リング0 バースデイの作品情報・感想・評価

「リング0 バースデイ」に投稿された感想・評価

keiji

keijiの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

終盤の加速が最高だけど、ラストは絶対に要らなかったので萎えたまま終わった。井戸からそのまま田辺誠一が映って、凄惨な舞台や楽屋で終わりかと思ったら夢オチほのめかせて(なんならそこで予知夢を見たので田辺誠一を遠ざける悲恋にしても良かったのに)ガッカリした。それまで上品な映画だったので手直しされたのかと思った。仲間由紀恵が初めはマジかよと不安になるけど最終的には良かった
akiRa

akiRaの感想・評価

2.7
もはや作業と化してるリング鑑賞。

いやはや貞子なんなの?と。
とりわけ貞子が成長したお話ですが、少女時のが怖いっていうね。

結局謎残しでありながら父親の思ったよりも人間的なとことか、あんま貞子万能じゃないよぉ〜ってとことか、、
あのまま自然に死んだの?笑

劇団員達の断末魔に苦笑しかありません。
あぁぁぁあぁああぁ!!!

あとは覚醒貞子の
バァっ!!.\(( °ω° ))/.:
に、笑わせに来てるとしか思えない笑
変な動きしてても正直、初代の目が一番怖いよね。
アンナ

アンナの感想・評価

3.0
ストーリーは釈然としない部分はあるものの。日本ホラーの湿潤さと昭和の退廃的な趣が相まって素晴らしい雰囲気です。仲間由紀恵さんの可憐さが映えますね。あの絶望的なラストは後を引きます。。
春21号

春21号の感想・評価

2.6
あの貞子の誕生譚

スケキオと並ぶ嫌と言うかそれ以上のジャパニーズホラーのポップアイコン"貞子"がいかにして産まれたか語られるリングの前日譚

はい、もはや説明不要 日本人なら誰でも知っている作品のスピンオフ的作品です。
2000年代初期のジメッとしたフィルム感が舞台となる昭和の暗い感じをうまく表現できていて良かったと思います。
しかし、ストーリーが余りにもおざなりだったと思います。
物語の冒頭、あの貞子の話です。知ってるでしょ?てな具合にいきなり過去の話が始まります。大胆な省略でこの部分は良かったと思いますが、それからも"あの貞子の物語だから"と言う部分に頼りすぎてて全てが駆け足で進んでいきます。
途中まではそれで上手くいっていたと思うのだけれど、物語の中盤キャリー的な展開からおざなり感がグッと強くなっていきます。なんか、大人が全員で右往左往してるし、始末しようとしてるのかと思えば、あの子を助けてあげて!って言い出すし、
最後の方はなんとかあの井戸に持っていこうとし過ぎてて全然怖くなかったです。

恐怖描写も心理的な嫌悪感から絵的なビックリになっていて興ざめでした。
本当にキャリーみたいに殺していくんです
なんだこれ?これからどうやってあのリングに繋がるのか?あとビデオテープとか1週間後とかの設定て元々なかったの?そんな要素一切なく終わったんだけど…
もしかして貞子が初めて井戸から這い出る時に自分でカメラ回して自撮りしたの?
貞子はYoutuberだったの?動画のタイトルは井戸からはいでてみた!ってか?

なぜ貞子が誕生したのかは分かったけどそこから都市伝説になるまでの過程や要素が丸々抜け落ちていたから前日譚でありながら1作目に全く繋がっていかない、これじゃ納得いかない不充分な作品だと思った。
はい、面白くなかったです。

そろそろ呪われそうなのでこの辺でやめときますね

記録

シリーズの中で1番面白かったかも

小説を読んで、貞子可哀想ってずっと思ってたけど、見終わった後の感想はそれに近い
2018年01月22日(月)は「リング0 バースデイ」公開18周年なので記念に鑑賞
「リング」シリーズで一番好きな作品
仲間由紀恵演じる貞子ちゃんが可愛い😂そしてドラマ版「らせん」に織田恭助として出演していた田辺誠一が貞子ちゃんの恋人 遠山博を演じているのが胸熱…
ストーリーは重くて暗いけど貞子ちゃんの短く儚い恋が描かれていてとても好きです…
レンタルして鑑賞


設定やものがたりの進み方は良かったのですが、貞子の誕生の秘密を辿っていくあまり、ホラーでは無くなっているよに感じました。

これがいい!という人もいるかとは思いますが、自分はもっとホラー要素欲しかったです。

でも、普通に楽しめました。
まきの

まきのの感想・評価

3.5
全く怖くなかったです。ただただ泣きました
まさか貞子に感情移入するなんて思いませんでしたよ
ホラーというより悲劇。
いつか、どうか幸せになってほしい

他のリングシリーズもいくつか観ておりますが、この作品が一番印象に残りました。もう一度観ようかな
WM

WMの感想・評価

3.0
映画館で鑑賞。怖さよりもストーリーに感動して泣いていたら不気味がられた。
KIHO

KIHOの感想・評価

4.0
個人的にはリングシリーズ最高傑作です。

日本で最も有名な幽霊、貞子の誕生秘話を描いた「リング」シリーズの前日譚。生前の山村貞子を初々しい美少女の仲間由紀恵が演じ、超能力を持ってしまったがゆえに若くしてその生涯を閉じることとなった彼女の切なく壮絶な最期を描きます。

なぜ最高傑作かというと、その理解のしやすさと、感情移入のしやすさにあります。以前でのレビューでも書いた通り「リング」シリーズはそのコンセプト故に非常に難解なタッチで描かれた映画となっています。さらにSFや科学の要素も入ってきて、いわゆるありきたりなホラー映画とは一線を画するつくりをしているのです。

しかし、この「リング0バースデイ」は、山村貞子の不遇の人生と、超常現象による復讐劇と、最期を描くというコンセプト。周囲の人間によって不条理にも苦しめられる貞子への感情移入は容易で、心霊現象による復讐劇は「番町皿屋敷」や「雨月物語」や「牡丹灯籠」のような、いわゆる怪談話を聞くような感覚で楽しむことができます。「リング」シリーズの中では最も普通のホラー映画というわけです。

しかし、霊能力者の美少女、山村貞子の悲劇を見ておくことは他の「リング」シリーズ作品を楽しむ上で必見。この映画だけでも悲劇的な怪談話として優秀ですが、他の「リング」シリーズの魅力を2倍、3倍にしてくれます。
>|