怪物はささやくの作品情報・感想・評価

怪物はささやく2016年製作の映画)

A Monster Calls

上映日:2017年06月09日

製作国:

3.8

あらすじ

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようにな…

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようになる。これは夢なのか現実なのか?怪物の正体は?そして、少年が最後まで語ることを恐れる真実とは―?

「怪物はささやく」に投稿された感想・評価

いきなり本題!って入り方のまま、定められたゴールへと1つ1つ段階を踏んでいく構成なので、一見唐突な「怪物」と「物語」がわかり易くはあるのだけど、最初からそういう話だとわかりすぎる気もする。主人公コナーが囚われた罪の意識とそのセラピー的過程を、ある意味正しく解説されているような感じなのだ。子供の視点で容赦なく辛い現実を体験しつつ、同時に大人の視点でそれを癒そうとする。映画は最終的にカタルシスへと導かれるのだが、たぶん小説でじっくり想像力を働かせる方がよりヒーリングを実感できそうな。
とはいえ、タイトルバックや劇中アニメ、イラストの数々は本当にゴージャスで美しい。そして、デイン・デハーンをそのまま子供にしたようなルイス・マクドゥーガルくんが文字通り心の痛みと格闘する様は、あまりにも痛切。リアルに鮮やかに子供心を語りつつ、そんな心情は大人でもあり得るものだ。一方で、解説書的に感じるのは、怪物が核心を喋りすぎるせいかもしれない。
のみ

のみの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

イマジナリーフレンドも友達であることに変わりないんや…
junkon9880

junkon9880の感想・評価

4.0
孤独な少年と怪物による魂の駆け引きを幻想的な映像で描いたダークファンタジーです。
パンズ・ラビリンスが大好きな映画の私としては絶対に見たいと思い行ってきました。
映画はずっとダークですが、かなり好きなです。
主人公は13歳のコナー。子供にはうけとめれないであろう現実がつぎつぎと彼にやってきて、彼の心はパンクしてるんだけど、必死に冷静でいようとする彼は、みてて痛々しいんだよね。怪物が途中からでてくるけど、この怪物が少年の心そのもので、また、母親の死後、母親が少女時代に書いていたスケッチブックをみたとき、この母親の愛の深さを知り本当になけました。
ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」のフェリシティ・ジョーンズが母親役なんだけど本当によかったなー!!
Ryo

Ryoの感想・評価

4.0
不都合な真実を認める覚悟
不可能な状況を良くしようと努力しようとするより、現実を受け止める強さを身につける。


今作の三つの物語含め物語とはほとんどが創造された嘘の物語だ。しかしその嘘が真実を語ったり人生の教訓となるのは非常におもしろい。


ー三つの物語が表すものー
不都合な真実を認める覚悟
1つ目は「人類は単純な善悪には分けれない」
2つ目は「自らの信念を捨て去ってはならない」
3つ目は「注目を浴びるために目立つ事しみんなが自分を見ると、前以上に孤独を感じる」
4つ目は「抱きしめることによってその人から離れられる」

4つ目のストーリーはママが早く死んで(ほぼ確実に死ぬとわかっている状態)この辛い状況から抜け出したいという思い。それを告白することで現実を受け止める強さが身につく。

ー怪物の正体ー
怪物が来た理由ーコナー自身が呼び、母の死を受け入れられるためにやってきた。怪物が出現する12時7分は母が亡くなる時間であり、悪夢を見る時間である。
おそらくあの怪物はコナーの祖父です。祖父はキングコングが好きで娘の部屋にもフランケンシュタインの人形を置いています。その血を引き継いでるのがコナーとコナーとお母さんです。だからお母さんにも怪物が見えていた。

怪物を演じたリアームニーソン。祖父であろう写真に写っていたのはリアームニーソン。さらにラストのイジーの絵本の中の「女の子を肩に乗せる怪物」の絵の構図とニーアムリーソンが少女を抱えてる写真と似ていた。


