ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーのネタバレレビュー・内容・結末

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

あぁ もう 最高に素晴らしかった…!!!
かっこよかった…!!!
Ep1〜6に劣らぬ興奮と感動をありがとう!
“デス・スターの設計図を盗み出す”という目的から逆算でここまでのストーリーを生み出しただなんて…あっぱれ!脱帽です。
とにかく飽きずに最後まで楽しめました。スターウォーズの世界観にのめり込むことができて幸せ。

正直Ep4で 最終兵器にそんな致命的欠陥あり…? と脳裏をかすめたもんだから、本作でのそこの回収が熱くて震えました。あの背景には自由のために戦った誇り高い父娘がいたのだと。あぁ 胸が熱い。

Ep4へ直に繋がるラストも素晴らしく鳥肌。かっこよすぎる。レイア姫……最高。
R2-D2とC3-POの登場も唐突すぎてニクい。最高。

どこまでも一縷の「希望」のために戦う反乱軍。あぁ 痺れます。
この何年後かに新たな人々によって得られる勝利も、ローグ・ワンの活躍があってこそ。時代と時代を繋ぐ架け橋となった名もなき戦士たちに心からの敬意を表したい。
彼らが一人残らず散っていく姿に胸が詰まる思いだったけれど、全ては自由のため。勝利のため。誇り高い犠牲が決して無駄にはならないことを知っているから、ぐっとこらえることができた。

あぁ このまま続けてEp4から観直したい〜〜!スターウォーズ沼に落ちていきたい〜〜!笑

素晴らしい興奮と胸熱をありがとう、ローグ・ワン。
反乱軍勝利の為の無駄な犠牲なんて一つも無かったと確信することができました。
本編で突如あったどこからか手に入れたデス・スターの設計図をR2に託すシーン。そこへと繋がる隠れた、大きなストーリー。
エピソード7同様、人物のキャラクターを染み込ませるまでに少し時間をかけているように感じるが、その後はやはりスターウォーズ。面白い

時系列上当然今は亡きダースベイダーが登場するため、ベイダー卿のファンからするとたまらない。
今作で初めて出て来た人型のドロイドもやはりキャラクターがよく、シリアスさを和らげてくれる。
出どころの謎だったデス・スターの設計図を手に入れるためにここまでの犠牲を伴っていたのだとまざまざ見せつけられる哀しく勇敢なお話。
本当に切ない映画だった。デススターの設計図入手という難関な任務に命をかけて達成した彼らこそ歴史の中で語り継がれるべきではないかと思う。
これまでのスターウォーズ作品とはまた違った家族愛の話も踏まえており何度でも見れそう。大義には犠牲が伴うという言葉がまさしくぴったりな作品でした。
スターウォーズシリーズの中で一番面白かった。最後の希望(デススターの設計図)を、次世代に託す後半は泣ける。
エピソード4への繋がりも完璧。
旧作を今の技術でリメイクしたらこんな感じになるのかなとすごいレベルの高いビジュアルで旧作に登場する兵器やストームトルーパーなどが見れてもうたまらんってなってました
キャストどうするのかなー?って思ってたターキン提督と若い頃のレイア姫を見たときは驚き笑
CG技術の推移の高さを思い知る笑
敵のクレニック長官もなかなか悪で惹かれることはないけど、みんなが言う中間管理職の苦しさを体現したキャラでターキン提督には手柄を横取りされたりベイダー卿にも怒られたり、ラストは自分の作ったデススターに殺されるという途中から見ていて可哀想すぎてなかなか憎めないキャラでした
スカリフでの宇宙戦、地上戦共にエピソード6のエンドアの戦いを思い出させるような内容で旧作ファンならもうテンション上がらずにはいられないハズ!
今までのスターウォーズに比べて戦闘シーンがミリタリー寄りになったかなと個人的にはすごい嬉しい感じのビジュアル
不満と言えば辻褄合わせとは言えローグワンが全滅してしまったことですかね
スターウォーズっぽくない終わり方、見終わった時の後味...
でもそこからの一連の流れはかなりテンションが上がりまくる内容でスカリフがデススターにより破壊されローグワンは全滅。ギリギリで設計図を手に入れ撤退する反乱軍。でもハイパースペースに入る直前にベイダー卿の艦隊が到着しちゃって撤退阻止される。
あの反乱軍の勝利だ!って上げておいてからの絶望に落とす感じはかなり胸熱な展開!
そしてそれをさらに上回るラストのベイダー卿登場シーン
ベイダー卿のライトセイバーによる戦闘が見れるとは思っていなかったので嬉しすぎてめっちゃ涙目に笑
しかもその戦闘シーンはエピソード4のタンディブIV内部の戦闘シーンを彷彿とさせ、
ベイダーのお家芸のんびり歩いてたら反乱軍を逃しました。までもやってくれてもうヤバかったです
ラストのベイダー卿のシーンを見るだけでも価値のある作品ですわ
前半辛かったけど、後半ワクワク。ラストは涙。
エピソード4冒頭「反乱軍のスパイは帝国軍の究極兵器の設計図を盗み出すことに成功」この一文の中に、こんなドラマがあったとは…。

設計図を命懸けでベイダーから守り、リレーのバトンのようにレイア姫に引き継いだ、名も無き兵士達に胸熱。

そして…K-2SO、好き(TωT)
エピソード4前の話。デス・スター諸々の経緯がやっと分かった。スターウォーズの家族愛がすき。
デススターの設計図を帝国軍から盗んじゃうチームローグワンのお話。
4のデススター破壊に繋がるスピンオフ作品ですね。

地名とどこの占領下とかゴシック体みたいなテロップで書いてくれてるんでわかりやすくて良かったと思います。
キャラクターも分かりやくすくて良かったです。
帝国軍でデクスター作らされてる父を追う主人公ジン、ジンの父と交流を持っていた帝国軍の元パイロットでローグワンの名付け親ボーディ、反乱軍のキャシアンと相棒のドロイドK、盲目の修道士チアルートとパワー系な相棒ベイズ。
なにこのパーティ…ゲーム作るために出したのかなみたいな濃さ。
チアルート役のドニーイェンはいつものドニーイェンでした。個人的に今作で一番かっこいいキャラです。

結局皆死んじゃうのわかってるので忠臣蔵見てる気分でした。
キャッチコピーの「希望は死なない」が響きますね。
最後のベイダー卿がライトセーバーぶん回して来た絶望感とうわ!レイア姫やん!ってとこ最高でした。

幼少期のジンの持ってたストームトルーパーの人形欲しいですね。
お父さんはティム・マルコー的な感じ
ジン美人になりました
ジンにぶつかったやつの連れ、顎に金玉
フォース使いはむしろ盲目の方が強いのかも
ダース・ベイダー出演おめでとう
ジンは鼓舞する言葉をかけるのが上手いです
R2、3PO出演おめでとう
K強い 死んでほしくなかった
いいやつはみんな死んでいく

フォースと共にあらんことを
公開から1年後に視聴しました。これはSWシリーズのスピンオフ作品としてはもちろんですが、戦争映画としても最高の作品でした。印象的だったのは、反乱軍の闇が見えたこと、ダースベイダーの戦闘シーンですね。ジェダイがいないSWっていうのもなかなか面白かったです。
ep4に直接繋がる作品だったので、見るたびに、ローグワンの犠牲のことを思い出して泣きそう。
>|