スタア誕生の作品情報・感想・評価

スタア誕生1954年製作の映画)

A STAR IS BORN

製作国:

上映時間:154分

ジャンル:

3.7

「スタア誕生」に投稿された感想・評価

ハコ

ハコの感想・評価

3.0

◆目黒シネマは神

『アリー』のリメイクはすごく忠実なんだな、ということが分かりました。
これらを二本立てでやってくださる目黒シネマ🙏🥺

ミュージカルの曲調やダンスが好きな人は、
是非こちらも観て欲しいです。私は完全にそれです。

ああああ!お化粧剥がすとこああああああ!!!


◆背中

あまり理由は分からないのだけれどこのストーリーが得意じゃなくて笑、
でも『アリー』の方よりこちらの方が
最後の切なさがしっかり描かれていると思います。

ノーマンの背中。
自分のベッドからエスターを見る、まなざし……。



お家の中でのミュージカル、
リビングにいるのに世界一周をするところが好きです。

あんなに楽しい記憶があるからこそ、ね。
175 2019/05/29 目黒シネマ
午後半休で堪能。歌い踊るジュディ・ガーランドがとってもチャーミング。でも実生活は銀幕のように楽しいばかりではなく、憧れだった人と立場が逆転、そして愛ゆえの悲しい決断。普遍的に刺さる展開。悲しみから立ち上がるラストも含め、終始輝くばかりのジュディが素晴らしい!
竹輪貫

竹輪貫の感想・評価

3.6

終戦から10年と経たない1954年に公開された作品。

多くの人が世界中の「文化」に興味を持ち始めた時代。
この映画でもその風潮を取り入れて、歌って踊りながら世界を周遊するシーンがあります。

そして主演女優のジュディ・ガーランド。4年ぶりの映画主演がこの作品。魂の歌声に心震えました。

薬物中毒、神経症、自殺未遂、など荒れた私生活を送っていた彼女にとってこの作品は一筋の光明だったような気がします。

映画の中とは対照的に、この素晴らしい作品でもアカデミー賞を取れなかったことが、皮肉にも彼女を再び苦難へと導きました。


60年以上も前の作品ですが、歌が持つ力と、1937年から何度もリメイクされている「スタア誕生」の切なさは不変だと感じました。
あの最期にあの色の画であの台詞は最高だった。泣いた。
家で歌って踊ってるシーン面白かったから家でやりたい。
samiam

samiamの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

アリーのアンコールバージョンとの2本立て。
Filmaサイトのレビュアーさんに教えていただき劇場で鑑賞できた!感謝!
素晴らしい作品。感動したー!
54年制作とは思えないクオリティー。ただ、一部動画ではなくスチール画でつなげている箇所あり。芸術的な効果を狙ったためなのか、予算が足りなかったのか。いいシーンなので私としてはやはり動画で観たかったな。
しかし、それを差し引いても十二分に楽しめた。主役の役者さんもレディーガガに負けず劣らず唄もダンスも凄い才能!

アリーとは異なり、こちらは歌手ではなく女優としてスターに。受賞もグラミーではなくオスカー。登場人物も役柄は異なるが相応する人物がいるといった感じ。アリーに対してエスター、歌手のジャックに対して俳優のノーマン、彼等の才能を認め支える役目のお兄さんに対してマネージャー、憎まれ役ではアリーのマネージャーに対して映画会社の社長など。
設定は異なっても作品全体のテーストや心情的な表現は非常に近いものを感じた。

また、アリーにも登場するシーンが本作にもいくつも登場し、アリーにはこの作品への多くのオマージュがちりばめられていたことを知ってそれも良かった。
特に去ろうとするエスターを呼び止めて、もう一度顔を見たくて、と言う2度のシーンがまったく同じニュアンスで再現されていることを知り涙が出た。。。

こうなったら、34 年制作バージョンも、76年制作バージョンも観てみたい。。。😁

ところで劇中劇の中で、トランクの中で主人公が生まれた劇場と唄われていたアイダホのポカテロという町、私にとっては懐かしい場所。仕事で何度か訪れた。😊
Hommy

Hommyの感想・評価

-
有名な映画のリメイク版を先に鑑賞いたしました。
ジュディガーランドのみめっちゃミュージカル。笑
すげえ歌うし、すげえ踊る。
で、すげえ長い映画でした。。。
正直、今じゃ、はなしもよくあるタイプだし、ミュージカルなのに印象に残る曲もなく、2度目をみようとは思いません。笑
中盤、自宅での夫婦でいちゃついてるシーンがハイライトでした。
前半のヌーヴェルヴァーグっぽいカット割りってわざと?経費削減?
オリジナルもレディガガのも多分みないね。笑
ジュディガーランド版スター誕生。ビッグバンドとミュージカルの世界。長い(ほぼ3時間、インターミッションあり)ジュディガーランドの声量がすごい。スターという感じはガガ版やバーブラ版よりスター然としている。バーブラ版の2人の愛の巣がすごく似てた。

このレビューはネタバレを含みます

こここ...こんなに辛い話だったんすかコレ😭目腫れるほど泣いてもうた...

最近もレディガガ主演で話題になった「スター誕生」。これがオリジナルかと思ったら、これもリメイクだったのか😅

アル中で暴力振るうとかまじ最悪...と思ってたけど話が進むにつれ、ノーマンの人柄が分かってからは、もう誰かこの人を助けてあげて!!!といたたまれない気持ちで見てた...
最後の最後まで愛し合ってた二人に涙止まらず😭微笑ましくなるような幸せなシーンもちゃんとあるから、反動で余計辛い。(ルージュで書いた落書き、最後に持ってくるのやめてー😭)

ジュディガーランドはオズの時と声が少し違って、力強さと美しさがあって素晴らしかった!表情もコロコロ変わって愛らしいし、ダンスも軽やかだし、とってもよかった!!でもこの作品の裏ではジュディガーランド自身が薬物中毒&映画会社にも見放されてたんだよね、と思うとほんと映画業界は恐ろしい。ほんと切ない。。。

オリジナル版、バーバラ版、ガガ版、全部見比べてみたい😍

私が見たのはスチル写真を交えたオリジナル版の175分の方。ひたすら胸を打たれていました。ジュディ・ガーランドの生涯を知っていればより胸にしみてくる映画です。私自身、知っている部分があるのでこの映画を見るのに心の準備が要りました。でも、この映画を見る上で、彼女がどのような一生を送ったのかは少しだけでも知っていただきたいです。映画に演者のプライベートが入ってしまうのは望ましくないのかもしれませんが、この映画はジュディ・ガーランドのために作られたと言っても過言ではないです。だからこそこのスタア誕生ができたのだと思います。
sou

souの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

新人女優エスターの躍進とエスターの才能を見い出した大スターノーマンとの結婚、しかし次第にノーマンの人気が落ち始め彼は酒に溺れるようになり…。

ミュージカルシーンが入るのでめちゃくちゃ長い。
エスター役のジュディの声量が半端なくてセリフとの音量の差に眠気も吹き飛ぶ。ジュディの生涯からみてこの映画に出演した時彼女はどんな気持ちだったんだろうと気になる。
夫のためにキャリアを捨てようとするエスターとそれを知り入水を図ったノーマンのなかなかの鬱展開。
かつての仕事仲間で親友?のダニーが結婚の仲介したり最後にエスターを立ち直らせるけどもうちょっとダニーの登場シーンが欲しかった。

スタジオでのプロポーズのシーンが可愛らしくて良かった。
>|