レッドタートル ある島の物語の作品情報・感想・評価

レッドタートル ある島の物語2016年製作の映画)

The Red Turtle

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:81分

3.5

あらすじ

どこから来たのか どこへ行くのか いのちは? 嵐の中、荒れ狂う海に放りだされた男が九死に一生を得て、ある無人島にたどり着いた。必死に島からの脱出を試みるが、見えない力によって何度も島に引き戻される。 絶望的な状況に置かれた男の前に、ある日、一人の女が現れた——。

「レッドタートル ある島の物語」に投稿された感想・評価

色々な見方ができる作品
内容や構成はジブリは全く関与してないから、フランスのアニメとして見たほうがいい。
いろんな人の解説を読み漁って、比べて見てみるとおもしろいかも。
ぱる

ぱるの感想・評価

3.0
日本アニメとは違った絵で、絵本の動画を見てるみたい。無声映画だった。
絵本を読んでいる感覚

手のひらを重ねるシーン
なんだか胸が締め付けられた
miim

miimの感想・評価

3.5
絵本を読んでいるような気分だった。
言葉で表すのが難しい作品。不思議な心地良さがあった。
ちょっと「浦島太郎」のようにも思えたり。

他のジブリ作品とは雰囲気が違うけれど、やっぱり画が綺麗だし、人や動物の動きもリアル。
臨場感があって、不思議なくらい登場人物たちが感じている風や温度や水中での息苦しさなんかをリアルに感じた。

無人島での原始的な生活が心地良さそう。
着の身着のままの生活。疲れたら浜辺で寝そべり、亀と一緒に水中を漂う。
泳いでいる描写が本当に気持ち良さそう。私も亀のように泳いでみたいなぁ。
物が溢れている時代に生きる私たちには自然でシンプルな生活が少し羨ましく思えて、でもそう思うことは傲慢なのかもしれないとも思う。

誰か一人でもわかり合える人がいれば生きていけるのが人間。
まだ見ぬ世界を見たくなるのもまた人間。

人間の本質と一人(一匹?)の女性の一途で純粋な想いを描いた作品。
Uiti

Uitiの感想・評価

4.5
はじめての無声映画で、難しいのかなと思っていたけど、みていくうちにどんどん引き込まれて行っていた。終盤泣きながらみてたら終わってた。
S

Sの感想・評価

3.3
音や言葉に疲れた時に見るといいかも。
静かな場所での鑑賞必須。
いみ

いみの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

テレビ放送のを録画しておいてやっと見た。

絵のタッチがとても好き。
きれいな絵本をめくっているような感覚だった。

ざっくりとストーリー

男が一人島に流れてきていかだをつくって島を出ようとするが姿の見えない何かに邪魔されいかだを壊され何度も失敗する。
あるときそれが大きな赤い亀の仕業だとわかり男は怒り心頭。
棒切れで叩き、甲羅をひっくり返してしまう。
干からびてしまうというときに男は自分のしたことを後悔し慌てて海水をかけるが甲羅はヒビが入り亀はびくともしない。
諦めて寝てしまい数時間経過。
ふと見るとなぜか女が甲羅をかぶっている。
はじめは戸惑う二人だがだんだん距離が縮まり二人は夫婦に。
男の子が生まれたくましく青年に育ったある日津波が島を襲う。
無事助かる三人だったが
息子は外の世界に興味があり仲良しの亀3匹と共に海へと消えていく。
やがて年を取り男は死ぬ。
女はそっと男に手を合わせるがその手はあの大きな赤い亀になっている。
赤い亀は夕日の沈む海に還っていく。

台詞が一切ないのに情景や行動や表情などの表現が長けているのでなんなく理解できる。
アニメーション素晴らしかった。
「岸辺のふたり」も観てみたいがレンタルあるだろうか。

