しんぼるの作品情報・感想・評価

しんぼる2009年製作の映画)

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

2.5

「しんぼる」に投稿された感想・評価

カバ男

カバ男の感想・評価

1.0
まっちゃんすきだけどこの映画はあかん。

映画館貸切で見れたのはでかい。
高澤奏

高澤奏の感想・評価

4.0
中学の頃、友達と映画館まで見に行きました。お客は全部で五人。俺等以外は全員おじさんだったので、場内には異様な空気が流れてました。映画がはじまっても、おじさんたちはみんな真剣な顔で見ているので、なんとなく笑っちゃいけないみたいな空気ができていて、笑うのを我慢してた俺と友達は窒息死するところでした。でも中盤からやっと一人のおじさんが笑ったのをきっかけに、他のおじさんたちもだんだん声を出して笑うようになりました。おじさんたちも周りの目を気にしてたのかもしれません。俺たちも我慢するのをやめゲラゲラ笑いました。やっぱり笑えるって幸せなことだなって思いました。
ストーリーとか意識しちゃダメ。
Don't Think. Feel
omdaizin

omdaizinの感想・評価

1.2
なんというか、「俺はこんな常人では思い付かんようなことが撮れるんやぞ!」という意識がすごく見えた 「松本人志が好きであること」がアイデンティティーになっているひとには、すごく刺さるんだと思う
みけ

みけの感想・評価

3.2
じわじわきます。
個人的にはとても好きです。
好みはわかれると思います。
いおん

いおんの感想・評価

3.0
面白さがこみ上げてくるシーンもあるし、普通に怖いと思う
理解できないことも多いけど松本人志が大好き
(2012年7月のレビューです)

『大日本人』『さや侍』ともに
個人的には不発でありましたが、
“松本人志”というネームバリューに
誘われて見てしまいました。
期待はあまりせず。

しかし、
本作が一番よかったですね。

メキシコのレスラーと
謎の空間に閉じ込められた水玉の男。
2つのストーリーが
どこでどのように繋がるか。

誰も予想ができない、という宣伝文句も
あながち嘘ではない、
想像力の広がりが感じられる展開でした。


「映画の中でしかできない笑い」というのを
前々から松本人志監督には期待しているのですが、
本作が一番それに近かったと思います。


ただ完璧というには程遠いですね。
私風情がこんな評論をするのは
おこがましいですが、
メキシコのレスラーの話は底が浅すぎるし、
ラストをこちらの想像に委ねる
という終わり方も陳腐です。
この終わり方は一見深いようで、ズルい!

最後には松本人志監督の、
何かしらの答えを見たかったですね。
眠れない時たまに観ます。途中、知らぬ間に眠れるからです。睡眠導入剤と呼んでます。
ヒロ

ヒロの感想・評価

2.4
映画館に行かずに良かったと胸を撫で下ろした


監督:松本人志
脚本:松本人志/高須光聖
主演:松本人志
おもろかったけど、俺のセンスを理解してくれ感がすごかったわ。浜田やったらこの映画みてナッハッハって笑うんやろなあ
>|