• Filmarksトップ
  • ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:
  • アメリカ
  • 監督
    ギャレス・エドワーズ
    脚本
    クリス・ワイツ
    キャスト
    フェリシティ・ジョーンズ
    ディエゴ・ルナ
    ベン・メンデルソーン
    ドニー・イェン
    チアン・ウェン
    フォレスト・ウィッテカー
    マッツ・ミケルセン
    アラン・テュディック
    リズ・アーメッド
    あらすじ
    スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

    「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

    まいろ
    4.0
    最後が…熱い…。
    展開に追いつくまでがちょっと大変な前半の不安を吹き飛ばす後半の熱い流れが凄い。
    戦闘シーンも多く、それだけ犠牲になるものも多くて…
    「希望」のために命を賭けて闘う戦士たちが主役であり、キャラクターとかの派手さはそこまでないにしてもSWシリーズのなかでも結構壮絶な戦いのひとつだったのではなかろうか!?

    父から娘へと、そしてエピソード4へと託される瞬間。またエピソード4見直さないとなって思いました!!
    最初は複数の人物の状況を説明するためなのか脈絡のない場面展開が多く感じ、状況を把握するのに時間がかかった。

    デススターの致命的な欠陥の由来がわかるもので面白かった。4の時には何でこんな欠陥を放置していたのかと思ったが今回のストーリーで説明されるものとなっていた。

    反乱軍、帝国軍ともに多くの種類の兵器が登場する最後の戦闘はアクションも映像も壮大でさすが大作だなと感じさせるとても楽しいものであった。
    真倉敏
    3.5
    スターウォーズ本編とは毛色の違う感じで好き。
    フォースを持たず、スターウォーズ・サーガの裏で奮闘する人間達の物語。ドニー・イェンがかっこよくてもっと観てたかった。

    衣装とかロボットの造形とかも今風でいい感じ。

    本編へと繋がってく所で、色々と世界観にギャップを感じて感覚的にぐにゃってなった(笑)
    AK
    4.4
    シリーズ知らない人も見るべき 大感動
    takibi
    4.0
    うむ。
    別段感動はないが、単純に面白かった。
    ようじ
    4.2
    「遠い昔 はるかかなたの銀河系で・・・」っていうオープニングがスターウォーズの好きなところのひとつ。
    >|