シークレット・オブ・モンスターの作品情報・感想・評価

シークレット・オブ・モンスター2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:

上映時間:116分

3.1

あらすじ

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の…

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・評価

ゆめ

ゆめの感想・評価

4.0
雰囲気とてもいい。カットごとの絵が絵画調で何個かオマージュ的なレイアウトが見られた。
ただ、アクションとかそーいう系が好きな人は退屈で寝ちゃうかも。
私も独裁者とか、歴史とかはあんまり興味をそそられないので好きな人はかなり好きな映画なんじゃないかな。

伏線がおおい。というか監督が観客に伝えたい事が多いなと感じた。考える映画なんかなあと。

だから少し見てて疲れてしまった。
体力を使う映画。
442234

442234の感想・評価

-
メモ
音楽がストーリー
精神病が発症した時のよう。
世界観が好きな人にははまる。子供は小人が演じているんだろうか。気持ち悪くていい。
日本オリジナルのジャケと、わざわざ英語のオリジナル邦題の狙いは明確で、本当に浅ましく腹立たしいので絶対観てやんないよと思っていたのですが、他の方の格好良いレビューなど読んでいるうちに観た方が良い気がしてきまして。

…本当に観て良かった。これ観逃すところだったとは。宣伝担当者はパージである。

この作品、ストーリー展開を重視する方には圧倒的に物足りないでしょう。邦題のせいでミスリードし易いとも思います。個人的には「アイヒマンて結局はさあ…」とか「あの事件の少年、実際はさあ…」みたいなお話が大好きなので大満足です。

というか、そもそもお話なんてどうでもいい。初っ端、始まった瞬間から、その画と音楽に、ムードに、ノックアウトされてしまった。完全に。もうそれだけで良いよ。出来る事ならこの画の中に入ってしまいたいけど、こうもガサガサの手だと触れる事すら出来ないね。
映画の古典の自習をサボってきてしまっている自分には、この作品の美しさ、重々しさが果たして本物なのか、単なる擬古典主義の出来損ないに過ぎないのかは判断出来ません。(勿論形容する能力も無いです。)でも、いいよ。好きって思ったから。好きだと思えるものが見つかって本当に良かった。劇伴に至っては、全ての映画の中で一番好きです。本物とか偽物とかどうでもいいよ。狂信。
こんな内容の無いレビューは兎も角として、他の方のレビューなど見て気になった方は、是非観てみて下さい。この作品に出会うべきなのにまだ出会えてない方が絶対いる筈です。
bowzZ

bowzZの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

たしかに原題の”リーダーの幼年時代”そのものなんだけど、なぜ彼が急に反発しだしたのかが全く描かれていないので、理解不能な作品だった。
神への信仰が無くなったからああなったと言いたいのだろうか。冒頭からすでに石を投げてるのだけど、だからそれは何故というのが全然判らない。
信仰心捨てたことや、抑圧する両親への反発ぐらいなら、反抗期の子供なら仕方ないだろう。その程度で独裁者になるなら、この世は独裁者だらけだな。
最後の章ではいきなり成長してカリスマリーダーになっているし、要は過程を描くのがゴッソリ抜けているのだなこの映画。けど”リーダーの幼年時代”ならプロセスそのものが描かれるはずなんだが・・・
不安と好奇心を煽るようなサントラは良かったけれどねえ。
うめ

うめの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

少し解釈しかねて、いくつかレビューを読んだところ、たくさん隠喩をパズルのピースのように散りばめ、独裁者の形成を描いている映画みたいだと知る。
小さい仲間との別れ(世話係のモナの解雇)や、親の不倫?とかで、少年の心理が純粋に歪んでいく感じ。
たしかにいろんなシーンがパッパッと思い出され、そういう意味か!と納得できるような面白さがありました。
自分の行いが原因で(口実にされているだけ?)親の嫌なところを見る、悲しいことが起こる、そのもどかしさと行き場のなさが癇癪‥
多分もっと深い読み方があると思うんやけど‥

