ジャンクフィルム 釣崎清隆残酷短編集の作品情報・感想・評価

ジャンクフィルム 釣崎清隆残酷短編集2007年製作の映画)

製作国:

上映時間:90分

3.1

「ジャンクフィルム 釣崎清隆残酷短編集」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

成人指定危険映像


日本人のジャンクドキュメントフィルム。

死体累々のヤバい映像ばかりだ。
 
よく撮影許可おりたな。

なかでも菜食祭りの映像はすげぇー。

欲を禁じた人達のピアッシングパレードだよ。

おの、パイプなんでも有り。

ハンパねぇーなー。

コメントみじかすぎだ。

右手の修行って存在するんだな!

2009年2月レビュー

追記
この星どり、気分が悪くなるという意味です。

エッチな害悪本の残虐記事をそのまま釣崎さんがビデオ持って取材に行くみたいな感じです。

ホラーレーベル「マッドビデオ」シリーズ系であります。

こちらもどーもキューブ18禁指定でお願いします。

最悪に落ちる覚悟になりたいとき
もしくわパーティ感覚でもいいのかな?

本作は「ジャンク」の近くにあり、関連鑑賞して、撃沈しました。

コアホラーマニアの方のみどうぞ。
釣崎清隆監督作(死体写真家)
同監督の「死化粧師オロスコ」がなかなかパンチのある映画だったので、今作を観てみました。
2007年公開の映画。
・観る人によっては気分を害する可能性があります。
・タイ、コロンビアなどの死体映像が続きます。
・プーケットのベジタリアンフェスティバルでの自虐行為の映像もあります。
・ボカシは多分なかったです。
・今となってはネット上にあるグロ動画の方がインパクトがあるかも。