怪物はささやくの作品情報・感想・評価・動画配信

怪物はささやく2016年製作の映画)

A Monster Calls

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:109分

3.7

あらすじ

「怪物はささやく」に投稿された感想・評価

やや難しい話ではあったが、少年が自身の中にある葛藤や矛盾をきちんと認めることがテーマなのかと思った。
母親との最後のシーンは少し泣けた。
きょ

きょの感想・評価

3.7
善と悪、白と黒の極論しか知らない子供が、物語を通して人の複雑さや矛盾に気づいてくストーリー。
とにかく映像が美しい。
リーアム・ニーソンの声もええ。
映像が綺麗
ギィィィみたいな樹の音苦手

自分に向き合うこと大事
moviemovie

moviemovieの感想・評価

3.3
共感能力が低い私にはこの映画の何がそこまで良いのか分かりません。
前半の怪物が語り始めた時はファンタジーがあまり好きでない私はつまらなかった。
童話だなぁって思って観てたら童話だったんですね。
後半は良かったけどなぜ怪物の木なのかよくわかりません。

このレビューはネタバレを含みます

少年コナーの鬱屈としたストレスを語ること (ナラティブ) によって解決するというストーリーラインの映画でした。
映画の中で起きている出来事はさほど起伏に溢れたものではなく、母親の病状が徐々に悪くなりそれに少年が向き合うというものです。ですがここに怪物の派手な登場シーンやアニメーションで描かれる物語が加わり、現実で起きている出来事以上の印象を残してくれます。
スタッフロール直前の静寂も心地よい余韻を残してくれ、非常に良い映画でした。
難解な映画という評価もされているようですが、「怪物の正体は祖父」ということだけ理解できれば物語の構造は非常に単線的で、特に難解な部分はありません。「ナラティブ」がテーマになっているようでしたので、映画の内容が実は少年がナラティブを通して再構成した過去の語りだったのかなと思いながら見ていたのですがそこまで複雑な話ではなかったようです。
また、最終的にコナーは「罪を自覚しているから罰を受けたい」という願いがあることが分かるのですが、しかしそれまでの彼の行動は異常なまでに鬱屈として攻撃的です。そのため、彼に感情移入できずずっとモヤモヤした感じを抱きながらの鑑賞でした。
パッと見てパッと理解できるエンタメ映画ではありませんが、彼の心のうちを色々と想像する上では非常に楽しめる映画でした。
ことえ

ことえの感想・評価

3.6
後半ボロ泣き
暴力性が所々感じられたのがこわかった

ママが弱っていく姿がみててつらかったな〜

リーアム・ニーソン声良すぎ💯
Anteater

Anteaterの感想・評価

3.7
病弱な母と暮らす少年。
ある日、近くの丘のイチイの木から怪物が現れ、少年に3つの物語を語り始める。
「4つ目は君の悪夢について語れ。」と言われた彼は、かたくなに拒んでいたが…

児童文学の実写化らしいけど、私には正直よくわからなかった。
「自分の気持ちに素直になれ」って言いたいのかな?
アニメーションとリーアム・ニーソンが演じたという怪物は良かった。
Hase

Haseの感想・評価

3.4
リーアム・ニーソンが怪物の声をするってので気になってた作品。
内容は知らずなんか冒険ファンタジー的なのかと思ってたら、全然違った!
みんな辛い。でもよかった。
怪物の語る物語を通して、善と悪だけではないこと、人の持つ二面性などを学び成長するコナー。
踏切のシーンもよかった。
そしてラスト。おじいちゃーーーん!
CHまち

CHまちの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

《作品概要》
母親がガンになり、学校ではいじめにあう孤独な少年コナーは、ある日イチイの木の怪物に出会う。そして怪物は3つの物語を語り、「4つ目の真実の物語はお前が話せ!」とコナーに迫るのだった……。 ※同名児童文学を原作とするダークファンタジー映画。

《感想》
・ラストで母親の描いたイラストに怪物の肩に乗る幼い頃の母親が描かれていた。

・怪物の木が墓地に生えていた。

そこで怪物の正体が、昔に亡くなったと思われる母親のお父さん(コナーのおじいちゃん)だということに気がついて胸がジーンとしました。

娘や孫が心配で出てきてくれたのかな?このことを分かった上で、2回目また鑑賞してみると違った印象を受ける作品になりそうで、いつかまた見返したいです😊

ストーリーも勿論面白かったんですが、子役の演技にも心惹かれた作品でもあった。

死期が迫った母親を受け止めきれない心情や、学校内でのいじめに対する苦悩をうまく演じきった子役の演技が素晴らしい。

映像もとても綺麗で、これは映画館で観たかったですね〜😆

ダークファンタジーでありながら、胸が熱くなるヒューマンドラマで、非常に私好みの作品でした。
ダークファンタジーは苦手なジャンル。12:07になると木の怪物がコナーに3つの物語を聞かせに現れるお話💁‍♀️📖この怪物の声がリーアムなんだけど、めちゃ渋でかっこいい🥺🪵物語も人間の真実をついてるというか…とにかく深いのだ🤔水彩画タッチなのもいい✨善と悪の中間にいる人がほとんどっていうのがすごい納得した。まさにそうだと思う。
自分とも母とも祖母とも向き合えたのは空想か現実か分からないあの怪物のおかげかな💭病院のシーンはグッとくる🥲きっともうコナーは手を離さないはず🤝
最後の母のスケッチブック、祖父がリーアムの点からあの怪物はおじいちゃんでもあったのかな?3つの物語を母も幼い頃に聞いてたとか?まあでも、何か分からないままの方が素敵なこともあるよね🤫シー
>|