ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

asu69

asu69の感想・評価

2.5
基本:映画

思考:不必要

時間: 価値有り

※観たことは覚えてるが、内容を忘れた。
ふみこ

ふみこの感想・評価

4.3
サイドストーリーだからそこまで期待してなかったからか、凄く面白かった。エピソード7より集中してみた。
一応これで1〜8までのスターウォーズシリーズは全部見たことになるかな!
いやー これはめっちゃ切ないけど素敵な映画。ライトセーバーも戦闘機もあんまり出てこないのに今までのスターウォーズシリーズに引けを取らないし、「七人の侍」とか「ロードオブザリング」みたいなオールドタイプの活劇映画を思わせる展開も良い!
あとはK2SOとチアルートが好きだ!
チアルートは七人の侍の志村喬とか座頭市を彷彿とさせるキャラクターで興奮した。
もちろんジンとキャシアンも。
結局スターウォーズは全キャラクター愛くるしいんだな。
ローグワンの勇気を称えて、最後のベイダー卿の無双ぶりに心踊る。
各キャラクターの絶望と希望が入り混じる。

StarWars episode5でローグツーが出てきてるの、スターウォーズシリーズの壮大な構想がみてとれる。
こふぐ

こふぐの感想・評価

3.5
スターウォーズシリーズは正直ちゃんと観たことがなく、、、
観るきっかけにしようと鑑賞したが、途中でストーリーに置いてかれた、、、
何故だ、、
多分面白い映画なのに、
何故だ、、
ゆん

ゆんの感想・評価

4.0
ラストの怒涛の展開が最高です。アレだけのために映画館行った価値ありました。あとはチアルートの演技が凄すぎる。圧巻の存在感。-1なのは中盤までの展開がだれてる感じがしたからです。悲しすぎる物語だけどラストの展開がアツすぎて鑑賞後はそこまでへこまなかったかなー。
所詮スピンオフだと完全になめてました
俺の屍を超えていけ!要素が胸熱
まさにエピソード3.8
地味で泥臭く
エピソード3.8的な作品の為
登場人物も4以降に影響させぬ為
主要キャストはほぼ亡くなる
宿命を背負った作品

映画的には良く出来ていたし

フォースが云々言っていた
チアルート・イムウェとベイズ・マルバス
は印象に残る良いキャラだった
自分的には座頭市とアジアンボバァヘッドな感じで楽しめた

ラストのベイダー無双モード
レイヤ姫登場も
流石なスターウォーズ感は
圧巻でした
単調なバトルばかりで
好みじゃなかった!

スターウォーズは全作観てるケド、
これはブルーレイ買わなくていいかな!
KotaAso

KotaAsoの感想・評価

3.0
めっちゃスマホいじりながら観てたせいであんまり印象に残らんかったすまん。すまん
配信アプリ全盛の中で映画館が全然生きてるのはスマホ強制的にいじれない中で集中した娯楽の満足感を得ることが出来るという一因があるのかもしれないね(謎結論)
>|