• Filmarksトップ
  • ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:
  • アメリカ
  • 監督
    ギャレス・エドワーズ
    脚本
    クリス・ワイツ
    キャスト
    フェリシティ・ジョーンズ
    ディエゴ・ルナ
    ベン・メンデルソーン
    ドニー・イェン
    チアン・ウェン
    フォレスト・ウィッテカー
    マッツ・ミケルセン
    アラン・テュディック
    リズ・アーメッド
    あらすじ
    スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

    「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

    スターウォーズを全く知らない状態で見ました。
    途中眠くなりかけ死んでた部分も多数あったけといつからか見るのが楽しくてハラハラして…
    とりあえずすごく面白かった!

    チアルートが個人的にカッコ良い。
    スターウォーズシリーズ全部ちゃんと見よう
    初めから結末がもうわかってるからつらい
    目的のためやりとげようとするかっこよさ、消える命、消える星、絶望エンドからのエピソード4のジェダイへの希望に繋がるからワクワク感はすごい
    イップマン対ベイダー卿が見たかった。
    鑑賞日16.12.16
    このシリーズは本当に支持層が広くてナンバリング作品以外にも、アニメや小説などスピンオフ作品も充実している。「そこまで網羅して初めてスター・ウォーズのファン」、「ナンバリング作品だけ観るのはにわか」という声も聞いている。非常に手厳しい。ということで私はにわかです。

    だから人によってはその敷居の高さに参って、せめて「ナンバリングだけ・・・」という人が、「今回の『ローグ・ワン』はスピンオフだから、そこまで観ること無いや・・・」と敬遠している人の気持ちも分からなくもない。

    分からなくもないが、それは無用な問答だから、グズグズせずに観に行いけ。何も考えずに、『スター・ウォーズ』だからと身構えずに、マッツ・ミケルセンを信じろ!マッツ敵じゃないから!ごめん、マッツはゲイレンって役名ね。

    帝国と反乱軍が戦って、核兵器的なのを完成させたいからゲイレンを連れて帰ろうとして、それに抵抗し、一矢報いようとするお話。ジェダイも、フォースも、難しい事は何もない。これが『ローグ・ワン』だ。以上。

    仮説として、今まで『スター・ウォーズ』の初見は『ファントム・メナス』と『新たなる希望』のどちらから観始めるものかが議論されてきたが、今回の『ローグ・ワン』から観ると言う選択肢も十分アリ、もしくは絶妙な入門作品になるのではと考えた。

    私は『新たなる希望』から観始めたが、冒頭のクソ読みづらいスクロール文章で、帝国軍と反乱軍のひともんちゃくや、重要人であるはずの設計図を盗み出したスパイがワードだけで出番終わるとか、映画始まってもいないのに、ひとつ出来事が完結したという急かされる気分。

    その『新たなる希望』の前日譚として注目されていた『ローグ・ワン』なだけに、しっかり補足してくれる。むしろ『新たなる希望』の予習とも言える。よって、エピソード4から観ようとする人にとってはその前に『ローグ・ワン』から観るのが最適だ。観終わって分かった。それを今から記述する。

    エピソード4『新たなる希望』は、確かに反乱軍にとって戦力差を左右させる決め手となる、「デス・スター設計図」が希望となっているが、観てる側はまだ話に入り込めず他人事感が強い。

    『ローグ・ワン』でもこのワードが出てくるが、たかが設計図を“希望”と大げさに呼ぶわけじゃない。ローグ・ワン部隊の反乱軍らしい反乱の姿勢や、父から引き継いでジンが示す可能性、それも含めて帝国軍に押されて切羽詰まった他の反乱軍に浸透し“希望”へ昇華していく。

    7の『フォースの覚醒』から2年後に8、更に2年後に9という計画なので『ローグ・ワン』やハン・ソロ主役のスピンオフがつなぎ役として設定されている売り出し方は目に見えている。しかし、少なくとも『ローグ・ワン』は、うっすい前座や場つなぎ的な物語では無い。

    前述の通り、ジェダイもフォースも無く『スター・ウォーズ』らしい表面的要素は減っている。そのため序盤から中盤にかけては「これ、『スター・ウォーズ』じゃなくね?」、「所詮、スピンオフだから違うテイストだよね」。って思うかもしれないが正解。古参のおっさんたちが絶対そう思ってそうだが、それが正しいと思うし正当な意見だと思う。

    世界観そのままに、あくまでも戦争に身を投じる兵士たちの話なので、アクションや逃走、作戦遂行なんかが大真面目すぎて、普通のアクション映画にSFを足して物語に沿って見ていくだけだからだ。ある意味映画にしては日常的。ただ、それがギャレス監督の術中にはまった感がある。

