スター・ウォーズ/最後のジェダイの作品情報・感想・評価・動画配信

スター・ウォーズ/最後のジェダイ2017年製作の映画)

STAR WARS: THE LAST JEDI

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:152分

3.7

あらすじ

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に投稿された感想・評価

結局、カイロレンが最終的に何がしたいのか?が見えない。支配したいのか?
やっぱり長編になると終わり方が難しいよねって、すごく思いました。
究極の賛否真っ二つになった作品。
「あぁー、そういう展開なの!」
大いに驚いて、一抹の寂しさを感じた俺ちゃんです。
この後、何作品か制作される訳ですが、このEP8前と、後にカテゴライズされる事は間違いないでしょうね。
取り急ぎEP1から見直して、もう一回鑑賞する予定。



全世界巻き込んだ“ブス論争”に関しては“そうじゃないだろ”派 >>>>> “有り得ない”派
ルーク復活を拝むだけだった。

7と9を繋ぐ作品なのだろうが、なんせロードマップが出来ていなかったのが、素人目線でも分かってしまうレベル。

スターウォーズの歴史の中でも黒歴史になってしまう気がする。

このレビューはネタバレを含みます

まず最初に言いたいんだけど、ルーク。
もっとかっこいいおじいちゃんになってくれ。
じゃなかったら本人採用しなくていい。
リスペクトしてたのにできなくなる。
出演するならこれが、あれでっていう元主役。
あなたにとってはスターウォーズって
そんなもんだったのか、かなしいです。
前作の7からわかりきってたけど
、、、?、、、?、、、ルーク?って感じる。
まあラストシーンはかっこよかったんじゃない?

内容としては7からのすぐ続き。
普通なら2〜3年とか経つのにね。
最初のオープニングロールが
まさかの全部知ってるじゃん!
読む必要なくね!って感じだった。
なんですぐのつづきなの、、、、
前例にならってほしいよね。

そんなオープニングから始まって
惑星ディカーからレジスタンスは撤退する。
その時の時間稼ぎとしてポー達パイロットは
ドレッドノートを打ち落とすため爆弾を落としていく。
沢山の味方を失うことになりレイアは激怒。
一方ファーストオーダーでは撃ち落とされたことで
スノークがカイロレンに激怒。

レイはその頃ルークに会い説得する。
断るルークだがレイがフォースを持っていることがわかり
稽古をつけることに。
そんななかでレイとカイロレンは意識的に繋がり
場所は違えど会話ができるまでに。
カイロレンがルークに逆らい
他のジェダイ達を殺したことに怒り責めるレイ。

そんなカイロレンはレイと繋がりつつも
レジスタンスを追っている船体の中。
レイアが乗ってる戦艦を見つけ打とうとするが
躊躇ってしまい、他のものが撃つ。
レイアは宇宙戦艦から出てしまうが
フォースを使って無事帰還。
でも意識不明になり代わりにボルト提督が指揮。
やがて戦艦の燃料切れも近いうえに
追跡装置が戦艦についているので
それを外さないと逃げきれないことが判明。

そのことを知ったフィンが
レイに帰ってこないように告げるため
脱出を図る。ローズに捕まる。
しかしその整備士ローズとの出会いで
その追跡装置が外す方法をしり
フィン、ローズは、マズから教えてもらった
まず帝国軍の船のコード破りを探すことに。

カントニカで元々のコード破りではない謎の男と出会い
敵地へと向かう。
そしてレイもルークを連れてくことを諦め敵地へ。

カイロレンに捕まり一緒にスノークの元へ。
未だに揺れるカイロレンとレイでスノーク撃退。
カイロレンが最高指導者となる。

一方ボルト提督は一人艦隊に残り
皆を輸送船に乗せる。
隠れて他の惑星に行こうとしてるのだ。
それを謎の男が帝国軍に伝え
フィン、ローズも捕まってしまう。
だがそこからファズマを倒し無事脱走。

息を吹き返したレイアだが
そこは帰還したフィン、ローズと共にクレイトの基地へ。

ファーストオーダーはデススターの小型機のようなもので
基地ごとぶっ倒すことに。
それを阻止するためフィンが突っ込むが
そのこと自体をローズが突っ込んで阻止。
キスして意識を失い、基地は壊される。

そこへルーク登場。カイロレンとの戦いに。
その間にレイア達は洞窟の抜け穴を見つけ
レイが迎えにきたファルコンで逃げる。
ルークは実はフォースで見せた
幻影だったが限界が尽きて死亡。

ラストシーンは、
惑星カントニカで虐待レースを受けていた
動物の飼育をしている男の子が
レジスタンスの指輪をつけて夜空を見上げるシーン。

ラストシーンとっても好き。
とっても好きだけどこの男の子は関係ないし
ディズニー映画って感じがして
今までのスターウォーズとは異なる。

今までとは違うって思うと
フォースの使い方?そんなのできるの?
って強く思うシーンがある。
見た人全員同じだと思うけどレイアの宇宙遊泳。(笑)
なぜ?なぜ?なぜ?疑問点しかない。

