ジャンク/死と惨劇の作品情報・感想・評価

ジャンク/死と惨劇1979年製作の映画)

FACE OF DEATH

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.0

「ジャンク/死と惨劇」に投稿された感想・評価

顔夕

顔夕の感想・評価

3.0
命大事!(*´・ω-)b ネッ!
妙に教育的なのがおもしろい
川本凌

川本凌の感想・評価

3.4
事故や戦争、司法解剖や屠殺場など真に迫るパートと、暗殺者や宗教、幽霊などヤラセ全開パートの温度差。
その所々気の抜けた感じも、このジャンルの魅力の一つか。
不気味なBGMと共に死体の数々が映し出されるオープニングの迫力はすごい。
Unco丸

Unco丸の感想・評価

3.5
最初の方は実際の殺しの映像が胸糞悪いなあと思ってたんだけど、進めてくうちに「命よ…ああ命よ…生命よ……」と呟いてしまう程になにかがどこかに働きかけてあんまりのめり込みたくない映画として、それなりの評価を下す自分がいた。
ななな

なななの感想・評価

3.5
B級ドキュメンタリー?
NHKとかディスカバリーチャンネルみたいなので、ホラーないじゃん(´・ω・`)
学校で見るお勉強モノみたい。

生と死、宗教、人間の醜さがテーマなのかな。語り部さんが、この後色々あって拗れたらsawのじょん になりそうだなって思いました。
結局、命 尊い!って終わるし...。
色々な死の映像を見せながら語りが入るドキュメンタリーみたいな作品。偽物っぽいのもあればリアルなのもあってどこからどこまで本当なのか分かりませんが、何となくリアルな雰囲気と暗くなるような出来は見事だと思います。個人的にはあの料理がきつかった。
鳥肉

鳥肉の感想・評価

2.4
動物から人間まで様々な死をリアルな映像とナレーションで紹介してゆく作品。

解剖した人間の内臓や事故死のミンチ死体、水死体など様々、動物も撲殺や斬首、解体など生々しい映像が盛りだくさん。
宗教の話などは所々胡散臭かった。

動物の話は人間の勝手な都合で殺されている〜など説教くさく、ワニに襲われて「これはワニの復讐なのかもしれない」というシーンは流石にアホくさと思ってしまいました。
猿を撲殺して脳を食べる話は映像でちょっと笑ってしまいました(笑っていいのか)

他は人の冷凍術など所々興味深く面白いと感じる部分もありました。

本編100分ですがそれ以上に長く感じてしまいました。
なんか語りが説教くさいというか考えましょう感があってちょっと冷めた
何気に松竹配給の和製モンド。スナッフビデオがお気軽に観れる現代では効力薄め。人の死を金を払ってまで観たいと渇望した時代には、まだロマンがあったのかもね。
えっ?これモキュメンタリーやったん?
今の今まで知らんかったわ。
アキラ

アキラの感想・評価

3.5
手に取った時は、無秩序なグロ映像が流れているイメージがあったのですが、思ってたよりも真面目な映画という印象を受けました。

死について考えるとき、この映画は一つの材料になるのかな。
本物も混ざっているらしいのですがそれがどれなのか……動物の屠殺シーンは本物ですかね…
>|