ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーのネタバレレビュー・内容・結末

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

スターウォーズシリーズで1番好きかもしれない!
Ⅳで当たり前のようにデス・スターの設計図を手に入れたって始まってたことがこんな風に繫がるとは!!

沢山の犠牲の上に成り立つ【希望】。
命を賭してまでも全員がやらなければいけないと想う理由の流れがしっかりあって、ラスト感にグッときた。
死を覚悟している様。

盲目の人の闘いがとてもカッコいい!
あとはやっぱりダース・ベイダー!!
あれは怖い。。
強すぎる!!
今まで見た中で1番の圧倒力ダース・ベイダー!!
映画館で観たかったのに間に合わず
結局DVDにて鑑賞した

スピンオフってやっぱり本編ほどそそらないのは、仕方ないね
好評だって声は届いてたんだけど

観たらやっぱり面白かった

ダース・ベイダーこんなに強かったっけ!?という感想

ジェダイが一人も出てこないスター・ウォーズ

観ようによってはシリーズで最も面白い一作。エピソード3.5と思って観る必要はない
スピンオフがオリジナルを超えうる数少ない映画の1つだと思います。
約40年を経て後付けという形でSWサーガの中に組み込んだとは思えないほど、違和感なく精巧にできた作品だと思います。

星を丸ごと破壊できるほどの強大な力を持ったデス・スターを破壊へと追いやるために必要だった設計図…
わずか手のひらほどの設計図のために命を賭して戦ったローグ・ワンはSW史上最高のチームだと思います。
この作品を初めて観たあとにEP4を観ると、何度も何度も観てきた作品がなぜかとても新鮮に感じました。それほどの影響力を持った作品だと思います!

個人的には最後のベイダーによる殺戮のシーンは鳥肌が立つほどゾッとします( ; ゜Д゜)
無言でこちらを見つめながらライトセーバーを起動するシーン、拳を振りかざして強力なダークフォースを駆使するシーン、ヒールながら非常にかっこいいです!!
スターウォーズシリーズの中でもかなり上位に来る面白さなのでは?!何度見ても、お父さんからのホログラムの伝言再生のシーンとか、後半のK2から始まるローグワン全滅タイムは泣けて泣けて仕方がない。
冒頭シーンのつかみが弱いので、大丈夫かなぁと心配になったものの、時間が進むにつれ画面に釘付けに。

ラスト1時間は泣けるくらいに良かった。エピソード4への丁寧なバトン渡しが最高!レイアが振り向いたシーンはただただ嬉しかった😆


私にとっての主役はドニー・イェン。めちゃくちゃ格好良かった!
フォースの覚醒残念だった。

この作品は良かった。
結局全滅やけど。
ようやく見れた~!そして一言。
う~ん、切ない。とても切ない。

ストーリーの展開上、誰とて絶対に生き残ってはいけないと分かっていながら見る映画は他にないんじゃないかな?

本編を邪魔することなく、でもそれでいてデス・スター破壊に繋ぐ。野球で例えるなら、ランナーを進塁させる見事な送りバント。最後のレイア姫の登場には胸が熱くなるものを感じた。

基本的にシリーズものは主人公並びにサブメンバーは生き残ってナンボなんだけど、絶対に現実ではありえないよね、っていう側面をスターウォーズでも見れて、逆に安心?

評価4.1の理由も納得だし、これは今まで見ていなかったのが失礼レベルでした。
こんなに犠牲をはらって設計図手に入れたのね、、なんか悲しい。。
レイア姫わか!!最後の最後にテンション上がりました。
最新作につながる話かと思ってたら、旧三部作につながる話だったのね!もういちどスターウォーズを見返したくなりました。私は、、ジェダイがたくさん見たいから、ちょっとだけ物足りなかった。
スターウォーズのスピンオフ作品。

エピソード4に繋がる作品で、
『デススター』の設計図を、レイア姫に渡すまでの物語。

主人公は、女性で、デススターを作成した張本人の娘。

デススターの弱点を知るため、帝国軍から、設計図を盗む必要があった。

反乱軍と共に、帝国軍の基地のある星に行き、見事、設計図を盗むことに成功。
しかし、デススターによって、欲しいごと破壊され、主人公も巻き込まれる。

設計図は、辛うじて、本部に届ける事ができ、レイア姫に渡る。
『これは何ですか?』『希望よ。』

歴代スターウォーズの戦争シーンを再び観ている感覚であったが、ラスト10分は、興奮が冷めなかった。
エピソード4につながるシーンとなっていたからだ。
ダースベイダーからデータを守るシーンで、ライトセーバーが赤く光る瞬間がカッコよかったです。
顔だけCGw
撮影、脚本、編集どれもよかったです。
>|