あとスターウォーズって死ぬときは死ぬ。
って私は思っているので
そのレイアのシーンも、死なないの?って思ったし
フィンが突っ込んだ時も、死なないの?って思った。
死ねよとは思わないけど
スターウォーズの世界観としては
そこ死ぬのが正解ではないかなって思った。

新キャラも出てきだけどポーグ!かわいいね。
ローズ!まあ酷評されるだけある。
なぜキスした?っておもったし
フィンと帝国軍からかえってきたとき船から降りて
残りはこれだけ?って言ったの腹たった。
いやお前何しにいったんだよ。
余計なことしてるからだろ。っておもったし、
どんなことがあってこうなったのかわかんの?
ボルト提督はお前らより立派だったよ。
ってかやっぱボルト提督の死に様が
スターウォーズって思うよね。かっこいい。

エピソード8が酷評されるのわかるし
私もん?って思うシーンはおおかったけど
これがスターウォーズって飲み込んでいる。
そして大好きなスターウォーズだから
黙って何回も見るし、あの世界観はだいすきだよ。
まあボルト提督が死ぬとこは特に。

ってか話変わるけどカイロレンどうした(笑)
お前どっちなんだよって思うし
パパは殺せたけどママは殺せないんかい!

拓人

拓人の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

レイがダークサイドに堕ちないのは分かってるけど、底知れぬ力とそれを制御できない感じがハラハラした。カイロレンは確実に反乱軍側に来るなって思う。なんたってハンソロとレイア姫の息子で、所々で優しさ見せてくるもん笑
もう一度見直さないとちゃんとしたレビュー書けないなあ(俺、いままでちゃんとしてた?)と思ってたけど、なんかもう2回目観るのは、、、後でいいかなあ。

気に入った作品は連チャンで観ることでより理解が深まるし、一回目とは違った視点を必ず持てるものだけど、んー今回はいーか。

全体としては、そのシーン(例えば子殺し、子じゃないか)はもういいから早く次に行こうよ!ってとこと、そこはもっと掘り下げようよ(例えばむらさき髪の命令を反するものの少なさ)ってとこがあべこべにやってきて、なんだかなあ。

ポーの冴えまくりのリーダーシップ、レイのフォース力と吹っ切れた表情、フィンの男気バリバリでめっちゃ大活躍してる反面、

レン…どうしたよレン…

今の場面では結局どっちなの??


レイとの対話シーンは毎回レンの立ち位置がどっちつかずで、敢えてその描写にしてるならもうちょい心情変化に深みがほしいし、せっかく切り替わる表情してんのにここで場面編集変わる?ってとこあったし、

最後すぐにレンに隷属したハックス将軍にしても前半でボコボコで帰ってきたレンの横を素通り??なんかもっとこう、あるだろう?ライバル意識あったんなら。


アダムドライバーの眼輪筋ピクピクシーンはさすが!だったがね。

ルークもそう。心境の変化するまでシーンが長尺の割にはあっさり…長尺中ほっとかれてるチューイも鳥と遊んでるだけだし。


三部作のつなぎとしての脚本力や、ちょっと雑に感じた編集力を疑われる作品な気がする。

次作でいったいどうなっちゃうんだろうってEP5観た時は思ったもんだけどなあ。

今作は色々その場で解決しちゃっててなんか残念ーでした。


よし!これで9作全部見終わったー。こんだけ舌が動くのも好きだからこそなんだろうなあ。
Takaki

Takakiの感想・評価

2.7
150分もかけて話がほとんど進んでない気がする…。しかも殆どが徒労。

キャラの行動とか魅力も薄いし、何より宇宙に生身で飛ばされたのに戻ってこれるのはさすがにやりすぎでは…?

エピソード9でどうなるのやら…。
anise

aniseの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ルーク歳とっててわかんなかった。
立ち向かうニューチルドレンの面影あって次が楽しみ。
may the force be with you.
K

Kの感想・評価

5.0
【スターウォーズ エピソード8】

・暗くする。大音量にする。純粋な気持ちで観る。ワクワクする。少年になる。冒険する。これだけでいい。

・スカイウォーカー家の血と意志。実は物語の中心にいるのは、ルークスカイウォーカー。スカイウォーカーの意志がどう受け継がれるのかという部分に着目していた。また、反乱者としての意志がどう受け継がれるのかという部分にも着目していた。

・それぞれ、死を通じた意志の伝承や消失があ?(スノーク、ルーク、ハンソロ、アミリンホルド、レイア(生きている)、ポーグ、ペイジティコ、ローズティコ(生きている?)等々

・カイロレンは意志を伝承できなかった=全てを失ったと思っている(内から外へ抜けていった)→スノーク、ハンソロ、ルーク。自分の手で壊してしまった。→精神は新たな世界へ向かう→更なる闇落ち。→レイア頼み

・レイはルークの死(消滅)により、スカイウォーカーの意志を受け継ぐ(パルパティーンの血筋の否定)→ジェダイへ

・ハンソロ→レイア、チューバッカ
・ホルド→ポー、レイア、反乱軍(象徴)
・ポーグ→チューバッカ(道徳)
・ペイジ→ローズ
・ローズ→フィン


・最後の希望とも言える、意志の伝承。
・エピソード9のスタート準備。
>|

似ている作品