• Filmarksトップ
  • ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの感想・レビュー

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:
  • アメリカ
  • 監督
    ギャレス・エドワーズ
    脚本
    クリス・ワイツ
    キャスト
    フェリシティ・ジョーンズ
    ディエゴ・ルナ
    ベン・メンデルソーン
    ドニー・イェン
    チアン・ウェン
    フォレスト・ウィッテカー
    マッツ・ミケルセン
    アラン・テュディック
    リズ・アーメッド
    あらすじ
    スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

    「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・レビュー

    JUNKO
    JUNKOの感想・レビュー
    約3時間
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    2016.12.18 良かった!誰も生き残らないから良いのだと思う。誰かが生き残ってたら愚作になってたと思う。予感はしてたけど、やっぱり全員ダメだったか。。と。ちゃんとエピソード4に繋がる良い外伝だった。
    wcisya
    wcisyaの感想・レビュー
    約6時間
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    正直言って舐めてた。
    もう既にSWシリーズは7作。
    今回はスピンオフ。
    これ以上は果たして存在するのか。
    しないと思ってたから舐めてた。

    なんすかこれ、最高すぎるでしょ。
    映画におけるスピンオフの完成形。
    4のオープニング、僅か一行足らずからこのスピンオフを生み出すのはもう神の業。

    映画としてはSW史上最も戦争映画としての側面が強い。
    地上戦がその印象をより強くしている。
    登場人物のキャラクターの強さ、バランスの良さ。
    スペースオペラの破壊的な美しさ。
    ダースベイダーを目の前にした反乱軍兵士の表情。
    最初はSW感は薄いが、次第にぼくらの知ってるSWになってきて、終盤にはぼくらの知ってるSW以上のものが出てくる。
    これを待っていた。
    SWの世界観にとんでもない深さを生み出した。まさにスピンオフの在るべき姿でした。
    ありがとう!!
    ayako
    ayakoの感想・レビュー
    約7時間
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    すっごい面白かったぁ〜!レトロっぽくも、ハイテクな感じがしました。
    Kー2がとても面白かったぁ。自分でも言ってたけど、なんでも口に出してしまうから、ドロイドだけどとても人間的で、気の利いた事を言うのでなんども、クスリと笑ってしまった。そんなKー2が最後ドロイドとは思えない感動的な死にで大好きになった。
    何がすごいって、チアルートは凄すぎだべ。弾に当たんないとか神だしょ(笑)
    ベイズは、何気に良い奴で、戦国武将が着そうな赤い甲冑姿が印象的。
    ディエゴは、相変わらずイケメンだったけどなんか年取ったなぁ〜。ディエゴの役名、”アンドー”だったけど、これって日本人の血を引いた設定なのかなぁ?すごい気になった!!!
    フェリシティちゃんは、やっぱり可愛いね。可愛い顔して結構アクション頑張ってて驚いた。かっこよかった。
    ちょいちょいいろんなキャラが登場するところもファン心をくすぐる!!!これは絶対、全作品見てから見た方が感動が大きいと思う!でも、何にも見ないでこの映画を見てから、エピソード4を見るって言う贅沢な見方も有りだなぁ。
    ローグ・ワンのみんなが死ぬ結末は、予想はしてたけど、ことごとくみんな死んだのが私は好きな結末かも。最後、ジンとアンドーが海辺で抱き合って死ぬシーンが、エヴァンゲリオンとポンペイを彷彿させられました。随所にオマージュっぽいのがあった気がしました。何と言っても、最後にレイア姫が出てくるあたりがもう最高でしびれました!本当に面白くて大満足でした。
    ひろ
    ひろの感想・レビュー
    約10時間
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    スターウォーズって面白いんだと思った作品だった。
    あまりにも入り込めなくて、3だけ断念したんだけど、今回のはかなり入り込めた。

    映像もかっこよかったし、ストーリーも面白かった。今時の映像技術ってほんとすごい。

    ジンのお父さんが死ぬシーンはきつかった。裏切り者扱いされてまで、未来のために希望を繋ごうと、兵器の弱点を見つけて(作って?)。
    本当にすごいと思う。
    ジンは父親と親代わり?だった人、2人も一気になくして辛かっただろうなと思う。
    親代わりだった人は冷たいのかと思ったけど、ジンにちゃんと愛情を持っててくれたみたいで、良かったなぁと思った。最後一緒に逃げてほしかった。「もう走れない」って言うのが悲しかった。

    反乱軍とひとくくりにしても、過激派だったり、降伏賛成派に転じたり、一枚岩になるのって難しいんだなと思った。
    確かに証拠のホログラムもないのに、裏切り者の娘の話を信じろというのはかなり無理な話だし、すぐに設計図を取りに軍を動かさなかったのも納得だけど、本当だと知ってる立場のこちらからするともどかしいと思った。

    それでもジンを信じる人たちが何人か集まってくれたところは胸が熱くなった。集まってくれたのは、今まで汚れ仕事を引き受けた人たちで、納得の行かない命令とかやりたくないことも「大義のために」と言ってやってきた人たち。

    そんな風にジンの父親や手を汚してきた人たちのような組織の末端(ジンの父親はそこまで末端ではない?)の努力があって、戦えてるって言うのをひしひしと感じた。

    奇襲も成功して、中にも上手く入り込めたけど、外で囮になってた人たちが本当に可哀想だと思った。だってそこには死ぬ未来しかないから。トルーパーはたくさん出てくるのに、こっちは人数的にも武器的にも分が悪いし。

    でも味方が加勢してすごく胸が熱くなった。隊長?が率先して戦いに行った っていうのも良かった。まだ反乱軍も戦う意志が残ってるんだと!