ー怪物にリーアムニーソンを配役した意味とはー
リーアムニーソンの妻ナターシャ・リチャードソンは、2009年3月16日にカナダ・モントリオールのスキー場でスキー中に転倒した。帰宅後、彼女は激しい頭痛を訴え、ニューヨーク市内の病院に入院した。その後、昏睡状態になり脳死状態になった。2日後の18日、事故前の本人の希望に従い、人工呼吸器を含めた全ての生命維持装置が取り外され、彼女は45歳の若さでニューヨーク市内の病院にて死去した。次男である13歳の息子はコナーとほぼ同い年。その年頃の男の子が母親を失い辛さを癒す役をリーアムニーソンがやるのはかなり重要です。


ー怪物が伝えたいこととはー
’’人間の心は、毎日、矛盾したことを幾度となく考えるものだ。おまえは母さんにいなくなってもらいたいと願った。一方で、母さんを助けてくれとわたしに懇願した。人の心は、都合のよい嘘を信じようとするものだ、しかし同時に自分をなぐさめるための嘘が必要になつような、痛ましい真実もちゃんと理解している。そして人の心は、嘘と真実を同時に信じた自分に罰を与えようとするのだ。’’ー原作より

死と生の間でもがいてるのが辛いコナーに正直な気持ち、真実を受け止める覚悟をつけてもらいたかったから。母親にもう死んで欲しいと願ってる気持ちを。
sugar

sugarの感想・評価

4.2
まだ13歳の少年には抱えきれないほど辛く孤独な現実。主人公の表情や行動の一つ一つに胸が締め付けられる。抱える怒りや悲しみをさらけ出す姿そして笑顔を見せた時、涙が流れた。
アニメーションは見たことないくらい綺麗で繊細で素晴らしかった。作品全体の美しく物悲しい雰囲気が好き。
稲村

稲村の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

12:07
isa

isaの感想・評価

4.8
はっきりいって少しも期待せず、「上映開始時間がちょうどいいから」という理由で観た映画。
参った。
主人公の少年の演技がとんでもないのだ。
日本のテレビドラマなどに出演する子役はどこまでも純粋であることを求められるように思うが、主人公のコナー役であるルイス・マクドゥーガルは子供にあるまじきというほどに自虐的でギラついた手をしていた。そして、受け入れがたい運命に少年の素直な気持ちを叫ぶようなシーンの堂々たる迫真の演技に泣かされてしまった。
彼はとてもいい俳優になるのだろう。とても楽しみだ。
ゆえん

ゆえんの感想・評価

3.3
建前と本音と、潜在意識と偽善と、人って色んなことを内に秘めながら過ごしているよな、と改めて感じました。

主人公のコナーはとても素直で実直な性格なのだろうな、と思いました。
"真実"を秘めていたことで気づかぬ内に罪悪感を覚えていたり、そこから罰せられることをどこか望んでいるような描写があったり、自分に嘘をつけない子なのだと感じました。
真っ直ぐすぎて不器用なのだな、と微笑ましく見てしまいました。


コナーをいじめる子に対してLGBT的な視点を持たずにはいられませんでした。
スクールカーストに縛られている年頃な上、未だに「ヘテロが正しい」とされる社会全体の固定観念に縛られているが故に「自分をゲイにさせる要因=コナー」を否定し攻撃的になることで自分自身の"正常性"を確立しようとしていたのかな、と。
自己同一性の確立にやきもきする時期でもありますし、いじめが良くないのは絶対的な倫理観として持ち合わせていますが、なんだかいじめっ子の子に対しても一抹の切なさを感じてしまいました。
miyabi

miyabiの感想・評価

3.0
何だろう?解らない。何処かで 見たような?見てないような?
あれ、怪物?確かに。でも、夢?現実? の 訳ないか。
結局、真実とは 何⁉️
>|