スター・ウォーズ/最後のジェダイの作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ/最後のジェダイ2017年製作の映画)

STAR WARS: THE LAST JEDI

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:152分

3.8

あらすじ

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に投稿された感想・評価

JASMINETEA

JASMINETEAの感想・評価

3.3
🎬『#スターウォーズ最後のジェダイ 』
今年初映画はスターウォーズでした〜✨
いや〜、賛否両論になるのは仕方ないわ笑
正直ストーリー構成やキャラクターの使い方に疑問に感じてしまう点があって、観てる途中で「えっ?」ってなる笑
ちょっと詰め込みすぎかな?って観てて思っちゃった😅笑

でも前作よりコミカルになっててめっちゃ笑える🤣✨👍笑
ネタバレになっちゃうから言えないケド、個人的に嬉しいシーンがあったり、戦争について考えさせられるような事もしっかり描かれてて、今までにないスターウォーズを生み出そうとしつつ、今までのスターウォーズの良さを残すという難しいチャレンジをしたんだなと感じた👏✨
BB8はめっちゃ優秀で可愛いし、
ポーグは可愛すぎた💕💕💕
結果良いか悪いか評価するのは難しいケド、楽しめたからファンの方は観てから評価して欲しいかな?笑
後、色んな意味で次回作が楽しみ笑
ぺんぺ

ぺんぺの感想・評価

3.5
観よう観ようと思ってて、やっとレンタルして観ました(笑)
レイの髪型と、チューバッカがウルウルしてる鳥を見てるところが可愛かった♡
ストーリーは今までよりも軽く感じ、サラーっと観れました。
レンタルした時は、何度か観ることが多いのですが、1回ぽっきりの鑑賞でした…。
そして、スターウォーズはエピソード1が一番だと思いました。なんといってもアナキンが可愛いし、私のお気に入りなジャージャーもいる…1が観たくなってきた…

このレビューはネタバレを含みます

次回作の予告が公開されたので観賞。

私自身はスター・ウォーズシリーズのファンではないのだが、世間で否定的な評価が多くなってしまったことを理解できる。
それ程までに過去作の紡いできた軸から大きく外れてしまっている印象。
これまでになかった新しい試みを感じられるのは好印象なのだが、細部が雑な故にツッコミどころが多い。

フォースって、こんなに万能で、数日で会得できるものでしたっけ。
ライトセーバーが、ただの光る剣に成り下がっているアクションシーンも好みではなかった。

でも、ラストにルークが登場したときはカッコ良かった。

最終的にどう纏まるのか。
レイとカイロ・レンがテレパシーで交信しどんどん心の距離を詰めていってるところに「奴との戯言はやめろ!」と言わんばかりに割り込んでくるルーク。

完全にファーストガンダムの「光る宇宙」で当時劇場で不覚にも笑ってしまった。

本国では「こんなのスターウォーズじゃない」「なかったことにしろ!」「やっぱりルーカスじゃないとダメだ」という声が噴出し、一方では従来の血統主義を否定し、スターウォーズの価値観をひっくり返した作品として肯定的に捉える声も上がった。

原作者以外の作ったスターウォーズをどう見るべきかで揺れる本国のファンボーイ。

そんな争いを何十辺と繰り返し見てきて悟りの境地に至った僕のような日本のガンダムオタクは「俺たちもかつて通った道だ」と高みの見物をしてるとかしてないとか。

僕自身はあまり好きじゃないけど、伝統か破壊か、という選択はこの手のシリーズの新作を任された作り手にとっては看過できない課題だし、破壊に踏み切った監督の決断は尊重したい。

