ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーのネタバレレビュー・内容・結末

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

スターダスト。

登場人物が儚く散る。決してハッピーエンドじゃないけど、過去最高作でした。
途中で「あそっかこれサブストーリーだから誰も生き残らないんだ」って気づいて悲しくなる。
最初のほうは少し退屈だったけど、ローグワンが突入したあたりからは面白い。仲間たちがどんどん死んでしまって、最後には主役二人まで死んでしまうのには驚いたけど、確かに彼らが生き残ってたらエピソード4に全く出てこないのおかしいもんね…と思った。
デス・スターしょぼいと思ってたけどやっぱり怖い。

ベイダーやC-3PO、R2-D2なんかの懐かしキャラが出てくるとテンションがあがった。レイア姫は実写をもとにCGで作ったらしい。うまくエピソード4につなげてて感動した。
やっと観た!期待してなかったけど、期待裏切りました!
やっぱりスターウォーズは深い。

「遠い昔、遥か彼方の銀河系で…」
オープニングはお馴染みのココから始まったけど、あの宇宙に流れるオープニングとは違ったのもよかった。
でも宇宙から始まる。
スターウォーズ!って感じでした!

言葉にするのが難しい。
でも壮大で、カッコよくて。
もっと早く観れば良かった。

反乱軍の中の対立なんかもあって、面白かった!
でも最後は、反乱軍らしく。
命を懸けて届けようとする姿がカッコよかった。
「我はフォースと共に。フォースは我と共に。」
…あれ、逆だっけ?笑

エピソード4との繋がりも見事。
もう1回観たいな。

でも、一気に登場人物出てきて
名前が覚えられない…
昔は覚えられたのに…(笑)
スターウォーズファンを裏切らない。裏切らないがために、みんな死んじゃうのは哀しいけど。。
映画館で見たのですが、体調が悪くて、入り込めなかった。
改めて見直しました。
うーん、頑張ったのに報われないんだ。
それはそれでいいのか。
ちゃんと引き継いだから。
スターウォーズシリーズは行きがかり上全部見なきゃというシリーズです。
「辛い時はいつも独りだった」この言葉選びに胸が熱くなった。ローグワンの結束力、覚悟の強さ。
K2とキャシアン、盲目の戦士とその相棒、絆の強さと別れに涙が止まらんかった…

最初の方は、知ってる人全く出てこーへんし話が複雑やしで観続けるモチベーション下がってた。笑

盲目の戦士かっこよすぎる。こういうアクションをライトセイバーの演舞的アクションもええけど、こういうスマートなアクションも素敵。

EP4観てる時に、「いやいや、何でわざわざ弱点なんか作るねん!」って思ってたけど、そういうことやったんやね。凄い。

EP4からの闘いがあるのは、ローグワンの活躍、犠牲があってこそなんやと思うと、この話全体への見方がかなり深まった。
これだけの犠牲を払って得た平和が、EP7でまた奪われてしまうんだ…と、なんとも言えない気持ち。戦争映画観た時の様に考えさせられた。

フォースを使えるわけじゃないあの盲目の戦士にとって、フォースは希望やったんやなぁ。最後まで唱え続けてたのが凄く印象に残ってる。
ローグワンを観て、シリーズ全体のテーマが見えてきた気がする。希望を繋いでいくこと。ローグワンが盗み取った設計図=希望もレイア姫に受け継がれていく…

スピンオフやのに、1番好きかもしれない。
泣いた!スターウォーズファンの為に作られた映画!あまりに切なく「希望」につなぐストーリー。ハイパースペースから出てきた反乱軍。こんなに強かったのかよって鳥肌たった。今回の宇宙でのバトルはチョットだけコクピットが映っててまるで自分が操縦しているんじゃないかと錯覚するような描写で興奮した!そしてダースベイダーが最強すぎた涙。ターキンにレイアにダースベイダーこの3人の後ろ姿からの焦らせ方も憎い演出。本当に良い作品でシリーズNO,2です。チアルート、最初の強さはどこえやらw
うぅ素晴らしい…。素晴らしいぞ!!!

とっても語彙力を失う。もうとにかく書きなぐる。

誰の為に何の為に戦うのか?
ルーク・スカイウォーカーのこれから始まる楽しい楽しい素晴らしい物語の為だけの存在かも知らない。けど、そんな存在だとしても、そんな彼らの存在は確実にルークの楽しく素晴らしいお話へと繋いでいるのよ!

本編に対しての〝外伝〟〝スピンオフ〟という概念、存在をこの映画は物語を通してすっっっごく素晴らしく解釈した。そこが素晴らしい!
デス・スターの設計図を託し、希望を願いながら滅びゆく星の中で抱き合う二人ですよ。。。くぅ〜〜〜って感じ!ホント本編に対しての外伝、スピンオフでしかなさのこの美しさと儚さですよ。最高っやつ。
この作品がどんなに素晴らしくても、スター・ウォーズの外伝、スピンオフと呼ばれ続けるそれですよ。。。

映像も妥協が無く、どこかで観た事がある様な感動シーンもこの映画は違い、そんなシーンで涙腺が緩む。

『スター・ウォーズ』シリーズの中で一番好きな作品となりました。ありがとう。
興奮する!

ギャレス・エドワーズ監督は焦らしの天才ですね!

ハリウッド版ゴジラの監督。

ゴジラの時も

なかなかゴジラが出てこない。

出てきても

ムートーと戦い出すと画面が切り替わり

戦いをなかなか見せない。

やっと戦ったところで格闘ばっか。

あれ?放射火炎は出さないのかな?

と心配になったところで

埃ごしに背ビレが

尻尾から頭部にかけて段々光り

放射火炎発射!

もうテンション上がりまくりです!


今作でもそれがありました。

Xウィング

ダース・ベイダー

フォース

とスターウォーズお馴染みの要素がだんだん出てきます。

しかし、ふと気づく

あれが出てきてない。

普通の人の話だから出てこないのかな

と思ったところで

赤いライトセーバー登場。

この光で見える持ち主が

ダース・ベイダー。

もう、心のGスポットつきすぎ!

失神しちゃうゾ!


また、よくある前日譚と違い

エピソード4の

10分ぐらい前まで描いてたのもよかった!


映画館で

スターウォーズの最新作の予告が終わり

次の予告との数秒間のしーんとした時間で

「スターウォーズ超見てぇ」

ってわざわざ

隣の女に聞こえるように言う

スターウォーズが好きっていう

流行りを押さえてる俺って

すごいっしょ系男子

にオススメ。
>|