ブロードウェイ・メロディーの作品情報・感想・評価

「ブロードウェイ・メロディー」に投稿された感想・評価

赤鬼

赤鬼の感想・評価

2.8
トーキー初のミュージカル。歴史を感じる事が出来るし勉強にはなるけれど、物語的には余り好きになれなかった…。
Saki

Sakiの感想・評価

3.3
トーキー初期のミュージカル。無声映画の名残がありまくってて面白い!場面転換の度に、場所とか時間とかの説明を真っ黒な背景に文字を載せて表示するの!!古い手法だから逆に新手に感じちゃう!!ただ、やっぱり流れを止める感じがあるから、現代の手法が好きです……😅

私は確実にお姉ちゃん側の人間だから、お姉ちゃんのこと思うと苦しい……。クィニー、「3人で暮らそうよ!」って無神経すぎん!?ハネムーンから帰ってきた元恋人と妹をあんな笑顔で迎えてるけど心の中は大荒れに決まってるでしょ!!一緒に暮らせるかよ!お姉ちゃん人格者すぎるんやマジで!!絶対成功してくれ!!!

舞台のダンスは、なんか芸って感じ。ダンスとかよりおサルさん達が芸を披露してるのを観てるような感覚。(ごめんなさい……😞) 片方の足首にだけファー着けてるの、何人もいるとめっちゃ可愛い。思わず映画止めて衣装まじまじと見ちゃった。

『ブロードウェイ メロディ』といえば『雨に唄えば』でジーン・ケリーが歌ってたけど……。曲は同じでも、あらすじは全く違うのね!いつの時代も昔の傑作をオマージュするのは変わらないんだなぁ~。
ぺ

ぺの感想・評価

3.0
トーキー映画のミュージカル第1作目。

ミュージカル部分のダンス、歌がどちらもお世辞にも上手いとは言えない。カメラワークも単調でだんだん飽きてくる。

楽曲のクオリティは高くてダンスが下手ながらもしっかり楽しい空間になっていた。

ダンスに関してはまだブロードウェイの人材が入ってくる前なので初期のミュージカルはこういうのが多いらしい。勉強になった。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.2
第2回アカデミー作品賞受賞作品。初期のミュージカル・・ってことで今時の同ジャンル映画に比べるとどうも歌唱力的にもダンスパフォーマンス的にも素人臭さが強くてちょっとビックリするけどもこれはこれで微笑ましくて割と好き。あくまで後のMGMミュージカルの礎を築いた記念碑?的作品として楽しむべきだと思う。
まつこ

まつこの感想・評価

2.8
世界初の全編トーキーによるミュージカル作品らしいが、なかなか激しかった。

本作の続編として1935年『踊るブロードウェイ』 、1937年『踊る不夜城』、1940年『踊るニュウ・ヨーク』の3本が製作されたとwikiに書いてあった。去年ハマったMGMの作品たちがこうして紡がれてくんだなぁ。

陽気でちょっぴり切ない仲良し姉妹の物語。NYの街で出会う恋と夢と家族愛。後半のお姉ちゃんの展開は好きでしたよ。

妥協って言葉は「寄り添い」なのにマイナスなイメージがあるのはなんでだろ。何かを手放さないと進めない人生を「諦め」と決めつける人がいるのかもしれないけれど、運命が寄り添ってきたなら、それはもうその人にとっての「あきらめない人生」に変わってるんじゃないかな。
ss

ssの感想・評価

-
最初はちょっと退屈だなぁなんて思ったんだけど、後半30分位からどうなるのかそわそわしっ放し!!

おねーぇちゃぁーん!!😭😭

あいつクソなの?
バカなの?
おねぇちゃん、正解よ。

2018/3/27
すみー

すみーの感想・評価

1.5
記録。

うーーーーーん…
お姉ちゃんかわいそう。もうちょっとなんとかしてあげて。

あんまり耳に残る曲はなかった(意見には個人差があります)
以上。
NANOHA

NANOHAの感想・評価

2.6
映画としてはとにかく微妙。
エディがどうしようもない野郎すぎる。
ミュージカルの始まりとして、歴史的価値はあるけど。
whitelily

whitelilyの感想・評価

2.5
MGMミュージカルの初期作品。今では珍しいモノクロのミュージカル映画。ストーリーも俳優さんの演技・歌・ダンスなども特筆するものはないけれどミュージカル映画を世に出した作品として捉えればすごく貴重。
ハンクがこれでもか、くらいに可哀想な展開だけど揃って幸せになるならそれもそれで良し。
夢を追って田舎から憧れのNYへやってくる若者っていうのは今も昔も変わらない。移り変わった時代に思い馳せつつ観るモノクロ映画は味があってすごくいい。カラーだったら美しいだろうな、と想像できるるのも醍醐味。ハンクのトゥシューズのタップはすごかった。
Kahoko

Kahokoの感想・評価

4.0
本屋にあるお手がるな映画のバラ売りから見つけて(たった300円ほど)、買ってよかった見てよかった。宝物に出会った感じ!!
>|