ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーのネタバレレビュー・内容・結末

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

2016年12月26日
【STAR WARS ローグワン】
期待値上げて行った
序盤-家族愛、大事だな!
中盤-なんか盛り上がりにかけるな
終盤-面白かったがもっと中盤から盛り上げてほしかったな。
でもスターウォーズの脇役キャラクターが映えてた
たぶん俺はライトセーバーが好きなんだろーなー
最後のベイダー卿の絶望感はヤバイ。
これまでのSTAR WARS的に全員
死ぬってわかってるが応援しちゃう
素晴らしいスピンオフ映画。

帝国のドロイドも陽気でとても面白いです。

あとデススターの謎がわかったのはビックリしました。
まさか最後みんな死んでしまうとは思ってなかったけど、
1話完結のお話やから思い切ったなあと思ってすごい面白かった
でも、出て来るメンバーみんな大好きやったし、み、みんなアアア!!!ってなった

ほんで後半のシップの戦闘シーンは
やっぱり高まる。少年心が。強制的にアガる。

ターキン提督もレイアも違和感のないCGでびっくりした
あと、やっぱりベイダーが圧倒的で
圧倒的すぎて笑うしかなかった
フォース強ええええwwwwってなった

マッツはなんでいつも可哀想な目にあうんw
似合いすぎなんやけどもな
文句なし!鳥肌立つ!
必死にデス・スターの設計図を
奪い届けるために
一人一人が戦い、死んでゆくシーンには
涙が止まりませんでした。
最後の2人が抱き合いながら
死を覚悟して消えるところが
儚くも綺麗だと思ってしまいました。
スカリフが舞台になってから興奮が止まらない。

ダースベーダーの登場シーンはやばかった。

中身は?
“HOPE”
には震えた。
エピソードIVの原題は
A New Hopeだからね。
ライトセーバーが全然出てこない作品。

きちんとエピソードIVに繋がっていて感動。なかなかの死線を潜ってきたR2D2。

話の繋がり的に全員死んでしまうのがちょっと悲しかったですね😭
死ぬ覚悟で全員がデススター破壊のため設計図を盗み出す作戦、最後に涙しました
盲目の戦士がカッコ良かったです(●´ω`●)
一つの設計図というバトンを渡すリレーに全員が命を懸け、全員が殉死する様が美しく、現実的。
スターウォーズ本編より良いという、まさかの事態。3-4の間を綺麗につないだ名作だと思う。マッツもイケメン、K2-SOも愛嬌がある、ドニー・イェンもカッコいい。

全員死ぬことは4でわかっていたけど、やっぱりラストは悲しい。

I am with the Force and the Force is with me.
ジェダイが出ていなのにここまてまの面白さ
みんな期待を裏切られたのでは!?
>|