    例えば、それぞれの3部作で共通する親と子の関係性も、今回も描かれる。『ローグ・ワン』ではジンと父ゲイレン、育ての親ソウとの関係性がカギとなって、ジンが自分の意思で反乱軍に協力すると強く決め、目的を見出すことになる。そんな親と子の関係性という日常にも落とし込める要素が、この世界観をまとって、ナイフとランプをカバンに詰め込むみたいに、この1本にまとめたんだ。

    めでたく目的の任務をはっきりさせてから物語は中盤から終盤に向かうが、その頃にはもう遅い。今までナンバリング作品で馴れ親しんだ「『スター・ウォーズ』を観ていたんだ・・・!」とはっきり且つ自然に実感してしまう。『スター・ウォーズ』の醍醐味を人間関係と分析して徹底して描いた結果がこれである。

    帝国を倒せるかもしれないという「可能性」が「希望」へ進化して、ラストに堂々と希望のバトンをエピソード4へ渡す。この瞬間ファンは、「俺たちの『スター・ウォーズ』に帰ってきたあああああああああああああ」とピークを迎えエンディング。一方、初見の人は『新たなる希望』が観たくて観たくてもうどうしようもなくなるはず。

    7は過去6作品の世界観と主要キャラに新キャラをミックスさせて、物語が受け継がれていく。明らかに夢と期待が溢れる続編の在り方だ。レイ編スタートに伴って、しっかり新規ファン獲得と既存ファンの掘り起こしに成功。

    一方、『ローグ・ワン』はジェダイ伝説やフォースはほぼ無くなり、あるのは帝国の恐怖だけ。もうまっさらな状態で、いかにも物語が始まるかのようだ。アナキン編はとっくに終わり、ルーク編も始まったとは言えないので、その助走役。

    8は7ありきの展開になるはずなので、新規ファンは7ほど見込めないだろうし、物語の深みと繋ぎの重要なエピソードになるだろう。なので『ローグ・ワン』が新規ファン獲得の、ある意味最後のチャンスに位置付けられていると思われる。今後続く8,9が始まる前に、レイ編へ関心を向ける必要があるので、4の前にあたる今回の物語が必要だった。

    次回スピンオフ予定のハン・ソロの時代は、どのあたりに前後してくるのか想像つかない。せめて、6~7の間ならハリソン主演も違和感無い?これこそ8,9の物語に関係してくる要素が準備されると思うので、尚の事ファン向け復習必須な内容のはず。

    最後まで見届けよう。何が何でも。
    主人公サイドの仲間たちが名誉ある死を迎える戦争映画。フォースもなけりゃ、人数があるわけでもない。それでも信じるもののために帝国軍と戦う。悲しいけど、悲観的にはならない映画だった。ジンとキャシアンを恋人関係にしないのはよかった。ボディの「やったよ、ゲイレン」がいちばん泣きそうになった。cmのキャッチコピー「希望は、死なない」悲しすぎる。
    前日譚

    前評判通り、
    ラスト5分への壮大な前振り!
    でもこのラストが、最高にかっこいいし、鳥肌がたつ
    ダースベーダーの荒ぶるフォースの恐怖に負けないで未来に繋ぐ名もない人たち

    切ないけど、ベーダーも、名もない人たちもかっこいい


    数え切れない犠牲のうえのデススター設計図略奪という偉業達成。帝国への反逆の第一歩に繫がるんだなぁと
    旧三部作好きには堪らない一作

    主人公の女の子が凛としててかっこいい
    盲目の僧侶の殺陣もかっこいい!


    都市破滅のシーン、迫り来る粉塵とか映像がリアルで本当に凄かった。
    ローグワン
    スターウォーズの無限に広がる宇宙をもっと見たい!というファンの夢を叶えた映画。
    感想、ジェダイが出てこないって聞いたけど?再撮影って聞いたけど?期待と不安がよぎりながらいざ見てみるとこれが傑作。
    デススター計画のために人生を狂わされた父娘、彼女を信じて命懸けの任務に集ってくれたクルーたち、既存のキャラもちらほら、Ⅳに至るまでの経緯が明かされていく。
    ローグワンVS帝国軍の最中には、味方が己の使命を全うして倒れてく姿が辛い。クライマックスは極限まで悲惨、でもレイア姫の台詞にとてつもない希望と感動がある。
    はじめてスターウォーズを観てから早15年、ⅣのOP「奇襲をしかけ初めて勝利を収めた(みたいな感じ)」の一文にこんな歴史が隠れていたのね!って感動した。私の中でのstarwarsの世界にも奥深さが増した。

