スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナスの作品情報・感想・評価・動画配信

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス1999年製作の映画)

Star Wars: Episode I - The Phantom Menace

上映日:1999年07月10日

製作国:

上映時間:133分

3.8

あらすじ

「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」に投稿された感想・評価

エピソード1になって
面白さが加速してきた!
一気に見てるからこそ分かるあれこれが
楽しい!
sharko

sharkoの感想・評価

3.8
アニメのクローンウォーズ観て、観直してる。スターウォーズシリーズ映画だけだと理解難しい…
エピソード1あんまり面白くなかった気がしてたけど見始めたら面白かった

ちびアナキンかわいくて共和国として活躍微笑ましいけど、何十年後の彼はブチ切れる方の立場だと思うと怖いデス
新キャラではダースモールがいちばん良かった

影武者のキーラナイトレイは最後の方で行方がわからなくなった謎

ETがチラッと確認できる。元気そうで何より?
スピルバーグ監督のETにヨーダ(仮装)が出ていた。そのお返し?
Fujtarou

Fujtarouの感想・評価

3.6
ジャージャービンクス個人的にめちゃくちゃ好きなキャラなんだけどなぁ..🤔
zardboowy

zardboowyの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

スターウォーズ新3部作の1作目だが、作品は4作目となるスペースオペラ映画
ジョージ•ルーカス監督が創設したLucasfilmで制作され、監督•脚本はジョージ•ルーカス

遠い昔、はるか彼方の銀河系で...
通商連合との貿易関税率の交渉に2人のジェダイが特使としてナブーへ派遣される
しかしドロイドに襲撃され、連合軍がナブーヘ武力行使をしようという目論みを知り、密かに連合軍の降下艇に乗り込む
道中出会ったジャー•ジャー•ビンクスと共に拘束されていたアミダラ女王を救出し脱出に成功するが、船が損傷し近くの惑星タトゥイーンに降り立ち、部品を揃える為にそこで出会ったアナキンにポットレースに出てもらい部品を取引してもらう
その仮定でクワイ=ガンはアナキンが「フォースにバランスをもたらす者」だと確信する

1977年のスターウォーズから22年越しのルーカス監督による始まりの物語、何度も観てるが今観ても面白い、ストーリーから世界観、アクション、スケールまでこだわってる作品だと凄く伝わってくる!
ライトセーバーでのジェダイとダース•モールとの戦いがかっこよすぎて、子供の時にシスの佇まいや衣装が好きでここから黒が好きになった気がする、オペラ映画って称されてることを今まで知らなかったけど改めて観ると音楽があって映像に緊張感や壮大さなどがより含まれているって気付けた、スターウォーズの音楽はやっぱり最高

このレビューはネタバレを含みます

旧三部作を観てからの鑑賞。
長らく期間があいてからの作品だけあって、映像が滑らかで綺麗。
なんと言うか今回はアニー回…笑


オビワンの髪型地味にツボやなぁオシャレ!
ジャージャー可愛い…笑
グンガ・シティの芸術性の高さすごいな…ビジュアルも綺麗し謎の技術のアイデアがめっちゃいい…。
スターウォーズの凄いところって町並みも住人も類似する作品がないところなんかな…色々濃いキャラがおってもバランスがとれる…
R2…君はいつでも天才的に可愛いよ…
アニーとパドメの『Are you angel?』の会話が尊い…
アニーの自分が出来ることなら見返りを求めずに力を貸してあげるところ…心が綺麗すぎてギューってなった。
完走したことがないって分かった時のパドメの顔がリアルで笑ってもた。

アニーの賢さとかポッドレースのパフォーマンスが、映画やと分かってても格好良すぎて、何回も観て何回も応援したくなった。

晴れて自由の身になったアニーが目を輝かせながら言う『I wanna do it』…。
レースが始まる前から想定できた母との別れ。ポッドレースでの興奮。未来への希望や憧れを持ったアニーの笑顔。母の真剣な声。
アニーがお母さんは一緒に行けないのかと尋ねたり、何度も何度も母に抱きつくシーンを観てると、涙が溢れて止まらなくなって、心がどうにかなっちゃったのかと心配になるくらい泣いた。

ダース・モールとの戦闘シーンはほんまにカッコイイ。ライトセーバーの配色…なんて分かりやすいんや…片方出してから時間差で反対側の赤いのが出てきたとき興奮が凄かった。変則的でパフォーマンス要素多いのにちゃんと戦ってる感満載なのが最高やった。

最後のパレードの時に髪短くしたアニーの破壊力がやばい。普通にめちゃんこカッコイイ。

全体的に胸アツなシーンが豊富でずっと面白かった!全キャラ顔が良すぎるて。笑
どんどんスターウォーズにハマっていく感じがする。こら好きな人多いはずやわ。
レースシーンがとにかく最高だし、ラストのオビワンの戦闘シーンも最高

動きもかなり激しくなってるし、前作までのようなチャンバラごっこには見えない。めっちゃ回転しながら空中ジャンプするしかっこいい。
Nanami

Nanamiの感想・評価

-
なんかもう段々観るだけで楽しい…

絶対100万人が思ってるけどナタリーポートマンかわいい!!
【soutaの映画つぶやき No.688】
"スター・ウォーズ エピソード1 / ファントム・メナス"


共和国への侵略を企む通商連合からアミダラ女王を救ったジェダイの騎士クワイ=ガンと弟子オビ=ワン。二人は砂漠の惑星で並外れた才能を持つアナキンと出会う。


"スター・ウォーズ" シリーズ。
新三部作(プリクエル・トリロジー)一作目。

アナキン・スカイウォーカー、はじまりの物語。
エピソード4〜6(旧三部作)を知った上で、今回の新三部作はルークの父親アナキンとこれまでの歴史を辿っていく物語で面白い。C-3POの生みの親が意外だった!!

クワイ=ガンが一番好きなキャラクターになった。オビ=ワンとの師弟関係が良い。フォースに均衡をもたらす者としてアナキンの才能を信じたクワイ=ガンが、彼を訓練していたらどうなっていただろう。勿論オビ=ワンは力不足では決してないけどやはり考えてしまう。

ダース・モールとの対決。ライトセーバーの殺陣が凄すぎる。ずっと手に汗握ってた。アナキンのレースシーンも最高だし、全編抜かりない面白さだった!!
み

みの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

旧三部作は展開のテンポが駆け足と見せかけてその実話全然進んでない、みたいなトロさにヤキモキしてたので、今作は丁度良く観られた!撮り方というか構成の組み立て方全然違うような気がする
旧三部作より政治色強く、陸上戦メインになったのが大きな特徴かもしれない。なんとなく繰り広げられるスペクタクルに身を任せていれば楽しめるのは相変わらずだけど、対立構造が分かりにくくて度々困った。
ライトセーバーの殺陣が格段にかっこよくなってる〜!ワイヤーアクション使った空中の動きが増えて、動きの立体感が増した感じ。スピードも早くなってる。ダース・モール殺陣上手すぎているな…新三部作の強敵だと思ってたので、即死穴落ちで悲しかった。
そしてそして、石岡瑛子さんのアミダラ姫衣装が視聴目的と言っても過言ではない……シーンごとに衣装変わるのは予想外なのでちょっと笑ってしまった。唯一無二。独自の文化。メイクからもう好き。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品