怪物はささやくの作品情報・感想・評価

怪物はささやく2016年製作の映画)

A Monster Calls

上映日:2017年06月09日

製作国:

3.8

あらすじ

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようにな…

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようになる。これは夢なのか現実なのか?怪物の正体は?そして、少年が最後まで語ることを恐れる真実とは―?

「怪物はささやく」に投稿された感想・評価

RYO

RYOの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

重い!

いじめられっ子で母子家庭で、しかもその母親もガン?で治療中って設定盛りすぎじゃないですかね?

主人公の男の子は聡い子で内に全部溜め込んじゃう子だったけど、最後は本心で話すことが出来て良かった。
結局木は内なる自分自身って事で良かったのかな?

木が話していたように、大事なのはしがらみなんか考えずにどう行動するかと言うことを伝えたかったんだろうけど、それを語るには設定が重すぎるなぁ。
日本人なんか兎角そういう子が多そうだから、教材なんかにも使えそうだけど、見終わった後に少し鬱々とした気持ちが残るのが難点。

ただやっぱり最後には救いが欲しかったなぁ。。。
映画をレンタルするときには必ず大好きな胸糞系と素直に感動出来る浄化用を合わせるのですが、これは完全に後者としてレンタルしました。
しかしながら想像以上に難解で、正直途中寝落ちしてしまいました。笑
最近単純な映画を観過ぎなせいか、比喩表現が多いと理解が出来なくなってる気がします。

しかしながら、怪物の語る物語の描写がひたすら綺麗で、これだけでも観てよかったと言える程でした。
水彩画とCGアニメが混ざった様な表現でこのまま作られた映画を観てみたくなるほどでした。
こめ

こめの感想・評価

4.1
怪物はささやく、っていう、怪物なのにリーアム・ニーソンの声で優し気にささやくの?みたいな、タイトルが、
この作品の中で語られた4つの物語と同じく、物事はそう簡単に勧善懲悪ではなく、複雑で、単純じゃないんだよーってのを誠実に表してて素敵。

CGのイラストレーションがとても温かみがあって素敵。でも3つめの話だけは映像無しで口頭で済ませたのも、もうこの少年の物語ですよ~って物語ってて好き。
お母さんの顔、どっかでみたことある~~って思ったらローグワンの!!!そりゃあ好きだわ!!と思った。あとイギリスの学生の服装かわいい。

部屋をめちゃくちゃにされたおばあちゃんの反応も好き。誰も少年に罰を与えようとしないのが罰になっている。主演の子の演技が素晴らしかったので今後また活躍してほしい。
この作者の冷静、というか客観性に優れたモノの見方が好きだったので、原作も読みたくなりました。

好きな台詞
孫の部屋に勝手に入って支度するばーちゃんに対して孫「何も触らないで」
ばーちゃん「精一杯努力するわ」
ひろむ

ひろむの感想・評価

4.0
映像もそうだけど、登場人物の心も綺麗。
絵の具の表現が素晴らしい。
内容としても、ダークファンタジーということで、人生良い事ばかりでないというのが良かった。
すばらしいファンタジー。怪物が出てくるまでの描写というか、現実からファンタジーにうつりこむ描写からすばらしい。絵の具を基調としたオープニング、物語の描写も良い。怪物が木ってのもいい。グルートやん、アイムグルート以外話せてるやん、って思ったけど、そんな突っ込みなんて吹っ飛ばすくらい美術がすばらしいし、このファンタジーの深みは木だからこそ。

現実とファンタジーを行ったり来たりする作品はよくある。だけど、こんなにもファンタジーが現実に、人の心に寄り添う物語は見たことがない。時計や絵の使い方も印象的で、あまりに物語が優れている。優れた物語に応える映像、美術、演技、音楽も見事。
nico

nicoの感想・評価

3.5
大切なママは病気で、パパは一緒にいてくれないし、おばあちゃんは仲良くなれない、学校にも居場所がない。
いろんなことを我慢しているコナー。
はじめはただの物語なのかと思ったけど、コナーのための物語を話す怪物。
4つ目の物語、それはコナーが話す物語。
悲しい話だったけど、それを乗り越えるための物語。きっとママも、聞いた事のある話、、?
SF通称サイエンスフィクション!日本語に翻訳すると空想科学になりますが、どこかその王道を行く本作。モンスターと少年の関係がメインですが、両親の愛やおばあちゃんの冷徹さも描かれています。空想に関してはよくする方です。例・ローグワンで敵を倒した時のフィリシテイ・ジョーンズなんかかっこいいですね。たまりませんね。空想になっていないか?ところで本作ではフィリシテイ・ジョーンズが可愛いですね。ベリーショート大好きです。日本人でショートが似合う人といえば、波瑠さんとか思いつきますが、あとはわかりません。海外テレビドラマだと”キャッスル”のケイト・ベケット役の女優さん好きですね。アニメとかゲームとかよくわかりませんがまあわかったふりしててもあれなんで・・・。あと本作には元祖強い女性ことシガニー・ウイーバーが出てます。そしてリーアム・ニーソンが声で出演してます。兄さんの声もナルニア以来でしょうかね?映画を見てる側がどこまで空想についていけるかも一つのポイントです。最新の視覚効果を使ったモンスター像も必見です!
観ては寝てしまって3日かけて努力して観たけどいまいち集中して観れなくて点数つけれない感じでした。すみません😢⤵️⤵️たぶんいい映画な気がします
mocho

mochoの感想・評価

3.9
すごくよかった!!
パンも彼が主演すればよかったのに

声だけであの存在感さすがですリーアムおじさん
人生は勧善懲悪のお伽話のように
均衡の取れた世界では無く
いつのまにか
人生の矛盾 不合理 理不尽 等々……に押し潰されてしまう

まだ13歳の少年にとって
直視するには残酷過ぎる現実を乗り越える為に
語らなければならない少年自身の第4の物語とは

イチイの木の怪物に促され真実を受け入れ
人生を受け入れる 少年

少年コナーを演じたルイスマクドゥーガル の
切実な表情に胸が締め付けられる

実写とアニメーションを上手く組み合わせた映像が美しく
絵本の中に入り込んだような感覚
原作本📗読んでみたい

* DVD鑑賞
>|