    アナキン、ルーク、ジェダイ達、フォースというカリスマ性がある人たちがstarwarsでは主役だった。個人的には特にⅠでミディクロリアン値とかいう謎設定ぶっこまれたりして、自分もフォース使えるかもみたいな夢は完全にぶっ壊されてきた。でもこの物語はなんでもない ”普通の” 人たちにスポットを当てたもの、それがほんとよかった...
    特にローグワンは、汚れ仕事をしてきたような”日陰”的な存在の集まりだったのに、そんな名前なんて忘れられていくような彼らの活躍があったからこそ、のちの歴史に繋がるんだっていうのが非常に胸熱だった...
    個人的にはk-2soの満身創痍が泣けた...フィギュア落札しようかな...(単純)
    関係ないけど地味にハンマーヘッドコルベットのシーン好き。笑

    あと終盤のダースベイダーのカッコ良さ半端ない!!「コォ〜」って聞こえた後に赤いライトセーバーにブォンって照らされて登場するのがもうほんとに感動してかっこよくてなぜか笑いが止まらなかったw

    就活してると自分が社会の歯車になるのかな〜って良くも悪くも浮かんでくる考えだけど、自分の意志を誰かが受け継ぐ、志は繋がっていくんだって考えるのほんとにかっこいいし、私もそう考えて仕事しようと思った。

    まだまだ就活これからなんだけどね!あと2ヶ月の長丁場頑張ろうと思いました!may the force be with us!
    Ⅷの公開も楽しみです!

    興奮覚めやらぬ状態で書いたらめっちゃ長くなった感想。

    2017年1月1日に鑑賞
    ◆ローグワン、面白かった。みんなそれぞれ意志を持っていて、次に希望をつなげていく、ってところがよかった。けど、ジョージルーカスの物語の着地点はどこにするつもりだったのか聞いてみたくなるほどに運命論と呼んでいいのか分からないけど、盤上の駒を操るが如く進行する物語がすごくしんどかった 面白いけどしんどい
    ◆もはやスターウォーズの根幹はフォースと呼ばれるものによって宇宙が掌握されているとしか思えない
    ◆アナキンが選ばれし者の役割を全うすることが物語をすすめていく上で絶対なら、あの時代の人間は今回のデススター崩壊もあらかじめ決まっている出来事を達成させるための駒だなぁと思って、結局、帝国も共和国も環境が生み出した膿みたいなものだ…と、色々考えてしんどくなった
    ◆共和国の崩壊はシスたちのせいではなく、あらかじめ崩壊することが決まっていたけれどもシスたちの存在によって崩壊が早かった、と解釈してたので、機能してない評議会がまだ評議会としての役割をしてることにもびびったし、帝国も共和国も正しいことなんてないと思うのではやく平和になってほしい
    ◆スターウォーズって結局どうするの????共和国、帝国の勢力争いだけで終わらせる感じではないよね?崩壊の後の再生、その再生にフォースが破壊だけではなく調和をもたらすものとして描かれてほしい、というかSFで終わらせてほしい気持ちが強い
    ◆ジェダイが希望の象徴になるにしてはジェダイの正しさも特にないような感じがあるので、よりフォースをうまく、種族の繁栄と平和のために使えるような環境になってほしい 初代ガンダムもニュータイプと呼ばれる人たちが戦争の道具にしかなり得なかった悲しさが大きいので、なんかすっっごいしんどい…
    ◆スターウォーズ熱かったときの苦しさ思い出してしんどさがハンパない アナキンもオビワンもやっぱりその時代を表現するためのツールだ…ふたりの選択に大きな意味が生じることもなくて、ルーカスの動かす駒だ…しんどい… 物語だからそりゃそうだろ!って感じなんだけど
    ◆スターウォーズをみてしんどさを感じるのってどんなに素晴らしい能力や勇気ある行動、思想があっても時代の波に飲み込まれてしまう、それが現状を良くするための決定打にはなりえない、ってところなので、ジェダイを見てるとお腹痛くなる…。


    ◆SWの小説読む限りジェダイがシステムの一部として組み込まれるにしてはあまりにもシステムが古く機能していなかったで、停滞したジェダイひいて世界を一旦崩壊させ、そして帝国も崩壊させるトリガーとしてアナキンは選ばれし者だった、という解釈をしているので、そうするとフォースが宇宙の統括を図っているのでは…?みたいな、なんだろう、ファウンデーションでいうところのダニール…?時代を観測するって本当しんどいな…
    >|