50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

goslinK

goslinKの感想・評価

3.4
リチャードクレイダーマン
ドイツの青春映画。
フランスのグッバイサマーと比較されるけどどちらもそれなりに面白い。
青春映画大好物。
切身

切身の感想・評価

3.5
数カ月前に「グッバイ、サマー」というDVDを見たが雰囲気はソックリだった。
しかし、ありえそうな感じでこちらの方が親近感が持てた。
正直に言えば、ありきたり…ということになる。
私も変人だから、こういう気分になるのはよくわかるよ。
FuUnA

FuUnAの感想・評価

4.5
あー!!!!!!!
幸せな映画

チックみたいな人が彼氏だったら絶対楽しいって思った

結末は自分で考える感じだった

私な考えは色々で、警察が車を盗んで壊されたって言ってたということはまだ元気でやってるっていう印なのかなって思った!

ハリーはかっこいいわ!!
torisan

torisanの感想・評価

4.0
さえない男の子が一夏の旅で成長する系、と括れるくらいよくある青春ものの定番だけど、キャラクターや演出のディテールが素晴らしいためとても楽しく観られました。リチャードクレイダーマンの「渚のアデリーヌ」が合ってるんだか合ってないんだか絶妙で最高でしたね!笑
きゃん

きゃんの感想・評価

3.8
ひと夏の冒険は、少年を大人にする。田舎の学校に通う14歳の少年2人が退屈な日常から飛び出し一生忘れられない旅に出るロードムービー。

学校ではのけ者にされ、家庭では母親はアル中で父親は不倫中。そんな環境の中で過ごす14歳のマイク。ある日、学校に何もかもが破天荒で恐れ知らずのチックという転校生がやってくる。夏休みになり、マイクはチックに誘われ盗んだ車で〝ワキアラ″を目指す旅に出ることに・・・

車を運転したり、大人を出し抜いたりと大人びたことをやっている2人だけど、冒険心に心を躍らせたり、お腹を空かせてご飯にがっつく姿などやっぱり14歳の少年だなというところもあって可愛かった。クールにしていても根はまだ幼い。後ろの戻るのは嫌と前に進み続ける2人の旅のやることが破天荒すぎて見てる方がハラハラしてしまう。途中で出会って旅に合流するちょっと変わり者の少女も良いスパイスになっていた。

14歳という大人になりきれていないけど、子供っぽくも見られたくないと思う年頃。閉ざされた空間の中で窮屈さを感じながらモヤモヤとして生きてきたマイクは、チックに誘われ開放感のある外の世界に飛び出すことで自分自身も解放できた。誰かが連れ出してくれないとマイクは外へ飛び出すことができなかっただろう。この14歳という年齢の時にチックに出会えたことはマイクにとって最高の財産だったのではないかな。犯罪はダメだけど。苦くもあり最高の夏の思い出。マイクの自信に満ちた表情がかっこ良かった。50年後彼らがどうなっているか見てみたい。
10代の頃に見たかった。
何も残らないようで何かが残る。

やたら曖昧でひたすら愛おしい何か。
14歳の子供しか出てこないのに14歳にはわからない何か。
14歳にはわからないのに14歳にしか持ち得ない何か。

若さとバカさが羨ましいけど確かに自分にもそんなときがあったなぁと。

この映画を見て楽しむよりもしみじみしちゃうのはもう若くない証拠という、踏み絵みたいな映画(笑)

そして何気にだいぶ色々洒落てたね。
色彩感覚も音楽も、この監督こなれたいいセンスの持ち主。
添島

添島の感想・評価

4.0
あーこれすき。すきなやつです。楽しくていい感じにカッコ悪いのにカッコいい。運転下手すぎかよ。原作の小説、読んでみたくなった。
旅の途中でなんかはじまりの旅のママ版みたいなファミリーいたな。自転車貴族とはこれまた優雅。
すきです。

トウモロコシ畑だけはあぁ~~~~~もろこし~~~~~って思った。農家泣くぜあれは。

音楽もほどよくダサくてたのしい。
ぽん

ぽんの感想・評価

3.4
チックみたいな無鉄砲なやつって最高だなあ
ちょっと短い気がしたからもう少し長くてもいいな
Xi

Xiの感想・評価

3.5
少年2人の掛け合いが面白かった。
自己紹介を「面倒くせぇ」で済ませる見るからにヤベぇ奴!関わりたくない…笑。でも見てるうちに印象が変わって、めっちゃいい奴じゃん!ダサさもカッコよく見えてくる!
夏休みの逃避行🚙ありきたりだけど、羨ましい。学生時代に戻ったらこんな事やってみたい憧れるな〜
himaco

himacoの感想・評価

3.8
ファティ・アキン監督4作目。
今のところ1番好きなのは『太陽に恋して』

母はアルコール依存症、父は家を空けがち。そんなマイクはクラスのはみ出しもの。そして同じようにはみ出しもの扱いのチック。

1度しかない14歳、2人の夏休み。
瑞々しい色彩のロードムービー。
チックが「借りた」という車に乗り込んで口ずさむリチャード・クレイダーマン。
ミスマッチかと思いきや、ジワジワくる~

トウモロコシ畑のシーンは憧れる。
>|