なにより冒頭のようなシーンを30年以上経てハリウッドのビッグバジェット映画で見れたことは嬉しい。

このレビューはネタバレを含みます

Episode9のトレイラーが公開され、あらためて思うところがあり、レビューを修正します。

本作はSWのお約束を破壊して新たな世界を創造しようとしたもの、と言われている。代表例として血統主義を否定し「選ばれし者」から「庶民」の物語にしたことが挙げられている。
しかし、フォースはもともとスカイウォーカーの専売特許ではなく、ジェダイやシスのようにフォースを操る者は数多く存在している。その中でもアナキンは処女懐胎で産まれた救世主であり、特別な存在であったというだけである。
つまり、レイの出自が特別でなくても何ら問題はなく、血統主義を排除したとは言えない。むしろ、フィンやポーなど、相変わらずフォースを使える者と使えない者が存在しており、その意味ではレイが才能に恵まれた「選ばれし者」であることに変わりはない。

本作の問題は、「破壊なくして創造なし」の志が悪いというよりも、ストーリーが酷すぎる点にある。
既に多く指摘されているが、
・ルークとレイの師弟関係が希薄
・「その全てが間違っている」という製作者のファンへの意図を繰り返しセリフで直接的に演者に語らせている。しかもダサい。
・スノークの意味不明な退場
・支離滅裂なレジスタンスの行動
・世代交代どころか新主要キャラの魅力が全くない(フィンやポーを差し置いて新キャラ、ローズの大活躍)
・無駄なカジノのシーン(デル・トロの無駄遣い)
・武器商人のくだりなど中途半端な問題提起
などなど
とくに、スノークの退場については、肯定派も「当事者たちは相手の背景なんて知りもしないのだから、突然現れて突然消えても問題ない。むしろリアル」などとストーリーテリングを無視した詭弁で擁護するしかない状況だ。
カイロ・レンはジェダイもシスも否定しているから、スノークとルークが消えたことでもはや戦う理由がなくなってしまい、残された目的はレイとイチャイチャして童貞を捨てるだけになってしまった。
おかげでEpisode9では対立軸としてパルパティーンを呼び戻すハメになっている。

3部作の2作目は最終章への繋ぎのはずであり、全てを畳もうとしたことがそもそも間違いである。
ライアンは次の3部作が決まっているのだから、そこで好きなことをやれば良かった。
本作は評論家筋の評価が高いようだが、これまでのルーカス版SWのアンチテーゼ、逆張りの結果であるとも考えられ、ライアン版SWの真価は次の3部作までわからない。
issey

isseyの感想・評価

4.0
やっぱり映画館で観てよかったなーと。

改めてBlu-rayで観ても、微妙な感じ。バランスの良い作品なんだけど…?JJの7を壊してくれたんだけど……?
池田

池田の感想・評価

-
面白かった.
ちょいちょい出てくる(3回観測した)カイロ・レンとハックス将軍のショートコントがウケる.
浅

浅の感想・評価

3.6
三部作の真中。

マーク・ハミル頑張ってる。
レイアはそんな事出来ちゃうのかよって感じで笑える。

レイとカイロレンの対決も見所。
光と闇。
ルークのライトセイバーは純粋な発光で綺麗な直線的な輪郭。
に対してカイロレンのライトセイバーは炎の様にメラメラとした発光でダークサイド感を際立たせている。

とにかく、次でどうなるかって感じ。
レイはパルパティーンの子孫だと考えられるので、ダークサイドに堕ちる可能性も…。ライトセイバーの構え方がパルパティーンそっくり。
次作のライズオブスカイウォーカー予告では最後にパルパティーンの不気味な笑い声が入る。
どうなることやら。
なんか4・5・6にあるようなジョージルーカス風味のアメリカンコメディを再燃させてきたよね

1・2・3のイケイケすぎた感じからまたこっちに戻してきたのとクリーチャーのコマドリ感/着ぐるみ感再びみたいなの

僕やっぱりイケイケのスターウォーズが見たかったよ、ブラスターでピシュンピシュンやってめまぐるしいカットで駆け抜ける2や3みたいなスターウォーズをどこか期待してしまうんだよ

あと尊師いた
shou

shouの感想・評価

1.0
迫力はあったけど、ルークを発見した以外に何も進まない内容で少し残念。
当時エピソード9までの脚本が定まってない中、急いで作るしかない中仕方ないのかもしれないけど。。
>|