ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

choco

chocoの感想・評価

4.0
ずっと気になっててやっと観れた☺︎︎

いつの間にか話に吸い込まれてて、迫力もあるし、興奮して肩に力が入りっぱなし!
ここから始まったのか…って考え深かった。
切ない部分も◎

また最初っからスターウォーズまた観たくなった!
チャンバラありません。
ジェダイ登場しません。
でも楽しいです。
Gam

Gamの感想・評価

3.0
「新たなる希望」をつくるために。正直全体的には盛り上がりに欠けるけど、ラスト5分はすごく好き。終わり方もシリーズ通して一番好きかもしれない。泣きながら笑っちゃう。
aya

ayaの感想・評価

4.5
娘寝かしつけて、家事終えてから観はじめて凄い眠たかったのに、途中から目が冴えて、いつの間にか泣いてました!!!

面白かった!!!

スターウォーズ観てる人は絶対観るべきの作品でした!!!
役目を全うした人達の表情が印象的。絶望的な状況となっても、どこか清々しく見えた。

ラスト!圧巻!短時間で相当興奮した!
nao

naoの感想・評価

3.7
デス・スターの設計図を手に入れるまでにこれほどの人たちが命懸けで戦ってたのかと思うと感動もの。
メタ

メタの感想・評価

4.2
登場人物がこんななっちゃうの!?
これがスターウォーズ!?
面白かったです、この展開。


戦闘機での空中戦は迫力満点、最高の映像。


そして、ラストには最強の敵が登場。
ファンにとっては、ぶっ飛ぶくらいいいシーンだったんじゃないかな?
大興奮。
mitonao

mitonaoの感想・評価

4.1
エピソード7を観てスターウォーズシリーズを決して映画館で観ないと決意した。
しかし、これだけは例外かもしれない。
劇場で見たかった。
この監督に残りのエピソード撮らせたほうが良いと思う。
HIDE

HIDEの感想・評価

3.8
アナザーストーリーだが、本筋には無いキャラクターとそのバックボーンが素晴らしい。エンディングはホントに鳥肌が立つし、感動する。
フォレスト・ウィティカー、マッツ・ミケルセン、ドニー・イェン、ディエゴ・ルナなど・・・。スター・ウォーズのスピンオフはキャスティングに対する気合の入り方が一味違いますね。さらにそれが功を奏したようで、本家版と比べると肩の力を抜いて楽しめるお祭りのような盛り上がり感があり、エンターテインメントを貫国徹底したSFアドベンチャーに仕上がりましたね。

冒頭にも書いたような、SFものと縁がなさそうな役者陣が続々登場するところからして今作の楽しみどころが本家とは違う部分に軸足を置いている感がありました。本家で確立された「ぽさ」「感じ」を引き継ぐというよりはちょっと「拝借する」くらいの温度感でまったく新しい映画を作らんとする気概を感じました。

本家に勝るのはストーリーがわかりやすいところですね。スポ根ものによくある、「一つの目標に向かって」「寄せ集めのダメ集団が」「力を合わせて奇跡を起こす」という何十年も前からアメリカ映画界でよく観てきた王道ドラマの鉄板プロットをなんとスター・ウォーズのスピンオフでやってみようという、これは発想の勝利ですね。ありそうでなかった映画に見事に仕上げたのが今作最大の魅力でしょう。

そして何より私が今作を最も評価するのは・・・最後の最後でダース・ベイダーがライトセーバーで大立ち回りを見せるという最高の見せ場が用意されているところですね。三船敏郎の用心棒のクライマックスを彷彿とさせる(いや、確実に監督は意識したと思いますよ・・・)ほんの数分間の見せ場ですがSF映画史に残る名アクションシーンです!早送りしてクライマックスのこの大立ち回りを観るだけでも絶対に価値あり!

まだの方は是非一度ご鑑賞くださいませ。
>|