新・夕陽のガンマン/復讐の旅の作品情報・感想・評価

「新・夕陽のガンマン/復讐の旅」に投稿された感想・評価

2020.6.25
またリー・ヴァン・クリーフかいっ!っいうぐらい、めっちゃ出演してますね。そろそろお腹いっぱい。
ニール

ニールの感想・評価

3.5
夕陽のガンマンとは全く関係のない西部劇。

それはさておき、

幼い頃に家族を殺され復讐を誓う男と、仲間に裏切られ意趣返しを図る男の物語。

邦題から期待値を下げて見てしまったのがむしろ良かったのかかなり楽しめた。

じわじわ癖になる作品。リー・ヴァン・クリーフはやはり渋くて格好いい。

後半の荒野の七人テイストの展開も面白かった。
atsu

atsuの感想・評価

2.5
久しぶりにマカロニウエスタンを見直しました。リーバンクリーフよく見ました彼の作品は。俳優の顔をアップにして表情をよく捉えたり、音楽を効果的に使ったり、この頃のマカロニウエスタンは面白い作りしていましたね。懐かしい映画です。
幼い頃に家族を殺されたビルは、大人になり復讐に燃えるが…。『夕陽のガンマン』シリーズとは全く関係のない作品。リー・ヴァン・クリーフも老いぼれ呼ばわりされる役どころ。
maro

maroの感想・評価

3.4
夕陽のガンマンとは全然関係ない。単なるリー・ヴァン・クーリフ繋がりかな。邦題に功罪ありそう。
途中で挟まれる音楽が結構好き。
リー・ヴァン・クーリフの渋さが際立つ。パイプを吸ってるだけで様になるのが不思議。
HAY

HAYの感想・評価

3.0
ありがちなタイトルとストーリーなのに所々面白く見せてくる
これだけ決めゼリフを聞かされたら観た人は「15年前のメシタ牧場」を忘れない
犬

犬の感想・評価

3.5
背中

幼い頃に家族を殺されたビルが、犯人を探すため復讐の旅に出る
その途中で、ガンマンのライアンと出会い……

リー・ヴァン・クリーフがカッコよすぎ
言動に余裕があります

カネ

復讐心
記憶が蘇る

早撃ち
銃撃戦が楽しめる

雰囲気も好きです
続と新は違うと感じました‼️
古いのかも知れないけどやはりマカロニウエスタンは本当に何も考えないで楽しめないと‼️
ジョンフィリップローはマカロニウエスタンとしては馴染めませんでした。個人的な意見ですが🎵
やはりクリントイーストウッド、フランコネロ、リーヴァンクリーフが主役をとらないと・・・・
偏見かも知れませんが(^_^;)))
リーヴァンクリーフがめちゃくちゃかっこいいんだけど!吹き替えで観ましたが吹替がすごくいいですね。セリフも男臭くて古臭くてかっこいい。

子供のころに家族を皆殺しにされた男が復讐する系。

犯人のごろつきどもが年月が経ち町でのし上がっていたためなかなか難しい感じに。

ラストのメキシコの村での撃ち合いは最高だったです。しびれる。。。

西部劇って邦題も似てるし映像の質感も似てて印象に残らない限り忘れちゃいがちなんだけど、これはなんかいい感じに特別な作品だった。
悪杭

悪杭の感想・評価

3.6
2020年 鑑賞
ジュリオ・ペトローニ監督によるマカロニ・ウェスタンである。脚本はルチアーノ・ヴィンチェンツォーニさん、音楽はエンニオ・モリコーネさんではあるが、「夕陽のガンマン」「続・夕陽のガンマン」とは何の関係もない。

吹替の声(納谷悟朗さんが特に)が渋い!

“復讐とは、冷えきった料理だ”
タランティーノ監督も影響を受けた作品(「キル・ビル」にこの作品をオマージュしたシーンや、音楽が使われているそう)。
復讐って何も生まないと思ってはいるものの、ついつい観てしまう(当たり外れは大きいけれど... )。この作品はおもしろかった!特に後半の銃撃戦!ラストのあの男の行動にも痺れた!他の方のレビューで、村を砦に戦うのが、「七人の侍」っぽいと... だからおもしろかったんだ!西部劇は欧米人にとっちゃ時代劇だしね、通ずるものがあるんだね! .....違う?

1135(20-268)
>|