スター・ウォーズ/最後のジェダイの作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ/最後のジェダイ2017年製作の映画)

STAR WARS: THE LAST JEDI

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:152分

3.9

あらすじ

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く、誰も観たことのない衝撃の「スター・ウォーズ」。ついにフォ ースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの出現は何をもたらすのか?そして、“光”と“闇”の間で揺れ動く二人を待ち受ける“衝撃の運命”とは?

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に投稿された感想・評価

シバキ

シバキの感想・評価

3.5
いろいろとつっこみどころが多くて気になりました
スターウォーズっぽくないのか、、??
カイロレンが主役なのかってくらい出てくるのも気になるし、色んな人にスポットを当てすぎてて内容が薄い感じがしました

何はともあれ初めてこのシリーズを映画館で観たので、あのOPを生で聞けたことに満足しました!!
えみこO

えみこOの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

フィンが足引っ張りすぎてちょっと冷めた...
レンとレイの繋がりが切なくてレンにも幸せになってもらいたいなと思った。最後のルークは圧巻の偉大さ!
Jun55

Jun55の感想・評価

4.0
きっと3部作なのだろう。この映画が、真ん中にあたる話なので次作の種を撒き過ぎて真意を掴みかねる部分があったのと、真ん中にあたるが故に前後を意識して詰め込み過ぎたのか。
少し散漫的な印象が残った。
映像やアクションは素晴らしいのでエンターテイメントとしては楽しめたのだけれども。
スターウォーズからは、いつも絶望的な悪の部分、闇の部分を感じるのだが、今回はその部分が少なかったことがインパクトの薄さなのだろうか。

Rotten Tomatoes(批評家)の評価は高く、ファンの評価が低い、と賛否両論になっているわけだが、その各々の観点を知ることは面白いし、そこを意図的に狙った映画なのであれば、それはそれで素晴らしい映画、ということなのだろう。
さとう

さとうの感想・評価

4.0
SWシリーズはちゃんと見たことが無いが楽しめる最高のエンターテイメント

でもつっこみどころが多くて素直に感情移入できない
ちょっと無理があることを全部フォースのせいにしちゃうの悪いクセだぞ!( ◠‿◠ )

というかそもそもなぜあんなに高機能なドロイドを作る技術があるのに人間が戦闘機に乗って闘うんですかね?
爆弾が宇宙空間で自由落下するし
宇宙戦争にしては規模が小さいし
まあさ

まあさの感想・評価

4.3
次作に繋がるストーリー

ルークの知られざる過去が明らかになり、それを全て同じ意思を持つ次の世代に託す。

ここまでは過去との繋がり、ストーリーが展開されてきたが、ここからは新章感が増してくる。

個人的にはルークがベンと戦うシーンで、ルークの圧倒的に強者感とエピソード5.6を思い出させるような構えが印象的だった。
tomo

tomoの感想・評価

4.0
吹き替え鑑賞。楽しく見れましたが、スターウォーズじゃないよねぇ😌

このレビューはネタバレを含みます

産後初の映画館!
前作は吹き替えで見たけど、今作は字幕で正解だった〜だってレイの吹き替え下手だから。

子連れだったから最初から最後までじっくり見れてはいないんだけども、やっぱり映画館で見る映画は最高。
でももう少し音量控えめでもよかったかな、普通に大迫力で、あれじゃ寝る子も寝ないわ。
今回の映画館はおむつ台もほとんどなくて微妙な場所だったから、次は別のところに行ってみたい。

ストーリーとしては、レイとカイロレンが共闘するところが一番おもしろかった。
ところでジェダイの死っていうのは何なの?
クワイガンも死んでも完全にいなくなるわけじゃないとか言ってたけど、幽霊みたいに出てこれるよってだけで別次元にいるとかそういうわけではないのかな?
封神台に飛ぶっていうよりは、ルフに還るって感じ?
そしてレイはルークの娘じゃないんかーい!
まぁアナキンも名もなき親から生まれた逸材だったし、血筋なんて関係あるようでないってことかな、フォースには。
つまり我々もフォースに目覚めるときが…!?ってことだな。

