花束 feat. LITHIUM FEMMEの作品情報・感想・評価

花束 feat. LITHIUM FEMME2015年製作の映画)

製作国:

上映時間:30分

2.7

「花束 feat. LITHIUM FEMME」に投稿された感想・評価

すの

すのの感想・評価

1.0
ひどすぎ。笑いも生まれないひどさ。
見るに耐えないとはこのことか…

back numberの無駄遣いはやめていただきたい。切実に。
youtubeにて鑑賞。
宮田聡子が可愛いすぎる。タイプすぎる。ただそれだけ。
記録、短編映画#5.

コレもバンド関連?
音楽!よく流れる。
よくある話だけど悪くない。
映画好きの藤田綾香(宮田聡子さん)と今村春(弥尋さん)は観ようとしていた映画作品が観れずに、共に落ち込んでいたとこで出会う。お互いに映画好きというのもあり意気投合し、次第に2人は惹かれ付き合うようになるが、ハルには長年思い続けている女性がいた。その女性と再会したことを知った、アヤはハルから身を引くことは決意する。

ロックバンドback numberとレディースブランドLITHIUM FEMMEのコラボ短編映画で、歌詞を作品に反映させた作品。30分ほどのためすんなりと鑑賞することができる。
back numberの名曲『花束』をイメージして作られた今作。

back numberのファンって事でback numberシリーズの短編映画を見ようと思って鑑賞。

まぁ長いMVって感じですね。
個人的にback numberの曲として花束は好きだけど映像作品にするとなんかなぁって感じですね。

あとは挿入歌として『日曜日』『西藤公園』が入ってるのはよかった。
西藤公園とかインディーズのときの曲使うとか最高。

まぁback number好きは楽しめるのでは。
mayu

mayuの感想・評価

2.8
話自体はありきたりだし突っ込みどころもあるけど曲が良くて全部持ってった
けど自分の中の花束のイメージとはちょっと違ったような…?

あとThe fin.とかAwesome City Clubが劇中でさりげなく使われてるところにセンスを感じた
Rin

Rinの感想・評価

3.0
女の子かわいいけど演技わざとらしすぎて…ちょっとモヤモヤするものがありました…笑
というか、こんな出会い方絶対できないですよね普通。笑
いろいろ微妙だったけど、ラストは良かったと思う!でもやっぱり世田谷ラブストーリーの方が好きだなぁ
ジミー

ジミーの感想・評価

2.2
普通の映画を観る余裕がなくて、短編にはしってます。笑
演技下手だし〜、最初の花束と西藤公園と日曜日は使い方イマイチだし〜、公園のベンチのところですでにオチがわかってすごい残念な感じだったけど、2回目の西藤公園とラストの花束はグッときたから救われた感じ(笑)
紫陽花

紫陽花の感想・評価

1.9
YouTubeで気軽に見れる映画。
MVやプロモーションビデオを見る時と同じくらい軽い気持ちで見られる。

劇中に様々な音楽が使われているので曲を聴くのが楽しい。

可愛らしい雰囲気があっていいなと思う。
雰囲気を楽しめる人向け。

映画好きにはオススメしないが音楽が好きな人や短時間にちょっと見たいなぁと思った人にはオススメ。
夏来

夏来の感想・評価

1.0
一人で映画ばかり観ている女の子が、オシャクソな映画館(渋谷ユーロスペース)で、偶然流行りの塩顔イケメンと出会い、映画好きという趣味から恋を実らせていく様を、back numberというバンドの曲に乗せて送るYouTubeで見かけた30分の短編。

ファッションブランドとのコラボということで、まあイヤな予感はしていたんですが、そらそうだ、オシャレなお洋服と東京オシャレスポットデートをひたすら紹介する、中身ペラッペラの映画でした。映画というのもおこがましい。
良い部屋に住んで、良い服を着て、清潔感ばかりの先走る、生臭さのない登場人物たち。恋物語のくだらなさは、実際のところの恋物語も大半は(本人以外にとってみれば)くだらないわけですし、まあ良いんですが、物語の作り手が、登場人物たちにちっとも心を向けていないのが透けて見えて、なんだか虚しくなってしまいました。
たとえ虚構の中の登場人物たちであれ、愛してあげてくれよ…と思ってしまう。

しょせんコマーシャルムービー、されど、、、
>|