シークレット・オブ・モンスターの作品情報・感想・評価

シークレット・オブ・モンスター2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:

上映時間:116分

3.0

あらすじ

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の…

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・評価

 「ゲティ家の身代金」冒頭10分間がYouTubeに公開されてて、ステイシー・マーティンがホントに綺麗だなーと思った。本作には彼女も出てるしヒトラー的指導者の幼少期がモデルと聞いて鑑賞。でも合わなくて早送りした。
 映像は高級感があってよろしい。あと外交官夫婦の息子がメッチャ可愛かった。美男美女キャストとクラシカルな雰囲気に浸れる人向け。
おたば

おたばの感想・評価

2.6
【難解中の難解に理解に困る】

イギリスの政治家ジョン・プレスコット。
政治家でありながらアンチを殴り話題にもなったらしい破壊王。
そんな彼の幼少期を綴った史実らしい。

プレスコット役の少年が美しい。
更に家庭教師のアデレンスも美女。

透ける乳首にもうもうとするプレスコット少年はまぁ仕方が無いよなぁ。

時代の難しさや、米国官僚な父と中々難儀な生活を送っていたのであろうが

この作品が何を伝えたいのか、何が描きたかったのか正直全くわからない。

とりわけこの作品をホラーかなんかだと想って観た僕にはまったく理解できる余地がない。


焦燥感を掻き立てる音楽は全体的にメリハリを感じられず

無音か、焦燥感を感じる音楽のみでメリハリの作り方が単調なのです。

センスをすごく感じる映画なので好きな人は好きなのかもしれないけど僕はちょっと合わなかったかな、

おすすめ度は25点
mizsee

mizseeの感想・評価

1.4
これは難解だなぁ。
予備知識なしで見たら意味不明。

内容とマッチしていない音楽は好き。
Toku

Tokuの感想・評価

5.0
気になった音楽たち
Opening/Scott Walker
Post meeting/Scott Walker
Finale/Scott Walker
frOm

frOmの感想・評価

3.0
少年可愛すぎかよ美少年
オチが難しすぎ!!!!!!
解説見たよ
これはわからねえよ!!!!!
音楽と世界観はすごい好き
曲がずっと不気味でそこはいい
いつ話が動くんだろうと思ってたら突然終わってびっくりした
撮りかたは素敵だけどなにがなんだかさっぱり
寿司屋

寿司屋の感想・評価

3.5
こどもって無関心がいちばん堪えるんだよね。母親の気を引かせたくてどんどん冷酷さを身につけていったのかもしれないけど、その行為が習慣化すればするほど本来欲しかった愛情から遠のいていくの、切ない。
kyoko

kyokoの感想・評価

3.8
音楽が毎回どきっとさせる感じで良かった。
プレスコット髪長くて可愛かったのに最後残念だったな〜と思ったらそういうことだったのか、、様々な行動に納得がいった。
しかし分かりにくいなー。こんなに秘密に気づけなかったのは初めてかも。
話にいまいちオチがないっていうか、そもそもフィクションだし誰の幼少期なのかもよくわからん。あんまりサイコっぽくなくて普通の素直じゃないこどもってだけなので大したことない。
yukimi

yukimiの感想・評価

1.0
終始暗ーい映画。ホラーだと思って見たら音楽だけで、怖いことは起こらない…
私にはストーリーがまったくわからなかった…そもそもストーリーとかじゃないのかなぁ…ラストシーンの意味も理解できない…
>|