シークレット・オブ・モンスターの作品情報・感想・評価

シークレット・オブ・モンスター2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:

上映時間:116分

3.1

あらすじ

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の…

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・評価

ring

ringの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

音楽が緊迫しててなんか嫌が上に見入ってしまうけど
思ったほどの内容ではなかったです
最後もよく分からない(笑)
背景がベルサイユ条約ってなだけで
ただの家庭崩壊ドラマの様な気もする
両親は絶対お互い浮気しとったやろ
家庭教師が乳首触られて怒ったけど、絶対おとんにその乳首触られてるはずや!
オカンもチャールズ(?)と浮気しとるやん!
ってかあの子はチャールズの子やろ!
その辺の想像は掻き立てられた
そこだけね
それ以外は単調にみたけど…
気分がいい映画ではない
ぶん

ぶんの感想・評価

3.7
自分おかしいのかなぁー!
これ結構好きかも…

音楽のせいかも知れないけど、凄く不安でドキドキする感覚が、始まってから終わるまでずっとあって何か大変な事が起るんだろうなと思ってもなかなか起こらず、最後にドーンとショッキングな結果になっていきなり終わった。唖然となりました。

政治的な背景がよく分からず入って行きずらかったけど言いたい事はよく分かった。
政治情勢と子供の反抗。これが何故同じレベルの同時進行で進んでいたのか最後で理解した。

こわいです。
さあや

さあやの感想・評価

1.0
「何が少年を独裁者へと変貌させたのか」というキャッチフレーズに惹かれたけど、曲がっていく子供の成長が映るだけなのに突然独裁者になられても納得いかない 不透明すぎるし唐突すぎる

このレビューはネタバレを含みます

音楽が仰々しくて不気味で不快。内容も時代背景や宗教が絡むので更に難解になっていて、あまり理解出来ず。

親の愛情の欠如は名前を呼ばれないことからも明白で、危険な独裁者の英才教育してるようにすら見えた。
大人たちの内面的な汚さを知ってるプレスコットは、信仰だとか表面的に取り繕う両親には嫌悪感しかなかったのだろうし、居場所も無ければ自己否定される彼が可哀想だった。


ここからは自分なりの想像だが、冒頭の階段を降りてくる場面は、天から舞い降りた天使みたいな印象だったけど、終盤の階段を登って倒れた場面は、その天使が死んだというか昇天したように感じた。そして彼は堕天して悪魔として蘇ったのかな。
石でガツンと殴る場面は、ダビデとゴリアテの話を思い出した。あと、途中の蛇は堕落させる象徴だし、家の壁が剥がれてるのも家族が崩壊しそうな象徴なのかな。
じえり

じえりの感想・評価

2.5
期待値が高かったけど眠気に襲われた
面白味が全くない
子役が人形のようなとてつもない美少年それしか印象なし
nIa

nIaの感想・評価

2.5
映画の中身自体は決して悪くはなかったと思う
これに関しては広報宣伝が全ていけない いい加減勉強してほしいものだ
K

Kの感想・評価

2.8
最後まで観られたけど、肌が合わなかった。
saori

saoriの感想・評価

2.6
少年か耽美に魅せる。
あととにかく夜のシーンが暗闇過ぎて目がやられた。
不穏な
ご一家を破滅させることに
残りの人生を懸けます
えーこ

えーこの感想・評価

3.1
ヒトラー、ムッソリーニ、スターリン…
彼らはいかにして独裁者と化したのか。
短編「指導者の幼年時代」に発想を得たオリジナルストーリー。
ヴェルサイユ条約締結から第二次世界対戦勃発までを描いている。

"子供は皆生まれながらに天使である"
と言わんばかりに羽を付け、
天使の格好で現れるブレスコット。
降誕劇の稽古なのだが、これから始まる悪魔誕生の物語を揶揄するかのよう。

"一人では悪魔になれなくても、
大勢でなら容易に善を忘れられる"
ダミアン的な怖さを期待してたんだけど、
子供ならまーありがちな癇癪。
「僕より好きなの?」
両親は自分に無関心、しかもW不倫!?
家族の団らんはなく、いつも独りぼっち。
かまってほしくて、わざわざ事件を起こすんだろーな。
やっぱり愛情を与えられずに育った子は、
冷淡な子になると思う。

"ぼくをみて、ぼくをみて、ぼくのなかのかいぶつがこんなにおおきくなったよ"
自尊心だけは大きくなって、
屈辱は許さないっ
絵本を読むシーンは怪物の片鱗を見せ、
ちょっと怖かった。

あれは予知夢だったのか。
ラスト、ん?チャールズ…??
えぇー、あー、そーゆーことか、、

なんか序破急の"序"だけを観たような、、(笑)
散々、仰々しい曲で煽っといて、これで終わり??
独裁者となるのも唐突で説得力がないなー
実在の人物を描いてるんじゃないんだから、
実際の映像を挟むのもしっくり来ないし、
意味深なアイテムをちょいちょい入れてきて、
作り込み過ぎもシラケる。
映画の雰囲気は好きだっただけに、
いろいろ思わせ振りなのが残念。
>|