…!
ジャバ様はミュージカルがお好きなようだ。似合わん。見苦しい。

レイア姫はソロと恋に落ちて、とっても綺麗になりましたね。エピソード5を見てないわたしは完璧に「チューバッカ→ソロ⇔レイア姫←ルーク」の式が成り立ったと思っていた(笑)
おおっと~お?ここで血縁の発覚!!!

「ルークは我らのものとなる」
?!闇落ちさせて何させようっていうの?!
正義と悪は表裏一体。物事を極めれば、悪へ転じるのも容易いのか…
しかしスカイウォーカー親子を我がものにしたいなんて、皇帝はとんだド変態だ!

ベーダー卿のハートフルな一面を見てうるっときた。こりゃ絵本が売れるわけですね…

あとあのかわいい熊みたいな生き物最高。本作一番の見どころ。
Aka

Akaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

突っ込みどころ多すぎない?(笑)
とりあえず序盤のジャバザハットの宴会のGCと着ぐるみとサーカスは統一してほしいし、ジャバザハットは絞殺とかいう物理的な死に方するし(笑)
ダースベイダーも腕切れただけで死ぬの?(笑)
あとルークは実の父ってこと以外に何の恩もない極悪ダースベイダーをなんで殺せないとか言って義理堅いの?(笑)
最終的にダースベイダーは陛下裏切って投げ落とすっていう物理的な方法で殺すところもはてなすぎる(笑)
フォース使って防げるだろって(笑)
ルークたちはダースベイダーに完全勝利したってことでいいのかな?

ストーリー的にはレイアがルークの双子の妹ってことにはびっくりしたけど
前作よりは話の内容わかりやすくて面白かったかな、、、、
KEI

KEIの感想・評価

3.9
Hulu期間限定配信!

ダースベイダーお疲れ!

最後のシーン ジェダイが現れてくれるところ幻想的で感動した泣
わずや

わずやの感想・評価

3.5
これがなければSFが何年遅れていたことか?それは日本のアニメも同じ
hyuGa

hyuGaの感想・評価

5.0
帰ってきたジェダイと共に、死の惑星を破壊せよ。

旧三部作完結編、鑑賞後は必ず素晴らしい作品だったと一息つく。
父を救おうとするルーク、善と悪で揺れるベイダー、愛し合いながらも戦うレイアとソロ、それらを助けるR2-D2等の仲間たち……キャラクターもファンも愛に満ち溢れた、映画の中心のような作品。
SUI

SUIの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

クライマックスのダースベイダーとルークの死闘の際「父さん、どうか、助けて」と言われて普通に助けちゃうとか、ダークサイドに堕ちた残忍なダースベイダー、息子にはめっちゃ甘い。

この壮大なストーリーが父と子の物語というのなら、些か矮小で肩透かしだけど、まあいい。
でも、ルークがあっさりとダースベイダーを父と認めるところや、ダークサイドにどっぷりと浸かっているはずのダースベイダーがルークのためにそれまで仕えた皇帝をあっさり投げ落とすという展開は、ご都合主義というか、軽薄すぎる。
そして皇帝がびっくりするほど弱いという衝撃の事実。

[スターウォーズ]という作品に対して持っていた、シリアスで重厚なスペースオペラの名作というイメージは、残念だがただの虚構だったようだ。
スターウォーズっていうほどスターでウォーズしてないし、キャラの個性や関係性はそれほど掘り下げられていない。
映像のディテールにはこだわっているけど、物語のディテールは練られているとは言いがたい。

もちろん[スターウォーズ]という作品に対する期待値が高かったというのもある。しかし、1作目「新たなる希望」を見た時点で次作に対する期待値を少し下げ、2作目の「帝国の復讐」を見たとき更にだいぶ下げた。それで3作目「ジェダイの復讐」を見ても、薄っぺらくて洗練されていないという印象は払拭できず、評価すべき点はほとんど見つけられなかった。

ep4~6の旧3部作の総合的な感想は残念ながら期待外れのひと言。

一応三作とも途中で断念することなくすべて見れたので、特別つまらないということは無いのかもしれない。
しかしながら、何度も繰り返し見たいと思うような作品ではなかった。
All you need is loveだ

悪になるのにも理由があってそれを知っちゃうと嫌いになれないな
mis

misの感想・評価

4.0
イウォーク族かわいい(><)

レイア姫、ラストで衣装がめっちゃビッチ!
パコ

パコの感想・評価

4.4
さいっこう。
まさかダースベイダーが死ぬなんて、、まさか最後いい人で終わるなんて、、
やっぱり親子は親子なんだなと思いました。面白かった!!!
KIHO

KIHOの感想・評価

3.5
いよいよ旧三部作の最終章。ルークとダース・ベイダーの決着の時!

エピソード4ではまだまだ娯楽作品のスターウォーズシリーズでしたが、前作では大きな人間ドラマが垣間見られ、このエピソード6はロマンスや親子の関係をも描いたスペースオペラに成長しました。しかし、それでもなお、ジャバ・ザ・ハットの怪物に襲われたり、森で小動物たちと一悶着あったり、楽しい寄り道をしつつ進んでいくストーリーにスターウォーズらしさを感じます。

物語のラストシーンは世界に平和が訪れたことに対するダンスパーティ!しかし、どうにも浮かばれないのが主人公のルークです。世界に平和をもたらした最後のジェダイでありながら、父であるダース・ベイダーとは死別し、物語でのヒロインであるレイア姫はハン・ソロに取られてしまいました(というか兄弟だった。)。「うーん、なんだか報われないなぁ」とスッキリしないクライマックスですが、それもそのはず、まだ全9部作の6作目なのです。まだ中盤なんですよね。このお話はまだダースベイダーの物語が終わったにすぎません。ルークの魂が解放されるのは昨年公開された第8話までお預けということになっています。

そう考えると、次回作の9話がどんなクライマックスになるのか、今からワクワクしてしまうのですが、まずは、新三部作(エピソード1〜3)を見てダース・ベイダー誕生の秘密を繙かなくてはなりません。

フォースと共にあらんことを
>|