花束 feat. LITHIUM FEMMEの作品情報・感想・評価

「花束 feat. LITHIUM FEMME」に投稿された感想・評価

saskia

saskiaの感想・評価

1.0
演技がすごいw
backnumber苦手だからやっぱりこれはちょっと…(観るなよ)
ぞわぞわしたᐠ( ᐛ )ᐟ
突然大杉漣が出てきてえっっ…(꒪⌓꒪)
ってなった。端役だし。
友情出演らしい。
───────────
2022/𝒩𝑜.70◡̈*✧🌛
おうち映画𝒩𝑜.70
劇場映画𝒩𝑜.
世田谷ラブストーリーを見ていたら、たまたま出てきた為鑑賞。
back numberの花束とのコラボ短編映画かな。

演技はお世辞にも上手とは言えないけれど、友情出演の大杉漣と音楽によって見ることができた。
西藤公園という曲を知ることができたのが、最大の収穫だった。
おりな

おりなの感想・評価

3.4
 backnumberの短編映画の鑑賞2作目!!
 花束と西藤公園引っ提げてるって噂だったのですぐにYouTubeで観ました〜曲の掛け合わせが通すぎる。

 ミニシアターでのプチハプニングで始まる物語。主役の2人がどうしても好きになれずに終わりましたが、流石back numberのかけ方、場面の切り取りなどなど世界観は作られたものでした。
 あと中島歩や大杉漣などの名脇役が揃ってたのもよかったです!

 Live行きたい…
バック・ナンバー・ファンとして。
こんなフイルムがあったのかー

主演のカップルどちらも美男美女!
「花束」も名曲!

以上です!💐
   
2021.4.26
ゆかり

ゆかりの感想・評価

2.0
演技が。
脚本が。
コンセプト映画なのかな。
背景知らずに、たまたま見つけた。
mizuki

mizukiの感想・評価

-
王道だけど素敵だった(^_^)
彼女役の方の笑顔がきらきらしてたな
2021年 61本目

最近backnumberの「花束」をよく聴いていてYouTubeでこの短編映画を見つけたので鑑賞

ストーリーはよくある展開だとは思ったけど、最初の映画館での出会いは素敵だと思った

大杉漣さんがちょっとだけ出演されていたのに驚いたと同時に少し泣きそうになった
KaZui

KaZuiの感想・評価

2.8
💬LITHIUM FEMMEの10周年を記念して公開された、back numberとコラボレーションした短編映画。back numberの『花束』を映画のタイトルに持ってきた割には、内容が曲に沿っているわけではない。また、劇中で『花束』やback numberの他の曲も流れるのだが、曲を流すタイミングが早かったり、選曲が微妙だったりと映画としてみるとあまり効果的ではなかった。ただ、back numberの曲に通ずる部分は随所で感じられる作品で、ヒロインの藤沢綾香(演:宮田聡子)が出会う今村春(演:弥尋)が10年友達の彼女に片想いしていたという設定や、彼の「いつか映画監督になって俺が幸せにする」という想いなどはまさにback numberの曲の登場人物のよう。このとおり、キャラ設定はなかなか良いが、残念ながら上述した2人の演技がかなり厳しい。本当に大事なシーンで棒読みしていることも少なくないので、失笑してしまう。さすがに、春が片想いしていた同級生・広瀬さくら役の藤井美菜は仕事をしていたし、春の上司・秋山部長を演じた大杉漣の雰囲気は安定の素晴らしさだったのだが、それゆえに主演2人の酷さが際立ってしまったのも事実。ラストシーン、2人だけの秘密の映画館で、流れる映画のエンドロールをバックにキスをするのは、ベタな演出だが好き。

初鑑賞:不明
鑑賞方法:動画配信サービス(YouTube)

再鑑賞:2020年11月10日(2回目)
鑑賞方法:動画配信サービス(YouTube)
2020年248本目。
11月8本目。

🗣back numberの曲名を冠した短編映画だと、『世田谷ラブストーリー』のほうがはるかに良い。MVとして観ればいいのか、粗末な短編映画として観ればいいのか、よく分からない。そんなに嫌いではないけれど。
MU

MUの感想・評価

2.0
完全に個人的な感想ですが、ありきたり、、、というのが所感!カラオケの後ろ動画?というクオリティでした。
ただ主役の女優さんはとてもチャーミングで可愛かったです。
全体的に演技がちょっと厳しいです。
ミニシアターでの出会い、映画好きの彼氏。
映画好きとしてはこれほどロマンチックなものはありませんが、彼の好きな映画が「ショーシャンクの空に」と「ニューシネマパラダイス」なのはだいぶやってません??映画好きといえばこれだ!みたいな感じ...ひねくれすぎ??
なによりも女の子あざとすぎません??
>|

あなたにおすすめの記事