グッバイ、サマーの作品情報・感想・評価・動画配信

グッバイ、サマー2015年製作の映画)

Microbe et Gasoil

上映日:2016年09月10日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.7

あらすじ

『グッバイ、サマー』に投稿された感想・評価


有名なスタンドバイミーより、
断然こっちだ!

ミシェル・ゴンドリー自身の体験をもとに描く、青春ロードムービー。
絵を書くことが好きな14歳のダニエルは、学校でチビ扱いされ、華奢な体格と髪型のせいで女の子に間違われることもしばしば。
片思いのローラには相手にされず、家では面倒な家族に煩わされ、思春期の悩みは尽きることがない。
そんなダニエルのクラスに転校生がやってくる。テオという名のその少年は、自信家で目立ちたがり屋、機械いじりが得意で、体からはいつもガソリンの匂いを漂わせている。
そんな対照的な二人だが、隣の席になったことがきっかけで、互いを知り、友情を深めていく。
ある日、スクラップヤードで小型のエンジンを手に入れたテオは、これを使って自分たちだけの車を作ろうと言い出す。
そして夏休みの前夜、試行錯誤の末に完成した“夢の車”に乗って、二人は冒険の旅に出る。


公道を走るには、許可がおりない。
ダニエルは「だったら、走る小屋にしちゃえば良い。警察が来た時でも、小屋なら誤魔化せる!しかも、中で寝られる」
と言って、
走る小屋を完成させた。


旅の道中、
パトカーが後ろから追いかけて来た。
すぐに止まって小屋としてカモフラージュ。
パトカーが小屋の前に止まり、警察が降りて来た。
万事休すかと思いきや、
あまりの珍しさに、警察は小屋と一緒に自撮りして、何事もなく走り去った。
最高に面白かった!


テオは言う…
周りに流されない、
自分に軸がある、
それをダニエルに見出したからこそ、
一緒にいるのだと。

ダニエルもテオも、
ゴンドリー少年のように、
スマホよりもゼラニウムの植木鉢のほうがずっと気になるのである。
momo22

momo22の感想・評価

2.8
この年齢だからこそできる大胆な計画。
そして大人になった時、この夏のことを思い出すんだろうな。
男の子ならでは。
Suzuka

Suzukaの感想・評価

4.2
「みんなと同じがいい
でも本当は同じだとムカつくんだ」
ひと夏の冒険物語大好きです!!!!!161
土屋

土屋の感想・評価

3.8
女の子のような容姿にコンプレックスを抱える絵の得意な少年が、DIY狂いの個性あふれる転校生と意気投合し、廃材で作ったポンコツ車での大遠征を思いつく。良い仲間との楽しい思い出、プールで泳いだ後のサイダーのような爽やかさ。
Haaal2

Haaal2の感想・評価

-
テオがめっちゃ心強いタイプの友達だし、反対に繊細なダニエルとのコンビ感がすごくよかった!
ハンドメイドの車、めっちゃワクワクしたし、停まるときいちいちシュールでウケた🤣
大人の今でも、こういう純粋な楽しさを創っていく感覚でいたい〜
artemis

artemisの感想・評価

3.0
自分の個性、異性との関係などに悩む青春真っ只中の男の子の映画!この旅の経験を経て、成長したなーと感じる
ダニエルの美少年ぶりに恍惚とする
いりす

いりすの感想・評価

3.7
画家志望で個展を開くのが夢のダニエルと普段からガソリン臭を放つ変人転校生テオが奇天烈なクルマをこさえて、一夏の旅に出るロードムービー。

意表を突いたデザインの自動車を作るまでと、そのクルマに乗って旅に出てからの二段構えで、お金と自由は無いけど、時間と何者にも囚われない発想がある少年二人が繰り広げる小さな旅が眩しい。
demio

demioの感想・評価

4.0
廃材からエンジンを得、床板とタイヤをつなげて車を作る。そのうえに小屋を作り、住まいながら移動する。ふつう異なるレベルに属するもの同士を、幼稚な発想でコラージュしても、物質(工学)が定めるルールに従い接続すれば、そこに運動が、ひいてはゲームと交通が成立する。
彼らが属する中学校や家庭があり、小屋の自動車に乗って飛び出した先で出会うヤバい大人や半グレ集団たち、そして死や転校での別れも、彼らが自動車を作りながら行った「つなげる」「切断する」ことから生じる電気反応の連鎖のように見える。少年たちが行うコラージュの戯れが、戯れでありながら自然と社会に通底する<科学>の準拠枠になりうる、という美しいお話だった。
Emily

Emilyの感想・評価

4.2
結局人間、経験の集合体ってことですか??よくわからんですが続けて2回も見てしまいました。
起きた

起きたの感想・評価

3.6
笑いと涙と切なさがある青春映画。
夏休みの間でダニエルめちゃくちゃ成長したなぁ。2人で作った車可愛い。
この頃の思い出をいつかまた、笑い合って話せる日が来ると信じて。
>|

あなたにおすすめの記事