50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

Atsuto

Atsutoの感想・評価

3.7
若い時もっとやんちゃ
してたらなぁと
思う作品でした。笑

真っ直ぐさが良い
クラスメートから変人(サイコ)扱いを受ける14歳のマイクとロシアから転校してきた不良扱いを受けるチック。
ハブられ者の二人が夏休みに盗んだ車であてもなくとにかく南へと車を走らせる物語
見終わったあと、凄くノスタルジーに浸れる作品ですね~~

この作品でいいなと思ったのが、マイクの姿勢とチックの懐の大きさ
14歳のクセに、自分の不甲斐なさ、退屈さ、中途半端さを正面から受け止めて、変にカッコつけることなく立ち振る舞ってるマイクがホントにカッコいいですよ。
そして、そんなマイクを「お前は退屈なやつなんかじゃない」ってサラッといい放つチックもいい奴なんすよ。

どこか「スタンド・バイ・ミー」にも似た良作でした
青春映画ってのがぴったり!
変人と呼ばれる主人公マイク
ガラの悪い転校生チックが来てから、
彼の人生が一気に成長する。

マイクとチックがマイクが好きな女の子の誕生日パーティーに乗りこむシーンが一番好きだなー
最後に盗難車で派手にかましてくのもいい!笑

チックがカッコいいんだよなー
あの髪型でさえもかっこよく見えてくる笑

途中で会うイザが髪切ってからのシーンはドキドキしたなー
14歳の迫られる決断って感じだし笑

もっともっと観てたいと思える映画だった。
2018 9.19 鑑賞
ファティ・アキンいいね。
ロードムービーは面白い。
クレイダーマンには笑った。
ラストも好き。
マイクの母ちゃんわや!
でも父ちゃんよりいいわ!
自作に期待!

このレビューはネタバレを含みます

家庭環境、淡い恋、友情、出会い、別れ、経験、成長、約束。

とっちらかり感あり。

少年達の暇つぶしをただただ見せられているだけに感じてため息何回かでた。

タバコに火をつけてから湖に飛び込むシーンいい。

あのカミングアウト必要?
ドイツだなーって感じ
アンニュイだけどどこかホッコリする、そんな映画
50年後のボクたちは、何も変わってないのか、それとも変わったと思うのか。

そう考えただけでも、自然と胸が踊る。

ジジイやババアになってもまた会いたいと思える出会いが素晴らしい、というよりも妬ましい。

14歳で既に大人びた感じの、落ち着いた性格を身につけている時点で既に羨ましい。

自分は世間から浮いた存在だと自覚しながらも、そんなの関係ないと言わんばかりに己の道を突き進んでいく逞しさに心底嫉妬する。

俗っぽいことをするよりも、何か変わった遊びをしたい。

棒切れを空に向かって投げて、地面に落ちて向いた方角へ遠足に行くとか。

大人にも夏休みをください。

p.s.

これからは一期一会をちゃんと大切にしたいと思います。
Megmeg

Megmegの感想・評価

3.1
夏休みに見たかった作品。
個性豊かな登場人物たち。
学校にいる間ってそれだけが
世界の全てっていうけど
思わぬ夏休みの冒険で大人っぽくなった主人公の新学期に
クラスメートも注目👀
ドイツ映画。大ベストセラーが原作。

夜の自動車事故現場、血塗れの少年。主人公マイクの回想で物語はスタートします。
マイクは転校して日が浅いのと、アル中の母譲りのちょっとズレた普通感覚の為にすっかりクラスから浮いてしまっています。どのくらい浮いているかというと、大好きなクラスのNo. 1美少女(※ドイツ的美意識注意!)タチアナからのパーティの招待状をほぼ唯一貰えていない程に!
ある日、クラスに転校生がやって来ます。自称ロシア系。実際はモンゴロイドぽい見た目で、長めの前髪以外は刈り込んだ奇妙な髪型の、図体がでかい少年チチャチョフ。無愛想でダルなムードで、常に酒臭い!マイクはチチャチョフを避けますが、何故かチチャチョフは彼にだけフランクに話しかけて来ます。「そのスカジャンまじでカッコいいな」とか言って。ある夏の日。豪邸で一人留守番のマイクの元に突然チチャチョフが現れます。オンボロの青い車に乗って。
テレビゲームや、バカ話、何よりタチアナのパーティの招待状を貰えなかった同士として2人は意気投合?し、オンボロカーで旅に出ます。目的地はチチャチョフの親戚が住む街ワラキア。走れ!漠然と東へ!!

ゴリゴリのジュブナイル物のロードムービーです。旅は行き当たりばったりで、地図も無い。スマホも捨てた。缶詰有るけど缶切り無い。冷凍のピザは、…蹴っとばせ!コーン畑を突っ切って、ガソリンは無いけどホースが有れば…って感じです。
マイクのキャラクターは、ナイーブ&ややマイペースという紋切り型の青春物の主人公といった風ですが、チチャチョフの方がかなり強烈!二日酔いでクラスメイトの机に嘔吐したり、上級生を耳打ち一つで黙らせたり、盗みも暴言も日常といった感じで、正直最初は結構不快感が大きいです。でも、暫く彼らと旅を続けているうちに、チチャチョフじゃなきゃダメだったんだなぁと思わされます。寧ろ、自分の青春時代にはチチャチョフが足りなかった、とすら。もっと暴れれば良かった。もっとちゃんと傷つけば良かった。あれやこれや。
旅路の後半、ホームレスの女の子と出会い、ハードコミュニケーションを交わすうちにいつしか彼女も仲間に加わります。出会い、冒険、友情、恋(性)。ひと夏に詰め込めるもの全部詰めた。そしたらやたら眩しくなった。ずるいなぁ。こんなの嫌いになれないよ。

惜しむらくは、ドイツ映画の独特の空気感、バランス感(有り体にいってちょっとダサい)のせいも有り、ちょっと没入度が上がり切らなかった事ですが、まあ好みの問題だとも思います。ラストのモノローグと回想シーンで、彼等の旅路の行く末はうんと先まで、うんと広くまでを射程に収めたと感じました。
個人的にはリチャード・クレイダーマンの使い方が謎で、これからアレ聴くたびにニヤニヤしてしまいそうです。でも、同時にきっとちょっと胸が痛むんだ…。迷子になろう。道端で寝よう。酒でうがいをして、湖で行水しよう。たまたま出会おう。ボロを纏い奇声をあげよう。デタラメな約束一つ、今は笑って別れよう!
良作です。夏の終わりに是非。
naomi

naomiの感想・評価

3.7
懐いなぁこのメロディ。幼き頃の水族館のタイのショーの音楽。なんかその頃の若さと映画の中の若さが相まって、清々しくキラリと光ってた、そんな作品。スタンドバイミーとかイントゥザワイルドとかなんかそんな感じで、男の遊び心っていうのはいいよね。
>|