怪物はささやくの作品情報・感想・評価

怪物はささやく2016年製作の映画)

A Monster Calls

上映日:2017年06月09日

製作国:

3.8

あらすじ

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようにな…

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようになる。これは夢なのか現実なのか?怪物の正体は?そして、少年が最後まで語ることを恐れる真実とは―?

「怪物はささやく」に投稿された感想・評価

ぷりん

ぷりんの感想・評価

4.2
素直に面白かった。

この映画のいいところは、
人間がもつ複雑性を、複雑な環境のもとで、
少年という複雑な視点から描いていながら、
それらが、見事にきれいに収まっているところ。

すばらしく、大小異なる歯車たちが、
巧みにひとつの物語を動かしているようであった。

人間って汚いんですよね。
自分の都合のいいように、
世界を見たり、見えてないフリしたり。
ほんとは自分が悪いのに、
自分を省みず、なにかのせいにしたり。

でもそういうところがあるから、
人間って美しいんですよね。
Risa

Risaの感想・評価

4.5
DVDにて鑑賞。
逃げ出せない苦しみと怖さを乗り越える。
怪物は愛だったのよ。
名演技に泣いてしまった。
ゆーな

ゆーなの感想・評価

4.0
とても切なくて悲しい。

人間って難しい生き物。

12:07。

いろんな人に見て欲しい。
すんま

すんまの感想・評価

3.8
どの物語の結末も理解できてしまった。子どもの彼が抱えているのは、怪物がいう誰しも持ちうる“矛盾”。人間には善と悪があり、嫌われ者でも正しいこともあり、孤独を恐れても孤独になることもある…物語を通じて彼が理解していく矛盾は、人間にとって当たり前のもの。自分の中にある矛盾から目を逸らしていた彼が、真実を話したときようやく前へ進める。お母さんとの会話が泣けた。
アリサ

アリサの感想・評価

3.5
良かったし、グッとくる話なんだけど怪物のビジュアルはパンズラビリンスの方がすぎ
Chiarums

Chiarumsの感想・評価

3.5
子役の男の子、ユニークで印象的な顔立ちと雰囲気でこの作品の主人公としてハマリ役だと思う。

病気の母親、厳しい祖母、遠く離れて暮らす父親との関係、そして学校でのつらいいじめ。
多感な少年にとってほんとにヘビーな環境。
夢みること。空想すること。
大木の怪物は自分の心を守る為に必要だったんだね。
そして夢だけど、夢じゃなかった。
ユーキ

ユーキの感想・評価

3.0
少年と対話する怪物。

映画で語られる童話と、学校生活、不仲な祖母、薄情な父親、病気の母親。


少年の孤独さが切なかった。
あぁ、分かる…。という、納得の物語。泥水を濾過して、きれいな水を取りだせることがわかれば、それで良いのだ。
そぴ

そぴの感想・評価

3.9
「言葉が出ないほど怒ったことを後悔しても気に病まないで。言わなくても全部分かってるから。」
床に伏す母親が幼い息子にかけた言葉が切なかった。
KANAWO

KANAWOの感想・評価

3.3
序盤は えーっしまった!ちょっとゆっくり系の映画かな?と思ったけど
CGアニメがかなりかなりすごい!綺麗だ〜〜
と途中からは見入ってしまった。

同じシチュエーションも少し体験したからちょっと思い出してしまった。
自己投影と体験によって感想が変わる映画かなあ。

演技と雰囲気がすごくいいので涙腺にはキたけど…オススメする人は選ぶ感じかな
>|