かいじゅうたちのいるところの作品情報・感想・評価・動画配信

かいじゅうたちのいるところ2009年製作の映画)

Where the Wild Things Are

上映日:2010年01月15日

製作国:

上映時間:101分

3.3

あらすじ

「かいじゅうたちのいるところ」に投稿された感想・評価

miku

mikuの感想・評価

3.5
色々と???ってところが多くて、理解するのに時間がかかった(2回みて、レビュー読んでやっと少しわかった)けど、広い世界を知るって大切なことだと思った。時には反面教師で学んで成長していくことも大切だものね。
大人でも「怖い」って思う人がいるみたいだから、小さい子どもは相当怖いのかも。
pipi

pipiの感想・評価

4.5
子どものころ読んだ大好きだった絵本。
あのときはこの作品の意味を全て理解してなくて、大人になって読み返すと怪獣たちは「おとな」だったのだと気づく。
初めこの映画を観た時はこんな生々しい話だったっけ?と思ったけれど、大人になった私たちに向けた、大人の目線での「かいじゅうたちのいるところ」なのかもしれない。
子どもは愛に包まれて育ち、やがて大人の複雑な世界を知る。ほろ苦さが胸を刺すような、もう子どもになれない私たちの隠れ場所のような映画。
sakura

sakuraの感想・評価

5.0
好きすぎた。かいじゅうのこと、モフモフしたくなって見終わったあとぬいぐるみを少しつよく抱いてみたりした。子供の気持ち、まだ分かってしまうのは私が子供だからなのか大人として経験から引いてみられるようになったからなのか、それでも精いっぱい考えて生きる小さな主人公からは勇気と力を貰えた。
mojojojo

mojojojoの感想・評価

2.2
あれ?こーゆうかんじ?
ちょっと気持ちが追いつかなかった。
たぶん、絵本の方がいい。
あおや

あおやの感想・評価

3.8
小さい頃に絵本何回も読んで、映画も一回見たけど覚えてないので再鑑賞。
絵本のあの世界観が大好きで、この映画もその世界観がしっかりあって好き。小さい頃に戻って、素直になれる気がする。

マックスは現実世界だと手がつけられない怪獣。本物のかいじゅうたちの王になって、みんなをどうにかまとめようとする。
キャロルがどうしようもなく暴力的で自己中で、マックスは自分の反面教師で、成長する。

キャロルとKWの感じわかるなぁ〜、「せっかくこっちが歩み寄ってるのに、なんで上手くいかないの?」って感じ。それ両方が同じこと思ってるんだよね。

マックスのコスチュームかわいいし、かいじゅうたちがちょっとリアルだけど、慣れると愛おしくなってくる!また絵本読みたいな、、、
yuukite

yuukiteの感想・評価

3.6
公開当時映画館で。スパイクジョーンズによる現代の童話的な作品。世界観がすき。
さん

さんの感想・評価

3.6

かいじゅうたちのいるところと、にんげんたちのいるところが地続き(海続き?)で繋がっていて、世界が断絶してないような描き方ですき。
この監督特有(?)の光量や色と自然が合わさると、幸福感がえられるような気がしたけど、むしろ憂愁の表現こそ向いてるように思えた。
家族的心理のえぐみと個人的心理のエゴみたいなのを表情豊かに描いていて、全体的に纏りはそんなになかったけど、なぜか好きだった

マックスがKWの頭を踏んであげるところ、ええな。

原作見直そ
あの絵本が映画に➰🐻三頭身の実写は超キュート、豊かな表情も輝いて魅せられる💕拗ねたり 泣いたり 笑ったり…実に人間的で、別れの場面は貰い泣き…。口の中でかくれんぼはしたくないけど、ぎゅ➰ってハグしてもらいたいよ➰🐰
よ

よの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

内容というか雰囲気が常に殺伐としてて「あ、こういう感じ〜??」ってなった。
勝手に、空想でかいじゅうたちと会ってふわふわゆるゆる楽しいな〜みたいな話かと思ってたから、いきなり食べられそうになるし、喧嘩するし、嫌な奴もいるし、ほぼほぼピリピリしててビックリした。

多分キャロル=マックスってことかな。んで、かいじゅうたちと過ごしたことで成長した的な?
マックスの妄想の世界だと思うけど、それにしては帰ってきた時汚すぎてどこに居てたのか気になる笑

世界観と音楽と色彩が凄く好き。生ぬるくてどこか懐かしいような不思議な世界観と音楽。白、茶色、グレーで構成されてて、異世界感というか神聖感がある色彩。好きだ。
最初は気持ち悪いと思っていた2~3頭身のかいじゅうたちが、段々と愛らしく思えてくるから不思議。子供はバカで、そして、無邪気で純粋な生きものなのであります。
>|