海の中を泳ぐシーン、夕陽、雨、カニたち…
どれもとても素敵だった。
 初めて海外との共同製作に挑戦したスタジオジブリの作品で、監督は「岸辺のふたり」にてアカデミー賞短編アニメ賞を受賞したMichaël Dudok de Wit。「岸辺のふたり」を見た宮崎駿本人が「もしいつかスタジオジブリがスタジオ外(海外)のアニメーターをプロデュースすることを決めるなら、それは彼だ」と話したそうで、まさにお墨付きでの就任だといえます。

 嵐の中溺れていたひとりの男が目を覚ますと、そこは豊かな自然が残る無人島だった。島からの脱出を試みていかだで何度も海へ繰り出すが、その度に何者かにいかだを壊され島に戻ってきてしまう。ある日同じようにいかだが壊された時に現れた赤いウミガメを見てそのウミガメが犯人だと思った男は、島の浜辺で赤いウミガメをひっくり返しついには殺してしまう。後悔する男だったが数日するとその甲羅の中に女が横たわっているのを見つけ、彼女を看病することにするのだが・・・という話。全編台詞が無く、どう解釈するかはお任せしますというようなスタイルで、公開時から言われていましたが、日本人なら浦島太郎と鶴の恩返しを勝手に連想してしまいます。

 この映画は日本人と外国人(特に欧州)によるアニメに対する考え方の違いが非常に良く表れています。小さい頃から様々なアニメを毎週見ていた日本人と違い、海外のアニメの多くは一話完結型。その影響により、多くの外国人にとってアニメとは映画やドラマと同様の物語的わくわくを感じるものではなく、あくまで子供が見る暇潰し的な位置付けで、大人になってもTVアニメが好きというと変わり者認定されます。そんな環境だからこそ生まれた海外の大人向けアニメ映画はアート作品として地位を確立しており、宗教画の延長上に存在する絵画的な作品になります。対して日本の大人向けアニメは、一通り見飽きた子供向けアニメでは表現出来なかったより深く複雑なストーリーに注力し、また子供向けTVアニメでは出来なかった作画にこだわりを持っている場合が多いです。そんな違いから本作は欧米では非常に評価されているにも関わらず、私自身含め多くの日本人からは「何が言いたいかわからない」「察しろと言われても」という感想になってしまいます。あまりにも想像通りでしたが、深い映画ですと言わせたいかのように、なにも語らずただ淡々と進むという印象でした。ただ想像出来る領域が広いことと深いことはイコールではありません。

 ところで、本作を通して気になってしまうのが主人公の瞳です。ジブリ作品では目を見開いている人物をよく見かける気がしますが、本作の主人公の瞳は黒い点。レイトンシリーズのレイトン教授のような顔をしています。目は口ほどにものを言うということわざもある通り、口を封じた(セリフを無くした)作品は本来なら目が大切になってくるはずです。しかし本作ではその目さえも封じることで、より登場人物の考えがわかりづらくなっています。解釈を視聴者側の判断に任せたい意思は伝わるのですが、正直言えば瞳くらい書いてほしかったです。背景や動物(ウミガメなど)は細かく描いていたり、こだわりがみられるのに対して、人間は非常にシンプルに描かれていて何だか世界観の違いが滑稽に見えます。

 後半にて島で生まれた子供は父が島を出ようとしたように外の世界へ旅立つことを決めます。いがたを作るのかと思いきや、まさかの泳ぎ。ある意味衝撃でしたが、そんな彼の泳ぎ方は足を使わずまるでウミガメのようでした。こんなシーンすら何を考えるも自由なのでしょうが、あまりの自由度の高さに長編では無くショートフィルムで十分かなと感じました。共同製作作品の今後に期待したいです。
はるな

はるなの感想・評価

3.2
映画通の人に刺さりそう。メッセージ性の強い無声映画。私のようなライトな映画ファンには向かないかも、、、
ami

amiの感想・評価

3.0
美しく、恐ろしく、不思議な夢をずっと見ていたような気分。
民話的なストーリーもあって、絵本が動いているみたいだった。
>|