シークレット・オブ・モンスターの作品情報・感想・評価

シークレット・オブ・モンスター2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:

上映時間:116分

3.1

あらすじ

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の…

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・評価

るじ

るじの感想・評価

2.8
監督の意欲作なんだろうなっては思った
半分以上眠りこけてしまった
りぃ

りぃの感想・評価

3.0
白いブラウスワンピの寝間着が太陽光で透ける少年のボディライン…
あらすじちゃんと知ってからじゃないと分からなかったけど、少年の名前が最後の最後でわかって将来こうなったんだ!というのは驚き

このレビューはネタバレを含みます

独裁者の幼少期を描く作品。
少女のような彼が歪んでいくには、あまりにも十分の動機がある。無数の民衆が自己を裏切ったこと。一人では悪魔になれなくても、大勢なら善を忘れられる。想像する余地を残しながら、散りばめられたピースが1つになる時、少年は悪魔になった。監督ブラディ コーベットはすごいことするなぁ。
先にアクション系を観たせいか、内容が複雑すぎて頭に入ってこなかった。。。
絵が綺麗なカットは何シーンがあり
dee

deeの感想・評価

-
むっずかしかった
少年含む全体的な絵面がめちゃきれいなことは堪能できた。
kikiさば

kikiさばの感想・評価

3.5
ともかくトム・スウィート少年がうつくしい。うつくしいこども、どんよりした天気、冷たくほの暗い御屋敷、とヨーロッパならではの陰鬱映画の王道をゆく感じ。
後半おばあさんが復讐鬼になる展開だったらおもしろかったのになあとちょっと思いました。
朝子

朝子の感想・評価

4.4
深読み系なのはうっすらと認識。
が、ぼーと観ていて、教会前ごめんなさいごめんなさいの公開処刑完全トラウマ事件で、
ハッと覚醒。
美少年が出てきた最初の場面まで巻き戻し。
白い衣装の天使。
そう、この子は天使だったのだ。

独裁者の幼少時代、怪物の秘密 を
しっかり念頭におき、再度観賞。
特に美少年の目線で思考。

「環境」「養育」「性質」
画面の外側の真実。
要約するなら、愛の欠如。

あらゆる場面で、
トラウマの種を蒔く。たくさん。
怪物は?たくさん。

美少年の性を認めた老婆は?
承認欲求が満たされた後は?
真実を叫ぶ。
美少年の名が母親から発せられる時、
初めて知る事に涙する。
時既に遅し。拾った小石で。

ここで、白い服の美少年は死ぬ。
倒れた体から芽吹く。順調に育つ様が見えるよう。
かつてない花が咲き誇るだろう。

全ての人々が、幼少時代に呼ばれなかった、その名を讃える時、パズルのピースが瞬く間にはまる。
完成したパズルは独裁者の顔。
美少年は鏡に映る己の顔に、
その都度、何を思ったのか。

パズルは脆く、歴史上、必然にバラバラになる。

しかし、種はどこでも蒔かれている。
もう既に蒔かれている。
暗く澄んだ子らの瞳に。
カツマ

カツマの感想・評価

3.5
金切り声のように狂い咲く音楽と螺旋状のカオスに目眩がしそうだ。ほとんど説明がないため実話をもとにした話かと錯覚しそうだが、原作はジャン・ポール・サルトルの『一指導者の幼少時代』であり、実は完全なるフィクション。20世紀最悪の独裁者アドルフヒトラーをモデルに恐怖政治へと至る一つのルートを不気味な暗闇と共に魅せる。ある少年が家庭内の不和を蓄積させ、その狂気を解放するまでを描く。今もどこかで独裁者は育成されているかもしれない。創造力を働かせれば働かせるほど恐ろしい映画である。

教会に石を投げつける少年。彼はアメリカから移り住んできた一家の一人息子で、彼の父は第一次世界大戦の後処理として条約締結へと赴いた政務補佐官であった。両親との関係は決して良好とは言えず、少年の心の拠り所は仲良しのメイドと密かに心を寄せるフランス語の女性教師だった。だが、次第に少年への干渉を強める母親の存在と、高圧的な態度で迫る父親の存在は、彼の中の狂気を目覚めさせていくことになる。

劇中で少年の名前がなかなか呼ばれないところが怖い。そのせいで彼は実在する独裁者なのでは?という生々しい連想が可能になってしまうからだ。過剰なまでに恐怖を煽る軍歌のようなオーケストラと、ハッピーエンドなどあり得ないほどの漆黒の画面が、戦争へと転げ落ちていくその最初の一歩をおどろおどろしい作品へと仕立て上げた。ラストの怖さはかつてのナチスドイツではなく、現在の北朝鮮を彷彿とさせてしまう。現在進行形の恐怖がこの映画には詰まっているのだ。
>|