ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーのネタバレレビュー・内容・結末

  • Filmarksトップ
  • ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

2人の最後のシーンは今世紀稀に見ぬ美しさだった…

メインキャストが最後のスクリーン映像に1人も残らない映画のラストは初めて見たかもしれない。
衝撃的だったけれどこのラストで物凄く一つの物語として完結したなと。
いやほんと、美しかった…
メッセージ送るぐらいなら、最初から設計図も送ってくれれば良かったのに。
スターウォーズシリーズも8作目で初の外伝、というか、エピソード3.5といったところ。
エピソード4~6のコアに、本当に上手に1~3と7をシームレスでストーリーを組み込んで来たなぁって思うけど、本作も3.5という感じをうまく出せていた。
でも、なんだか雰囲気が暗かったな。主役の女の子の暗さが一番なんだけど笑、盲目のフォース使い?とか、全滅してしまう味方とか、そんなところが終了後のサッパリ感に繋がってないんだろうな。さて年末の8に向けて準備完了!
オープニングからもう、スターウォーズ。あー始まった〜‼︎と思ってたら、いつもあのスクリーンのスクロールがない‼︎……

なんか拍子抜けした感じがあった。スピンオフとはいえ、そこはスターウォーズシリーズなんだし……と、少し残念。

エピソード4に続く物語らしい、スターウォーズファンを少しワクワクさせるシーンも散りばめてあり、少しくすぐられる感もあり、思わずニヤリとする場面も。

ダース・ベイダーのがライトセイバー使って暴れるシーンは、やっぱり興奮‼︎

でも、全体的に期待し過ぎて見てしまった為、物足りなくも感じる。
最後に全滅?てきな終わりにしたのは、エピソード4のタイトル(新たな希望)につなげたのかなぁ……
デススターの設計図を盗み取る事に成功し、反乱軍に未来を託すみたいな?
勝手に解釈。
号泣
号泣
号泣
ドニーイエン最後!
K2SOが死んだ所から涙止まらなかった…
最後とかさ絶対ジンとキャシアンお互いのこと見返してたなのに…

みんな死ななくてもって思ったけどスターウォーズ界にとって充分価値のある死だったと思う。
スターウォーズシリーズをちゃんと見ておかないとちょっと難しかった。ちょこちょこ出てくる本編のキャストにテンションがあがるし、ダースベイダーはやっぱり格好良い!最後のフィオナ姫登場は衝撃だった。盲目のチアルートが座頭市みたいでめちゃくちゃ格好良かった〜〜。もっとちゃんと本編を見返してからもう1度見たい!
全員死ぬってわかってたけど
悲しい
スターウォーズの影の物語って感じで、壮大な歴史の1ページを見てる気がした。

面白かったけど、最後のベイダー無双がやばくて、全て持ってかれた。一般兵から見たベイダーは、本当に強くて怖かった。
・名もなき者たちがデススターの設計図を盗み出す決死の戦いを経てep.4冒頭に繋がるまでのスピンオフ作品
・キャラクターたちのチーム感が薄かったのは残念だが、これだけの映像美で魅せてくれる終盤の怒濤の宇宙大戦には圧倒されっぱなし
・まるで座頭市のような強すぎるドニーイェン
・見ていくうちにK-2SOが松重豊に見えて仕方なかった
・満を持してのダース・ベイダー登場の絶望感はシリーズ随一
エピソード4の10分前までを描いたスピンオフ作品。
映画館で観ればよかった。デス・スターの弱点が分かる設計図を得るために挑む、名もなき人たちの努力。フォースの使い手が誰もいない戦いは新鮮だった。
ラストにダースベーダーとレイア姫をちょい出ししてくれる嬉しさ。8.6
>|