ドクター・ストレンジ:1回目バナー
  • Filmarksトップ
  • ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの感想・レビュー

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:
  • アメリカ
  • 監督
    ギャレス・エドワーズ
    脚本
    クリス・ワイツ
    キャスト
    フェリシティ・ジョーンズ
    ディエゴ・ルナ
    ベン・メンデルソーン
    ドニー・イェン
    チアン・ウェン
    フォレスト・ウィッテカー
    マッツ・ミケルセン
    アラン・テュディック
    リズ・アーメッド
    あらすじ
    スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

    「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・レビュー

    えのちゃんぽん
    えのちゃんぽんの感想・レビュー
    2時間
    3.3
    中盤まで盛り上がりなく、観るの辛くて何回か意識飛んでました(笑)
    スターウォーズシリーズを観てからローグワン見ると疑問に思ってた所がなるほどそういうことだったのかと納得できる作品。
    YutaDouguchi
    YutaDouguchiの感想・レビュー
    4時間
    3.2
    多分いい作品だったんだろうけど、前の席に座ってる人の所為でほとんど楽しめなかった笑
    whiskey
    whiskeyの感想・レビュー
    5時間
    3.5
    思ったより遥かに異色作。

    「ローグワン」とは「ならず者集団」といった意味らしく、この映画自体がスターウォーズシリーズの異端であることを宣言しているのだろう。スターウォーズの舞台設定を使いつつ、まるで正反対の世界観の映画。というより、スターウォーズが描いてきたあらゆることの真逆を、アンチテーゼとして意図的にすべて盛り込んだような作品だ。

    もともとスターウォーズシリーズ、特に旧作の456は「ウォーズ(戦争)」とか言いながら、ものすごく呑気な物語だ(笑) ルークがハンソロに出会うことになる酒場で、宇宙人たちの混成バンドが楽しそうに演奏してるシーンが印象的。異形の宇宙人たちはコミカルでどこか愛らしく、みんな仲良しという感じ。

    銀河の政治体制は共和国から帝国になり、アナキンがダースベイダーになり、デススターも完成しているというのに、どの星にも緊迫の気配がない。ハンソロの悩みは帝国の圧政よりも借金トラブルだ。それでも最後はフォースが救ってくれるというお気楽さ。ストーリーの子どもっぽさは昔から指摘されていたことだ。

    でも、もし本当に帝国が文字通りの銀河独裁を容赦なく断行したらどうなるのか。ダースベイダーが本気を出したら誰がどんな風に惨殺されるのか。ナメクジみたいな異星人がどんな拷問をするのか。庶民への弾圧、反乱軍の粛清はどれほど凄惨なものになるか。そこを映画化したのが本作なのだと思う。

    はっきり言って本作のドロイドは不気味だし、異星人は気持ち悪い。全然楽しくないしワクワクしない。戦争映画なのだから当たり前だ。この辺りの容赦ない感は「ランボー 最後の戦場」に似ている。

    スターウォーズの正史を成り立たせるために、その裏側で消えていく運命にあるのが、ローグワンを名乗るレジスタンスたちだ。デススターの設計図がR2D2に渡る寸前までに、これほどの戦死者が出ていたなんて話は、70年代の観客は想像しなかっただろう。

    filmarks の評価は高く、感動したというレビューがたくさんある。これはfilmarks ユーザーの若さを示している気がする。昔のスターウォーズなんて、子供騙しで物足りないのかも。

    僕自身は、本作の意図はわかるがちょっとやり過ぎな気がした。終盤、2つの太陽が沈む有名なシーンとそっくりな構図で、あんなのを見せるのは悲しすぎる。

    登場キャラクターの中では、見た目は巨神兵そっくりで、「戦闘タイプのC3PO」といった風情のドロイド、K2がとても良かった。唯一のお笑い担当。マッツミケルセンも良い役どころ。ドニーイェンは噂通り格好良かったが、彼の役が「盲目的にフォースの力を信じている」という隠喩だとすると悲しいなと思った。まぁ考え過ぎか。

    最後に彼女が出てきたのは驚いたし嬉しかった。そして頑張れR2D2(笑)
    K9614
    K9614の感想・レビュー
    13時間
    -
    ❤️❤️❤️❤️🖤🖤

    ツッコミ所探したら
    キリがないけど
    やっぱり好きな
    スターウォーズシリーズ
    わーとん
    わーとんの感想・レビュー
    14時間
    3.7
    スターウォーズを見てない人はあまり感動はないかもしれないが、内容は素晴らしい。こういうことがあってエピソード4につながるのかぁと感心が強い。
    盲目のやつ強すぎ。
    madam
    madamの感想・レビュー
    15時間
    3.0
    あまり好きではなかった。
    SWらしくないラスト
    ジェダイのいないSW
    chiaki
    chiakiの感想・レビュー
    16時間
    -
    かっこよかった泣いた
    KengoIto
    KengoItoの感想・レビュー
    16時間
    4.3
    4に綺麗につながる。
    終わり方もだいぶ好き。
    ともあき
    ともあきの感想・レビュー
    17時間
    3.7
    ★映画館
    2016/12/18【字幕版】
    U
    Uの感想・レビュー
    17時間
    4.0
    かっこいいし面白い!
    >|