公開前から話題だったドラえもん体型の鳥みたいなやつは、大して可愛くなかった。
氷タイプのロコンみたいなやつのほうがずっと可愛いよ。

あとなんかブスとブスのイチャイチャはなくてよし。
レイとカイロレンがどうこうなるとかのほうがもっといらないけど。
私の中でイチャラブが許されるのはパドメとアナキンだけ。

とりあえず余裕があったらもう一回見に行きたい。
メイ

メイの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

12月に通常版、1月に応援上映で鑑賞しました。

R2-D2やBB-8が本当に可愛い。
どれだけ口が悪いのか時々気になりますが。
焼き鳥も可愛いけど、マスコット要員過ぎてた。

今回も沢山の人々が散っていく…。
英雄的行動に出ても結果が伴わない所が現実的な感じで苦かったです。

結局英雄になっちゃった特攻かました女性、登場が突然だったのでなんか悲しむ暇が無かったです。

意味の無い行動でも、あの街の男の子にとっては良い事だったのかな。最後、箒が男の子に吸い寄せられた感じに見えたのですが、フォース持ち??今後に期待。

応援上映は暖かい声援で凄く楽しめました。カイロ・レンやハックス将軍大人気でした。
ふじ

ふじの感想・評価

2.5
前作よりはだいぶマシ。
ライアン・ジョンソンの前作ストーリーに対する否定が数多く見られた印象。
(レイの両親が呆気なく分かったシーン、フィンとキャプテンファズマとの戦闘シーンの短さなど)

ここから本題
ストーリー展開もキャラクターの個性も非常に弱い。
登場する一つ一つのキャラクターの扱いがお粗末。

そしてEP7から薄々感じてはいたが、ついに確信を得た。
「主人公カイロ・レンじゃね?笑」
というくらいカイロ・レンの主張が強い。個人的にはこのシリーズの約7割くらい握ってる感覚がある。くどすぎる。
あの情緒不安定設定はいつになったら落ち着くのか(そもそもどんな事が起こったら美形両親からあの顔の造りになるのか…今作はただ顔に海苔つけただけ、はぁ)

これまでのスターウォーズEP1~EP6、ローグ・ワンまで一貫していたものは、「各々が想う大切な人や守るべきもののために戦う」ことが大きなテーマだと思う。
がカイロ・レンにはこれといったものが無いためこのシリーズが地に足のつかない宙ぶらりんとなっている原因であろう。
これがあのダースベイダーとの大きな違いである。(フォースの強さを差し引いても)
新シリーズをカイロ・レンでストーリーを展開するならそのバックボーンを描写すべきである。

一方レジスタンスは全員キャラクターを弱体化させすぎて、手段が常に後手、幾ら何でも他力本願にも程があり、フォースはインフレ起こすし、作中のギャグも鼻に付く。
フィンとローズのシーンは丸々バッサリカットでもよい。
その代わりポー・ダメロンはまだ良かった、戦うだけが戦略ではないと証明してくれた。

そして、個人的に気になるのが
配給会社がディズニーに変わってしまったことで新キャラクター(いかにも万人ウケするような可愛い系)を無理矢理登場させてグッズなどの売り上げを伸ばそうという意図が見え見えなところは仕方がないと目を瞑るしかないのか…。
一見見た目がかわいいとは言えないキャラクターをいかに愛らしい存在にしてしまうかがスターウォーズシリーズの良さでもあったのに、残念である。

今作の評価の星は最初のオープニングBGM1.0個分、ラストの赤色の塩が吹き飛ぶ戦闘シーン0.25個分、ポー・ダメロン0.25個分、ルークのシーン1.0個の配分とする。

最後に余談
次回作はまたJ・J・エイブラムス監督と聞き、きっと観に行くであろうが完全に蛇足である。
やつい

やついの感想・評価

3.8
嘘っぽい動物とか出て来ると、テンション上がる。
チープな物こそが、スターウォーズって感じ。

内容はどうでもいい、この世界に浸れるのが幸せ。子供の頃を思い出して、オラわくわくすっぞ!
>|