ただ、もうストーリーがどうでもよくなる程に少年が美しい!!!!!
物憂げな、重たい程のまつげに覆われた瞳に、ふっくらとあどけない唇、すっと通った鼻筋は小さな体躯にはアンバランスなほど大人びて見えるときも。
ガウンだけ羽織って屋敷を闊歩し、父に反抗するシーンでは子供特有の底知れぬ不気味さとふてぶてしさを表す表情。
おばあちゃんとも言えるモナにぎゅっとするシーンや、ベッドで寝るシーン、悔しさで鳴き声を漏らすシーンは本当に可愛い幼子。
その二面性に酔いしれる。
(教育係のアダも本当に美しくて、人間ってこんなに美しいものなんやな〜と思って見てました笑)

古くて重ーい感じのお屋敷の壁とか、夢と最後の成長後出てくるどっかの明るい天井とか、すごく印象的。
もう映像が綺麗で、音楽も印象的(最初の不躾で不敵、したたかな不協和音から始まる導入部分の音楽とか)で、わたしにはあっという間の2時間でした!

世界史をあんまり勉強してないので、最初の第1次世界大戦の部分からよくわからなくて???状態になってしまいました‥(><)ちょっと知識がある方がすんなり見ていられるのかも‥
とり飯

とり飯の感想・評価

2.0
宣伝ミス映画
美少年鑑賞映画

「サスペンスパズルミステリー」的なキャッチコピーが書いてあったんだけど、謎解き要素ほぼ皆無

ラストに登場する人物とその演者を見て「ああ」と思うことはあっても、だからなんだ??というスッキリしない作品だった

独裁者というか反社会的な人物は、主に環境によって生まれるというけど、そういうことを描きたかったのかな??

宣伝文句のおかげで「強烈なミステリーを謎解きしてスッキリ」ってノリで観はじめてしまい、作中でもイマイチ楽しみ方がわからないまま終わっちゃった
「家族ゲーム」っぽいなとも思ったけど、インパクトは弱かった

宣伝ミスの影響もあるけど、全編を通して演出・感情の起伏が少なく、ストーリーから得るものをあまり感じなかったので(-3)

雰囲気映画や美少年好きな人にはすすめたい
それ以外にはすすめない
第一次世界大戦終結間際からヴェルサイユ条約締結までの期間をバックグラウンドにして、極悪非道の独裁者を作る素地はココにあったと断罪したいがための一作。
……という志は判らなくはないんだけど、主役の少年がそもそも架空の人物だし、その後に見られる独裁体制下の体制もソ連とナチスを足して2で割ったパロディぶり。むしろ、コノ少年時代程度で独裁者にはならないだろう……としか思えないのが残念過ぎる。まァ、ヒトラーやスターリンの脅威が身に沁みてるヨーロッパの人々には感じるところの多い作品なんだろうけど。
サスペンス調のBGMも、ソレ自体は素晴らしいと思うんだけどチグハグな印象。
たまご

たまごの感想・評価

2.0
難しい、政治のこと全然わかんないから難しい…。少年がもっともっと過激だと思ってたらじわじわと、という感じで。そして真面目な話で。悪い美少年を愛でる系ではない。音楽がいい。
Mm

Mmの感想・評価

-
全然意味がわからない…観る人が観れば面白いんだろうけど自分の頭が足りなくて理解できなかった…w
観てる間も退屈で何度止めようと思ったことか。その都度この後面白くなるかもと期待して観たけど最後まで特に盛り上がりもなく…何度か観れば面白さがわかるかもしれないけどストレス溜まるし1回で充分😞
れぼこ

れぼこの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

哲学者としても知られるジャン=ポール・サルトルの短編小説「一指導者の幼年時代」が原作に。
癇癪持ちの少年がヒトラーを彷彿とさせる独裁者へと変貌していく過程を描く心理ミステリー。

恐怖を煽るような音楽が印象的。
ストーリーは難解で意味があまり理解できなかったので、解説で何とか把握。
一度ではなく、何度か鑑賞して面白さが増すタイプの作品だと思えます。
しかしその増し加減が及第点に達するかは人によりけり。
そして説明が足りない箇所が全て消化できるわけでもありません。

最後の最後にどんでん返しがあるのですが、予想の範疇だと思われる方もまた少なくはないかもしれませんね。
>|