野獣暁に死すの作品情報・感想・評価

「野獣暁に死す」に投稿された感想・評価

仲代達矢が出演しているというので観たマカロニ・ウェスタン。
やはり、仲代達矢は登場シーンからして存在感あり、イタリア語のセリフもなかなか。

物語は、カイオワという男がインディアン妻を殺された上に冤罪で5年の刑期を終えて出所するところから始まる。
5年の刑務所ぐらしで、木製の銃で銃さばき訓練をして、凄腕ガンマンとなっていた。

妻を殺して自分に罪をかぶせた男=フェゴー(仲代達矢)に憎しみを抱いてカイオワが復讐に向かう、という物語。

フェゴーはコマンチ団なる悪者軍団のボスで、アイオワのもとに集まった合計5人との対決がみどころ。
アイオワとフェゴーのグループどうしが、夜間の林で対決。

まぁまぁの娯楽作。
tjZero

tjZeroの感想・評価

3.4
無実の罪で服役中のビル(モンゴメリー・フォード)は、殺された先住民の妻の部族名に姓を変え、復讐を誓う。
刑を終えたビルは、4人の腕利きガンマンを集め、窃盗団を率いる宿敵を追う…。

この憎き敵エルフィーゴを、仲代達矢が演じている。
ギョロっとした眼、濃いヒゲ、浅黒い肌…イタリア人キャストに混じってもまったく違和感無し。堂々たる悪役ぶり。

人数で劣る主人公側が、森に窃盗団を誘い込み、返り討ちにするのがクライマックス。
罠にはまる敵側が愚かすぎるのが惜しまれるけど、その分サクサクと退治され、95分とタイトにまとまっているのは悪くない。

マカロニ・ウエスタンってレアなステーキみたい。
血の気が多くて、肉汁たっぷり。
食べ過ぎるとお腹を壊しそうになるけど、刺激を求めたい気分の時はやっぱり手が伸びてしまう。
寿都

寿都の感想・評価

4.0
ええええええ
仲代達矢に似てるけどまさか違うかと思ってた。言葉も何もかも違和感がないし(吹き替え?)よーく見てもやっぱりイタリア人か。と判定した。すげーや!
世界レベルでもこの方の迫力、右に出る者はいない。

特徴のない(仲代達矢以外)ミニマムな作品だけど、ツボを外さず突いてくれておもしろかった。
最後を森の中にしたのがよかったと思う。

丹波哲郎もマカロニに出てたり、ウィリアム・ホールデンと共演してる作品があるらしいので絶対に見たい!
jackpov

jackpovの感想・評価

4.0
仲代達矢ぁあああああああ!!
面白い映画とか、興味深い映画と言うよりかは「楽しい映画」
ザ・マカロニウエスタンって感じ
RPG的…なるほどそのとおりですね
出所→仲間を一人見つける→2人でパカラッ→もう1人→3人でパカラッ→もう1人→4人でパカラッ→もう1人→5人でパカラッ…
この、人が増えてく事に皆で仲良く乗馬してるカットが入るシステムが結構ツボだった
しかし何より悪役仲代達矢!カッコよすぎる
ファミコンの横スクロールアクションゲームレベルのストーリー展開に謎のラスボス(仲代達矢)、ワクワクするパーティー集め、凄い間、情け容赦ない主人公。
主人公が深手を負わなかったのは珍しいが、つまり平均的マカロニウエスタン。
つまり最高。
しかし仲代達矢は別にアジア系とかいう設定でもなく、何の違和感もなく悪役やってるのが凄い。

160
仲代の眼力に2.5スコア。他に印象が残らず、話もあまり入って来なかった。
少し文芸的に撮影しようと思ったスタッフが、いたのかも。
でも、用心棒や椿三十郎の仲代は越えられないなあ。
2016.12.20
仲代達矢がしれっとマカロニウエスタンに出てる。違和感なく。すごい!
脚本にダリオ・アルジェントが参加してたんですね

仲代達矢が素晴らしい
ぎらぎら感ハンパない
仲代達也のマカロニウェスタン テレビで見たなあ!その時は、わからなかったな
68年。(なぜか)仲代達矢が悪役の親玉を演じているマカロニ・ウエスタン。お話はシンプルかつわかりやすく暴力も少なめで暗くない復讐劇。
音楽も味付けもあっさりめなのだが、一人だけ明らかにオーラが違う仲代がいることで何やらヌメッとした印象を残す。演技も濃いし。なぜか山刀使うし。
かっこよい冒頭、多彩な仲間集め、追跡、敵を一人ずつ潰していく終盤など、きちんと丁寧に描かれていて綺麗な仕上がりなのだが、その分マカロニらしい乱暴さ、ダイナミズムに欠けるモッタリした感触。回想場面がモノクロなのにはちょっと笑ってしまった。こぢんまりとよくできたマカロニ西部劇。
>|