怪物はささやくの作品情報・感想・評価

怪物はささやく2016年製作の映画)

A Monster Calls

上映日:2017年06月09日

製作国:

3.8

あらすじ

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようにな…

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようになる。これは夢なのか現実なのか?怪物の正体は?そして、少年が最後まで語ることを恐れる真実とは―?

「怪物はささやく」に投稿された感想・評価

あいり

あいりの感想・評価

2.9
パンズ・ラビリンスが本当に大好きだから見たんですけど、想像してたものより全然ハッピーな感じで物足りなさを感じました…。母と子の愛の物語は好きなんですけど、もうちょっとダークファンタジーっぽさを出して欲しかったかな…と。現実と夢を彷徨い、本当のことから逃れようとするのはパンズ・ラビリンスもこれも一緒なんですけど終わり方が違ったかなと思います。パンズ・ラビリンスの方は夢から醒めないまま楽しく溺れ続ける、本作は真実を受け止めて前へ進む、という終わり方で、私は…パンズ・ラビリンスの方が好みでした。
Naareesan

Naareesanの感想・評価

4.5
携帯いじりながらダラダラ見てたら全然感動できなくて、再度集中してみた、ら、良かった。
フロイトによれば、「夢」は日常生活で抑圧しているものが、歪曲されて出るという。その「夢」が、へんてこな内容だったり、あり得ない内容だったりするのは、あまりに現実味が濃いと、刺激が強すぎて夢から覚めてしまうからなのだと。大学で習いました。
sw

swの感想・評価

4.0
「もっと自分を大切にしろ」
人生の節目で大事な人に言われてきた言葉。

未だにその意味は分からない。

この映画を見て、なんとなくだけど腑に落ちた部分が。

自分を許して、自分自身を愛してあげないと、本当の意味で人にやさしくすることなんてきっと出来ないんだろう。
こういう系は泣いちゃう〜〜っ
大切なのはxxに生きること
後悔しないようにね。(・.・*)
12:07
パッケージ映像に惹かれてファンタジー大好きの私がレンタルした作品でした。

それでも、期待したファンタジー色よりも家族愛、親子愛を訴えるヒューマン系の要素が強い作品でした。

学校ではいじめられ、家庭は両親が離婚し、母親が癌に侵され余命はかない状態の少年が主人公。母親の病が重くなり少年は祖母の家で生活する様になり不安定な心情になる。

そんな時、少年の前に“木の精”が現れ少年の不安な思いを但していくのだがいくのだが・・・・・

字幕鑑賞でしたが“怪物”の声をリーアム・ニーソンが担当していて、その響きがとても心地良い物でした。

怪物との会話により少年の心が次第に成長していく過程を丁寧に描いた良作だと思いました。
Rucola

Rucolaの感想・評価

3.9
母と子のストーリー絡みの作品は、ダメですね...感情移入し過ぎて。
涙が止まりませんでした。
涙腺崩壊!!!

映画館で観ればよかったなと思う、映像や世界観も良かったです。
この監督、「永遠のこどもたち」や「インポッシブル」と家族がテーマの映画が続いていましたね。次作は「ジュラシックワールド」の続編のようなので、それもまた気になります。

りょーこさんから、原作も合わせて読むと良いと教えてもらったので、原作読みつつもう一度観たいなと思いました。
nori

noriの感想・評価

-
母親ががんに侵されて、ほぼ寝たきり。
主人公の少年は、母が深い穴に落ちそうになるところを助けようとするが手を離してしまう夢を何度も見る。
それで起きると、12:07分。

彼は絵がうまくて、学校に行っても、絵ばかり描いている。
そして、いじめっ子に痛い目に遭わされる毎日。

アメリカから父がやってきたが、一緒には住めないと言われる。

窓から見える教会のほうを見ていたら、そこに生えている大きないちいの木が怪物になり彼に話かけるようになった。
彼がする話は3話。
4話目は主人公にしろと言う。

話を聞いたあとの彼は、今まで、やったことのない行動に出ていた。
きっと、彼の中にたまっていたものを吐き出していたのだと思う。

そして迎えた母の臨終。
彼は、それから逃げることばかり考えていた。
が、受け入れることができた。
母にも怪物は見えていた。
亡くなったのが12:07分。

その後、祖母の家でもらった自分の部屋。
そこには母のスケッチブックが。
その通りのものが現れていたのだ。
見せていたのは、母だったのかもしれない。
主人公も前に進めるに違いない。

怪物の声はリーアム・ニーソン。
祖父の写真もリーアム・ニーソン。
協力してたのかもしれないな。

空想好きの少年。
悪くないと思う。
母の夢を彼が叶えてあげることができることを祈りたい。
ぶんご

ぶんごの感想・評価

4.0
僕の苦手なファンタジー系ですが凄く良かったです。学校の授業とかで流して欲しいです。
モンスターは心中の自分。現実から目を背けず、きちんと向き合うことの大切さを教えてくれました。

このレビューはネタバレを含みます

怪物は母が遣わせたものであるというのが私なりの考察です、人間は矛盾を抱えた生き物なんだよと、母に助かって欲しいと願いながら苦しみから早く逃れたいコナーの矛盾と罪悪感に、間違ってなどいないんだよと母は怪物を通して伝え、救ってやったのかなと

祖母がコナーと私の間にある共通項は母の存在だという話を車でしましたが、怪物とコナーをつなぐ共通項もまた母の存在であったことがラストシーンの意味するところでしょうか、そして祖母が見ていたビデオの中で二人が一緒に描いていたのがあの怪物だったとしたら辻褄が合いますかね、怪物が話す物語もコナーが幼い頃に母親から聴かされていたもので、それがコナーの記憶の奥深くに根付いていた…というのがギミックなのかな?怪物は母が遣わせたもの、というのはファンタジー的な見解というか言い方になりますね

そして怪物が現れる「12:07」は母が旅立つ時間だったのかなと、ここはもしかしたら乱暴な繋げ方かもしれませんが

ズシンと来る良き映画でした、映像も素敵だった!怪物カッコイイ、最初は怖いけれど最後の病室のシーンではとても優しい
ちなみにお父さんにはイライラしました、いつだって子どもは大人に振り回されてばかりですね。うちは狭過ぎるじゃないよ全く、その癖妹にお前を会わせたいとかご都合主義にも程がありますね!!?

あと、いじめっ子のシーンに関してはちょっと難しいのですが、罪悪感から誰かに罰して欲しい→いじめっ子に視線を送るなどして積極的に仕向ける→いじめっ子がコナーの母の病状を知り同情して手を引く→僕は透明人間じゃない!(腫れ物として扱うな!)という所なのでしょうか、ちとわからんです
>|