50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

ウメダ

ウメダの感想・評価

3.0
ソウルキッチンでハマったファティ・アキン監督。
原作ものだし、脚本も違うし、2作品目に見るものじゃなかった😕

どこかでよく見た、新しくもない普通の青春ロードムービーであまりハマらなかった。
Yoko

Yokoの感想・評価

3.6
最初は嫌だなと思ったチックだったけど、最後には好きになってた。
abemathy

abemathyの感想・評価

4.5
男の子2人が、あまりにも少年でかわいかった。
学校で浮いていても、家庭に問題があっても、もっと違う場所で楽しければ大丈夫!!ってところが好き。ただ「よい子は真似しないでください」ばかりなのが残念。
それと邦題はオチバレ最低。
yu

yuの感想・評価

3.7
最初やばいやつと思っていたチックが頼れるイケメンに見えてくるから不思議。
akii

akiiの感想・評価

3.4
少年の少し変わった一夏の物語。
普通に過ごしてたら経験できないような体験談ばかりで、観ていて楽しかった。
自分とは全く違った考え方を持った人と出会うのも何かの縁だし、良い悪い関係なしに経験出来ないことするのも生きてるって感じがして良いですよね。
こんな夏休みってある意味憧れる。
結構異常だけど、現実だとかなりスリルあって楽しそうって思ったw
yukke

yukkeの感想・評価

3.0
絶妙にダサい。色々ダサい。それはよい。ドイツが舞台なのに、アメリカのB級青春映画を観さされている気分になるけど、ひょっとしたら、リチャード・クレイダーマンが前よりちょっと好きになるかもしれない。
rudy

rudyの感想・評価

3.5
ふたりの14歳の少年が経験するひと夏の出来事。
その夏が終わった時、少年は大きく成長する…

いやあ、若いって良いなぁ〜〜!!!

誰もが心の片隅にしまっている、温かな「何か」を思い出させてもらえる作品!

ドイツの様々な風景が懐かしい…
hagapao

hagapaoの感想・評価

3.7
展開も早いし、笑いもあるから
観ていてまったく飽きなかった。
ずっとドキドキしてた。
Yuya

Yuyaの感想・評価

3.7
まぁ 純情だコト…キスに目を閉じちゃうなんてね
画面から溢れてくるような若葉の新緑
その煌めきを奏でんばかりの“渚のアデリーヌ”の調べ
いや ホント くすぐったいだけの青春賛歌かと思いきや 急転する道の先の険しさは その唐突な終わりを明快に主張してくるんだなぁ

火をつけたばかりのタバコをくわえて すぐに水に飛び込むような あの無意味で無謀な季節は きっと誰しもに一度は訪れたんじゃないかな

“もっと時間がほしかった”
この一言だけを遺したまま 今はもう胸に消えない痛みだけを抱える
そんな自分が見えてしまった映画だった
トルコ系ドイツ人のファティ・アキン監督作
『消えた声が、その名を叫ぶ』
『女は二度決断する』
を劇場で観て素晴らしかったので・・・
今作品『50年後のボクたちは』を鑑賞☆

ファティ・アキン監督!!
なんちゅーパンクな作品を撮るんだッΣ(・Д・)
(↑Punksな私の感覚的なものです )

クラスで存在さえ消されているはみ出しものとモンゴリアンモヒカンのヤバい転校生の14歳の少年2人が盗んだ"青い車"で南へ走る旅の物語。

そこにはお涙頂戴の安い友情物語もなければ、説教染みたありがたいお言葉などはない。

観てりゃーわかるだろ( ・∀・)ノ とばかりに、この旅を通じて生まれた2人の絆と主人公の成長をさらりと描いている。

ファティ・アキン監督の作品は登場人物がいつも魅力的で、今作品もこの14歳の少年2人が並んだ佇まいだけで持っていかれる(°∀°)イイ!!

今日はちょっとだけ観ようかなぁと思って
押したDVDプレイヤーの再生ボタンだったが・・・
途中で停止ボタンは押されることはなく、
2人の冒険に最後まで付き合っていました☆

そんな素敵な作品でしたよ( ・∀・)ノ♪

おしまい。
>|