スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還の作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還1983年製作の映画)

Star Wars Episode VI: Return of the Jedi

製作国:

上映時間:133分

3.9

「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」に投稿された感想・評価

lily0x0

lily0x0の感想・評価

3.8
☆(自分用なので雑)めも覚書☆
冷凍されたハンソロ、捕まっちゃったレイヤ姫、うーきー(チューバッカ)たちをジャバさんから助けるべくルークが乗り込む。
騎士になったのか、無敵なのかと思ったけどフォースの力使いこなせてないのかまだまだなのか普通に弱いのかわからないけどルークも捕まっちゃった。
気持ち悪いへんてこな生き物ばっかり。
ジャバさんの口から出てる緑の気持ち悪い
レイヤ姫はなぜかビキニ姿で鎖つながれてる。笑
ランドくんもすっかり仲間みたいになってるね。
なんとか脱出成功。

ヨーダ死んじゃった、普通に弱々なおじいちゃんになってる😣
900歳とな!
そこからのおびわん登場、まさかのレイヤ姫妹だったのか!(双子の)
びっくり仰天👀👀

くま?みたいなキャラ登場
レイヤ姫がすぐ手なづける
もふもふ持ち上げるのかわいい
なぜか神と崇められるC-3PO。
仲間になる、協力して戦う。

ルークダースベーダーと対決。
父の善を信じる。
はーひたすら泣ける。
姫のことも愛していたよと。
かっこいい。
最後はハッピーエンドなのに、やっぱ泣けるなあちゃんとパパだった、、

この辺までくるとほんとにR2D2、チューバッカもだけど可愛さが増してきたなー
(ただのロボットと毛むくじゃらだと思ってたけど)

123も楽しみ
おやつ

おやつの感想・評価

3.2
強いと思っていた賞金稼ぎが穴に落ちて死んだり銀河一強いと思っていた男が穴に落ちて死んだりする作品。

1983年公開とは思えない程楽しい。
イウォーク族の赤ちゃんが可愛い。

壮絶なフォースバトルを期待してはいけない。
終わってみれば壮大な親子喧嘩。

やけに露出度が高いレイア姫は最高☆☆☆
るな子

るな子の感想・評価

3.6
ライトセーバーでの戦いを見るのが好きなので、そこが一番見てて楽しかったです。
昔はライトセイバーのシーンのフィルムに一つ一つ穴を開けて光を透かして…というような作り方をしていたと聞き、衝撃を受けました。背景の宇宙も実は絵だよ、と教えてもらったり…。アイデアがすごいと思いました。
れいか

れいかの感想・評価

3.3
前半はうーんって感じやったけど、後半は感動しましたね🥺親子!!
けど、呆気ない感じもしましたね笑
もうちょっと戦闘シーンが見たかったかな?
次はハンソロ見よ〜
わんす

わんすの感想・評価

3.6
終盤からスターウォーズ

あまり面白くなかった。。
最後の最後に若きダースベイダーがルークを見守るのは鳥肌がたったけど、それ以外自分的には面白くなかったかな...
noritakam

noritakamの感想・評価

4.2
最好映画。085 「スターウォーズ」1977年。
エピソード4とか、「新たなる希望」とか名称はどうでもよくて、最初に公開されたこれが一番好きです。一番回数観たのはパート3(epi6)です、実は。公開当時は小学校2年生で、怖かった思い出の方が先に立ってます。宇宙には中東みたいな風景が広がっていて、宇宙船の戦いも地上の戦いもあるんだ!!って。怖いのは最初の酒場でハン・ソロが追っ手を撃つあたりでしたが、「ジェダイの復讐」(後に「ジェダイの帰還」)1983年の頃にはなんていうことのないシーンだということがよくわかって、子どもながらに映画って時期によって見え方が違うもんなんだなぁって思った記憶あります。よく映画を見ている方には、「帝国の逆襲」が一番だと思いますが、小学生には最後に勝つ「スターウォーズ」と「ジェダイの復讐」だったんですよ。青臭くて、戦闘シーンもゆっくりで、合成線も残っていても、刷り込みは偉大です。ずっといじり続けているせいか、今はキレイになっている姿が嬉しいのか悲しいのか微妙な作品ではありますが!SFのコーナーには必ずあるはずです。 http://www.imdb.com/title/tt0076759/
tomo

tomoの感想・評価

4.3
旧三部作の最終作、クライマックスの戦闘シーンだけでも十分元は取れる。
TVでVHSに録画したのを繰り返し観たが(当時はジェダイの復讐だったなー)今にして考えればやっぱり映画館で観るべき作品だった。
りせい

りせいの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

善の心を取り戻したベイダーに簡単に投げ飛ばされる皇帝陛下。
でも、パルパティーンがあんな簡単に死ぬわけないよね、、、?
なーんてことはスターウォーズ作品ではよくある話。
まずやけに露出度の高い服で捕らわれて満更でもないレイア姫にわろた。

突然出てきたイウォークとかに最初は「ん?」と思ったりもしたけど、それでもエンディングにはやはり胸熱にならざるを得ない。

そしてエピソード7へ…
tetsu

tetsuの感想・評価

5.0
SFの魅力が全て詰まっている感じで、スリルあり、涙あり、ため息が出てしまうほど心が満たされました。こういう風に繋がって行く話だったのかー。いい時間だったー!(*´ω`*)
>|