    ゲートを閉められてしまって中に入れたのは少しだったけど、それでもすごく心強かったし、相手にもだいぶダメージを与えた!
    けど、やっぱり数に勝るものはないんだなって思った。どんどん敵が出てきて味方もどんどん倒れて行ってほんとに辛かった。
    盲目の人がめっちゃ好きだったのに…

    それでも設計図を何とか手に入れてどうやって逃げるんだろうって思ったら…
    元々逃げる気なんてなかったんだなぁ。
    主人公とその近い人だけ生きて他全滅みたいな一番嫌いなパターンで終わるのかと思ってたら、主人公さえも生き残らなかった…
    考えてみたら4にはいなかったもんね…そりゃこんな結末になるよね。

    みんながみんな未来のために頑張って倒れていく。色んな人の犠牲の上に平和とか反乱軍という組織は成り立ってるんだなって強く思った。戦争ってこういうことなんだ、と…

    最後、レイア姫の「HOPE」…希望かもしれないけど、絶望の積み重ねで得られた希望過ぎてほんと辛かった。組織の末端?に光が当てられたことで、こういう風に未来のために死んで行った人たちのことを忘れてはいけないんだなって思わされた。


    ジンの最期のシーンだけど、来る波?衝撃波?をみながら死ぬのと相手の顔しか見えない状態で死ぬのはどっちがいいのかっていうのも考えた。迫り来る様子が見えるのもかなり怖いけど、逆にどのタイミングでくるのかわからない方がもっと怖いのかも…
    女に来る様子見せるのかよって思ったけど、ジンは確かに守られるか弱い女の子じゃないもんね、あれで納得かな。

    てかダースベイダーマジ強い。最後ほんとにもうダメかと思った。唯一の希望さえも摘まれるかと思った…最強すぎる…

    長過ぎた笑 今度全作見返してみよう。
    hawelka1992
    hawelka1992の感想・レビュー
    1日
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    スターウォーズのエピソードⅣの前日譚。
    エピソードⅦに続き、女性が主人公であり、特に父と娘の物語の側面が強いと感じた。

    育ての父と血の繋がった父がおり、そのどちらからも致しかない理由で捨てられた少女が、傷つき、惑いながら父の生き樣に意味を見出し、その意思を受け継ぎ帝国という巨悪に抗っていく。

    しかし、物語の結末は設定上なんとなくわかっていたが、戦争の犠牲となっていく英雄の話であり、悲しい物語であった。

    犠牲になったものの多くが、ただ理想に殉じたというだけではなく、仕方がなく戦争に巻き込まれ、たまたま反乱軍側だった、というのも考えさせられる。その中で自らの行動の意義を問い直し、命をかける戦士たちに胸を打たれるのだ。そこには単純に善悪に二分するのではない、自らの正義がある。

    スターウォーズシリーズは音楽と映像がすごい。そして相変わらずドロイドがかわいい。盲目の戦士も、スパイのキャプテンも、主人公ジンも魅力的なキャラクターばかりであった。あとベーダー卿の戦闘が観れて興奮しました!やっぱバトルはテンション上がりますね!
    102
    102の感想・レビュー
    1日
    3.7

    このレビューはネタバレを含みます

    「Ⅳ新たなる希望」の最初に設計図を手に入れた事がサラッと説明されてたけど、その裏にはこんな熱いストーリーがあったんだね(´Д⊂ヽ

    ラストのベイダー卿ハンパないし、レイア姫へのバトンタッチも良かった♪
    amica
    amicaの感想・レビュー
    1日
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    いや、面白かった!面白かったけど、スターウォーズ大ファンからしても少し長く感じた…結末が分かってるからかもしれないですけど(><)ダースベイダーが出てきてからは一気にテンション上がりました(*'ω'*)
    はるかす
    はるかすの感想・レビュー
    1日
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    スターウォーズシリーズはすんごい大好きだし、何回観ても面白い、何回観てもそれぞれのエピソードに胸を熱くさせられる!
    けど、スターウォーズシリーズでこんなに泣いたのは初めて。
    5ヶ所くらいうるッときて、ラストは号泣。
    ベイダーさんの絶望を感じさせる息遣い→無双。
    オビワンを浮かばせる砂の丘。
    カメオ出演。
    スターウォーズを崩さないスピンオフだったとおもう!

    小さな希望を勝ち取る為の大きな勇気。
    上映期間中、あと3回は観たい!本当によかった。
    ミ
    の感想・レビュー
    1日
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    切ない。

    R2-D2とかC-3POとかベイダー卿とかレイア姫とか、昔からのキャラが出てきた時点で感動。。
    アナキン好きなので、ベイダー卿はアナキンなんだよなぁ、って考えるとほんとに悲しくなってしまう。

    それにしてもベイダー卿強い。
    Mio
    Mioの感想・レビュー
    1日
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    涙なしではみれなかった
    >|